トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣り竿
【発明者】 【氏名】松本 聖比古
【氏名】恐田 欣幸
【氏名】谷川 尚太郎
【課題】手首に対する負担を軽減しながら、腕や肘への傷みが少なく、長時間に亘る釣にも、十分対応できる元竿を提供する。

【解決手段】竿先側にリールシート2を装着するとともに、リールシート2より竿尻側において元竿Aに腕置き具3を装着する。腕置き具3の腕置き面3Aを元竿Aの円周方向複数箇所に形成し、かつ、元竿Aの外周面より径方向外側に位置すべく構成し、腕置き面3Aを竿軸芯側に凹入する形状に形成してある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
竿先側にリールシートを装着するとともに、前記リールシートより竿尻側において元竿に腕置き具を装着し、前記腕置き具の腕置き面を前記腕置き具の円周方向複数箇所に形成し、かつ、前記腕置き具を前記元竿に装着した状態で、前記腕置き面を前記元竿の外周面より径方向外側に位置すべく構成し、前記腕置き面を竿軸芯側に凹入する形状に形成してある釣り竿。
【請求項2】
前記各腕置き面の間に隔壁部を形成し、前記腕置き具の軸芯から前記各隔壁部の外周縁までの半径を同一半径に設定してある請求項1または2記載の釣り竿。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、リールシート等を握った手を支える腕や肘等を載置する腕置き具を備えている釣り竿に関する。
【背景技術】
【0002】
リールシート装着部より竿尻側に竿体の外周面から左右一対の棒状体を立設して腕置き具を形成し、釣り操作を行う際に、リールシート付近を指で把持しながら腕置き具の腕置き面に腕・肘部分を載置する構成のものがあった(特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開2001−197850号公報(段落番号〔0003〕、〔0014〕、〔0015〕及び、図2〜図4、図7)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の図7に示すように腕置き具を備えていない場合には、リールシート面と肘を載置する元竿の外周面との高さが殆ど変わらない為に、リールシートを握っている手の手首部分が、折れ曲り姿勢に強いられて窮屈な姿勢になっている。
このような点を考慮して、特許文献1においては、図1〜図3に示すように、腕置き具として、二本の腕置き杆を元竿の外周面より立設して、手首に掛かる負担を軽減する構成を採っていた。
上記構成の場合には、二本の腕置き杆に架け渡す状態で、腕及び肘部分を載置するので、二本の腕置き杆が腕や肘部分の局部に当接するので、腕や肘部分に負荷が作用し、長時間に亘る釣りを行うのが辛い状況にあった。
【0005】
本発明の目的は、手首に対する負担を軽減しながら、腕や肘への傷みが少なく、長時間に亘る釣にも、十分対応できる釣り竿を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
〔構成〕
請求項1に係る発明の特徴構成は、竿先側にリールシートを装着するとともに、前記リールシートより竿尻側において元竿に腕置き具を装着し、前記腕置き具の腕置き面を前記腕置き具の円周方向複数箇所に形成し、かつ、前記腕置き具を前記元竿に装着した状態で、前記腕置き面を前記元竿の外周面より径方向外側に位置すべく構成し、前記腕置き面を竿軸芯側に凹入する形状に形成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0007】
〔作用〕
元竿に腕置き具を装着した状態で、腕置き面が元竿の外周面より径方向外側に位置すべく構成してあるので、釣り操作を行う際に、リールシート付近を指で把持しながら腕置き具の腕置き面に腕・肘部分を載置する状態で、手首の部分が折れ曲る度合いが小さく、手首への負担が軽減する。
そして、腕及び肘等を載置する部分を面として形成した。これによって、腕や肘が局部的ではなく全面的に腕置き面に支持されるので、傷みを感ずることが少ない。しかも、腕置き面が凹入形状に形成してあるので、腕及び肘等の載置状態が安定する。
【0008】
〔効果〕
腕置き具として面で腕等を支持する腕置き面を備えたものを導入したので、腕肘への傷みを軽減し、かつ、凹入形状にしてあるので載置状態が安定し、長時間に亘る釣操作を快適に行えるようになった。
【0009】
請求項2に係る発明の特徴構成は、請求項1に係る発明において、前記各腕置き面の間に隔壁部を形成し、前記腕置き具の軸芯から前記各隔壁部の外周縁までの半径を同一半径に設定してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0010】
〔作用効果〕
つまり、隔壁部を介して複数箇所の腕置き面が形成してあるので、一箇所の腕置き面が損傷等しても、他の箇所に位置する腕置き面を所定位置に付け替えることによって、同一腕置き具を使用可能である。
また、各隔壁部の外周縁径を同一径に設定してあるので、船縁に形成されている竿立て用の穴に腕置き具を挿入させて立て掛ける際に、各隔壁部が竿立て用の穴の内周面に当接して、竿の立て掛け姿勢が安定する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
