トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 細胞賦活剤、及び老化防止用皮膚外用剤
【発明者】 【氏名】間庭 史雄
【氏名】徳渕 慎一郎
【氏名】村瀬 正剛
【課題】新規な細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び老化防止用皮膚外用剤を提供する。

【解決手段】オオバコ科オオバコ属セイヨウオオバコ(学名:Plantago major L.)の種子の抽出物を有効成分とする細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び前記細胞賦活剤又は繊維芽細胞賦活剤を有効成分として含有する老化防止用皮膚外用剤である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
オオバコ科オオバコ属セイヨウオオバコ(学名:Plantago major L.)の種子の抽出物を有効成分とする細胞賦活剤。
【請求項2】
オオバコ科オオバコ属セイヨウオオバコの種子の抽出物を有効成分とする線維芽細胞賦活剤。
【請求項3】
請求項1に記載の細胞賦活剤又は請求項2に記載の線維芽細胞賦活剤を有効成分として含有する老化防止用皮膚外用剤。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は新規な細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び老化防止用皮膚外用剤に関する。
【背景技術】
【0002】
線維芽細胞は、真皮内に存在し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを産生する細胞であり、コラーゲンを線維束にして、真皮構造を形成するのに寄与することが知られている。この線維芽細胞が、加齢や紫外線暴露によって損傷を受けたり減少等すると、規則性をもった線維を生成できなくなり、シワ及びたるみといった肌老化が生じる。従って、この線維芽細胞に対して賦活作用のある剤は、皮膚外用剤、特に老化防止用の皮膚外用剤の有効成分として有用である。
【0003】
一方、皮膚外用剤は皮膚に直接塗布されることから、有効成分として用いられる薬効剤には高い安全性が求められる。そのため、従来、種々の植物抽出物について、その薬効が検討されている。オオバコ科オオバコ属セイヨウオオバコの種子については、オオバコ属(Plantago)について8−OHdg産生抑制作用やIgE産生抑制作用等があること(特許文献1〜2)や、メラニン生成抑制作用があること(特許文献3)が報告されているが、セイヨウオオバコ及びセイヨウオオバコ種子抽出物についての線維芽細胞に対する賦活作用、及び皮膚の老化防止作用については、従来知られていない。
【特許文献1】特開2003−002819号公報
【特許文献2】特開2003−002811号公報
【特許文献3】特開平11−116492号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は、安全性が良好な新規な細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び老化防止用皮膚外用剤を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明者が鋭意検討した結果、セイヨウオオバコの種子の抽出物には線維芽細胞に対する高い賦活作用があること、及び皮膚外用剤に配合しても、その細胞賦活作用が有効に発揮されることを見出し、この知見に基づいて、本発明を完成するに至った。
即ち、本発明は、前記課題を解決するため、セイヨウオオバコの種子の抽出物を有効成分とする細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び細胞賦活剤を有効成分として含有する老化防止用皮膚外用剤を提供する。
また、別の観点から、本発明によって、セイヨウオオバコの種子の抽出物を皮膚に塗布することによって、真皮内の線維芽細胞を正常化する及び/又は賦活化する方法(但し、人間の治療方法は除く)が提供される。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、安全性が良好な新規な細胞賦活剤又は線維芽細胞賦活剤、及び老化防止用皮膚外用剤を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、本発明について詳細に説明する。なお、本明細書において、「〜」はその前後の数値を含む範囲を意味するものとする。
