トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 魚釣用リール
【発明者】 【氏名】堤 わたる
【課題】クラッチ機構の切換操作が容易に行える魚釣用リールを提供する。

【解決手段】本発明の魚釣用リールは、リール本体1の左右側板2A,2B間に回転自在に支持したスプール5を動力伝達状態のクラッチONと動力遮断状態のクラッチOFFに切り換え可能なクラッチ機構を備え、クラッチ機構をOFF操作する切り操作部23と、クラッチ機構をON操作する入り操作部24を一体形成したクラッチ切換部材22を設けている。クラッチ切換部材22は、入り操作部24が左右両側板2A,2Bの少なくとも一方の上面を覆う形状を備え、リール本体1に移動可能に支持されていることを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
リール本体の左右側板間に回転自在に支持したスプールを動力伝達状態のクラッチONと動力遮断状態のクラッチOFFに切り換え可能なクラッチ機構を備え、
前記クラッチ機構をOFF操作する切り操作部と、前記クラッチ機構をON操作する入り操作部を一体形成したクラッチ切換部材を設けた魚釣用リールにおいて、
前記クラッチ切換部材は、前記入り操作部が前記左右両側板の少なくとも一方の上面を覆う形状を備え、前記リール本体に移動可能に支持されていることを特徴とする魚釣用リール。
【請求項2】
前記クラッチ切換部材は、前記リール本体の左右両側板の上面に沿って配置され、前記切り操作部と入り操作部の操作方向が反対となるように、回動可能に支持されていることを特徴とする請求項1に記載の魚釣用リール。
【請求項3】
前記クラッチ切換部材は、前記入り操作部が、前記左右両側板を横架する形状を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の魚釣用リール。
【請求項4】
前記左右両側板の上面には、前記クラッチ切換部材の入り操作部が配置されて、両側板の表面と略面一状とするように凹所が形成されていることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の魚釣用リール。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、リール本体の側板間に回転自在に支持したスプールを、動力伝達状態のクラッチONと動力遮断状態のクラッチOFFに切り換えるクラッチ機構を備えた魚釣用リールに関する。
【背景技術】
【0002】
一般的に、上記したタイプの魚釣用リールは、クラッチ切換部材を操作することで、スプールフリー状態(クラッチOFF)とし、キャスティング操作によって釣糸(仕掛け)を所定のポイントへ放出した後、ハンドルの巻き取り回転操作により、自動的にクラッチON状態に復帰できるよう構成されている。そして、このようなタイプの魚釣用リールには、例えば、特許文献1に開示されているように、クラッチOFF操作後のクラッチONの復帰が、ハンドルの巻き取り回転操作以外でも可能となるように、ハンドル側の側板に切り操作部と入り操作部とを一体形成したクラッチ切換部材を設置したものが知られている。
【0003】
このクラッチ切換部材は、入り操作部と切り操作部のいずれか一方が、ハンドル側の側板の表面から突出するように、側板に対して回動可能に支持されており、切り操作部を押圧操作すると入り操作部が突出し、入り操作部を押圧操作すると切り操作部が突出する構造となっている。すなわち、ハンドル側側板後方に載置した親指を前後方向に移動操作することで、クラッチのOFF/ONの両操作が行えるようになっており、クラッチ切換機構の簡素化を図っている。
【特許文献1】実開平2−81173号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記した特許文献1に開示されている魚釣用リールは、クラッチの切換操作は、ハンドル側の側板の後方に親指を載置しておき、その親指を前後方向に移動操作することでクラッチのOFF/ONの両切換操作を行うため、親指が無理な動きとなってしまい、切換操作性に劣ると共に、リール本体を握持保持した状態での切換操作を容易に行えないという問題がある。
【0005】
本発明は、上記した問題に着目してなされたものであり、クラッチ機構の切換操作が容易に行える魚釣用リールを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記した目的を達成するために、本発明に係る魚釣用リールは、リール本体の左右側板間に回転自在に支持したスプールを動力伝達状態のクラッチONと動力遮断状態のクラッチOFFに切り換え可能なクラッチ機構を備え、前記クラッチ機構をOFF操作する切り操作部と、前記クラッチ機構をON操作する入り操作部を一体形成したクラッチ切換部材を設けた構成において、前記クラッチ切換部材は、前記入り操作部が前記左右両側板の少なくとも一方の上面を覆う形状を備え、前記リール本体に移動可能に支持されていることを特徴とする。
