トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 移植機
【発明者】 【氏名】三島 友孝
【課題】姿勢変更容易な予備苗供給装置を備えた移植機を提供する。

【解決手段】予備苗供給装置21は、支持ブラケットに支持された固定苗台22と、固定苗台22の前後に回動自在に連結された前後の可動苗台23,25とから構成され、前部可動苗台23には姿勢変更部材30が設けられている。姿勢変更部材30は、前部可動苗台23のブラケット23bのステー31に回動自在に取付けられた操作リンク32と、支持部材33と、支持金具35とから構成され、作業者は機体後方に延設された操作リンク32を操作することによって、前部可動苗台23を姿勢変更させる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
走行機体に運転操作部が配置されると共に、前記走行機体にブラケットを介して支持された固定苗台と、該固定苗台の前端に回転自在に連結した可動苗台とを有し、機体前方から後方に向って予備苗を搬送する予備苗搬送装置を備えた移植機において、
前記可動苗台に、前記運転操作部に向けて延設される姿勢操作部材を設け、
該姿勢操作部材によって前記可動苗台を、前記固定苗台の前方に連続して配置した展開位置と、前記固定苗台の上方に配置した収納位置とに姿勢変更させる、
ことを特徴とした移植機。
【請求項2】
前記姿勢操作部材は、前記可動苗台が前記展開位置と前記収納位置とに姿勢変更する過程で、その取付部が前記可動苗台の回転支軸を挟んで上方位置と下方位置とに切換わるように構成され、
前記操作部材の引き操作によって、前記可動苗台は前記展開位置及び収納位置のどちらからでも上方に回動してなる、
請求項1記載の移植機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、走行機体の後方に設けられた植付作業機によって苗を圃場に移植する移植機に係り、詳しくは機体の前方から後方に向けて予備苗を搬送する予備苗給送装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、支持ブラケットに支持された固定苗台と、固定苗台の前後に回動自在に取付けられた可動苗台(第1苗台、第2苗台)とからなり、前後の可動苗台が展開して固定苗台に取付けられた展開姿勢と、前部可動苗台が固定苗台の上方に折畳まれた作業姿勢と、前後の可動苗台が固定苗台の上方に折畳まれた格納姿勢とに姿勢変更可能な予備苗給送装置を備えた移植機が案出されている(特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開2005−176680号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記特許文献1記載の移植機は、予備苗給送装置を展開姿勢にすることにより、予備苗を機体前方から後方に給送することが出来ると共に、作業姿勢もしくは格納姿勢に姿勢変更することによって、予備苗載せ台としても使用することが出来るが、姿勢変更のたびに作業者は運転座席から立ち上がって機体前方の前部固定苗台の位置を変更しなければならず、大変であった。
【0005】
そこで本発明は、可動苗台に運転操作部に向けて延設された姿勢操作部材を設け、該姿勢操作部材によって可動苗台を姿勢変更させることによって、上述した課題を解決した移植機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1に係る発明は、走行機体(5)に運転操作部(10)が配置されると共に、前記走行機体(1)にブラケット(20a、20b)を介して支持された固定苗台(22)と、該固定苗台(22)の前端に回転自在に連結した可動苗台(23)とを有し、機体前方から後方に向って予備苗を搬送する予備苗搬送装置(21)を備えた移植機(1)において、
前記可動苗台(23)に、前記運転操作部(10)に向けて延設される姿勢操作部材(30、39)を設け、
該姿勢操作部材(30、39)によって前記可動苗台(23)を、前記固定苗台(22)の前方に連続して配置した展開位置(図1の位置)と、前記固定苗台の上方に配置した収納位置(図3及び図5の位置)とに姿勢変更させる、
ことを特徴とした移植機にある。
【0007】
請求項2に係る発明は、前記姿勢操作部材(30)は、前記可動苗台(23)が前記展開位置と前記収納位置とに姿勢変更する過程で、その取付部(34)が前記可動苗台(23)の回転支軸(26)を挟んで上方位置(図1及び図2の位置)と下方位置(図3の位置)とに切換わるように構成され、
