トップ :: A 生活必需品 :: A44 小間物;貴金属宝石類

【発明の名称】 金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)ジュエリー
【発明者】 【氏名】小野 はる得
【課題】従来の留め具で装着するジュエリー、この方式では解決できない問題点の解決。また身体に直接装着することによる身体への負荷からくる心身の苦痛の解消。さらにはジュエリーの新しい分野の開拓と構築による、ジュエリー業界の更なる発展と飛躍を目指す。

【解決手段】ジュエリー用の材料を糸状、または紐状、あるいは線状の材料でつなぎ、そのつないだ材料の先端と先端とを、金属製の留め具、または留め具専用部品を使わずに、ジュエリー用の材料そのもので留め具機能を作り装着し、全ての箇所がジュエリーとなることを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ジュエリー用の材料を糸状、または紐状、あるいは線状の材料でつなぎ、そのつないだ材料の先端と先端とを、金属製の留め具、または留め具専用部品を使わずに、ジュエリー用の材料そのもので留め具機能を作り装着し、全ての箇所がジュエリーとなることを特徴とする金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)ジュエリー。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、ジュエリーを装着するときに必要とする、金属製の留め具、または留め具専用部品を使わずに、ジュエリー用材料そのものを使い留め具機能を作り装着し、全ての箇所がジュエリーとなる、そのものに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来ジュエリーは、金属製の留め具、または留め具専用部品で留めて、飾るものであることから、金属が直接身体に触れ、金属性アレルギーを引き起こす原因になることがある。そのため購買意欲がかき消されれることもある。また留め具を装着時のままに固定させておくことができない。そのため留め具の移動、ひっくり返りが起こることがあり、ジュエリー本来の美しさが損なわれることがある。そのために精神的なストレス、身体的疲労を生じさせる原因にもなる。さらには握力が弱い人もいる、留め具が小さいこともある、ゆえに使用困難をきたし、消費にストップをかけることもある。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
上述の如く、従来のジュエリーは、ジュエリーに備えられた留め具で身体に装着するものであることから、身体的、および精神的苦痛の引き金になることがある。またジュエリー本体を身体に固定することができないため留め具が移動、ひっくり返りが起こることがあり、ジュエリー本来の美しさが損なわれ、価値の低下につながる。その上に新発想のジュエリーの出現も見られないでいる。
【0004】
本発明は、このような観点から照らし合わせて成されているものである。その目的は、身体的、および精神的苦痛を発生させないものであり、またジュエリーの美しさを保ち続けるものである。さらに新発想のジュエリーの出現をみいだすものである。そのジュエリーが金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上述の目的を達成する本発明の金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーは、ジュエリー用の材料を糸状、または紐状、あるいは線状の材料でつなぎ、そのつないだジュエリー用の材料の先端と先端とを、金属製の留め具、または留め具専用部品を使わずに、ジュエー用の材料そのもので留め具機能を作り装着し、全ての箇所がジュエリーとなる事を特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
以上説明したように本発明によれば、金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)であることから、金属アレルギーの発生を防ぐことができる。過去に金属アレルギーが発生した人も安心して身に着けることができる。そのためにジュエリーの消費が大幅に拡大し、生産量、販売量の増加へとつながり、経済活性化の一端を担うものとなる。
【0007】
また本発明によれば、装着がしごく容易にできることから握力の弱い人にも、難なく使用できる。そのことからジュエリーが身近なものとなり、購買意欲が掻き立てられ、ジュエリーの消費が大幅に拡大し、生産量、販売量の増加へとつながり、経済活性化の一端を担うものである。
【0008】
さらに本発明によれば、全ての箇所がジュエリーであるために、留め具の移動やひっくり返りを起こすことがない。ゆえに身体的、および精神的ストレスの発生を防ぐことができる。また新発想のジュエリーの出現を見出すものである。
【0009】
なおかつ本発明によれば、美しさが損なわれないために、ジュエリーの価値を向上させるものであることから、ジュエリーの品格が上がる。そのために消費が拡大され、経済活性化の一端を担うものとなる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、本発明の実施の形態を図面に基づき詳細を説明する。
【0011】
図1と図2は本発明の実施の形態に係わり、図1はジュエリーの片側の先端にジュエリー用の材料そのもので留め具機能を作り、もう一方の先端にジュエリー用の材料をつけた金具0(ゼロ)、留め具専用部品0(ゼロ)のジュエリーに関するものである。図2は留ま具機能がついている片側の輪の中に、もう一方の先端につけたジュエリー用の材料を通し、装着したジュエリーに関するものである。
【0012】
図1に示した向かって左側の図は、ジュエリー用の材料を糸状、または紐状、あるいは線状の材料でつなぎいだジュエリー(C)、その片方の先端にジュエリー用の材料(B)を糸状、または紐状、線状の材料でつなぎ、留め具機能を持つジュエリー部分を作った図である。右側の図はもう一方のジュエリー(C)の先端に、ジュエリー用の材料(A)を糸状、または紐状、線状の材料でつなげた図である。
【0013】
図2は図1における左側の図のジュエリー用の材料(B)で留め具機能を持つジュエリーの輪の中に、もう一方の先端につなげたジュエリー用の材料(A)をくぐらせてジュエリー(C)を装着させた図である。
【実施例】
【0014】
本金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーとなるジュエリー用の材料をつなぐ糸状、または紐状、あるいは線状の素材において図1、図2の場合、その糸状、または紐状、あるいは線状の材料はジエリー用の材料、またはジュエリーの美的感覚を向上させるものが最適である。
【0015】
以上、本発明の実施の形態及び実施例を説明したが、本発明の範囲はこれに限定されるものではない。本金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーの材料は多種多様な材料があることから、本発明の範囲はこれに限定されるものではない。例えば材料の色、形、大きさ、材質、重量があるものであるから、状況に応じて適宜選択されるものである。
【産業上の利用可能性】
【0016】
本発明金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーは、金属0(ゼロ)、留め具0(ゼロ)のジュエリーとして有用なジュエリーを製造、販売する産業分野で利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】 本発明の実施形態に係る、ジュエリーの両先端に取り付けた留め具機能のついたジュエリー部分と、片方のジュエリー部分である。
【図2】 本発明の実施形態に係る、ジュエリーの両先端に取り付けた留め具機能のついたジュエリー部分に、片方のジュエリー部分をくぐらせて装着させたものである。
【符号の説明】
【0018】
A ジュエリーの片側の先端につなげたジュエリー用の材料
B ジュエリーの片側の先端に留め具機能を作るためのジュエリー用の材料
C 糸状、または紐状、線状の材料でつないだジュエリー用の材料
【出願人】 【識別番号】505042321
【氏名又は名称】株式会社ラグーン
【出願日】 平成20年4月8日(2008.4.8)
【代理人】
【公開番号】 特開2009−247868(P2009−247868A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−121676(P2008−121676)