トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 コンバイン
【発明者】 【氏名】山崎 達也
【氏名】糸原 敦也
【課題】機械的な手動操作レバーを設けることなく、脱穀クラッチ及び刈取クラッチの操作を可能にする。

【解決手段】脱穀クラッチ及び刈取クラッチをアクチュエータの駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えたコンバインにおいて、電気的な操作部品を用いて構成され、両クラッチ切断状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ接続状態への切換えを行うためのクラッチ接続操作手段である前側スイッチ部SW1と、電気的な操作部品を用いて構成され、両クラッチ接続状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ切断状態への切換えを行うためのクラッチ切断操作手段である後側スイッチ部SW2とを備える。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
脱穀クラッチ及び刈取クラッチをアクチュエータの駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えたコンバインにおいて、
電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ切断状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ接続状態への切換えを行うためのクラッチ接続操作手段と、
電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ接続状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ切断状態への切換えを行うためのクラッチ切断操作手段とを備え、
クラッチ接続操作手段及びクラッチ切断操作手段の操作に応じて脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とするコンバイン。
【請求項2】
前記両クラッチ切断状態で、クラッチ接続操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とする請求項1記載のコンバイン。
【請求項3】
前記両クラッチ接続状態で、クラッチ切断操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とする請求項1又は2記載のコンバイン。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、脱穀クラッチ及び刈取クラッチをアクチュエータの駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えたコンバインに関する。
【背景技術】
【0002】
脱穀クラッチ及び刈取クラッチをアクチュエータの駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えたコンバインが知られている。例えば、特許文献1に示されるコンバインは、脱穀クラッチ及び刈取クラッチに、それぞれ連繋部材を介して連繋され、これらの連繋部材をモータの駆動により操作して、脱穀クラッチ及び刈取クラッチを所定の順序で接続/切断させる脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えている。
【特許文献1】特開2006−77959号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、特許文献1に示されるコンバインでは、運転席の近傍に機械的な手動操作レバーを備えると共に、レバー支点部に設けた複数のスイッチでレバー操作位置を検出し、該検出位置にもとづいて脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行っているため、部品点数が多くなってコスト面で不利なだけでなく、配置の自由度や操作性に劣るという問題がある。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、上記の如き実情に鑑みこれらの課題を解決することを目的として創作されたものであって、脱穀クラッチ及び刈取クラッチをアクチュエータの駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置を備えたコンバインにおいて、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ切断状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ接続状態への切換えを行うためのクラッチ接続操作手段と、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ接続状態から脱穀クラッチのみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチのみ接続状態から両クラッチ切断状態への切換えを行うためのクラッチ切断操作手段とを備え、クラッチ接続操作手段及びクラッチ切断操作手段の操作に応じて脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とする。このようにすると、機械的な手動操作レバーを設けることなく、電気的な操作部品のみで脱穀クラッチ及び刈取クラッチの操作が可能になるので、コスト面で有利であるだけでなく、配置の自由度や操作性も向上させることができる。
また、前記両クラッチ切断状態で、クラッチ接続操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とする。このようにすると、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるにあたり、クラッチ接続操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