【0007】
上記した構成によれば、クラッチ切換部材の切り操作部によってクラッチ機構を切り操作(OFF)した後、リール本体を握持保持した手をその周辺に移動させることで、側板の上面を覆っている入り操作部を操作することが可能となる。すなわち、釣竿と共にリール本体を握持保持している手の指の操作、或いは、反対側の手でリール本体を保持する操作等をすることで、入り操作部を容易にクラッチONに切換操作することができ、キャスティング操作、フッキング、巻き取り操作の一連の動作を無理なく容易に行えるようになる。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、クラッチ機構の切換操作が容易に行える魚釣用リールが得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
以下、図面を参照して、本発明に係る魚釣用リールの実施形態について具体的に説明する。
図1から図4は、本発明に係る魚釣用リールの第1の実施形態を示す図であり、図1は、リール本体の平面図、図2は、クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチON状態)、図3は、クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチOFF状態)、そして、図4は、図1のA−A線に沿った断面図である。
【0010】
図1に示すように、魚釣用リールのリール本体1は、釣糸が巻回されるスプール5を回転可能に支持した左右側板2A,2Bを備えている。ここで、「側板」とは、スプール5の両端側に位置する構造体が該当し、本実施形態では、各種部材が支持されるフレーム体を構成する左右フレーム2a,2bと、これら左右フレーム2a,2bに所定の空間をもって夫々装着される左右外側板(カバー体)3a,3bによって定義される。このため、左右フレームと左右外側板との間の内部空間には、例えば、駆動力伝達機構、クラッチ機構、バックラッシュ防止機構等が設置されるようになっている。なお、フレームと外側板の形状については、適宜変形することが可能であり、それらを構成する材料については限定されることはない。また、外側板のフレームに対する装着方法や装着位置についても、リール本体の構成等により、様々な方法を用いることが可能である。
【0011】
前記左右フレーム2a,2bは、複数の支柱を介して一体化されており、その下方側の支柱には、釣竿のリールシートに装着されるリール脚6が設けられている。また、左右フレーム2a,2b間には、軸受を介してスプール軸が回転可能に支持されており、このスプール軸に前記スプール5が装着されている。なお、スプール軸を回転可能に支持する軸受は、フレーム部分に配設されていても良いし、外側板部分に配設されていても良い。
【0012】
前記スプール5は、リール本体1の右側板2B側に設置されたハンドル8を回転操作することによって回転される。ハンドル8は、右外側板3bから突出したハンドル軸8aの端部に取り付けられており、右外側板との間に介在された逆転防止機構(転がり式一方向クラッチ)によって、釣糸巻取方向にのみ回転可能となっている。
【0013】
右フレーム2bと右外側板3bとの間には、ハンドル8の回転運動をスプール軸(スプール5)に伝達する駆動力伝達機構10、駆動力の伝達を継脱するクラッチ機構20、更には、魚釣時にスプール5から釣糸が繰り出された際、スプール5にドラグ力を付与するドラグ機構等が収容されている。
【0014】
前記駆動力伝達機構10は、公知のように、ハンドル軸8aに回転可能に支持された駆動歯車11と、この駆動歯車11に噛合するピニオン12とを備えている。前記ピニオン12は、スプール軸と同軸上に設置されており、ピニオン軸12aに沿って軸方向に移動可能となっている。また、ピニオン12の外周には、円周溝が形成されており、この円周溝に、後述するクラッチ機構20のヨーク27が係合して、ピニオン12を軸方向に移動させるようになっている。すなわち、ピニオン12が軸方向に移動することで、スプール軸との間で継脱がなされ、動力伝達状態(クラッチON)/動力遮断状態(クラッチOFF)に切り換えられるようになっている。
【0015】
前記クラッチ機構20は、右フレーム2bに沿って回動可能に支持されたクラッチ駆動部材21と、このクラッチ駆動部材21を駆動するクラッチ切換部材(以下、切換部材とする)22とを備えている。この切換部材22は、後述するように、クラッチ機構20をON状態からOFF状態に切換操作する切り操作部23と、クラッチ機構20をOFF状態からON状態に切換操作する入り操作部24とを備えており、これら切り操作部23と入り操作部24は、一体形成されている。
【0016】
