トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 固形培地付き植栽容器及び植栽容器付き植物
【発明者】 【氏名】景山 英治
【氏名】萩原 幸一
【課題】植物を根付きの状態で簡易に底面給水可能として植物の生鮮状態を長持ちさせながら、容器を倒したり、傾けたりしても水漏れが生じず、切り花的形態での販売にも使用可能な固形培地付き植栽容器を提供する。

【解決手段】下方に凸な円錐形状の固形培地1と、固形培地1の円錐軸を鉛直方向とした立位状態で収容する培地容器2とを備えた固形培地付き植栽容器5であって、固形培地1と培地容器2の台座部2bとの間に通水孔2cを通って連続して設けられ、台座部2bから固形培地1へ底面給水を可能とする給水体3を備えている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
下方に凸な円錐または角錐形状の固形培地と、前記固形培地の円錐または角錐軸を鉛直方向とした状態で収容する培地容器とを備えた固形培地付き植栽容器であって、
前記培地容器は、前記固形培地の下方の円錐または角錐形状部分を受け、その形状に沿った形状の受け部と、この受け部を前記円錐または角錐軸を鉛直方向として立位支持するように該受け部の下方に設けられた台座部とを備え、
前記受け部と前記台座部とを貫通する通水孔、この通水孔を通して前記固形培地と前記台座部との間に連続して設けられ、台座部側から該固形培地へ底面給水を可能とする給水体を設けことを特徴とする固形培地付き植栽容器。
【請求項2】
給水体は台座部から更に下方に伸び出し得るものとなっており、固形培地の下端と受け部または台座部との間に収容空間があり、給水に用いない場合は、給水体の全体が前記収容空間に収容されるようになっていることを特徴とする請求項1記載の固形培地付き植栽容器。
【請求項3】
給水体は、台座部から下方には突出しないように設けられていることを特徴とする請求項1記載の固形培地付き植栽容器。
【請求項4】
請求項1から3のいずれか記載の植栽容器と植物とを備えた植栽容器付き植物であって、固形培地に前記植物が植栽されていることを特徴とする植栽容器付き植物。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、固形培地を収容して机上などに置くことのでき、この固形培地に底面給水可能とした固形培地付き植栽容器、及び、この植栽容器に植物を植栽した植栽容器付き植物に関する。
【背景技術】
【0002】
固形培地を収容して机上に置くことができるようし、底面給水できるようにした固形培地付き植栽容器については、特許文献1、2に記載されたものが知られている。
【0003】
しかし、いずれの植栽容器においても、水を培地容器内に収容して、その培地容器内の水を給水材あるいは水分吸収部材で固形培地に底面給水するもので、植栽容器が倒れた場合には、中の水がこぼれ出して、机上の物(コンピュータのキーボードや、重要書類など)を濡らせたりして、場合によっては、使用不可として、重大な損害を与えるものであった。
【0004】
また、これらの植栽容器に各種の花や観葉植物を植栽して、容器ごと販売等する場合にも、傾けた際には、水が漏れ出して、望ましくない状況を引き起こすことが考えられる。したがって、これらの植栽容器は、植物を植栽したまま販売するには適さないものであった。
【0005】
一方、根のない切り花(生花)の場合には、保水性体で茎の切断部分を覆って、切り花の寿命(萎れない期間)を長くすることもできるが、それにも限度があり、また、この方法は、そのまま植物を生育させるには適していなかった。
【特許文献1】特開2007−6729号公報(図1)