また、前記両クラッチ接続状態で、クラッチ切断操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置の制御を行うことを特徴とする。このようにすると、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるにあたり、クラッチ切断操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0005】
次に、本発明の実施形態について、図面に基づいて説明する。図1において、1はコンバインであって、該コンバイン1は、茎稈を刈取る前処理部2、刈取茎稈から穀粒を脱穀して選別する脱穀部3、選別済みの穀粒を貯溜する穀粒タンク4、脱穀済みの排稈を処理する後処理部5、各種の操作具が設けられる操作部6、クローラ式の走行部7などを備えて構成されている。
【0006】
前処理部2は、未刈茎稈を分草するデバイダ8、分草された茎稈を引き起す引起し装置9、茎稈の株元位置を切断する刈刃装置(図示せず)、刈取茎稈を脱穀部3に向けて搬送する前処理搬送装置(図示せず)などを備えて構成され、機体の左前端部に立設される前処理支持フレーム(図示せず)に、昇降自在に連結されている。
【0007】
図2に示すように、脱穀部3は、茎稈を搬送する脱穀フィードチェン10、搬送茎稈から穀粒を脱穀する扱胴11、脱穀された穀粒を選別する揺動選別体(図示せず)、脱穀済みの排藁を後処理部5に向けて搬送する排藁搬送装置12などを備えて構成されている。
【0008】
操作部6の下方には、前処理部2、脱穀部3、走行部7及び脱穀フィードチェン10に動力を供給するエンジンEが搭載されている。図2に示すように、走行部7の動力は、エンジンプーリ13、伝動ベルト14及びミッション入力プーリ15を介してミッションケース16に伝動され、該ミッションケース16に設けられる走行用無段変速装置(HST)17などで変速されてから、走行部7に伝動される。
【0009】
脱穀部3の動力は、エンジンプーリ13、作業機伝動ベルト18及びギヤケース入力プーリ19を介して、後述するギヤケース20の入力軸21に一旦伝動され、ここからカウンタプーリ22、脱穀伝動ベルト23及び脱穀入力プーリ24を介して脱穀部3に伝動される。
【0010】
ギヤケース20は、入力軸21から入力されるエンジン動力を、前処理用無段変速装置(HST)25で無段変速し、前処理部2及び脱穀フィードチェン10に供給するように構成されている。これにより、前処理部2及び脱穀フィードチェン10の茎稈搬送速度が同期され、引継ぎ部における搬送乱れが防止される。
【0011】
前処理用無段変速装置25が無段変速した前処理動力は、ギヤケース20の前処理出力軸26から出力される。前処理出力軸26には、出力プーリ27が設けられており、ここから前処理伝動ベルト28及び前処理入力プーリ29を介して前処理部2に動力が供給される。
【0012】
図3に示すように、ギヤケース20には、作業系クラッチを構成する二つのテンションアーム30、31が回動自在に設けられている。第一テンションアーム30は、刈取クラッチ32を構成するためのもので、その回動により、前処理伝動ベルト28を緊張又は弛緩させ、前処理部2に対する動力供給の入り/切りを行う。また、第二テンションアーム31は、脱穀クラッチ33を構成するためのもので、その回動により、作業機伝動ベルト18を緊張又は弛緩させ、脱穀部3などに対する動力供給の入り/切りを行う。
【0013】
第一テンションアーム30の基端部は、第一テンションクラッチ用連繋部材34を介して脱穀・刈取クラッチ操作装置35に連繋され、また、第二テンションアーム31の基端部は、第二テンションクラッチ用連繋部材36を介して脱穀・刈取クラッチ操作装置35に連繋されている。脱穀・刈取クラッチ操作装置35は、単一の電動モータ37を備え、その駆動力で連繋部材34、36を引くことにより、テンションアーム30、31を入り動作させる。
【0014】
以下、脱穀・刈取クラッチ操作装置35について、図3〜図6を参照して説明する。これらの図に示すように、脱穀・刈取クラッチ操作装置35は、ブラケット38と、該ブラケット38に一体的に設けられる単一の電動モータ37と、ブラケット38に回動自在に支持され、電動モータ37の出力ギヤ37aに噛合されるセクタギヤ39と、セクタギヤ39の回動位置を検出するポテンショメータ40とを備えて構成されている。
【0015】
セクタギヤ39は、電動モータ37の正逆駆動により、図4に示す初期位置と、図5に示す中間位置と、図6に示す終端位置とに回動制御される。刈取クラッチ32の連繋部材34は、セクタギヤ39の初期位置及び中間位置において繰り出し状態(クラッチ切断状態)であり、セクタギヤ39が終端位置のとき引き込み状態(クラッチ接続状態)となるように、セクタギヤ39に対する連結方向及び連結位置が設定されている。具体的に説明すると、セクタギヤ39が初期位置から中間位置に回動するときは、連繋部材34がセクタギヤ39の回動中心を支点越えすることにより、連繋部材34の繰り出し状態が維持され、セクタギヤ39が中間位置から終端位置に回動するとき、連繋部材34が引き込まれる。
【0016】
一方、脱穀クラッチ33の連繋部材36は、セクタギヤ39が初期位置のとき繰り出し状態(クラッチ切断状態)であり、セクタギヤ39の中間位置及び終端位置において引き込み状態(クラッチ接続状態)となるように、セクタギヤ39に対する連結方向及び連結位置が設定されている。具体的に説明すると、セクタギヤ39が初期位置から中間位置に回動するときは、連繋部材36が引き込まれるが、セクタギヤ39が中間位置から終端位置に回動するときは、連繋部材36がセクタギヤ39の回動中心を支点越えすることにより、それ以上の引込みが行われないようにしてある。尚、各連繋部材34、36は、ロッド部材(リンク部材やアーム部材を含む)を用いて構成することが好ましい。このようにすると、ワイヤ部材で構成する場合に比べて、操作抵抗や操作量のバラツキを減らし、調整作業を容易にすることができる。
【0017】
図7に示すように、操作部6には、オペレータが着座する運転席41、運転席41の前方に設けられるメータユニット42、運転席41の左前方に設けられる主変速レバー43、運転席41の左側方に設けられる脱穀・刈取クラッチ操作部44などが備えられている。