前記操作部材(30)の引き操作によって、前記可動苗台(23)は前記展開位置及び収納位置のどちらからでも上方に回動してなる、
請求項1記載の移植機にある。
【0008】
なお、括弧内の符号等は、図面と対照するためのものであるが、これにより特許請求の範囲に何等影響を及ぼすものではない。
【発明の効果】
【0009】
請求項1に係る発明によると、運転操作部側において姿勢操作部材により可動苗台を姿勢変更させることができ、姿勢変更のたびに機体前端まで行き可動苗台を持ち上げる必要がない。また、植付作業中に展開位置にある可動苗台が畦などと当接する虞がある場合、作業者は姿勢操作部材により容易に可動苗台を機体後方に回動させて避けることができ、作業効率が向上する。
【0010】
請求項2に係る発明によると、前部可動苗台が展開位置と収納位置とに姿勢変更する過程で、姿勢操作部材の取付部が前部可動苗台の回転支軸を中心として上方位置と下方位置とに切換わるため、姿勢操作部材を引き操作することによって、可動苗台が展開姿勢及び収納姿勢のどちらからでも上方に回動し、容易に姿勢変更させることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明に係る移植機としての乗用田植機1について図面に基づいて説明をする。
【実施例1】
【0012】
図1乃至3に示すように、乗用田植機1は、前輪2,2及び後輪3,3に支持された走行機体5を有しており、その後方には昇降リンク6を介して植付作業機7が設けられている。また、走行機体5の機体前方には、ボンネット9に覆われたエンジンが搭載されていると共に、ステアリングハンドル11及び操作パネル部8が立設しており、これらステアリングハンドル11、操作パネル部8及び運転座席16によって運転操作部10が構成されている。
【0013】
また、ボンネット9及び操作パネル部8の左右側方にはフロントステップ12が機体後方に向けて延設されており、該フロントステップ12に連続してステアリングハンドル11の底部であるメインステップ13が形成されている。更に、メインステップ13の後方では機体カバー15上に運転座席16が取付けられており、運転座席16の左右後側方の機体カバー15は、平坦に形成されメインステップ13よりも一段高い、苗供給用ステップ17,17となっている。
【0014】
上述した操作パネル部8の側方からは、支持ブラケット20a,20bが機体フレーム19から延設されており、該支持ブラケット20a,20bには予備苗給送装置21が取付けられている。予備苗給送装置21は、上記支持ブラケット20a,20bに固定された固定苗台22と、固定苗台22の前後に連続して接続された2つの可動苗台23,25とから構成されており、これら固定苗台22及び可動苗台23,25は、それぞれ左右一対のコンベアフレーム22a,22b,23a,23b,25a,25b間に、多数のローラが配置されたローラコンベアである。
【0015】
また、機体前方側の前部可動苗台23は、その後端に設けられたブラケット23bが固定苗台22の前端に設けられたフロントブラケット22bと、回動支軸26によって回動自在に連結することによって取付けられていると共に、機体後方側の後部可動苗台25は、その前端に設けられたブラケット25bが固定苗台22の後端に設けられたリヤブラケット22cと回動支軸27によって回動自在に連結することによって取付けられている。
【0016】
上述したように、前後の可動苗台23,25が固定苗台22に対して回動自在に設けられているため、予備苗給送装置21は、可動苗台23,25を固定苗台22に対して、機体前後方向に連続して配置した展開姿勢(図1の姿勢)と、前部可動苗台を固定苗台の上方に所定間隔を空けて配置した作業姿勢(図3の姿勢)と、前後の可動苗台23,25を固定苗台22の上方に配置した格納姿勢(図5の姿勢)とに姿勢変更可能に設けられている。
【0017】
また、固定苗台22に対して回動自在に設けられた上記前部可動苗台23のブラケット23bにはステー31が設けられており、該ステー31の先端には棒状部材からなる操作リンク32が回動自在に取付けられている。更に、固定苗台22の後端には操作リンク32を支持する支持部材33が立設しており、支持部材33の先端には操作リンク32を載置可能な切欠き35b(図4(c)参照)が形成された支持金具35が取付けられている。これらステー31、操作リンク32、支持部材33及び支持金具35によって姿勢操作部材30が構成されており、該姿勢操作部材30によって前部可動苗台23の位置を運転座席16側から操作することができる。
【0018】