【特許文献2】特表2006−502730号公報(図1)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、上記問題を解決しようとするもので、植物を根付きの状態で簡易に底面給水可能として植物の生鮮状態を長持ちさせながら、容器を倒したり、傾けたりしても水漏れが生じず、切り花的形態での販売にも使用可能な固形培地付き植栽容器、この容器を活用した植栽容器付き植物を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1記載の固形培地付き植栽容器は、下方に凸な円錐または角錐形状の固形培地と、前記固形培地の円錐または角錐軸を鉛直方向とした状態で収容する培地容器とを備えた固形培地付き植栽容器であって、前記培地容器は、前記固形培地の下方の円錐または角錐形状部分を受け、その形状に沿った形状の受け部と、この受け部を前記円錐または角錐軸を鉛直方向として立位支持するように該受け部の下方に設けられた台座部とを備え、
前記受け部と前記台座部とを貫通する通水孔、この通水孔を通して前記固形培地と前記台座部との間に連続して設けられ、台座部側から該固形培地へ底面給水を可能とする給水体を設けことを特徴とする。
【0008】
請求項2記載の固形培地付き植栽容器は、請求項1に従属し、給水体は台座部から更に下方に伸び出し得るものとなっており、固形培地の下端と受け部または台座部との間に収容空間があり、給水に用いない場合は、給水体の全体が前記収容空間に収容されるようになっていることを特徴とする。
【0009】
請求項3記載の固形培地付き植栽容器は、請求項1に従属し、給水体は、台座部から下方には突出しないように設けられていることを特徴とする。
【0010】
請求項4記載の植栽容器付き植物は、請求項1から3のいずれか記載の植栽容器と植物とを備えた植栽容器付き植物であって、固形培地に前記植物が植栽されていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0011】
請求項1記載の固形培地付き植栽容器によれば、下方に凸な円錐または角錐形状の固形培地と、前記固形培地の円錐または角錐軸を鉛直方向とした状態で収容する培地容器とを備えた固形培地付き植栽容器であって、前記培地容器は、前記固形培地の下方の円錐または角錐形状部分を受け、その形状に沿った形状の受け部と、この受け部を前記円錐または角錐軸を鉛直方向として支持するように該受け部の下方に設けられた台座部とを備え、
更に、前記固形培地と前記台座部との間に連続して設けられ、台座部側から該固形培地へ底面給水を可能とする給水体を備えているので、底面給水時には、別体の水容器等を使って給水体を用いて給水し、給水終了後には、水とを縁を切ることができ、植物を根付きの状態で簡易に底面給水可能として植物の生鮮状態を長持ちさせながら、容器を倒したり、傾けたりしても水漏れが生じず、切り花的形態での販売にも使用可能となる。
【0012】
請求項2記載の固形培地付き植栽容器によれば、請求項1の効果に加え、給水体は台座部から更に下方に伸び出し得るものとなっており、固形培地の下端と受け部または台座部との間に収容空間があり、給水に用いない場合は、給水体の全体が前記収容空間に収容されるようになっているので、給水後に給水体の伸び出し部分が、美観を損なうことがなく、あるいは、植栽容器を机等の上に置くときの支障とならない。
【0013】
請求項3記載の固形培地付き植栽容器は、請求項1の効果に加え、給水体は、台座部から下方には突出しないように設けられているので、給水後の給水体のもどし作業が不要になる。
【0014】
請求項4記載の植栽容器付き植物は、請求項1から3のいずれか記載の植栽容器と植物とを備えた植栽容器付き植物であって、固形培地に前記植物が植栽されているので、上記植栽容器の効果を植栽容器付き植物として発揮する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下に、本発明の実施の形態(実施例)について、図面を用いて説明する。
【実施形態1】
【0016】
図1(a)は、本発明の植栽容器付き植物の一例の使用状態を示す縦断面図、(b)は、(a)を切り花的態様で販売する状態を示す外観斜視図である。
【0017】