本発明は、セイヨウオオバコの種子の抽出物(以下、「セイヨウオオバコ種子抽出物」という場合がある)を有効成分とする細胞賦活剤に関する。セイヨウオオバコは、学名Plantago major L.のヨーロッパ原産の植物であり、日本でも帰化植物として広く見られる。
【0008】
本発明に用いられるセイヨウオオバコ種子抽出物は、一般的な方法で調製することができる。抽出溶媒としては特に限定されないが、例えば、水;メチルアルコール、エチルアルコール等の低級一価アルコール;グリセリン、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール等の液状多価アルコール;アセトン等のケトン類;エチルエーテル等のエーテル類;酢酸エチル等のエステル類;等の一種又は二種以上を用いることができる。抽出は、前記セイヨウオオバコ種子を室温又は加温下で溶媒中に所定の時間浸漬することによって実施できる。また、抽出前に、乾燥、細切、圧搾又は醗酵等の前処理を行うこともできる。
【0009】
前記セイヨウオオバコ種子抽出物は、調製後、そのまま細胞賦活剤として用いることができる。また、所望により、適宜の期間そのまま放置し熟成させた後に、細胞賦活剤として用いることもできる。必要ならば、本発明の効果に影響のない範囲で、更に、濾過又はイオン交換樹脂等により、脱臭、脱色等の精製処理を施して用いることもできる。又、液体クロマトグラフィー等の分離手段を用い、活性の高い画分を取り出して用いることもできる。
【0010】
前記セイヨウオオバコ種子抽出物の好ましい調製方法の例としては、セイヨウオオバコの種子をそのまま、或いは乾燥させたもの、又は細切・粉砕したもの等を、水;メタノール、エタノール等の低級一価アルコール;グリセリン、プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール等の多価アルコール;等の親水性極性溶媒又はこれらの2種以上の混合溶媒に、加温して又は室温にて浸漬させた後、抽出して得ることができる。但し、抽出法はこれに限定されるものではない。
【0011】
前記セイヨウオオバコ種子抽出物は、液状、ペースト状、ゲル状等いずれの形態であってもよい。すなわち、抽出溶媒を含む液状の抽出液をそのままあるいは濃縮してから用いても良いし、また、抽出液を減圧乾燥、又は凍結乾燥などにより乾固させて固体状とした後に用いることもできる。また、スプレードライ等により乾燥させて粉末として用いることもできる。また更には、これら固体状あるいは粉末の抽出物を適宜溶媒に再溶解して抽出液として用いても良い。
【0012】
本発明は、本発明の細胞賦活剤あるいは線維芽細胞賦活剤であるセイヨウオオバコ種子抽出物を有効成分として含有する老化防止用皮膚外用剤にも関する。本発明の皮膚外用剤は、セイヨウオオバコ種子抽出物の細胞賦活作用あるいは線維芽細胞賦活作用によって、優れた老化防止効果を奏する。本発明の皮膚外用剤中の前記セイヨウオオバコ種子抽出物の含有量は、固形分として、好ましくは0.000001〜0.2質量%(以下単に「%」で示す)であり、より好ましくは0.00001〜0.1%である。この範囲内であれば、前記抽出物を安定に配合することができ、かつ高い老化防止効果を発揮することができる。
【0013】
本発明の皮膚外用剤は、前記細胞賦活剤あるいは線維芽細胞賦活剤を常法に従い、種々の形態の基剤に配合して製剤化することにより調製できる。更に、前記細胞賦活剤あるいは線維芽細胞賦活剤を他の薬効剤の一種又は二種以上と組み合わせて配合することによって、細胞賦活効果をより高めた、もしくは細胞賦活効果とともに他の薬効も奏する皮膚外用剤を調製することができる。他の薬効剤の例には、美白剤、紫外線防御剤、抗菌剤、抗炎症剤、他の細胞賦活剤、活性酸素除去剤、及び保湿剤などが含まれるが、これらに限定されることはない。
【0014】
美白剤の例には、アスコルビン酸又はその誘導体、アルブチン、エラグ酸、リノール酸、ビタミンE及びその誘導体、グリチルリチン酸及びその誘導体、トラネキサム酸、胎盤抽出物、カミツレ抽出物、カンゾウ抽出物、エイジツ抽出物、オウゴン抽出物、海藻抽出物、クジン抽出物、ケイケットウ抽出物、ゴカヒ抽出物、コメヌカ抽出物、小麦胚芽抽出物、サイシン抽出物、サンザシ抽出物、サンペンズ抽出物、シラユリ抽出物、シャクヤク抽出物、センプクカ抽出物、大豆抽出物、茶抽出物、糖蜜抽出物、ビャクレン抽出物、ブドウ抽出物、ホップ抽出物、マイカイカ抽出物、モッカ抽出物、ユキノシタ抽出物等が含まれる。
【0015】
紫外線防御剤としては、例えば、パラメトキシケイ皮酸−2−エチルヘキシル、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−硫酸ナトリウム、4−t−ブチル−4−メトキシジベンゾイルメタン、2−フェニル−ベンズイミダゾール−5−硫酸、酸化チタン、酸化亜鉛等が挙げられる。
