トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 餌木
【発明者】 【氏名】赤瀬 和孝
【課題】集魚効果を高めると共にその集魚効果を長く持続させる。

【解決手段】本発明は、イカを釣るために使用する餌木10であって、前記イカが好む魚類や甲殻類の体に擬似した形状を成す餌木本体11と、餌木本体11の腹部に取り付けられ、前記魚類の鰭や前記甲殻類の腹足に擬似した形状を成す腹部取付部材17とを備え、腹部取付部材17は前後方向に所定間隔で配設された柔軟性素材21を備えていることを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
イカを釣るために使用する餌木であって、
前記イカが好む魚類や甲殻類の体に擬似した形状を成す餌木本体と、
該餌木本体の腹部に取り付けられ、前記魚類の鰭や前記甲殻類の腹足に擬似した形状を成す腹部取付部材と、
を備え、該腹部取付部材は前後方向に所定間隔で配設された柔軟性素材を備えていることを特徴とする餌木。
【請求項2】
前記柔軟性素材は、前方部分に配設された前後方向に薄い薄片状部材と、後方部分に配設された細い糸状部材とを備えている請求項1に記載の餌木。
【請求項3】
前記薄片状部材は、左右非対称形状を成すように左右に分割され、該各左右の薄片状部材の間には空隙部が形成されている請求項2に記載の餌木。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、イカを釣るために使用する餌木に関するものである。
【背景技術】
【0002】
一般に、イカは海中で泳ぐアジ等の魚類やエビ等の甲殻類を餌とし、餌に抱き付く習性がある。そのため、従来、イカのこの習性を利用して、イカが好む魚類や甲殻類に擬似した形態を成す餌木を使用したイカ釣りが広く行われている。
【0003】
従来の餌木は、魚類や甲殻類の本体に似せて合成樹脂や木材で形成した餌木本体の前端及び後端にそれぞれ釣り糸止着部と掛け針が取り付けられると共に餌木本体の前端頭部側の下側腹部に錘が突設されて構成されている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
しかしながら、従来のこの種の餌木では、本物の魚類や甲殻類のような動きを出せないため、イカに十分アピールすることができず、集魚効果を高めることが難しいといった問題があった。
【0005】
そこで、集魚効果を向上させるため、餌木本体の下腹部に毛を束ねたものを複数個所に亘って取り付けた餌木が提案されている(例えば、特許文献2参照)。
【特許文献1】特開2005−218331号公報
【特許文献2】特開2002−335815号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上記したように餌木本体の下腹部に毛を束ねたものを取り付けた餌木では、毛先が固く、海中でヒラヒラとなびかないため、却ってイカに違和感を与えてしまい、期待した通りの集魚効果を得ることができなかった。
【0007】
また、上記した特許文献2に記載の餌木では、毛を束ねているため、毛の間に気泡を抱き難かった。そのため、腹部に卵を持っているイメージをイカに与えることができず、集魚効果を長く持続させることできないといった問題があった。
【0008】
本発明は、上記した課題を解決すべくなされたものであり、集魚効果を高めることができると共にその集魚効果を長く持続させることのできる餌木を提供することを目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記した目的を達成するため、本発明は、イカを釣るために使用する餌木であって、前記イカが好む魚類や甲殻類の体に擬似した形状を成す餌木本体と、該餌木本体の腹部に取り付けられ、前記魚類の鰭や前記甲殻類の腹足に擬似した形状を成す腹部取付部材とを備え、該腹部取付部材は前後方向に所定間隔で配設された柔軟性素材を備えていることを特徴とする。
【0010】
そして、前記柔軟性素材は、前方部分に配設された前後方向に薄い薄片状部材と、後方部分に配設された細い糸状部材とを備えているのが好ましい。
【0011】
また、前記薄片状部材は、左右非対称形状を成すように左右に分割され、該各左右の薄片状部材の間には空隙部が形成されているのがよい。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、腹部取付部材の柔軟性素材が海中でヒラヒラとなびき、波動が生じ、その動きがイカにアピールするため、イカが容易に餌木に抱きつくようになり、イカの集魚効果を高めることができる。
【0013】
また、各薄片状部材の間や各空隙部及び各糸状部材の間に気泡が溜まり易くなり、腹部に卵を持っているイメージをイカに対して与えることができるようになるため、イカの集魚効果をさらに高めると共にその集魚効果を長く持続させることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、図面を参照しつつ、本発明の実施の形態について説明する。