この植栽容器付き植物10は、下方に凸な円錐形状の固形培地1及び固形培地1の円錐軸を鉛直方向とした状態で収容する培地容器2を備えた固形培地付き植栽容器5と、この固形培地1に植栽された植物7A(この例では、ケイトウの一種)とを備え、図1(b)の状態で販売され、図2に示すような方法で底面給水され、図3(a)に示すような状態で使用されるものである。
【0018】
培地容器2は、固形培地の下方の円錐形状部分を受け、その形状に沿った形状の受け部2aと、この受け部2bを前記円錐軸を鉛直方向として支持するように該受け部2aの下方に設けられた台座部2bとを備えている。
【0019】
固形培地付き植栽容器5は、更に、固形培地1と台座部2bとの間に連続して設けられ、台座部2b側から該固形培地1へ底面給水を可能とする給水体3を備えていることを特徴とする。受け部2aと台座部2bとを連結する部分には、給水体3を通過させる給水体用孔2cが設けられている。
【0020】
固形培地1は、ピートモスまたはあるいはかつパーライトを主体とする粉状体と、この粉状体を保持し、かつ全体の形状を保持する繊維体とからなる多孔質体であって、給水体3からの水を吸い上げる吸水性と、給水した水を保持する保水性とを備え、植栽された植物の根の生育を阻害せず、また、保水した状態でもその形状を余り変化させず、かつ、保水した水を漏れ出させないものである。
【0021】
培地容器2は、合成樹脂を素材として一体成形されたもので、無色透明か、有色透明か、有色半透明か、有色不透明ののもののいずれであってもよい。このように合成樹脂で一体成形すると軽量で安価な物とすることが出来、培地容器2を植栽した植物と共に販売する場合でも、コストを上昇させることが少ない。
【0022】
給水体3は、不織布や、繊維状物など、毛細管現象により水を吸水し、一方端から他方端へ水を吸水できるものであれば良い。また、その形状は、この例のように帯状であってもよく、図7に示すような棒状であってもよい。
【0023】
なお、図1(b)に示す符号8は、販売時に、固形培土1と培地容器2の受け部2aとの間に植栽された植物7Aを保護すべく挟み込まれた植物保護覆いである。この植物保護覆い8は、紙やセロファンや、透明あるいは半透明、不透明の合成樹脂フィルムを用いると良い。
【0024】
この植物保護覆い8は、図3でも解るように、使用時には取り外されるものではあるが、運搬・販売時は、このように固形培地と培地容器2との間に介装されて、覆い8端部をセロテープで止めたりする必要性が少なく、植栽された植物を確実に保護でき、販売時にはそのままで顧客に渡すこともできるものであり、更に外側に包装紙を不要として省資源ともなる。
【0025】
この植栽容器付き植物10に底面給水する場合には、図1(a)に示すように、水Wを溜めた皿様の水容器T1に、その吸水体3の台座部2より伸び出している部分が漬かるように、培地容器5を置けばよい(図1(a)の符号3(V)の状態)。
【0026】
底面給水が完了した植栽容器付き植物10を販売する場合には、図1(a)に符号3(S)に示すように、固形培地1の下端と受け部2aまたは台座部3bとの間に生じる収容空間Sに折り畳んで収納し、図1(b)の状態の切り花的態様で販売することができる。
【0027】
図2は、図1の植栽容器付き植物に底面給水している状態を示す外観斜視図である。なお、これより既に説明した部分と同じ部分については、同じ符号を付して重複説明を省略する。
【0028】
植栽容器付き植物10の固形培地1への底面給水は、この図2に示すように、コップ様の水容器T2を用いて行ってもよい。その場合、受け部2aが上方に外面が大きくなく円錐形状なので、コップ開口部分の内径が大小しても対応することができる。
【0029】
このようにコップ様水容器T2を用いる場合、そのコップ口径により培地容器5の高さが上下するので、給水体3の伸び出し長さを長くしておく方が、コップ内の水の底まで給水体3の一端が到達し、より長時間給水状態を維持することができる。
【0030】
また、この水容器T2は、図から解るように水容器T2の上部は受け部2bの外周で密着しており、コップ様の内周は、培地容器2の台座部2bの外周と隙間無く接触するようになっている。