【0016】
抗菌剤としては、例えば、安息香酸、安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エステル、塩化ベンザルコニウム、フェノキシエタノール、イソプロピルメチルフェノール等が挙げられる。
【0017】
抗炎症剤としては、例えば、イオウ及びその誘導体、グリチルリチン酸及びその誘導体、グリチルレチン酸及びその誘導体、アルテア抽出物、アシタバ抽出物、アルニカ抽出物、インチンコウ抽出物、イラクサ抽出物、オウバク抽出物、オトギリソウ抽出物、カミツレ抽出物、キンギンカ抽出物、クレソン抽出物、コンフリー抽出物、サルビア抽出物、シコン抽出物、シソ抽出物、シラカバ抽出物、ゲンチアナ抽出物等が挙げられる。
【0018】
他の細胞賦活剤の例には、カフェイン、鶏冠抽出物、貝殻抽出物、貝肉抽出物、ローヤルゼリー、シルクプロテイン及びその分解物又はそれらの誘導体、ラクトフェリン又はその分解物、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸等のムコ多糖類またはそれらの塩、コラーゲン、酵母抽出物、乳酸菌抽出物、ビフィズス菌抽出物、醗酵代謝抽出物、イチョウ抽出物、オオムギ抽出物、センブリ抽出物、タイソウ抽出物、ニンジン抽出物、ローズマリー抽出物、グリコール酸、クエン酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸等が含まれる。
【0019】
活性酸素除去剤は、過酸化脂質生成抑制等の作用を有しており、例えば、スーパーオキサイドディスムターゼ、マンニトール、クエルセチン、カテキン及びその誘導体、ルチン及びその誘導体、ボタンピ抽出物、ヤシャジツ抽出物、メリッサ抽出物、羅漢果抽出物、レチノール及びその誘導体、カロチノイド等のビタミンA類、チアミンおよびその誘導体、リボフラビンおよびその誘導体、ピリドキシンおよびその誘導体、ニコチン酸およびその誘導体等のビタミンB類、トコフェロール及びその誘導体等のビタミンE類、ジブチルヒドロキシトルエン及びブチルヒドロキシアニソール等が挙げられる。
【0020】
保湿剤としては、例えば、エラスチン、ケラチン等のタンパク質またはそれらの誘導体、加水分解物並びにそれらの塩、グリシン、セリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アルギニン、テアニン等のアミノ酸及びそれらの誘導体、ソルビトール、エリスリトール、トレハロース、イノシトール、グルコース、蔗糖およびその誘導体、デキストリン及びその誘導体、ハチミツ等の糖類、D−パンテノール及びその誘導体、尿素、リン脂質、セラミド、オウレン抽出物、ショウブ抽出物、ジオウ抽出物、センキュウ抽出物、ゼニアオイ抽出物、タチジャコウソウ抽出物、ドクダミ抽出物、ハマメリス抽出物、ボダイジュ抽出物、マロニエ抽出物、マルメロ抽出物等が挙げられる。
【0021】
また、本発明の皮膚外用剤には、本発明の細胞賦活剤あるいは線維芽細胞賦活剤以外の任意の成分を配合することができる。そのような成分としては、例えば、アミノ酸、脂質、糖、ホルモン、酵素、核酸などの生理活性物質等を挙げることができるが、これらに限定されることはない。また、本発明の効果を損なわない範囲で、化粧料や医薬部外品、皮膚外用剤等の製造に通常使用される成分、例えば、水(精製水、温泉水、深層水等)、油剤、界面活性剤、金属セッケン、ゲル化剤、粉体、アルコール類、水溶性高分子、皮膜形成剤、樹脂、包接化合物、香料、消臭剤、塩類、pH調整剤、清涼剤、植物・動物・微生物由来の抽出物、血行促進剤、収斂剤、抗脂漏剤、キレート剤、角質溶解剤、酵素、ホルモン類、他のビタミン類等を必要に応じて用いることができる。
【0022】
本発明の皮膚外用剤は、パウダー、パウダーファンデーション等の粉体;石けん、リップスティック等の固体;クリーム、乳液、クリームファンデーション等の乳化物;化粧水、美容液等の液体;など、種々の形態の化粧料組成物であるのが好ましい。但し、これらに限定されるものではない。
【実施例】
【0023】
以下に実施例を挙げて本発明を更に具体的に説明するが、本発明の範囲は下記の実施例に限定されることはない。
[例1:セイヨウオオバコ種子抽出物の調製]
セイヨウオオバコの種子からエタノール溶液にて抽出して得られたエキスを濃縮し固形分を得た。
【0024】
[例2:セイヨウオオバコ種子抽出物の細胞賦活試験]
