トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 草刈機
【発明者】 【氏名】井手 宣弘
【氏名】山下 強志
【氏名】森田 聡
【課題】刈取デッキの下面中央で、相対向回転する左右一対の刈刃を備え、刈取られた芝草を直後方へ排出させる草刈機において、刈取デッキの下面中央部で、左右一対の刈取軸間にあっては、刈取られた芝草の一部が停滞して、後方等の排出口部への放出性が悪く、詰り易く、刈取性能を低下させ易い。

【解決手段】刈刃1を有する刈取軸2を軸装の刈取デッキ3の下側面に接近して、下面に掻出リブ4を形成して該刈取軸2と一体回転の掻出板5を設けたことを特徴とする草刈機の構成とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
刈刃(1)を有する刈取軸(2)を軸装の刈取デッキ(3)の下側面に接近して、下面に掻出リブ(4)を形成して該刈取軸(2)と一体回転の掻出板(5)を設けたことを特徴とする草刈機。
【請求項2】
前記掻出板(5)とこの下側の刈刃(1)との間に、刈取軸(2)の外周部を囲繞する大径の巻付防止筒(6)を設けたことを特徴とする請求項1に記載の草刈機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、刈取デッキ内の刈取られる芝草の排出を円滑に行わせる草刈機に関する。
【背景技術】
【0002】
左右一対の刈取軸を軸装する刈取デッキの後側を開放して、刈取られた芝草を直後方へ排出させる技術(例えば、特許文献1参照)が知られている。
【特許文献1】特開2007−60960号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
刈取デッキの下面中央部で、左右一対の刈取軸間にあっては、刈取られた芝草の一部が停滞して、後方等の排出口部への放出性が悪く、詰り易く、刈取性能を低下させ易い。
【課題を解決するための手段】
【0004】
請求項1に記載の発明は、刈刃1を有する刈取軸2を軸装の刈取デッキ3の下側面に接近して、下面に掻出リブ4を形成して該刈取軸2と一体回転の掻出板5を設けたことを特徴とする草刈機の構成とする。刈刃1の回転によって刈取られる芝草は刈取デッキ3の下側部を後方等の排出口部へ向けて放出されるが、この刈取デッキ3の下側面に接近する芝草は、刈刃1と一体回転の掻出板5の掻出リブ4によって、下側へ離すようにして掻出される。そして、刈取芝草が刈取デッキ3の天井部に停滞しようとするのを防止する。
【0005】
請求項2に記載の発明は、前記掻出板5とこの下側の刈刃1との間に、刈取軸2の外周部を囲繞する大径の巻付防止筒6を設けたことを特徴とする。刈刃1によって刈取られる芝草は、一部刈取デッキ3の下側面部に付着、停滞しようとすると、掻出板5の掻出リブ4によって、下方等へ掻き出されて、円滑な芝草放出作用が行われる。このとき一部の芝草が刈取軸2周りに付き回りしようとすると、大径の巻付防止筒6の回転によって、この巻付が阻止される。しかも、この巻付防止筒6によって巻付くことができない芝草は、上側天井部の掻出板5の掻出リブ4の作用を受けて下方等へ掻出されるため、この刈取デッキ3天井面への付着停滞を防止する。
【発明の効果】
【0006】
請求項1に記載の発明は、刈刃1と一体回転の掻出板5の回転によって、刈取デッキ3の下側面に付着停滞しようとする芝草を、この下方へ離すように掻出して放出させ、芝草刈取の詰りをなくし、円滑な排出作用を行わせて、刈取性能を高めることができる。
【0007】
請求項2に記載の発明は、刈取軸2上端部への芝草巻付を防止して、かつ、刈取デッキ3下面での掻出板5による掻出作用によって、この芝草の刈取デッキ3下面に対する付着停滞を防止して、刈取性能を高めることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
図例に基づいて、車体9後方の車輪7を有して後部に搭載のエンジン8により駆動して走行できる車体9の前側に刈取デッキ3を装着する。車体9にはエンジン8から伝動される出力プーリ10を設け、この出力プーリ10と刈取デッキ3上の入力プーリ11との間にベルト12を掛け渡して、この刈取デッキ3に軸装の刈取軸2を回転伝動することができる。この刈取デッキ3の前方中央部には、支持アーム13を突出させて、前端部に回転自在の支持輪14を設ける。又、車体9の後方上部にハンドル15を設け、このハンドル15の基部をハンドルブラケット16に対して、上下に回動可能で、左右一定回動域に回動可能に取付けている。
【0009】