【0031】
図3(a)は、図1の植栽容器付き植物の使用状態を例示する外観斜視図、(b)は、(a)の状態で植栽容器付き植物が倒れた状態を示す外観斜視図である。
【0032】
図3(a)は、机TBの上に、コンピュータのキーボードKBと、書類Pとが置かれた状態で、これらのキーボードKBと書類Pの傍に、植栽容器付き植物10が置かれている状態を示す。コンピュータで作業をする際には、自然物である植物10が傍にあると雰囲気を和らげ、気分を落ち着け解放し、また、目にとっても疲れを癒すものである。
【0033】
しかしながら、花瓶入りの生け花を置く場合、特許文献1、2に記載の植栽容器を用いた植物を置く場合は、なにかの理由で、花瓶や植栽容器を倒した際には、水が漏れ出し、キーボードKBを破損させたり、重要書類Pを濡れさせて使用できなくなったりする。
【0034】
しかしながら、本発明の植栽容器付き植物10の場合には、水との縁が切れているので、図3(b)に示すように、たとえ、培土容器2が倒れたとしても、水の漏れ出しもなく、また、固形培地1の粉状体の散乱もなく、キーボードKBや書類Pに悪影響を与えることがない。
【0035】
また、この植栽容器付き植物10では、台座部2bが立位で机の上などに置くことができるようになっているので、そのまま、根付き植物7Aを簡易に設置し、鑑賞することができる。
【0036】
底面給水をする場合には、図1(a)や図2に示すように、水容器T1、T2の水に給水体3の一端が漬かるようにすれば良いので簡易である。また、給水体3の伸び出し部分が長い場合で、それが机TB等の上に置いた場合に美観上、あるいは、伸び出し部分の水分が問題となる場合には、図1(a)の符号3(S)のように収容空間Sに収容するようにすればよい。
【0037】
こうして、本発明の植栽容器付き植物10(固形培地付き植栽容器5を含む。)によれば、植物を根付きの状態で簡易に底面給水可能として植物の生鮮状態を長持ちさせながら、容器を倒したり、傾けたりしても水漏れが生じず、切り花的形態での販売にも使用可能となる。
【0038】
また、固形培地1は保水性を持ち、植物は根付きなので、長期間新鮮な状態を保つ、つまり、給水せずとも萎れるまでの時間を長くすることができる。よって、パーテイ会場でのテーブル上での飾りや、お葬式での供花としても、利用価値が高い。この際、給水を繰り返すことで、繰り返し利用もより多く可能となる。
【0039】
加えて、固形培地1の可能な限り、そのままの状態で植物を生育させることもでき、その後は、場合によっては、普通の土壌にそのまま移植することができる。
【0040】
また、固形培地1は、基本的に自然の土壌を含まないので、雑菌や病原菌の少ないあるいはほとんどない状態とすることができ、衛生的条件の厳しい病院などへのお見舞いとしても好適である。
【実施形態2】
【0041】
図4は、本発明の植栽容器付き植物の他例に底面給水している状態を示す外観斜視図、図5は、本発明の植栽容器付き植物の他例を販売している状態を示す外観斜視図である。
【0042】
図4に示す植栽容器付き植物10Aは、図1の植栽容器付き植物10に比べ、固形培地付き植栽容器5は同じで、植栽されているのが植物7B(この例では、カーネーション)である点と、母の日のプレゼント用であって、各固形培地1には、ハートマークの中に、例えば、「おかあさんありがとう」などと表示した表示板Dを設置してある点が異なっている。
【0043】
また、この場合、底面給水のための水容器T3として、植栽容器5を複数配列して給水させることのできる大きな面積のものを用いている。本発明の植栽容器5は、台座部2bを有しているので、このような底面給水も可能である。
【0044】
また、このような贈答用としても、鉢物に比べて、簡易に底面給水が可能で、水と縁を切った後には、倒れによる水漏れの恐れのない本発明の植栽容器付き植物10Aは、好適である。
【0045】
図5は、本発明の植栽容器付き植物の他例を販売している状態を示す外観斜視図である。この植栽容器付き植物10Bは、図4のものに比べ、底面給水用のコップ様の水容器T2を運搬、運搬後の店頭表示時まで使用するようにしたものである。