ヒト新生児由来の線維芽細胞NB1RGBを1%ウシ子牛血清(FBS)含有ダルベッコ変法イーグルMEM培地(DMEM、ニッスイ)中に接種し、続いて96穴プレートに播種し、37℃、二酸化炭素濃度5vol%の雰囲気中に静置した。例1で調製したセイヨウオオバコ種子抽出物を、培地に対して0.001mg/mlとなるように添加し混和した。培養3日目に培地を交換し、再度同濃度のセイヨウオバコ抽出物を添加した。翌日、培地を除き、細胞をリン酸緩衝液にて洗浄した後、MTTアッセイ法にて、生育させた線維芽細胞NB1RGBの生育度を求め、セイヨウオオバコ種子抽出物を添加していないものの細胞生育度を対照として細胞賦活度を評価した。
また、このとき10%ウシ子牛血清(FBS)含有ダルベッコ変法イーグルMEM培地にて同条件で培養した細胞を、増殖の陽性対照とした。
【0025】
(MTTアッセイ法による評価方法)
細胞をリン酸緩衝液にて洗浄した後、新鮮な培地に交換し、MTTアッセイ試薬を加えて培養後、波長490nm及び650nmの吸光度を測定し、以下の数1に従い細胞生育度を算出した。また、以下の数2に従って試料無添加時の細胞生育度を100%とした細胞賦活度を算出し、数3に従って陽性対照の細胞賦活度を100%とした相対賦活度を算出した。
【0026】
【数1】


【数2】


【数3】


【0027】
【表1】


【0028】
表1の結果から明らかな如く、本発明品のセイヨウオオバコ種子抽出物は、ヒト新生児由来の線維芽細胞NB1RGBに対して高い細胞賦活能を有していることが認められた。従って、本発明のセイヨウオオバコ種子抽出物を細胞賦活成分として肌に適用することにより、皮膚線維芽細胞に対する極めて優れた作用を発揮し、加齢、紫外線曝露等により生じる皮膚のしわ、たるみ等を効果的に改善することができる。
【0029】
[例3:クレンジングクリームの調製例]
以下の組成のクレンジングクリームを、以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(9)を加熱溶解し、70℃に保つ。
B.下記成分(10)〜(14)を加熱溶解し、70℃に保つ。
C.BにAを加え乳化する。
D.Cを冷却後、下記成分(15)及び(16)を加え混合し、クレンジングクリームを得た。
(成分) (%)
(1)ステアリン酸 2.0
(2)ステアリルアルコール 3.0
(3)親油型モノステアリン酸グリセリル 2.0
(4)ミツロウ 1.5
(5)ワセリン 6.0
(6)流動パラフィン 40.0
(7)ジメチルポリシロキサン(100CS) 0.5
(8)セスキオレイン酸ソルビタン 1.0
(9)防腐剤 適量
(10)トリエタノールアミン 1.0
(11)プロピレングリコール 10.0
(12)ポリエチレングリコール20000 0.5
(13)カルボキシビニルポリマー1%水溶液 5.0
(14)精製水 残量
(15)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0001
(16)香料 適量
*1 例1で調製した抽出物
【0030】
調製したクレンジングクリームは、メイク汚れとのなじみがよく、すっきりとメイク汚れが落ち、肌には適度なうるおいとエモリエント感があり、べたつきのないクレンジングクリームであった。
【0031】
[例4:洗顔料の調製例]
以下の組成の洗顔料を以下の方法で製造した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(5)を加熱溶解する。
B.下記成分(6)及び(7)を加熱溶解する。
C.下記成分(8)〜(11)を加熱溶解する。
D.AにBを加え混合後、更にCを加え混合する。
E.Dを冷却後、下記成分(12)、(13)及び(14)を加え混合し、洗顔料を得た。
(成分) (%)
(1)ラウリン酸 5.0
(2)ミリスチン酸 18.5
(3)ステアリン酸 6.0
(4)グリセリン 12.0
(5)ポリエチレングリコール1500 5.0
(6)水酸化カリウム 6.5
(7)精製水 残量
(8)ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド 5.0
(9)ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム 1.8
(10)ポリオキシエチレン(7.5E.O.)ラウリル
エーテル 2.0
(11)ジステアリン酸エチレングリコール 1.0
(12)ヒドロキシプロピルメチルセルロース1%水溶液 5.0
(13)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0001
(14)香料 適量
*1 例1で調製した抽出物
【0032】
調製した洗顔料は、豊かでコクのある泡立ちで、汚れ落ちもよく、すっきりと洗いあがり、肌にうるおいが残る洗顔料であった。
【0033】
[例5:化粧水1の調製例]