前記クラッチ駆動部材21は、公知のように、右フレーム2bに対して回動可能に支持され、振分けバネ26によって、図2に示す動力伝達状態(クラッチON状態)と、図3に示す動力遮断状態(クラッチOFF状態)に振分け保持されるようになっている。また、クラッチ駆動部材21の表面には、前記ピニオン12の円周溝に嵌合したヨーク27と係合可能な一対のカム面が形成されている。
【0017】
前記ヨーク27の先端側は、右フレーム2bに突設された支持ピン29によって保持されており、ヨーク27は、各支持ピンに配設されたバネ部材(図示せず)によって常時、クラッチ駆動部材21側に付勢された状態となっている。なお、図2は、ヨーク27がバネ部材によってクラッチ駆動部材21側に付勢された状態を示しており、このとき、ピニオン12はスプール軸の端部に形成されている係合部に嵌合してクラッチON状態となっている。
【0018】
前記クラッチ駆動部材21には、その端部に、前記切換部材22と係合する係合部(長孔)21aが形成されている。この長孔21aには、切換部材22の下面に一体形成された支持部22Aに設けられた連結ピン22Bが係合されており、後述するように、切換部材22が操作(クラッチOFF/クラッチON)された際、両者の係合関係によってクラッチ駆動部材21を回動させる機能を有する。
【0019】
前記切換部材22は、本実施形態では、図1に示すように、平面視において略ロの字型で板状に形成されており、その両サイド(覆い部22a,22b)が左右両側板2A,2Bの上面を覆うと共に、前方及び後方が左右両側板を横架(横架部22c,22d)している。そして、このように形成された切換部材22は、リール本体1(左右側板2A,2B)に回動可能に支持されている。
【0020】
また、切換部材22は、側面視した際、左右側板2A,2Bの上面形状に沿うように形成されており、後方側が次第に下方に湾曲するように形成されている。すなわち、この湾曲した下端側が、左右両側板を横架するようになっており(横架部22d)、この横架部22dは、図1に示すように、中央が後方に向けて突出して、クラッチの切り操作が行い易いような形状に構成されている。
【0021】
前記切換部材22の左右の覆い部22a,22bの後方側には、下方に向けて垂下する支持部22Aが形成されており、この支持部22Aに形成された係合孔に、外側板側から支軸(ネジ)25が嵌入されることで、切換部材22は、支軸25を中心として回動可能となっている。すなわち、図3に示すように、支持部22Aに貫通孔を形成しておき、ここに、カラー25aを介在させて、ネジ25を右フレーム2bに装着し、ワッシャ25bによって抜け止めすることで、切換部材22は左右フレームに対して支軸25を中心として回動可能に支持されている(左フレーム2a側も同様に回動可能に支持される)。また、上記したように、右側板側の支持部22Aには、連結ピン22Bが設けられており、この連結ピン22Bは、クラッチ駆動部材21の端部に形成された長孔21aに係合されている。
【0022】
このため、上記した形状の切換部材22では、支軸25よりも後方側が切り操作部23を構成し、支軸25よりも前方側が入り操作部24を構成している。すなわち、入り操作部24は、覆い部22a,22bの支軸25よりも前方側と、横架部22cによって構成され、切り操作部23は、専ら横架部22dによって構成される(覆い部22a,22bの支軸25よりも後方側の領域も切り操作できる機能を備える)。
【0023】
上記のような切換部材22の入り操作部24は、前記左右側板2A,2Bの上方に位置しており、リール本体1を握持保持した手で操作できるような位置に配置されている。すなわち、入り操作部24は、OFF状態にあるクラッチ機構20をON状態に切り換え操作するものであり、釣竿と共にリール本体を握持、保持している側の手の指で簡単に切換操作が行え、或いは、それとは反対側の手をリール本体1に添えるような簡単な動作で切換操作が行えるよう、リール本体の左右側板2A,2Bの上面側の広い範囲を覆うように構成されている。
【0024】
具体的に、入り操作部24の大きさについては、リール本体1の大きさ(レベルワインド機構の有無、スプールの糸巻容量等)に依存するが、リール本体1を平面視した場合のリール本体の前後方向の最大長さをL、左右方向の最大幅をWとすると、入り操作部24の前後方向の長さL1は、Lの50%以上、左右方向の幅W1は、Wの60%以上確保されていることが好ましい。また、前記覆い部24a,24b、及び横架部24cは、略ロの字型で一体形成されているが、その幅については、操作性を考慮して3mm以上あることが望ましく、5mm以上あることが、より好ましい。
【0025】
また、入り操作部24については、左右両側板2A,2Bを広い範囲を覆うように配設されていれば良いが、後述する実施形態(図8参照)のように、いずれか一方の側板の上面を広い範囲で覆うような形状であっても良い。
【0026】
