トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 舗装校庭の緑化施工方法
【発明者】 【氏名】賀籠六 實
【課題】過酷環境下でも耐候性を備え、踏み付けにも生育を阻害されず、刈り込み等の手入れの必要もなく、校庭の緑化状態を長期に亘って保持し、植え替えを極力不要にする緑化施工を提供する。

【解決手段】舗装校庭1の対象舗装面に舗装厚を貫く無数の穴2を穿設した後、前記舗装面上にシラスバルーンに珪酸アルカリ水溶液を添加・混練して得られたシラスバルーン混練物4を所定の厚さで布設してローラーで適度に締め固め、バインダーを散布して表面だけを固めた後、改良種のイワダレソウ3を植栽する舗装校庭の緑化施工方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
舗装校庭の対象舗装面に舗装厚を貫く無数の穴を穿設した後、前記舗装面上にシラスバルーンに珪酸アルカリ水溶液を添加・混練して得られたシラスバルーン混練物を所定の厚さで布設してローラーで適度に締め固め、バインダーを散布して表面だけを固めた後、改良種のイワダレソウを植栽することを特徴とする舗装校庭の緑化施工方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、舗装済の校庭上に緑化を施す舗装校庭の緑化施工方法の改良に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、ヒートアイランド現象への対策、照り返しの軽減あるいは土埃等の飛散の軽減等のため、屋上緑化とともに舗装校庭の緑化が注目されてきている。その一例として、芝生植栽による舗装校庭の緑化施工法がある。この施工法は、対象舗装エリアに貯排水パネルを敷き込んだ上に、芝生用耐圧基盤材を敷き込んでローラーで締め固めて路圧に耐える構造とした後、芝生を張るというものである。この施工法によると、既存の舗装の撤去を不要にでき、廃棄物の量を最小限にできるという効果を奏することになる。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
ところが、上記緑化施工法では、貯排水パネルの敷き込みといった特殊な工事を必要とし、緑化施工に用いられる芝生にしても、路圧に強いものを用いてはいるものの、踏み付け頻度が高まれば植え替えも余儀なくされ、また、冬場は枯れてしまって常時緑化は保てないという問題も生じる。さらに、芝生は、植栽した後の刈り込み等の手入れをも必要とする。
【0004】
本発明は上記実情に鑑みてなされたもので、舗装校庭の剥離、掘り起こし工事や貯排水設備工事を不要にして工期短縮を図るとともに、過酷環境下でも耐候性を備え、踏み付けにも生育を阻害されず、刈り込み等の手入れの必要もなく、校庭の緑化状態を長期に亘って保持し、植え替えを極力不要にする緑化施工を行なうことを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記目的を達成する本発明方法は、舗装校庭の対象舗装面に舗装厚を貫く無数の穴を穿設した後、前記舗装面上にシラスバルーンに珪酸アルカリ水溶液を添加・混練して得られたシラスバルーン混練物を所定の厚さで布設してローラーで適度に締め固め、バインダーを散布して表面だけを固めた後、改良種のイワダレソウを植栽することを特徴とする舗装校庭の緑化施工方法である。
【発明の効果】
【0006】
本発明方法によると、貯排水のための工事を不要にするばかりか、舗装校庭の剥離、掘り起こし工事が不要になることで工期短縮を図ることができる。また、シラスバルーン混練物に植栽された改良種のイワダレソウが、高温下や低温下でも耐候性を備えるようになり、踏み付けにも生育が阻害されず、刈り込みも不要なので、校庭の緑化状態を人手を加えず長期に亘って保持し、植え替えをも極力不要にすることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