【0046】
そのため、各植栽容器付き植物10Bは、中に水の入った水容器T2に収容された状態で、各水容器T2をそれぞれ倒れず、隙間の無いように嵌め入れる収容孔に嵌め入れた状態で、運搬表示用ケースKに配置収容されている。
【0047】
このような場合、この姿勢のままで運搬されるので、各水容器T2と各植栽容器付き植物10Bとの間から水が漏れることがなく、特に、両者は、図1(b)に示すように双方とも円形形状で培地容器2の円錐部分が、水容器T2の円形開口部分を塞ぎ、更に、台座部2bも図2で説明したように水容器T2の内周に隙間なく接しているので、なおさら、水漏れの可能性が少なくなる。
【0048】
この水容器T2は、本発明の固形培地付き植栽容器5、あるいは、各植栽容器付き植物10〜10Bと一緒にいて、販売した後も顧客に渡すようにしてもよい。その際、必要ならば、給水を済ませた後に、水容器T2の水を排除した後にセットで販売するようにすればよい。購入者は、必要に応じてこの水容器T2で給水したり、水容器T2と分離して、水の縁を切って、卓上や机の上に置き、植物を楽しむことができる。
【実施形態3】
【0049】
図6(a)、(b)は、本発明の植栽容器付き植物の他例を示す図である。これらの植栽容器付き植物10C、10Dは、図1の植栽容器付き植物10に比べて、給水体3A、3Bとして帯状のものではなく、棒状のものを用いている点と、この給水体3Aが台座部2bから下方には突出しないように設けられている点が異なっている。
【0050】
このようにすると、給水する際には、給水体3Aの台座部2bにまで水が達するように水に漬け、給水が済んだ後には、そのまま、机の上に置くことができるので、便利である。
【0051】
なお、これらに用いられる固形培地1Aは、、この棒状の給水体3Aを一定深さ填まり込ませ得るような凹部1aを備えている。そして、棒状の給水体3Aをこの凹部1aに対して、固形培地1Aとの接触を保持できる範囲で出し入れして、給水体3Aを台座部2bから伸び出させるようにして給水させることもできる。その場合、棒状の給水体3Aは、給水終了後は単に押し込むだけでよいので、収納操作が容易になる。
【0052】
図6(b)の植栽容器付き植物10Dは、図6(a)の植栽容器付き植物10Cに比べて、培地容器2Aが、受け部2aと台座部2bとを中に給水体用孔2cを確保しながら連結する筒部2dが設けられている点が異なっている。
【0053】
このような植栽容器付き植物10Dによれば、この筒部2dの分だけ、給水体3Bも長くなるので、より高い水位から低い水位まで対応することができるという追加の効果を発揮することができる。
【実施形態4】
【0054】
図7(a)、(b)は、本発明の植栽容器付き植物の他例を示す図である。図7(a)の植栽容器付き植物10Eは、図1の植栽容器付き植物10に比べ、給水体3Cが、帯状ではなく、固形培地1と培地容器2の受け部2aとの間の収容空間Sに全体的に充填されるようになっている点が異なっている。
【0055】
このような構成の植栽容器付き植物10Eによれば、図1(a)あるいは図4のように台座部2bから上に水位が来るように水容器T1、T3に置けば、あるいは、コップ状の水容器T2の場合も水の量を増やせば、通水孔2cを介して給水体3Cに給水可能で、固形培地1に底面給水させることができる。
【0056】
図7(b)の直裁容器付き植物10Fは、図1の植栽容器付き植物10に比べ、固形培地1Bそのものが、収容空間Sを埋めるように培地容器2の受け部2aの底端の通水孔2cまで達するようにした点が異なっている。
【0057】
このような構成の植栽容器付き植物10Fによれば、図1(a)あるいは図4のように台座部2bから上に水位が来るように水容器T1、T3に置けば、あるいは、コップ状の水容器T2の場合も水の量を増やせば、固形培地1Bも吸水性を備えているので、通水孔2cを介して底面給水させることができる。
【0058】