【0015】
図1は本発明の実施の形態に係る餌木10を示す側面図であり、この餌木10は、イカが好むエビの体に擬似した形状を成す合成樹脂や木材製の餌木本体11と、餌木本体11の前端に取り付けられる釣り糸止着部12と、餌木本体11の後端に取り付けられる掛け針13と、餌木本体11の前端部左右両側面の目の位置にそれぞれ取り付けられるビーズ玉14と、ビーズ玉14の後端側左右両側面の頭部の位置にそれぞれ取り付けられるヒゲ15と、餌木本体11の頭部の下側腹部に突設される錘16と、錘16の後端側の餌木本体11の腹部に取り付けられる腹部取付部材17とを備えて構成されている。
【0016】
図2及び図3に示されているように、腹部取付部材17は、エビの腹足に擬似した下方延出形状を成しており、餌木本体側基端部22に柔軟性素材21が前後方向に所定間隔で配設されて構成されている。この柔軟性素材21としては、例えば、ポリ塩化ビニルに可塑剤を入れて軟化させた素材の他、合成樹脂、ラバー、ソフトプラスティック、シリコン樹脂、セロハン(cellophane)等のフィルム素材等、毛以外の素材が好適であり、柔軟性素材21は、前方部分に複数枚(図示では5枚)配設された前後方向に薄い薄片状部材18と、後方部分に複数列(図示では5列)配設された細い糸状部材19とにより構成されている。
【0017】
図4(a)及び(b)に良く示されているように、薄片状部材18は、左右非対称形状を成すように左右に分割されており、左右が反対の形状を成す薄片状部材18a,18bが前後方向に交互に配列されている。そして、各左右の薄片状部材18aL,18aR、18bL,18bRの間にはそれぞれ縦長の空隙部20a,20bが形成されている。また、図4(c)に良く示されているように、糸状部材19は、各列に左右の糸状部材19L,19Rが2本ずつ(図示では合計10本)配設されて構成されており、糸状部材19の延出長は薄片状部材18より短くなっている。
【0018】
このような構成を備えた餌木10において、釣糸に餌木10を取り付け、餌木10を海中にキャストし、錘16の重量により海底に沈下させた後、釣竿を操って餌木10を海面方向にしゃくり上げては再び海底に沈下させるといった動作を繰り返し行う。
【0019】
そうすると、餌木10が海中で上下に動き、腹部取付部材17の薄片状部材18及び糸状部材19が海中でヒラヒラとなびき、波動が生じ、その動きがイカにアピールするため、イカは容易に餌木10に抱きつくようになる。また、この時、各薄片状部材18a,18bの間や各空隙部20a,20b及び各糸状部材19の間に気泡が溜まり、エビの腹部に卵を持っているイメージをイカに対して与えることができるため、イカの集魚効果を高めると共にその集魚効果を長く持続させることができる。
【0020】
なお、上記した実施の形態では、餌木本体11をエビの体に擬似した形状に形成しているが、これは単なる例示に過ぎず、餌木本体は、エビ以外の甲殻類や、アジやスズメ鯛等の魚類の体に擬似した形状に形成しても良い。そして、餌木本体を魚類の体に擬似した形状に形成した場合には、腹部取付部材17を魚類の鰭に擬似した形状に形成させるのが好ましい。
【0021】
また、餌木10を海中にキャストする時に、既に商品化されているスプレーを使用して腹部取付部材17に予め気泡を付けてもよく、この場合には、腹部取付部材17に気泡を確実に保持させ、腹部に卵を持っているイメージをイカに対して一層強く与えることができるため、イカの集魚効果をより高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本発明の実施の形態に係る餌木を示す側面図である。
【図2】本発明の実施の形態に係る餌木の腹部取付部材を示す斜視図である。
【図3】本発明の実施の形態に係る餌木の腹部取付部材を示す側面図である。
【図4】(a)は本発明の実施の形態に係る餌木の腹部取付部材の前方部分に配設される薄片状部材を示す正面図、(b)は同餌木の腹部取付部材の前方部分に配設され、(a)と左右が反対の形状を成す薄片状部材を示す図3のA−A断面図、(c)は同餌木の腹部取付部材の後方部分に配設される糸状部材を示す図3のB−B断面図である。
【符号の説明】
【0023】
10 餌木
11 餌木本体
17 腹部取付部材
18 薄片状部材
19 糸状部材
20a,20b 空隙部
21 柔軟性素材
【出願人】 【識別番号】508100479
【氏名又は名称】赤瀬 和孝
【出願日】 平成20年4月2日(2008.4.2)
【代理人】 【識別番号】100111202
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 周彦
【公開番号】 特開2009−247227(P2009−247227A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−95842(P2008−95842)