さらに、上記した構成では、左右両側板2A,2Bの上面に凹所2Dを形成しておき、この凹所内に、切換部材22の入り操作部24が設置されるように構成しておくことが好ましい。すなわち、クラッチON状態では、入り操作部24の表面と、左右両側板2A,2Bの表面が略面一状となるようにすることで、外観の向上が図れると共に、釣糸の引っ掛かり等を防止することが可能となる。
【0027】
また、上記のように構成されたクラッチ機構20には、クラッチOFF状態において、ハンドル8を巻き取り操作した際、自動的にクラッチ駆動部材21をクラッチON状態の位置に復帰させる公知のクラッチ自動復帰機構30が設けられている。
【0028】
次に、上述したように構成される魚釣用リールの作用、及び効果について説明する。
図1及び図2に示すクラッチON状態において、スプール5の後方側に位置する切換部材22の切り操作部23を押圧操作すると、クラッチ駆動部材21は、切換部材22の支持部22Aに設けられた連結ピン22Bと、クラッチ駆動部材21の端部に形成された長孔21aとの係合関係によって反時計回りに回動され、振分けバネ26によって、図3に示す状態に保持される。このとき、クラッチ駆動部材21の表面に形成されたカム面がヨーク27を軸方向にシフトさせ、ピニオン12をスプール軸から離脱させる(クラッチOFF状態)。また、切り操作部23の押圧操作により、上記した切換部材22の入り操作部24は、支軸25を中心にして、その前方側が左右側板2A,2Bから上昇するように回動される。この状態で、スプール5はフリー回転可能状態となっており、キャスティング操作等により、仕掛けの放出が成される。
【0029】
そして、図1及び図3の点線に示すように、釣竿と共にリール本体を握持、保持している手の指(主にサミング操作している親指)を、多少、前方にずらして、入り操作部を構成する横架部22cを下方に押圧したり、或いは、サイドにずらして覆い部22a、22bを下方に押圧することで、切換部材22の支持部22Aに設けられた連結ピン22Bと、クラッチ駆動部材21の端部に形成された長孔21aとの係合関係によって、クラッチ駆動部材21は時計回りに回動される。これにより、クラッチ駆動部材21は、図2に示す状態に回動され、振分けバネ26によってクラッチON状態に復帰される。
【0030】
以上のように、リール本体1の上部の広い範囲内に、クラッチ機構を入り操作する(ON操作する)入り操作部24を設置したことで、無理なく、かつ容易にクラッチのOFFからONへの切換操作が可能となる。例えば、キャスティングして仕掛けが着水した直後に魚が掛かっても、スプール5をサミングしている親指を、単に、その周囲の領域である覆い部22a,22b或いは横架部22cにずらす操作をするだけでクラッチONにすることが可能となり、容易にフッキングすることが可能となる。すなわち、キャスティング操作、フッキング操作、及び釣糸の巻き取り操作の一連の動作を無理なく、容易に行えるようになる。
【0031】
或いは、釣竿と共にリール本体を握持、保持している側の手と反対側の手を、そのままリール本体1に添えるような簡単な動作をすることでも、クラッチONにすることが可能となり、操作性の向上が図れるようになる。特に、切換部材22は支軸25を中心として回動可能に軸支されており、入り操作部24は、クラッチOFF時において、前方側が次第に大きく上昇した状態で保持されているため、その前方側を軽く押圧したり、傾斜に沿って押圧することで、容易にクラッチONに切換操作することが可能となる。
【0032】
また、上記した実施形態では、入り操作部24は、左右両側板2A,2Bを横架する横架部22cを具備しているため、実釣時において、サムレストとしての機能を果たすことが可能となる。もちろん、そのような横架部22cの位置や幅については、適宜変形することが可能である。
【0033】
図5は、本発明の第2の実施形態を示す平面図である。
上記した切換部材22の入り操作部24については、クラッチのON操作が容易になるように、左右側板2A,2B上を覆うように構成されていれば良い。このため、例えば、図4に示すように、覆い部22a,22bは、側板2A,2Bを構成する左右フレーム2a,2b、及びそれを覆う左右外側板3a,3bの内、外側板まで延設することなく、左右フレーム2a,2bのみを覆う構成であっても良い。或いは、図示しないが、外側板3a,3bのみを覆う構成であっても良い。
【0034】
このような構成においても、上記した実施形態と同様な作用効果を得ることが可能となる。
【0035】
図6は、本発明の第3の実施形態を示す図であり、クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチON状態)である。
上記した実施形態における切換部材22については、支軸25を中心として、その後方側が切り操作部、前方側が入り操作部となるように回動可能に軸支されていたが、切換部材22は、図6に示すように、前後方向にスライド可能となるように、リール本体(左右側板)に支持されていても良い。
【0036】