ここにおいて、この草刈機は、刈刃1を有する刈取軸2を軸装の刈取デッキ3の下側面に接近して、下面に掻出リブ4を形成して該刈取軸2と一体回転の掻出板5を設けたことを特徴とする草刈機の構成とする。刈刃1の回転によって刈取られる芝草は刈取デッキ3の下側部を後方等の排出口部へ向けて放出されるが、この刈取デッキ3の下側面に接近する芝草は、刈刃1と一体回転の掻出板5の掻出リブ4によって、下側へ離すようにして掻出される。そして、刈取芝草が刈取デッキ3の天井部に停滞しようとするのを防止する。
【0010】
又、前記掻出板5とこの下側の刈刃1との間に、刈取軸2の外周部を囲繞する大径の巻付防止筒6を設けたことを特徴とする。刈刃1によって刈取られる芝草は、一部刈取デッキ3の下側面部に付着、停滞しようとすると、掻出板5の掻出リブ4によって、下方等へ掻き出されて、円滑な芝草放出作用が行われる。このとき一部の芝草が刈取軸2周りに付き回りしようとすると、大径の巻付防止筒6の回転によって、この巻付が阻止される。しかも、この巻付防止筒6によって巻付くことができない芝草は、上側天井部の掻出板5の掻出リブ4の作用を受けて下方等へ掻出されるため、この刈取デッキ3天井面への付着停滞を防止する。
【0011】
前記刈取デッキ3は、左右一対の刈取軸2を軸装して、相対向する側に回転するように上側の伝動ケース17内のベルト12によって伝動回転させる。各刈取軸2の下端部と、これより適宜間隔高い中段部とに、回転位相を変えて刈刃1を配置している。前記掻出板5は、これら下方の刈刃1の回転径と略同径の円形状に形成し、この外周部には下側面に突出の排出リブ4を形成する。この掻出板5は、刈取軸2の上端部に取付けて、刈刃2と一体回転するもので、回転面を刈取デッキ3の下側面に接近させている。又、これた左右刈取軸2に取付けた掻出板5の回転外周縁は、刈取デッキ3の中央部で対向接近して回転する構成としている。
【0012】
これら左右両側の刈取軸2の外周部には、適宜大径の巻付防止筒6,18を設けて、刈取軸2や、刈刃1、及び掻出板5等を一体回転させる。巻付防止筒6は、中段部の刈刃1と上端部の掻出板5との間の間隔部に設けられ、下部の巻付防止筒18は、下端部と中段部の刈刃1間隔部に設けられて、各々刈取られた芝草等が取付軸2周りに巻付くのを阻止するものである。
前記刈取デッキ3の前側面は開放して芝草を案内する案内口20を形成し、この前側中央部に案内杆19を設ける。又、刈取デッキ3の後方に刈取芝草排出の排出口21を形成して、後側の左右車輪7間に排出することができる。
【0013】
車体9を前進させながら刈刃軸2の回転によって芝草の刈取を行う。左右両側の刈刃1によって刈取られる芝草は、中央部から後方の排出口21へ向けて排出される。この刈取中に刈取デッキ3の下側面にそって浮上される芝草は、この刈取デッキ3の下側面に接近して回転する掻出板5に受けられて、刈取デッキ3の下側面との間への芝草の浸入を阻止して、掻出リブ4によって掻落される。このため、掻出板5の下側面に沿って停滞しようとする芝草を掻き出して、後方の排出口21へ排出させる。又、この下側の刈取軸2の回転外周部には巻付防止筒6が回転して、芝草の刈取軸2上部への巻付を阻止すると共に、この巻付防止筒6から外れて上側の掻出板5の回転域へ浮上される芝草が、この掻出板5の回転の回転によって掻落し、乃至放出されて、刈取芝草の排出を速やかに行うことができる。このため、刈取能率を上げて、刈取デッキ3の案内口20から多量の芝草を案内させても、刈取られた芝草の刈取デッキ3の裏面での停滞、詰り等を少なくすることができ、刈取性能を高めることができる。
【0014】
このように掻出リブ4は掻出板5の下側面に突出形成されるため、付着しようとする芝草を下方へ押し下げるようにして飛散させるものであるから、この掻出板5の回転と共に、芝草が刈取デッキ3の下側面に対する付着停滞を阻止する。又、図例の掻出リブ4は掻出板5を押出成形したものであるが、この掻出リブ4に代えて、短い丸棒材や、板材片等を掻出板5の下側面に固着する構成とすることもできる。又、掻出板5は掻出リブ4を形成するも比較的薄い形態に構成されるため、刈取デッキ3の下側面に接近させて構成しても、下側の刈刃1との間の高さ間隔を十分に維持することができ、刈取デッキ3の高さを低く維持して刈取性能を高く維持することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】刈取デッキ部の平面図と、正面図。
【図2】草刈機の平面図。
【図3】草刈機の側面図。
【0016】
1 刈刃
2 刈取軸
3 刈取デッキ
4 掻出リブ
5 掻出板
6 巻付防止筒
【出願人】 【識別番号】000144980
【氏名又は名称】株式会社アテックス
【出願日】 平成19年12月10日(2007.12.10)
【代理人】
【公開番号】 特開2009−136242(P2009−136242A)
【公開日】 平成21年6月25日(2009.6.25)
【出願番号】 特願2007−318370(P2007−318370)