以下の組成の化粧水1を以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(7)を混合溶解する。
B.下記成分(8)〜(11)を混合溶解する。
C.AにBを加え混合し、化粧水を得た。
(成分) (%)
(1)クエン酸 0.05
(2)クエン酸ナトリウム 0.2
(3)ピロリドンカルボン酸ナトリウム(50%)液 0.5
(4)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.00005
(5)グリセリン 3.0
(6)1,3−ブチレングリコール 8.0
(7)精製水 残量
(8)エチルアルコール 10.0
(9)香料 適量
(10)防腐剤 適量
(11)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 0.5
*1 例1で調製した抽出物
【0034】
調製した化粧水1は、みずみずしい使用感があり、肌のうるおいに優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌とすることができる化粧水であった。
【0035】
[例6:化粧水2の調製例]
以下の組成物の化粧水2を以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(7)を混合溶解する。
B.下記成分(8)〜(12)を混合溶解する。
C.BにAを加え混合し、化粧水を得る。
(成分) (%)
(1)メドウホーム油 0.05
(2)ホホバ油 0.05
(3)香料 適量
(4)防腐剤 適量
(5)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 0.5
(6)イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化
ヒマシ油(50E.O.) 1.0
(7)エチルアルコール 8.0
(8)グリセリン 5.0
(9)1,3−ブチレングリコール 5.0
(10)ポリエチレングリコール1500 0.1
(11)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0002
(12)精製水 残量
*1 例1で調製した抽出物
【0036】
調製した化粧水2は、なめらかな使用感があり、肌のうるおいに優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌とすることができる化粧水であった。
【0037】
[例7:化粧水3の調製例]
以下の組成の化粧水3を以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(8)を混合溶解する。
B.下記成分(9)〜(12)を混合溶解する。
C.BにAを加え乳化し、化粧水を得る。
(成分) (%)
(1)トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル 0.08
(2)スクワラン 0.02
(3)セスキオレイン酸ソルビタン 0.05
(4)モノオレイン酸ポリオキシエチレン
(20E.O.)ソルビタン 0.05
(5)ポリオキシエチレン(8E.O.)アルキル
(12〜15)エーテルリン酸 0.1
(6)防腐剤 適量
(7)香料 適量
(8)エチルアルコール 8.0
(9)ジプロプレングリコール 8.0
(10)グリセリン 4.0
(11)セイヨウオオバコ種子抽出液抽出物*1 0.00001
(12)精製水 残量
*1 例1で調製した抽出物
【0038】
調製した化粧水3は、みずみずしくすっきりとした使用感があり、肌のうるおいに優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌にすることができる化粧水であった。
【0039】
[実施例8:乳液の調製例]
以下の組成の乳液を以下の方法により調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(10)を加熱溶解し、70℃に保つ。
B.下記成分(11)〜(15)を加熱溶解し、70℃に保つ。
C.AにBを加え乳化し、更に下記成分(16)を加え混合する。
D.Cを冷却し、下記成分(17)及び(18)を加え混合し、乳液を得る。
(成分) (%)
(1)ステアリン酸 1.0
(2)セタノール 0.5
(3)親油型モノステアリン酸グリセリン 0.5
(4)流動パラフィン 2.0
(5)スクワラン 3.0
(6)ホホバ油 3.0
(7)パルミチン酸セチル 0.2
(8)防腐剤 適量
(9)モノステアリン酸ソルビタン 0.3