上記姿勢操作部材30は、操作リンク32とステー31との連結部であるその取付部34が、前部可動苗台23が固定苗台22の前方に展開した展開位置(図1の位置)の場合、上記前部可動苗台23の回動支軸26よりも上方に位置していると共に、前部可動苗台23が固定苗台22の上方まで回動した収納位置(図3及び図5の位置)の場合、前部可動苗台23の回動支軸26よりも下方に位置している。上記姿勢操作部材30の取付部34は、これら上方位置(図1及び図2の位置)と下方位置(図3の位置)とに前部可動苗台23が姿勢変更する過程で切換わるように構成されており、それにより、前部可動苗台23は展開位置及び収納位置の両位置においても、操作リンク32の引き操作によって上方に回動して姿勢変更可能な構成となっている。
【0019】
図4(b),(c)に示すように、上記支持金具35はU字状に折り曲げられた板状部材に切欠き35bが形成された金具であり、予備苗給送装置21の前後方向に沿って形成された切欠き35bには操作リンク32が載置されるとともに、そのU字状に折り曲げられた板間の隙間である隙間部35aには操作リンク32から機体左右方向に突設された係止ピン36が嵌るように形成されており、それにより操作リンク32を係止可能に構成されている。なお、係止ピン36は、操作リンク32に設けられた複数の孔に嵌挿して、操作リンク32を係止する位置を調整可能に構成してもよいと共に、操作リンク32は、ブラケット23bではなく可動苗台23の先端部などに取付けてもよい。
【0020】
また、前部可動苗台23は操作リンク32を固定することによって、固定苗台22に対して前方に伸展した展開位置(図1の位置)、固定苗台22の上方に配置された収納位置(図3及び図5の位置)の他に、図2及び図4に示すような、固定苗台22に対して略々垂直に直立した直立位置にも姿勢変更可能に構成されている。
【0021】
次に本実施の形態に係る乗用田植機1の作用について説明をする。作業者は、植付作業の途中で植付作業機7の苗が少なくなると機体を畦に対して垂直に停め、格納姿勢である予備苗給送装置21の後部可動苗台25を後方に回動させて展開すると共に、姿勢操作部材30の操作リンク32を引き操作する。操作リンク32を引き操作すると、収納位置にあった前部可動苗台23は、略々直立位置(図2参照)まで機体前方に回動し、その後重力によって自然に展開位置(図1参照)まで回動する。
【0022】
畦状の補助者は予備苗給送装置21が展開姿勢になると、前部可動苗台23の前端から苗箱もしくはスクレーパに載置された予備苗を流し、機体後方へと搬送する。この時、予備苗が機体後方に上手く流れない場合、作業者は操作リンク32を後方に引っ張り前部可動苗台23を回動させ、予備苗を後方へと円滑に搬送する。
【0023】
苗の補給が終わると作業者は植付作業を再開するが、畦際と展開姿勢の予備苗給送装置21の前端とがあたって旋回が出来ないと、上述したように操作リンク32の引き操作により前部可動苗台23を上方へ回動させたり、直立姿勢で固定したりして植付作業を続ける。その後、圃場への苗の植付が終わると、作業者は後部可動苗台25を固定苗台22の上方に折畳むと共に、操作リンク32によって前部可動苗台23を収納位置にし、乗用田植機1を納屋へと格納する。なお、この時、支持部材33も固定苗台22に沿って倒伏して収納する(図8参照)。
【0024】
上記のように乗用田植機1を構成したことによって、予備苗給送装置21の姿勢変更の際に、作業者は運転座席16側で、操作リンク32により前部可動苗台23を回動させることができ、姿勢変更のたびに機体前端まで行って、前部可動苗台23の位置を変更する必要がなくなった。
【0025】
また、植付作業の途中で展開姿勢の予備苗給送装置21の前端が畦などに当たる虞がある際には、運転座席16側から操作リンク32を引き操作して、容易に前部可動苗台23を持ち上げたり、直立位置に固定したりすることができ、作業効率が向上した。
【0026】
更に、姿勢操作部材30の取付部34が、前部可動苗台23の姿勢変更の過程で回動支軸26を挟んで上方の上方位置と、下方の下方位置とに切換わることによって、展開位置、収納位置、直立位置のどの位置からでも操作リンク32の引き操作で前部可動苗台23を回動させて姿勢変更させることができ、作業者は運転座席16からでも容易に前部可動苗台23を姿勢変更させることができる。
【実施例2】
【0027】
図6乃至図8は、本発明の実施例2に係る乗用田植機1を示すものである。この実施例は、実施例1における姿勢操作部材30を紐状部材(ロープ41)によって構成したものであり、以下に実施例1の構成と相違する部分について説明する。