〔第1実施形態〕
船竿等に使用される釣り竿の元竿Aについて説明する。図1に示すように、竿体1の外周面に筒状のリールシート2を装着し、固定フード2Aと可動フード2BとでスピニングリールSの脚部Saを取り付け固定するとともに、リールシート2の竿尻側の握り部4に後記する腕置き具3を装着し、竿尻端に尻栓5を設けて、元竿Aを構成してある。
【0012】
腕置き具3について説明する。図1及び図2に示すように、腕置き具3は、元竿Aを握る釣り人の腕部分uを支持する機能を担っている。つまり、図1に示すように、腕置き具3は、元竿Aのリールシート2の竿尻端側に装着してあり、外周面に4個の腕置き面3Aを形成してある。
【0013】
図1及び図2に示すように、腕置き面3Aは、竿軸芯側に向けて凹入する形状に形成してあり、竿軸芯に沿った一定長さLと周方向に沿った一定幅Wを有している。そして、腕置き面3Aは、一定幅Wにおいて幅Wの中間位置ほど竿軸芯に近接する円弧面形状を呈している。円弧面形状は軸線方向において同一である。腕置き面3Aにおける最も凹入した部分3aは、元竿Aの外周面より径方向の外方に位置することとなる。
以上のような構成によって、腕置き面3Aに腕u及び肘hを載置した場合に、手首tが大きく折れ曲ることはなく、かつ、その腕置き面3Aが幅方向の中心側ほど凹入する形状にあるので、腕u及び肘hを安定して載置できる。
【0014】
図1〜図3に示すように、各腕置き面3Aの間には隔壁部3Bが設けてあり、隔壁部3Bの断面形状としては、元竿Aに近い基端部ほど広幅Dであり、径方向先端側ほど細い幅dに形成してあり、隔壁部3Bの先端部3bの形状は、腕置き具3の軸芯位置を中心とした円弧面に形成してある。したがって、隔壁部3Bの先端部の表面形状は、元竿Aの軸芯位置を中心とした同一円弧状にある。
したがって、図4に示すように、船縁Cの竿受用の穴Caに腕置き具3を挿入すると、釣り竿を縦姿勢で保持できる。この場合に隔壁部3Bの先端部が穴Caの内周面に弾性変形可能な状態で嵌入保持されているので、船の振動等を受けてもガタツクことがなく、安定した保持状態を得ることができる。
【0015】
腕置き具3の材料としては、EVAやNBR等の弾性体が使用される。そして、4つの腕置き面3Aに対応して四分割された型によって、腕置き具3は型成形される。
【0016】
〔第2実施形態〕
図5に示すように、腕置き面3Aとしては、円周方向3箇所に形成してもよい。
この場合には、腕置き具3として同一外径のものであっても、腕置き面3Aの円周幅Wを大きく採ることができ、釣り人の腕の太さ等に種々対応可能性を高めることができる。
ただし、隔壁部3Bの先端部3bの形状は、第1実施形態と同様である。
【0017】
〔第3実施形態〕
ここでは、図6に示すように、180°対角位置に腕置き面3Aを形成した状態を示す。腕置き面3A同士の間に位置する隔壁部3Bとしては、第1,第2実施形態のものに比べて広幅のものに構成でき、腕置き具3として、機械的強度の高いものを形成できる。
【0018】
〔第4実施形態〕
ここでは、腕置き面3Aにおける最も凹入した部分3aの竿軸線方向に沿った形状について説明する。図7に示すように、凹入した部分3aは、軸線方向に沿って徐々に軸線から径方向に離れるように形成されている。このように、凹入した部分3aは一端から他端に掛けて傾斜した状態にあるので、手首から後方に延出された腕を手首に負担を掛けない状態で載置することができる。
【0019】
〔別実施形態〕
(1) 図1では、腕置き具3の竿先側及び竿尻側に握り部4が設けてあるが、握り部4は特に設ける必要はない。
(2) リールシート2の取付位置は、特に、元竿Aでなくてもよい。
(3) 上記実施形態においては、腕置き具3を元竿Aに取り付けるに、接着剤を使用して行っているが、適当な締結具を使用すれば、接着剤で固定する必要はない。このように締結具を使用すれば、既存の元竿等にこの腕置き具3を装着することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】腕置き具を装着した元竿を示す側面図
【図2】元竿に装着した腕置き具を示す縦断正面図
【図3】腕置き具を示す斜視図
【図4】(イ)釣り竿を船縁の竿受け穴内に収納した状態を示す縦断側面図、(ロ)釣り竿を船縁の竿受け穴内に収納した状態を示す横断平面図
【図5】腕置き面を3個形成した腕置き具の別実施構造を示す斜視図
【図6】腕置き面を2個形成した腕置き具の別実施構造を示す斜視図
【図7】腕置き面を傾斜姿勢に形成した腕置き具を元竿に取付た状態を示す縦断側面図
【符号の説明】
【0021】
2 リールシート
3 腕置き具
3A 腕置き面
A 元竿
【出願人】 【識別番号】000002439
【氏名又は名称】株式会社シマノ
【出願日】 平成19年9月6日(2007.9.6)
【代理人】 【識別番号】100107308
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修一郎
【公開番号】 特開2009−60843(P2009−60843A)
【公開日】 平成21年3月26日(2009.3.26)
【出願番号】 特願2007−231493(P2007−231493)