(10)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 0.5
(11)トリエタノールアミン 0.5
(12)1,3−ブチレングリコール 15.0
(13)グリセリン 3.0
(14)ポリエチレングリコール6000 0.5
(15)精製水 残量
(16)カルボキシビニルポリマー1%水溶液 8.0
(17)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0002
(18)香料 適量
*1 例1で調製した抽出物
【0040】
調製した乳液は、みずみずしくなめらかな使用感があり、肌のうるおいとエモリエンと感に優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌にすることができる乳液であった。
【0041】
[例9:クリームの調製例]
以下の組成のクレームを以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(13)を加熱溶解し、70℃に保つ。
B.下記成分(14)〜(18)を加熱溶解し、70℃に保つ。
C.AにBを加え乳化し、更に下記成分(19)を加え混合する。
D.Cを冷却し、下記成分(20)及び(21)を加え混合し、クリームを得る。
(成分) (%)
(1)ステアリン酸 2.5
(2)セタノール 2.5
(3)親油型モノステアリン酸グリセリン 2.0
(4)ワセリン 2.0
(5)ジペンタエリトリット脂肪酸エステル*1 2.0
(6)ミリスチン酸イソトリデシル 5.0
(7)流動パラフィン 8.0
(8)スクワラン 5.0
(9)ミツロウ 1.0
(10)パルミチン酸セチル 2.0
(11)セスキオレイン酸ソルビタン 0.5
(12)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 1.5
(13)防腐剤 適量
(14)トリエタノールアミン 1.2
(15)1,3−ブチレングリコール 8.0
(16)グリセリン 2.0
(17)ポリエチレングリコール20000 0.5
(18)精製水 残量
(19)カルボキシビニルポリマー1%水溶液 5.0
(20)セイヨウオオバコ種子抽出物*2 0.001
(21)香料 適量
*1:コスモール168AR(日清オイリオグループ社製)
*2 例1で調製した抽出物
【0042】
調製したクリームは、コクのあるなめらかな使用感があり、肌のエモリエント感に優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌にすることができるクリームであった。
【0043】
[例10:美容液の調製例]
以下の組成の美容液を以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(8)を混合溶解する。
B.下記成分(9)〜(17)を混合溶解する。
C.BにAを加え混合し、美容液を得た。
(成分) (%)
(1)トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル 0.1
(2)メドウホーム油 0.05
(3)ホホバ油 0.05
(4)防腐剤 適量
(5)香料 適量
(6)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 0.5
(7)イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化
ヒマシ油(50E.O.) 1.5
(8)エチルアルコール 5.0
(9)グリセリン 4.0
(10)ジプロピレングリコール 8.0
(11)1,3−ブチレングリコール 8.0
(12)乳酸ナトリウム 0.5
(13)ピロリドンカルボン酸ナトリウム(50%)液 0.5
(14)ヒドロキシエチルセルロース 0.08
(15)アルギン酸ナトリウム 0.05
(16)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0001
(17)精製水 残量
*1 例1で調製した抽出物
【0044】
調製した美容液は、みずみずしくもなめらかでマイルドな使用感があり、肌のうるおいやエモリエント感に優れ、キメを整え、つややはり、弾力のある美しい肌にすることができる美容液であった。
【0045】
[例11:パックの調製例]
以下の組成のパックを、以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(5)を加熱溶解する。
B.下記成分(6)〜(10)を混合溶解する。
C.Aを冷却後、B及び下記(11)を加え混合し、パックを得た。
(成分) (%)
(1)ポリビニルアルコール 12.0