【0018】
図8に示すように、脱穀・刈取クラッチ操作部44には、刈取クラッチ32及び脱穀クラッチ33の接続/切断操作に兼用される脱穀・刈取クラッチスイッチ45や、刈取クラッチ32及び脱穀クラッチ33の接続/切断状態を表示する2つのインジケータ47、48が設けられている。第一のインジケータ47は、脱穀クラッチ33のみが接続状態であることを示す脱穀クラッチインジケータであり、第二のインジケータ48は、両クラッチ32、33が接続状態であることを示す刈取クラッチインジケータである。尚、本実施形態では、図9に示すように、メータユニット42にも、脱穀クラッチインジケータ49と刈取クラッチインジケータ50を設け、前方を向いていてもオペレータが刈取クラッチ32及び脱穀クラッチ33の接続/切断状態を確認できるようにしている。
【0019】
脱穀・刈取クラッチスイッチ45は、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ切断状態から脱穀クラッチ33のみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチ33のみ接続状態から両クラッチ接続状態への切換えを行うためのクラッチ接続操作手段と、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ接続状態から脱穀クラッチ33のみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチ33のみ接続状態から両クラッチ切断状態への切換えを行うためのクラッチ切断操作手段とを備えており、後述する制御装置51が、クラッチ接続操作手段及びクラッチ切断操作手段の操作に応じて脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行うようになっている。例えば、本実施形態では、自動中立復帰するシーソー式の2接点プッシュスイッチで脱穀・刈取クラッチスイッチ45を構成すると共に、2接点プッシュスイッチの前側スイッチ部SW1をクラッチ接続操作手段として使用し、2接点プッシュスイッチの後側スイッチ部SW2をクラッチ切断操作手段として使用するようにしてある。
【0020】
このようにすると、機械的な手動操作レバーを設けることなく、電気的な操作部品のみで脱穀クラッチ33及び刈取クラッチ32の操作が可能になるので、コスト面で有利であるだけでなく、配置の自由度や操作性も向上させることができる。しかも、シーソー式の2接点プッシュスイッチで脱穀・刈取クラッチスイッチ45を構成するので、一つの操作具をクラッチ接続操作手段とクラッチ切断操作手段に兼用し、更なるコストダウンが図れるという利点もある。尚、本実施形態では、上記のように一つの操作具をクラッチ接続操作手段とクラッチ切断操作手段に兼用しているが、クラッチ接続操作手段とクラッチ切断操作手段を別々の操作具で構成できることは言うまでもない。
【0021】
また、本実施形態では、両クラッチ切断状態で、クラッチ接続操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行う。このようにすると、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるにあたり、クラッチ接続操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
【0022】
また、本実施形態では、両クラッチ接続状態で、クラッチ切断操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行う。このようにすると、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるにあたり、クラッチ切断操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
【0023】
次に、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の操作に応じた脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御パターンについて、図10及び図11を参照して説明する。図10に示すように、コンバイン1には、マイコンなどで構成される制御装置51が設けられており、該制御装置51の入力側には、脱穀・刈取クラッチスイッチ45(前側スイッチ部SW1及び後側スイッチ部SW2)や脱穀・刈取クラッチ操作装置35のポテンショメータ40が接続される一方、出力側には、脱穀・刈取クラッチ操作装置35の電動モータ37やインジケータ47〜50が接続されている。つまり、制御装置51は、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の操作に応じて脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行い、図11に示すような各種の状態を現出させる。
【0024】
図11に示すように、両クラッチ32、33が切断された状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の前側スイッチ部SW1を押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が脱穀クラッチ33のみを接続させる。このとき、走行停止状態であれば、脱穀フィードチェン10が定速で搬送動作し、手扱作業を行うことが可能になる。
【0025】
また、脱穀クラッチ33のみを接続した状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の前側スイッチ部SW1を押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が刈取クラッチ32を接続させる。この状態で走行すると、刈取作業が可能となり、脱穀フィードチェン10は、車速に連動する速度で搬送動作される。
【0026】
