トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 掬い網用三つ折枠
【発明者】 【氏名】平井 祐二
【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
枠を根元付近から左右共に一旦上方に斜倒させてすぐに、柄に対して平行になるように再度枠を曲折させたことにより、枠を平面に対し押圧する場合に於いて掬い網の枠全面を着接でき、水中で獲物等を掬う際に柄に螺着した枠の根元が撓曲しにくくなった掬い網用三つ折枠。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は掬い網用柄に対し、着脱自在の折り畳み式ベース型掬い網用枠に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の折り畳み式掬い網枠は、殆どが収納時に四つ折りに出来る曲折のない円形枠であり、一部に収納時に三つ折りに出来るベース型のものもあった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
以上に述べた従来の曲折のない掬い網枠は、使用時に枠を螺着した柄が、枠を平面に対し押圧する場合において突起物となり、平面に対し掬い網全面が着接出来ず体高が低い獲物を捕獲できないことがある、という問題点があった。
【0004】
また、従来の曲折のない掬い網枠は展開しての使用時に於いて、水中で獲物等を掬う際に水の抵抗を受け、柄に螺着した枠の根元が撓曲することがある、という問題点があった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
そして、本発明は上記目的を達成するために、柄に螺着する枠を根元付近から左右共に一旦上方に斜倒させてすぐに、柄に対して平行になるように再度枠を曲折させたものであり、枠を平面に対し押圧する場合に於いても掬い網全面を着接でき、柄は枠が着接している面に対し触接せずに平行であるタモ枠である。
【発明の効果】
【0006】
本発明は上述したように枠を平面に対し押圧する場合に於いても掬い網全面を着接でき、螺着された柄は枠が着接している面に対し触接していないために枠を十分に押圧できることで、体高が低い獲物も捕獲できるようになった。
【0007】
柄に螺着する枠を根元付近から左右共に一旦上方に斜倒させてすぐに、柄に対して平行になるように再度枠を曲折させたことにより、展開しての使用時に於いて水中で獲物等を掬う際に水の抵抗を受け柄に螺着した枠の根元が撓曲しにくくなった。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、本発明の実施の形態を図1に基づいて説明する。
【0009】
図においては、雄ネジを螺刻したボルトを接合した根元1及び2から、左右共に一旦上方に斜倒させてすぐに3及び4の位置で柄に対して平行になるように折曲させ、形状が野球におけるホームベース型になるように成形して、5及び6の位置に於いて柄に対して平行の方向に折り畳めるタモ枠である
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本発明の使用時の全体斜視図である。
【符号の説明】
【0011】
1及び2、最初の曲折点 3及び4、次の曲折点
5及び6、折り畳み点
【出願人】 【識別番号】308009314
【氏名又は名称】株式会社釣王
【出願日】 平成20年6月4日(2008.6.4)
【代理人】
【公開番号】 特開2009−291106(P2009−291106A)
【公開日】 平成21年12月17日(2009.12.17)
【出願番号】 特願2008−146579(P2008−146579)