【0028】
図6乃至図8に示すように、姿勢操作部材39は、前部可動苗台23の前端部に設けられたステー40と、ステー40に連結し、その他端にフックなどからなる係止部材41aが取付けられたロープ41と、運転座席16側の支持ブラケット20aに設けられた固定金具42とから構成されており、ロープ41を引くことによって、前部可動苗台23を展開位置(図6の位置)から直立位置(図7の位置)及び収納位置(図8の位置)へと変更可能に構成されている。
【0029】
また、前部可動苗台23のブラケット23bと固定苗台22のフロントブラケット22bとの間には、スプリング29が設けられており、これらブラケット23b、フロントブラケット22b、スプリング29によって、前部可動苗台23の位置に応じてスプリング29が支点越えをする、支点越えリンク機構37が構成されている。
【0030】
図6に示すように、姿勢操作部材39は、前部可動苗台23が展開位置にある場合、支持金具35の切欠け35bに係止部材41aが抜け止めとして引っ掛かっており、前部可動苗台23が直立位置の場合、図7に示すように、係止部材41aのフックが固定金具42に引っ掛けられて固定されている。また、前部可動苗台23はこれら展開位置及び直立位置において、スプリング29によって機体前方へと付勢されており、直立位置ではこのスプリング29の付勢力によってその位置が安定している。一方、図8に示すように、前部可動苗台23が固定苗台22の上方に配置された収納位置になると、スプリング29が支点越えをし、前部可動苗台23を機体後方に付勢していると共に、ロープ41は上下一対の固定金具42間に巻きつけられて固定されている。
【0031】
なお、上述の姿勢操作部材39は、ロープ41を巻き取る巻取り装置によって構成してもよく、前部可動苗台23が展開位置にある場合、空のスクレーパもしくは苗箱(図6中のA)をフックなどによってロープ41に吊らし、機体前方へと戻してもよい。また、前部可動苗台23が収納位置にある際には、支持部材33は、固定苗台22に沿って倒伏して収納される。
【0032】
上記のように姿勢操作部材39を構成したことによって、容易に前部可動苗台23の位置を機体座席16側から操作できる。また、前部可動苗台23が収納位置にあるときは、ロープ41が固定金具に巻きつけられているため、可動苗台23,25を固定苗台22の上方に載置して収納する際に邪魔にならないと共に、展開位置の際には空のスクレーパ及び苗箱をロープ41に沿って機体前方に戻すこともできる。
【0033】
更に、前部可動苗台23のブラケット23bと、固定苗台22のフロントブラケット22bとの間にスプリング29を配置して、支点越えリンク機構37を構成したことによって、前部可動苗台23を各位置に容易に切換えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0034】
【図1】本願発明の第1実施例に係る移植機(可動苗台が展開位置時)を示す側面図。
【図2】本願発明の第1実施例に係る移植機(可動苗台が直立位置時)を示す側面図。
【図3】本願発明の第1実施例に係る移植機(可動苗台が収納位置時)を示す側面図。
【図4】(a)本願発明の第1実施例に係る移植機の姿勢操作部材を示す要部拡大図、(b)本願発明の第1実施例に係る移植機の姿勢操作部材の支持金具を示す要部拡大側面図、(c)本願発明の第1実施例に係る移植機の姿勢操作部材の支持金具を示す要部拡大後面図。
【図5】本願発明の第1実施例に係る移植機の姿勢操作部材を示す要部拡大図。
【図6】本願発明の第2実施例に係る移植機(可動苗台が展開位置時)を示す側面図。
【図7】本願発明の第2実施例に係る移植機(可動苗台が直立位置時)を示す側面図。
【図8】本願発明の第2実施例に係る移植機(可動苗台が収納位置時)を示す側面図。
【符号の説明】
【0035】
1 乗用田植機(移植機)
5 走行機体
10 運転操作部
20a,20b 支持ブラケット(ブラケット)
21 予備苗給送装置
22 固定苗台
23 前部可動苗台
26 回転支軸
30 姿勢操作部材
34 取付部
39 姿勢操作部材
37 支点越えリンク機構
【出願人】 【識別番号】000001878
【氏名又は名称】三菱農機株式会社
【出願日】 平成20年3月28日(2008.3.28)
【代理人】 【識別番号】100082337
【弁理士】
【氏名又は名称】近島 一夫
【公開番号】 特開2009−232804(P2009−232804A)
【公開日】 平成21年10月15日(2009.10.15)
【出願番号】 特願2008−85564(P2008−85564)