また、両クラッチ32、33を接続した状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の後側スイッチ部SW2を押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が刈取クラッチ32のみを切断させる。このとき、走行停止状態であれば、脱穀フィードチェン10が定速で搬送動作し、手扱作業を行うことが可能になる。
【0027】
また、脱穀クラッチ33のみを接続した状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の後側スイッチ部SW2を押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が脱穀クラッチ33を切断させる。
【0028】
また、両クラッチ32、33が切断された状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の前側スイッチ部SW1を長押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、まず、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が脱穀クラッチ33のみを接続させ、その後、押操作時間が所定時間T(T>t)を超えた段階で長押操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が刈取クラッチ32も接続させる。
【0029】
また、両クラッチ32、33が接続された状態で、脱穀・刈取クラッチスイッチ45の後側スイッチ部SW2を長押操作した場合、押操作時間が所定時間tを超えた段階でスイッチ操作が確定し、まず、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が刈取クラッチ32のみを切断させ、その後、押操作時間が所定時間T(T>t)を超えた段階で長押操作が確定し、脱穀・刈取クラッチ操作装置35が脱穀クラッチ33も切断させる。
【0030】
叙述の如く構成された本実施形態によれば、脱穀クラッチ33及び刈取クラッチ32をアクチュエータ(電動モータ37)の駆動により接続/切断操作する脱穀・刈取クラッチ操作装置35を備えたコンバイン1において、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ切断状態から脱穀クラッチ33のみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチ33のみ接続状態から両クラッチ接続状態への切換えを行うためのクラッチ接続操作手段(脱穀・刈取クラッチスイッチ45の前側スイッチ部SW1)と、電気的な操作部品を用いて構成され、操作する毎に、両クラッチ接続状態から脱穀クラッチ33のみ接続状態への切換えと、脱穀クラッチ33のみ接続状態から両クラッチ切断状態への切換えを行うためのクラッチ切断操作手段(脱穀・刈取クラッチスイッチ45の後側スイッチ部SW2)とを備えており、クラッチ接続操作手段及びクラッチ切断操作手段の操作に応じて脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行うので、機械的な手動操作レバーを設けることなく、電気的な操作部品のみで脱穀クラッチ33及び刈取クラッチ32の操作が可能になる。その結果、コスト面で有利であるだけでなく、配置の自由度や操作性も向上させることができる。
【0031】
また、本実施形態では、両クラッチ切断状態で、クラッチ接続操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行うので、両クラッチ切断状態から両クラッチ接続状態へ切換えるにあたり、クラッチ接続操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
【0032】
また、本実施形態では、両クラッチ接続状態で、クラッチ切断操作手段が所定時間操作し続けられた場合、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるように脱穀・刈取クラッチ操作装置35の制御を行うので、両クラッチ接続状態から両クラッチ切断状態へ切換えるにあたり、クラッチ切断操作手段を複数回操作することなく、一回の操作のみで切換えが可能になる。
【0033】
尚、本発明は、前記実施形態に限定されないことは勿論であって、例えば、脱穀・刈取クラッチスイッチの取付位置は、前記実施形態に示した位置に限定されず、任意に変更できることは言うまでもない。例えば、図7に示す仮想線位置に脱穀・刈取クラッチスイッチを設けた場合も、良好な操作性が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0034】
【図1】コンバインの斜視図である。
【図2】コンバインの動力伝動構造を示す伝動回路図である。
【図3】脱穀・刈取クラッチ操作装置の右側面図である。
【図4】両クラッチ切断状態を示す脱穀・刈取クラッチ操作装置の左側面図である。
【図5】脱穀クラッチのみ接続状態を示す脱穀・刈取クラッチ操作装置の左側面図である。
【図6】両クラッチ接続状態を示す脱穀・刈取クラッチ操作装置の左側面図である。
【図7】操作部の平面図である。
【図8】脱穀・刈取クラッチ操作部の平面図である。
【図9】メータユニットの平面図である。
【図10】制御装置の入出力を示すブロック図である。
【図11】制御装置の制御内容を示すタイミングチャートである。
【符号の説明】
【0035】
1 コンバイン
32 刈取クラッチ
32 脱穀クラッチ
35 脱穀・刈取クラッチ操作装置
37 電動モータ
44 脱穀・刈取クラッチ操作部
45 脱穀・刈取クラッチスイッチ
51 制御装置
【出願人】 【識別番号】000001878
【氏名又は名称】三菱農機株式会社
【出願日】 平成20年3月28日(2008.3.28)
【代理人】 【識別番号】100085394
【弁理士】
【氏名又は名称】廣瀬 哲夫
【公開番号】 特開2009−232798(P2009−232798A)
【公開日】 平成21年10月15日(2009.10.15)
【出願番号】 特願2008−85368(P2008−85368)