トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類

【発明の名称】 衣服
【発明者】 【氏名】永田 亮司
【課題】構造的及び機能的に斬新で、身頃の上からでも下からでも着ることができ、1着で2倍楽しめる衣服を提供する。

【解決手段】身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対して上下対称状に袖3,3、4,4が一体に形成され、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩又は模様が異なっている。また、見頃2の前身頃は、左右方向中央部が上下方向全長にわたり切り開かれて、その切り開き部にファスナが取り付けられていることを特徴とする衣服。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
身頃の上部側と下部側とに身頃の上下方向中心部に対して上下対称状に袖が一体に形成され、上部側の袖と下部側の袖とは色彩又は模様が異なっていることを特徴とする衣服。
【請求項2】
身頃の前身頃は、左右方向中央部が上下方向全長にわたり切り開かれて、その切り開き部にファスナーが取り付けられていることを特徴とする請求項1に記載の衣服。
【請求項3】
身頃の上端又は下端にフードが一体に形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の衣服。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、セーターやトレーナーシャツ等として使用される衣服に関する。
【背景技術】
【0002】
従来より使用されているセーター等は、身頃の上部に左右一対の袖を形成したもので、身頃にその下端口から頭を入れて上端口から頭を出しながら、両腕を左右の袖に通して着るようになっている。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
従来のセーター等の衣服は、上記のように身頃の上部側に袖を形成しただけのもので、構造的にも機能的にもありふれているため、模様や色彩等を変える以外には衣服の独自性を発揮させることができなかった。
【0004】
本発明は、上記のような事情に鑑み、構造的及び機能的に斬新で、身頃の下からでも下からでも着ることができ、1着で2倍楽しめる衣服を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題を解決するための手段を、後述する実施形態の参照符号を付して説明すると、請求項1に係る発明の衣服は、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対して上下対称状に袖3,3、4,4が一体に形成され、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩又は模様が異なっていることを特徴とする。
【0006】
請求項2は、請求項1に記載の衣服において、身頃2の前身頃2aは、左右方向中央部が上下方向全長にわたり切り開かれて、その切り開き部2aoにファスナー5が取り付けられていることを特徴とする。
【0007】
請求項3は、請求項1又は2に記載の衣服において、身頃2の上端又は下端にフード6が一体に形成されていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
上記解決手段による発明の効果を、後述する実施形態の参照符号を付して説明すると、請求項1に係る発明の衣服は、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対して上下対称状に夫々左右一対の袖3,3、4,4が一体に形成されているから、身頃2の下からでも下からでも着ることができ、在来の衣服に比べると、構造的及び機能的に斬新で、ファッション性にも富み、また上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩が異なっていて、通常使用時と上下反転使用時とでは印象、見た目、美観が異なるから、1着の衣服で2着分の使用価値を有し、2倍楽しむことができる。
【0009】
請求項2に係る発明の衣服のように、前身頃2aの左右方向中央部を上下方向全長にわたり切り開いて、その切り開き部2aoにファスナー5を取り付ければ、衣服を着たり、脱いだりする時に、着用者が身頃2内にいちいち頭を入れなくてよいから、衣服の着脱が簡単容易となる。
【0010】
請求項3に係る発明の被覆のように、身頃2の上端又は下端にフード6を一体に形成すれば、ファッション性及び機能性が増し、特に、上下反転使用時にはフード6が使用者のお尻付近に位置することになって、一層ファッション性を高めることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下に本発明の好適な一実施形態を図面に基づいて説明すると、図1の(a) は本発明に係る一実施形態によるセーターの正面図、(b) は背面図であり、図2は第1使用形態を示す説明図、図3は第2使用形態を示す説明図である。図1〜図3に示すセーター1は、例えばニット生地からなるもので、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対し上下対称状に夫々左右一対の袖3,3、4,4が夫々一体に形成されていて、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩が異なり、例えば上部側の袖3,3は白色、下部側の袖4,4は黒色とされ、また身頃2は例えば青色とされる。
【0012】
このセーター1の第1使用形態は、通常通り使用するもので、使用者は、身頃2にその下端口L側から頭を入れて上端口H側から頭を出しながら、上部側の袖3,3に両腕を通し入れ、そして下部側の袖4,4を使用者の腰に回して前部で結ぶことにより、図2に示すような使用形態となる。
【0013】
第2使用形態は、このセーター1を上下反転して使用するもので、使用者は、身頃2の上端口H側から頭を入れて下端口L側から頭を出しながら、下部側の袖4,4に両腕を通し入れ、上部側の袖3,3を使用者の腰に回して前部で結ぶことによって、図3に示すような使用形態となる。
【0014】
上記のように、セーター1は、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対して上下対称状に夫々左右一対の袖3,3、4,4が夫々一体に形成されているから、身頃の下からでも下からでも着ることができ、在来のセーターに比べると、構造的及び機能的に斬新で、ファッション性にも富んでいる。また、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩が異なっていて、通常使用時と上下反転使用時とでは印象、見た目、美観が異なるから、1着のセーター1で2着分の使用価値を有し、2倍楽しむことができる。
