トップ :: G 物理学 :: G08 信号

【発明の名称】 交差点交通流制御システム
【発明者】 【氏名】川村 徹

【氏名】近藤 哲啓

【要約】 【課題】車両の交差点通過や特定緊急車両通過時の一般車両の退避を運転者の技量に委ねることなく行えるようにする交差点交通流制御システムの提供。

【構成】交差点における車両Mの通過を制御する交差点交通流制御システムについて、交差点装置系1とシステム制御系2を設け、その交差点装置系には、システム制御系による制御の下で作動する車両搬送装置3a〜3dを設ける。そして交差点を通過しようとする車両を車両搬送装置にて搬送することで当該車両の交差点通過を行わせるようにする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
交差点における車両の通過を制御する交差点交通流制御システムにおいて、
システム制御系及び当該システム制御系による制御の下で作動する車両搬送装置を備え、交差点を通過しようとする車両を前記車両搬送装置にて搬送することで当該車両の交差点通過を行わせることができるようにされていることを特徴とする交差点交通流制御システム。
【請求項2】
前記システム制御系は、車両情報取得手段を備え、交差点を通過しようとする車両から前記車両情報取得手段にて取得する車両情報に基づいて前記車両搬送装置の作動を制御することにより、特定緊急車両の優先的な交差点通過を行わせることができるようにされていることを特徴とする請求項1に記載の交差点交通流制御システム。