具体的には、切換部材22の左右の覆い部22b(22a)の前方側には、下方に向けて垂下する支持部22Cが形成されており、この支持部22Cに形成された前後方向に延出する長孔22Dに、左右フレーム2a,2bに形成された係合突起2dを係合させることで、切換部材22は、矢印で示す方向にスライド駆動されるようになっている。
【0037】
このような構成では、切換部材22の表面領域を、全て入り操作部及び切り操作部として機能させることも可能となり、操作領域が広がって、クラッチのON/OFF操作が容易に行えるようになる。なお、このように切換部材22をスライド駆動する方式では、切換部材の形状(平面視した際の形状)については、上記した図1及び図5に示すような形状としても良いし、或いは、以下に説明する図7から図9に示すような形状にする等、適宜、変形することが可能である。
【0038】
図7から図9は、それぞれ本発明の第4から第6の実施形態を示す平面図である。
上述したように、本発明では、切り操作部と入り操作部が一体形成された切換部材に関し、入り操作部が左右両側板の少なくとも一方の上面を覆う形状を備えており、リール本体に移動可能に支持されていれば、その形状については適宜変形することが可能である。
【0039】
例えば、図7に示す実施形態は、切換部材22を回動可能に支持する支軸25よりも前方側に、左右両側板2A,2Bを覆う覆い部22a,22bを形成したものである。
【0040】
このような形状の切換部材22では、支軸25よりも前方にある入り操作部24の位置を容易に把握することが可能となる。
【0041】
また、例えば、図8に示す実施形態は、入り操作部24を、左右両側板2A,2Bを覆う覆い部22a,22bとし、上述した実施形態の横架部22cを設けない構成としたものである。
【0042】
このような形状の切換部材では、クラッチOFF状態において、左右フレーム2a,2b間に形成されたサムレスト2T上に親指を載置しておき、その親指を両サイドにシフトさせることで、クラッチONに切換操作することが可能となる。
【0043】
また、例えば、図9に示す実施形態は、入り操作部24を、一方の側板(右側板)2Bのみを覆う(覆い部22b)ようにしたものである。
【0044】
このように、入り操作部24が、一方の側板のみを覆うな形状であっても、従来の構成と比較して、クラッチ機構の切換操作性の向上が図れるようになる。
【0045】
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記した実施形態に限定されることはなく、種々変形することが可能である。本発明は、リール本体1の左右両側板2A,2Bの上方に、切換部材22の入り操作部24が位置するような構成であれば良く、その支持方法や形状等については、適宜変形することが可能である。また、切換部材22は、上下方向にシフトするように支持されていても良い。
【図面の簡単な説明】
【0046】
【図1】本発明に係る魚釣用リールの第1の実施形態を示す平面図。
【図2】クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチON状態)。
【図3】クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチOFF状態)。
【図4】図1のA−A線に沿った断面図。
【図5】本発明の第2の実施形態を示す平面図。
【図6】本発明の第3の実施形態を示す図であり、クラッチ機構の概略構成を示す側面図(クラッチON状態)。
【図7】本発明の第4の実施形態を示す平面図。
【図8】本発明の第5の実施形態を示す平面図。
【図9】本発明の第6の実施形態を示す平面図。
【符号の説明】
【0047】
1 リール本体
2A,2B 左右側板
2a,2b 左右フレーム
3a,3b 左右外側板
5 スプール
20 クラッチ機構
22 クラッチ切換部材
22a,22b 覆い部
22c 横架部
23 切り操作部
24 入り操作部
【出願人】 【識別番号】000002495
【氏名又は名称】ダイワ精工株式会社
【出願日】 平成20年4月8日(2008.4.8)
【代理人】 【識別番号】100097559
【弁理士】
【氏名又は名称】水野 浩司

【識別番号】100098589
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 善章

【識別番号】100121083
【弁理士】
【氏名又は名称】青木 宏義

【識別番号】100138391
【弁理士】
【氏名又は名称】天田 昌行

【識別番号】100132067
【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 喜雅
【公開番号】 特開2009−247292(P2009−247292A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−100201(P2008−100201)