【0015】
図1〜図3に示すセーター1では、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とを色彩が異なるようにしたが、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とを模様が異なるようにしてもよいし、また上部側の袖3,3を例えば複数の色の使用による花柄模様とし、下部側の袖4,4を単一色としてもよい。いずれにしても、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とが互いに異なった色彩又は模様であればよい。
【0016】
図4の(a) は、本発明に係る他の実施形態によるトレーナーシャツの正面図、(b) は背面図であり、図5の(a) は第1使用形態を示す説明図、(b) は第2使用形態を示す説明図である。この図4及び図5に示すトレーナーシャツ11は、図1〜図3に示されるセーター1とほとんど同じ構成であるが、身頃2の前身頃2aを開きにして、ファスナー5を取り付けている点で異なる。即ち、このトレーナーシャツ11は、例えば綿織物の生地からなるもので、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対し上下対称状に夫々左右一対の袖3,3、4,4を夫々一体に形成し、上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩を異にし、例えば上部側の袖3,3を白色、下部側の袖4,4を黒色、身頃2を青色とし、そして前身頃2aと後見頃2bとからなる身頃2の前身頃2aは、左右方向中央部を上下方向全長にわたり切り開いて、その切り開き部2aoにスライドファスナー5(ジッパー)を取り付けている。
【0017】
スライドファスナー5は、前身頃2aを身頃2の上端口H側からでも下端口L側からでも開くことができるように上下2つのスライダー5a,5bが設けられている。
【0018】
図5の(a) は、このトレーナーシャツ11の第1使用形態を示したもので、使用者は、上部側の袖3,3に両腕を通し入れ、下部側の袖4,4を使用者の腰に回して前部で結んでいる。このトレーナーシャツ11の着用時には、スライドファスナー5によって前身頃2aを全部開放することによって、両腕を簡単に上部側の袖3,3に通し入れることができて容易に着用することができる。同図(b) は第2使用形態を示したもので、使用者は、下部側の袖4,4に両腕を通し入れ、上部側の袖3,3を使用者の腰に回して前部で結ぶようにしている。
【0019】
上記トレーナーシャツ11のように、前身頃2aの左右方向中央部を切り開いて、その切り開き部2aoにスライドファスナー5を取り付けたトレーナーシャツ11によれば、トレーナーシャツ11を着るのも脱ぐのも簡単容易になると共に、シャツ11のファッション性を高めることができる。
【0020】
図6の(a) は本発明に係る更に他の実施形態によるセーター21の正面図、(b) は背面図であり、図7は第1使用形態を示す説明図であり、図8は第2使用形態を示す説明図である。この図6〜図8に示すセーター21は、図1〜図3に示したセーター1とほとんど同じであるが、身頃2の上端にフード6を一体に形成している点がそれと異なっている。即ち、このセーター21は、例えばニット生地からなるもので、身頃2の上部側と下部側とに身頃2の上下方向中心部に対し上下対称状に夫々左右一対の袖3,3、4,4が夫々一体に形成され、身頃2の上端にはフード6が一体に形成されており、そして上部側の袖3,3と下部側の袖4,4とは色彩が異なり、例えば、上部側の袖3,3が黄色、下部側の袖4,4が赤色、身頃2が下部側の袖4と同じ赤色とされ、フード6は例えば上部側の袖3,3と同じ黄色とされる。
【0021】
フード6は、図6の(a) 及び図7に示すように、身頃2の上端口Hから突出するように形成されると共に、フード6の顔出し口7は、その下部が前身頃2aの上端中央部に設けられたV字状切欠部8と連通するように形成されている。
【0022】
このセーター21の第1使用形態においては、使用者は、身頃2にその下端口L側から頭を入れて上端口H側から頭を出しながら、上部側の袖3,3に両腕を通し入れ、下部側の袖4,4を使用者の腰に回して前部で結ぶことにより、図7に示すような使用形態となる。
【0023】
第2使用形態は、このセーター21を上下反転して使用するもので、使用者は、身頃2の上端口H側から頭を入れて下端口L側から頭を出しながら、下部側の袖4,4に両腕を通し入れ、上部側の袖3,3を使用者の腰に回して前部で結ぶことによって、図8に示すような使用形態となり、特に、この反転使用時にはフード6が使用者のお尻付近に位置することになって、ファッション性を一層高めることができる。尚、フード6は、身頃2の下端に一体に形成してもよい。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】(a) は本発明に係る一実施形態によるセーターの正面図、(b) は背面図である。
【図2】同上のセーターの第1使用形態を示す説明図である。
【図3】同上のセーターの第2使用形態を示す説明図である。
【図4】(a) は本発明に係る他の実施形態によるトレーナーシャツの正面図、(b) は背面図である。
【図5】(a) は同上のトレーナーシャツの第1使用形態を示す説明図、(b) は同上のトレーナーシャツの第2使用形態を示す説明図である。
【図6】(a) は本発明に係る更に他の実施形態によるセーターの正面図、(b) は背面図である。
【図7】同上のセーターの第1使用形態を示す説明図である。
【図8】同上のセーターの第2使用形態を示す説明図である。
【符号の説明】
【0025】
1 セーター(衣服)
11 トレーナーシャツ(衣服)
21 セーター(衣服)
2 身頃
H 身頃の上端口
L 身頃の下端口
2a 前身頃
2ao
3 上部側の袖
4 下部側の袖
5 ファスナー
6 フード
【出願人】 【識別番号】506125063
【氏名又は名称】ユニオン工業株式会社
【出願日】 平成20年4月8日(2008.4.8)
【代理人】 【識別番号】100069578
【弁理士】
【氏名又は名称】藤川 忠司

【識別番号】100154014
【弁理士】
【氏名又は名称】正木 裕士

【識別番号】100154520
【弁理士】
【氏名又は名称】三上 祐子
【公開番号】 特開2009−249774(P2009−249774A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−100116(P2008−100116)