上述の実施形態4は、下方に凸な円錐または角錐形状の固形培地と、前記固形培地の円錐または角錐軸を鉛直方向とした状態で収容する培地容器とを備えた固形培地付き植栽容器であって、前記培地容器は、前記固形培地の下方の円錐または角錐形状部分を受け、その形状に沿った形状の受け部と、この受け部を前記円錐または角錐軸を鉛直方向として立位支持するように該受け部の下方に設けられた台座部とを備え、
前記受け部と前記台座部とを貫通する通水孔を設け、前記受け部の外周面または前記台座部を水容器に配置することにより、立位状態で該通水孔により前記固形培地に底面給水可能としたものである。
【0059】
そして、このように構成することで、本発明の固形培地付き植栽容器は、必要な際には固形培地に立位で底面給水可能とし、その後には、水との縁を切り、机の上等で使用する際に倒れても、水漏れや固形培地の散乱がないという格別の効果を発揮し、かつ、そもそもの保水性と植物成育保持性のある固形培地の特性を発揮して、植物の生鮮状態をより長期間保持することが出来る。
【0060】
また、この実施形態4のは、コップ状の水容器2と共に用いる場合には、台座部2bを越えた水位とする必要があるが、その場合でも、水容器2の開口縁と培地容器2の受け部2bの外周との密接で運搬時などの水漏れを防ぐことができる。
【0061】
また、上記の効果は、この固形培地付き植栽容器に植物を植栽した植栽容器付き植物としても発揮されるものである。
【0062】
なお、本発明の固形培地付き植栽容器及び植栽容器付き植物は、上記の実施形態に限定されず、特許請求の範囲に記載された範囲、実施形態の範囲で、種々の変形例、組み合わせが可能である。
【0063】
例えば、上記では、固形培地と培地容器とが円錐形状の場合を例示したが、これに限定されず、三角錐、四角錐、あるいは、それより多い多角錐形状であっても良い。また、植栽される植物の上記植物7A、7Bに限定されるものではなく、あらゆる花卉などが含まれるものである。
【産業上の利用可能性】
【0064】
本発明の固形培地付き植栽容器及びこの容器を活用した植栽容器付き植物、植物を根付きの状態で簡易に底面給水可能として植物の生鮮状態を長持ちさせながら、容器を倒したり、傾けたりしても水漏れが生じず、切り花的形態での販売にも使用可能なことが要請される産業分野に、例えば、机上やパーテイ会場のテーブルの装飾用、病院のお見舞い用、及び、葬儀の供花用に、用いることができる。
【図面の簡単な説明】
【0065】
【図1】(a)は、本発明の植栽容器付き植物の一例の使用状態を示す縦断面図、(b)は、(a)を切り花的態様で販売する状態を示す外観斜視図
【図2】図1の植栽容器付き植物に底面給水している状態を示す外観斜視図
【図3】(a)は、図1の植栽容器付き植物の使用状態を例示する外観斜視図、(b)は、(a)の状態で植栽容器付き植物が倒れた状態を示す外観斜視図
【図4】本発明の植栽容器付き植物の他例に底面給水している状態を示す外観斜視図
【図5】本発明の植栽容器付き植物の他例を販売している状態を示す外観斜視図
【図6】(a)、(b)は、本発明の植栽容器付き植物の他例を示す図
【図7】(a)、(b)は、本発明の植栽容器付き植物の他例を示す図
【符号の説明】
【0066】
1〜1B 固形培地
2、2A 培地容器
2a 受け部
2b 台座部
2c 通水孔
2d 筒部
3〜3C 給水体
5〜5D 固形培地付き植栽容器
7A 植物
7B 植物
8 植物保護覆い
10〜10F 植栽容器付き植物
S 収容空間
T1〜T3 水容器
【出願人】 【識別番号】593049914
【氏名又は名称】株式会社東海化成
【識別番号】508110113
【氏名又は名称】有限会社マルコウ種苗
【出願日】 平成20年4月10日(2008.4.10)
【代理人】 【識別番号】110000659
【氏名又は名称】特許業務法人広江アソシエイツ特許事務所
【公開番号】 特開2009−247313(P2009−247313A)
【公開日】 平成21年10月29日(2009.10.29)
【出願番号】 特願2008−102065(P2008−102065)