(2)メチルセルロース 0.1
(3)グリセリン 3.0
(4)1,3−ブチレングリコール 5.0
(5)精製水 残量
(6)香料 適量
(7)防腐剤 適量
(8)トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル 0.1
(9)モノオレイン酸ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタン 1.0
(10)エチルアルコール 13.0
(11)セイヨウオオバコ種子抽出物*1 0.0001
*1 例1で調製した抽出物
【0046】
調製したパックは、伸びひろがりがよく、肌に適度な緊張感を付与し、パックを剥がした後の肌にはべたつきはなく、高い潤いとはりがでるパックであった。
【0047】
[例12:マッサージクリームの調製例]
以下の組成のマッサージクリームを、以下の方法で調製した。
(製法)
A.下記成分(1)〜(9)を加熱溶解し、70℃に保つ。
B.下記成分(10)〜(13)を加熱溶解し、70℃に保つ。
C.BにAを加え乳化する。
D.Cを冷却後、下記成分(14)及び(15)を加え混合し、マッサージクリームを得た。
(成分) (%)
(1)ステアリン酸 2.0
(2)ステアリルアルコール 2.5
(3)親油型モノステアリン酸グリセリン 2.0
(4)セスキオレイン酸ソルビタン 1.0
(5)パルミチン酸セチル 1.0
(6)ジペンタエリトリット脂肪酸エステル*1 4.0
(7)ワセリン 20.0
(8)流動パラフィン 28.0
(9)メチルポリシロキサン(100CS) 0.5
(10)水酸化ナトリウム 0.1
(11)ジプロピレングリコール 7.0
(12)カルボキシビニルポリマー1%水溶液 5.0
(13)精製水 残量
(14)セイヨウオオバコ種子抽出物*2 0.0002
(15)香料 適量
*1:コスモール168AR(日清オイリオグループ社製)
*2:例1で調製した抽物
【0048】
調製したマッサージクリームは、なめらかでコクのある使用感があり、マッサージ効果に優れ、肌のたるみやはり、弾力性の低下を防ぐ効果の高いマッサージクリームであった。
【0049】
[例13:クリームファンデーションの調製例]
以下の組成のクリームファンデーションを、以下の方法で調製した。
(製法)
A:下記成分(8)〜(13)を混合する。
B:下記成分(14)〜(19)を混合する。
C:Aに下記成分(1)〜(7)を添加し混合分散する。
D:CにBを加え混合する。
E:Dに下記成分(20)及び(21)を加えクリームファンデーションを得た。
(成分) (%)
(1)セリサイト 8.0
(2)酸化チタン 10.0
(3)ベンガラ 1.0
(4)黄色酸化鉄 2.2
(5)雲母チタン 2.0
(6)黒酸化鉄 0.1
(7)有機変成ベントナイト*1 0.5
(8)長鎖アルキル含有ポリオキシアルキレン変性
オルガノポリシロキサン*2 2.0
(9)ポリオキシアルキレン変性オルガノポリ
シロキサン*3 2.0
(10)デカメチルシクロペンタシロキサン 12.0
(11)オクタメチルシクロテトラシロキサン 10.0
(12)トリメチルシロキシケイ酸のシリコーン溶液*4 3.0
(13)トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル 5.0
(14)1,3−ブチレングリコール 5.0
(15)ジグリセリン 2.0
(16)グリセリン 2.0
(17)キサンタンガム 0.2
(18)塩化ナトリウム 0.2
(19)精製水 残量
(20)セイヨウオオバコ種子抽出物*5 0.00001
(21)香料 適量
*1:ベントン38(NLエンダストリー社製)
*2:アビルEM−90(ゴールドシュミット社製)
*3:KF−6017(信越化学工業社製)
*4:KF−7312J(信越化学工業社製)
*5:例1で調製した抽出物
【0050】
調製したクリームファンデーションは、べたつき感のないなめらかな使用感があり、肌への付着性に優れ、美しい仕上がりとなり、また、肌にエモリエント感を付与し、つややはり、弾力のある美しい肌にすることができるクリームファンデーションであった。
【産業上の利用可能性】
【0051】
本発明によれば、安全性が良好な、新規な細胞賦活剤及び老化防止用皮膚外用剤を提供することができる。
【出願人】 【識別番号】000145862
【氏名又は名称】株式会社コーセー
【出願日】 平成20年3月27日(2008.3.27)
【代理人】
【公開番号】 特開2009−234976(P2009−234976A)
【公開日】 平成21年10月15日(2009.10.15)
【出願番号】 特願2008−82259(P2008−82259)