トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 犬のポーチ型トイレ
【発明者】 【氏名】佐伯 勝己
【課題】散歩時、犬のフン処理が素早く容易に出来、歩道や公園を汚さず環境衛生にも役立ち携帯時も小型軽量で体裁が良い犬のポーチ型トイレを提供する。

【解決手段】携帯時のポーチ型から、蝶番2により取手1を伸ばし、袋取付枠4に設けたスプング5の作用で中袋11が瞬時に開いて犬のフンを受け取ることが出来る手段と、一度の散歩中でも、その都度中袋11の交換をしなくても済む特徴を備え、街の環境衛生にも対応出来、携帯時のポーチ型スタイルに容易に復元出来る手段を有するポーチ型トイレである。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
袋取付枠4にセットした外袋6に装着した中袋11と取手1の間に蝶番2を設け折畳める構造とし、さらに袋取付枠4にセットした外袋6に装着した中袋11は袋取付枠4に設けたスプリング5の作用で開閉出来、携帯時には小型になりベルト吊り下げ金具8により腰のベルト等に掛けられる。以上を特徴とする犬ポーチ型トイレ。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、犬の散歩の時小さく畳んで携帯し使用時には準備が簡単でフンが地面に落ちる前にキャッチ出来、手も汚さない犬のポーチ型トイレに関すものである。
【背景技術】
【0002】
従来、犬のフン処理は一度地面に落ちた物を手を汚さずに拾い上げるタイプと地面に落ちる前にキャッチするタイプと二種類に分けられるが、後タイプを使用してキャッチ出来るとしても箱型だったり大きかったり長かったり持ちづらかったり、いかにもフン取器という形で体裁が悪く両手が塞がってしまう物が多かった。特許文献1参照。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2003−125667号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
そのために、次のような問題点があった。
(A)地面に落ちてから拾うタイプ
(イ)地面の小石や砂や異物が付いてしまう。
(ロ)ティシュ、トイレットペーパー等を多めに持ち歩るかなければならない。
(ハ)雨天時には、フンが広がって取りづらい。
(ニ)やわらかめのフンだと全部は取れない。
(ホ)フンが取れたとしても地面にどうしても少し残ってしまい不衛生。
(ヘ)地面に落ちたフンを手で取るのは、感触が悪い。
(ト)フンを拾う時には、しゃがまなくてはならない。
(B)地面に落ちる前にキャッチするタイプ
(イ)箱型で大きかったり、長かったり、持ちづらく体裁が悪い。
(ロ)フンをキャッチした後に中袋を結んで取り出すので別のバックが必要。
(ハ)フンの回数分の中袋が必要。
本発明は、これらの問題を解決するためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
袋取付枠4にセットした外袋6に装着した中袋11と取手1の間に蝶番2を設け折畳める構造とし、さらに袋取付枠4にセットした外袋6に装着した中袋11は袋取付枠4に設けたスプリング5の作用で開閉出来、携帯時には小型になりベルト吊り下げ金具8により腰のベルト等に掛けられる。以上を特徴とする犬のポーチ型トイレである。
【発明の効果】
【0006】
犬が使用するとき瞬時に開く為、しゃがむ事もせず対応が出来、一回の散歩時に数回使用しても中袋交換が不要で素早く対応出来る。使用後も元の携帯スタイルに直ぐ畳んで戻せ、もしフンが袋の外にはずれて落ちたとしても取手先端内臓のスティックでフンに手を汚さず中袋に入れることが出来る。犬の散歩マナー向上や散歩道の衛生問題を解決する機能がありながら携帯時、到底フン取り器には見えないポーチ型の外観である。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】使用時の中袋装着方法図
【図2】携帯時図
【図3】使用準備動作中図
【図4】使用時図
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、本発明の形態について説明する。
(イ)収縮チューブ加工のアルミ製取手1にステンレス製蝶番2を取付る。
その蝶番2の片方にクリップ付金具3を取付る。
(ロ)クリップ付金具3にスプリング5装着済みの袋取付枠4を取付る。
(ハ)スプリング5装着済みの袋取付枠4にナイロン生地の外袋6を通す。
(ニ)取手1に袋枠固定バネ金具7とベルト吊り下げ金具8を取付る。
(ホ)スティック9を取手1の先端に差し込む。
本発明は、以上の構成になっている。
【実施例】
【0009】
これを使用するときは、外袋6の内側に中袋11を装着する。ここで中袋11とは外袋6と概同サイズの市販のポリ袋を示す。次に外袋6をクリップ付金具3には挟んで畳み、袋枠固定バネ金具7にセットして携帯時サイズとなる。
散歩中の使用時には取手1を持った手の指一本で袋取付枠4を押し下げると瞬時に取手1が伸び、外袋6、袋取付枠4及び中袋11が開き、上向きに返すことでフンの受取可能な態勢になる。フン受取後は袋取付枠4を閉じて袋枠固定バネ金具7にセットし畳んで携帯サイズにしベルト等に掛ければ両手が空き犬のリードが持ち易くなる。
【符号の説明】
【0010】
1 取手
2 蝶番
3 クリップ付金具
4 袋取付枠
5 スプリング
6 外袋
7 袋枠固定バネ金具
8 ベルト吊り下げ金具
9 スティック
10中袋固定金具
11中袋
【出願人】 【識別番号】309024424
【氏名又は名称】山元 十志子
【出願日】 平成21年7月9日(2009.7.9)
【代理人】
【公開番号】 特開2009−291201(P2009−291201A)
【公開日】 平成21年12月17日(2009.12.17)
【出願番号】 特願2009−179980(P2009−179980)