本発明方法に用いられるシラスバルーン混練物は、シラスバルーンに珪酸アルカリ水溶液を添加・混練して得られたものであるが、この混練物を構成するシラスバルーンは、火山噴出物を800℃〜1000℃に焼成した発泡粒子である。本発明者は、このシラスバルーンを長年に亘り観察してきたところ、最近になって、このシラスバルーンには、これを混練物にして植栽土壌としたときに、過酷環境下での耐候性があることを発見した。そこで、このシラスバルーン混練物を土壌として舗装校庭に布設し、これに改良種のイワダレソウを植栽すれば、このイワダレソウが、極暑下、極寒下あるいは乾燥下等の過酷条件下での生育環境にも十分対応でき、踏み付けにも強く生育も阻害されないことから、舗装校庭の緑化施工には最適である。
【0008】
また、改良種のイワダレソウは、宇都宮大学雑草科学研究センター所長の倉持仁志氏が、在来種のイワダレソウに改良を加え、種子を作らない耐寒性宿根草として開発したもので、品種登録出願番号第18591号及び第18592号として種苗登録申請中のものである。この改良種のイワダレソウは、常緑で、耐暑性、耐寒性を備え、輻射熱にも十分耐えることができ、繰り返しの踏み付けにも十分生育することが実証されている。
【0009】
本発明方法では、先ず、舗装校庭1の対象舗装面に舗装厚を貫いて土壌にまで達する無数の穴2を穿設する。穴の大きさは5mm〜30mmが好ましい。この穴2から改良種のイワダレソウ3の根の一部が地中深く入り込むようになっている。次に、穴の穿設された舗装面上に、前記シラスバルーン混練物4を厚さ50mm程度になるように布設する。布設にあたっては、舗装面の周囲に止め枠を設置する。シラスバルーン混練物4の布設厚さは50mm程度が好ましいが、これに限られるものではない。その後ローラーで布設面を適度に締め固め、バインダーとして珪酸アルカリ水溶液を散布して表面だけを固くする。この散布は、風雨によるシラスバルーンの流出を防ぐために行なう。表面の固さは、イワダレソウ3の茎の分かれ目から出てくる新しい根が、前記混練物3に入り込む程度とする。最後に、イワダレソウ3を適当間隔で植栽し養生することで、本発明方法は完了する。
【0010】
養生してから1〜2ケ月後には、イワダレソウ3が繁茂し、一面がグリーン一色となり、一年中常緑が保たれる。イワダレソウ3は、匍匐性の茎が伸びて成長し、その節々から根が出てシラスバルーン混練物4中に張り込む。この匍匐性がゆえに、イワダレソウ3は刈り込み作業が不要となる。また、その根の一部は穴1から地中深く入っていき、土中(ローム土や火山砂利)の水分を吸うので、乾燥時期でも灌水の必要がなくなる。因みに、その根の深さは、芝生の20cm程度と比べ、80cm程度にもなる。
【0011】
シラスバルーン混練物4は、満水に給水すると、表面に水を溜めずに吸水し保水する性質があるため、イワダレソウ3の繁茂を促進する。また、保水しきれない水は、穴2を通って土中に浸み込むので、シラスバルルーン混練物4には常時適度の水分が保たれている。
【実施例】
【0012】
「実施例1」イワダレソウ(改良種)の耐暑試験
平成19年7月〜9月30日までの約3ケ月間、宇都宮大学雑草科学研究センター内の温室において、所長倉持仁志氏が温室温度をヒーターにより日中は50℃に保ってイワダレソウ(改良種)の耐暑育苗試験を行った。なお、夜間はヒーター電源を切っていたため、温室内の温度は35℃〜40℃となっていた。イワダレソウは、300mm×300mm×50mm容積のコンテナに入れられたシラスバルーン土壌に植栽されたものを用いた。灌水は1回当たり4リットルで、1週間に1回行った。水の灌水の目安は、目視でシラスバルーンの底が乾燥した状態のときに行った。この過酷な温度条件でも、イワダレソウは旺盛な繁茂を示し、枯れることはなかった。なお、通常の土壌を用いて上記同様にイワダレソウの生育試験を行ったが、高温で根腐れを起こしてしまったため枯れてしまった。
【0013】
「実施例2」イワダレソウ(改良種)の耐雪性試験
平成18年1月〜2月28日までの約2ケ月間、イワダレソウを市販の培養土に植栽したもの(対照区、コンテナ容積:300mm×300mm×50mm)と、イワダレソウをシラスバルーン土壌に植栽したもの(本発明区、コンテナ容積同上)を、栃木県日光市の屋外に放置し、降雪後積雪した状態で30日間後に雪を取り除いてイワダレソウの育成状態を観察したところ、対照区のイワダレソウが低温火傷で完全に枯れてしまったのに対し、本発明区のイワダレソウは全く変化がなかった。
【0014】
「実施例3」イワダレソウ(改良種)の耐寒試験
平成18年1月〜2月28日までの約2ケ月間、宇都宮大学雑草科学研究センター所長の倉持仁志氏が中心となり、冬季最低温度が−23℃になる栃木県の各所(日光市、那須塩原市等数ヶ所)で、イワダレソウ(改良種)の耐寒育苗フィールド試験を行った。なお、イワダレソウは、300mm×300mm×50mm容積のコンテナに入れられたシラスバルーン土壌に植栽されたものを用いた。同期間中観察を行ったが、イワダレソウが枯れることはなかった。シラスバルーン以外の土壌での同様な試験では、土壌が凍結を起こし、イワダレソウは枯死していた。
【0015】
「実施例4」シラスバルーン土壌の吸水性試験
300mm×300mm×50mm容積のコンテナに、緑化用の無機土壌(対照区1)、無機質70%と有機質30%の強化土壌(対照区2)及び無機質シラスバルーン土壌(本発明区)を入れ、室温30℃の温室にそれぞれの含水率が0になるまで放置した。各土壌の含水率は含水計により計測した。含水率0の状態でのそれぞれの重量は、対照区1で1350g、対照区2で1600g,本発明区で1000gであった。これにジョウロで水1000g給水してその後の各重量を測定したしたところ、対照区1では1350g、対象区2で1600g、本発明区で2000gとなった。この結果から分かるように、対照区1と対照区2の土壌は完全乾燥すると水を弾いて吸水しないが、本発明区の土壌では、スムーズに吸水することが判明した。つまり、無機質土壌は乾燥すると水を撥水して吸収しないという園芸業界での定説を実証する結果となったのに対し、無機質シラスバルーン土壌では優れた吸水性が実証された。
【0016】
「実施例5」シラスバルーン土壌の保水能力試験(1)
テストピースとして、300mm×300mm×50mm容積のコンテナにシラスバルーン土壌を入れ、ダイカンドラの種子を蒔いて灌水し、発芽後3ケ月の状態のものに水5000gを含ませ、平成16年1月17日〜4月20日までの間で9回保水量を測定した。測定結果は表1の通り。
【0017】
【表1】


【0018】
「実施例6」シラスバルーン土壌の保水能力試験(2)
テストピースとして、300mm×300mm×50mm容積のコンテナにシラスバルーン土壌を入れ、これに感温吸排水性樹脂(商品名:「サーモゲル」)3gを添加した。このときの乾燥重量は1000gであった。これに水4000gを含ませ、総重量5000gとした。試験は、平成18年7月〜8月の35日間で行われ、炎天下で21日間屋外放置した。うち3日間は雨天のため、屋内移動した。その間の平均気温は29℃で、21日目で総重量が1150gになったが、保水性が確認された。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本発明方法により施工した緑化校庭の模式的な部分拡大断面図である。
【符号の説明】
【0020】
1 舗装校庭
2 穴
3 改良種のイワダレソウ
4 シラスバルーン混練物
【出願人】 【識別番号】302044100
【氏名又は名称】株式会社エココスモ
【出願日】 平成20年4月9日(2008.4.9)
【代理人】 【識別番号】100085730
【弁理士】
【氏名又は名称】笹山 善美
【公開番号】 特開2009−247349(P2009−247349A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−123993(P2008−123993)