【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、交差点における交通流を制御する交差点交通流制御システムに関する。
【背景技術】
【0002】
交差点における交通流の制御は、一般に、信号機の切替制御で行われる。すなわち信号機の現示信号色にしたがって運転者がそれぞれの車両を運転操作して交差点の通過走行を行う。この場合の信号機切替制御については、当該交差点に関係する交通量情報を取得し、その交通量情報に基づいて信号機の切替制御を行う技術が知られている(例えば特許文献1や特許文献2)。また、交差点も含めた交通流制御に関して、例えば特許文献3に開示の技術が知られている。
【0003】
【特許文献1】特開2002−245586号公報
【特許文献2】特開2001−195682号公報
【特許文献3】特開2000−123894号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上述のように、交差点における交通流の制御は信号機の切替制御で行われ、信号機にしたがって運転者がそれぞれの車両を運転操作して交差点を通過させるようになっている。このような交通流制御にあっては、各車両の交差点通過がそれぞれの運転者の運転技量に委ねられることになる。しかるに交差点を通過しようとする車両それぞれの運転者の技量は一律でない。そのため信号機の現示信号色が青色になり通過走行できる状態になって車両をスタートさせる際に、そのスタートタイミングが車両ごとにまちまちになり易い。交差点通過走行時のスタートタイミングが車両ごとにまちまちで、そのなかに特にスタートの遅い車両があると、それだけ交通流の円滑性が損なわれることになる。そしてこのことは、交通渋滞の一因になっていると考えられる。このような運転者の技量に起因する交通流阻害問題は解消するには、車両の交差点通過を運転者の技量に委ねることなく行えるようにするのが有効である。
【0005】
また、車両の交差点通過を運転者の技量に委ねることを前提とする交差点の交通流制御には、救急車などの特定緊急車両の優先的な交差点通過に伴う問題もある。すなわち特定緊急車両の優先的交差点通過時には、一般車両が退避して特定緊急車両のために走行路を開ける必要があるが、その際の退避操作も各車両の運転者の技量に委ねられ、その場合に技量の低い運転者があると、特定緊急車両のための走行路確保までに徒な時間を要することになってしまうという問題である。この問題についても、交差点における特定緊急車両通過時の一般車両の退避を個々の運転者の技量に委ねることなく行えるようにするのが有効である。
【0006】
本発明は、以上のような知見に基づいてなされたものであり、車両の交差点通過や特定緊急車両通過時の一般車両の退避を運転者の技量に委ねることなく行えるようにする交差点交通流制御システムの提供を課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、上記課題を解決するために、交差点における車両の通過を制御する交差点交通流制御システムについて、システム制御系及び当該システム制御系による制御の下で作動する車両搬送装置を設け、交差点を通過しようとする車両を前記車両搬送装置にて搬送することで当該車両の交差点通過を行わせるようにしている。
【0008】
このように交差点に車両搬送装置を設け、この車両搬送装置にて搬送することで車両の交差点通過を行わせるようにしたことにより、交差点通過に際し、それぞれの運転者の技量に委ねることなく各車両をスタートさせることができ、したがってそれぞれの運転者の技量にかかわらず各車両を一律のタイミングでスタートさせることができる。その結果、交差点における交通流を常に円滑的なものにすることができる。
【0009】
上記のような交差点交通流制御システムについては、そのシステム制御系に車両情報取得手段を設け、交差点を通過しようとする車両から前記車両情報取得手段にて取得する車両情報に基づいて前記車両搬送装置の作動を制御することにより、特定緊急車両の優先的な交差点通過を行わせるようにすることができる。このようにすることで、特定緊急車両の優先的交差点通過時に必要となる一般車両の退避を各車両の運転者の技量に委ねることなく行わせることができ、特定緊急車両の交差点通過のための一般車両の退避が運転者の技量により遅れるような事態を確実に避けることができる。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、車両の交差点通過や特定緊急車両通過時の一般車両の退避を運転者の技量に委ねることなく行えるようになる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明を実施するための形態について説明する。図1に第1の実施形態による交差点交通流制御システムの構成を示す。交差点交通流制御システムは、交差点装置系1とシステム制御系2からなる。
【0012】
交差点装置系1は、道路上の交差点に設置される装置要素で構成される。その装置要素としては、車両搬送装置3(3a〜3d)と信号機4(4a〜4d)がある。車両搬送装置3は、交差点を通過しようとする車両を複数台載せて所定の方向に連続的に搬送できるような装置構造で構成される。そのような装置構造としては、例えばベルトコンベア構造を用いることができ、本実施形態ではベルトコンベア構造で車両搬送装置3を構成している。
【0013】
図2に、車両搬送装置3の交差点への設置例を模式化して示す。図2の例は、それぞれ二車線の道路R1と道路R2が交差する交差点の場合で、道路R1から交差点に進入する車両のために直進用車両搬送装置3a、3bが設けられ、道路R2から交差点に進入する車両のために直進用車両搬送装置3c、3dが設けられている。ここで、車両搬送装置3は、交差点から一定距離まで道路R1や道路R2に延在するようにして設けられる。その延在長は、例えば100〜250m程度となる。
【0014】
ベルトコンベア構造による車両搬送装置3は、一例として図3に示すように構成される。図3の(a)は、図2における直進用車両搬送装置3aと3cの交差部位を示している。図3の(a)に見られるように、車両搬送装置3は、適切な長さでユニット化したコンベアユニット5を連結して構成され、車両搬送装置3aと3cが交差する部位には交差部ユニット6が配されている。コンベアユニット5は、図3の(b)に示すように、環状の走行ベルト7をベルト車8に掛け渡して無端走行させるように構成される。一方、交差部ユニット6は、車両の運搬には関与しない構造、例えば固定的なパレット構造で形成される。
【0015】
信号機4は、従来からの交差点に設けられる信号機と基本的には同様である。ただ、その機能は、交差点通過待ちの車両の運転者に車両搬送装置3による交差点通過の開始などを現示することが主になる。
【0016】
システム制御系2は、センター側システム制御装置11と現場側システム制御装置12を通信ネットワーク13で接続して構成される。
【0017】
センター側システム制御装置11は、交差点現場に対して遠隔の地にある制御センターに設けられる装置であり、システム制御部14、交通量情報取得部15、及び車両情報取得部16を備えている。システム制御部14は、交通量情報取得部15で得られる交通量情報や車両情報取得部16で得られる後述のような車両情報に基づいて車両搬送装置3の作動とそれに関連する信号機4の切替を制御する。車両情報取得部16は、車両搬送装置3が設けられている交差点に進入しようとする車両Mから無線通信により当該車両について車両情報を取得する。取得する車両情報は、交差点の優先通過性に関する情報、つまり一般車両なのか救急車や消防車のような特定緊急車両なのかという情報である。
【0018】
現場側システム制御装置12は、交差点現場に設けられる装置であり、搬送制御部17と信号制御部18を備えている。搬送制御部17は、通信ネットワーク13を介してシステム制御部14から送信されてくる制御データに基づいて車両搬送装置3の作動を制御する。信号制御部18は、同じく通信ネットワーク13を介してシステム制御部14から送信されてくる制御データに基づいて信号機4の切替を制御する。
【0019】
以上が交差点交通流制御システムのシステム構成である。以下では、この交差点交通流制御システムによる交差点交通流制御について説明する。システム制御部14は、交通量情報取得部15や車両情報取得部16から必要な交通量情報や車両情報を常時提供されており、それらの情報に基づいて車両搬送装置3と信号機4の制御データを所定の時間間隔で生成し、それを搬送制御部17と信号制御部18に送信する。そして搬送制御部17と信号制御部18は、システム制御部14からの制御データに基づいて車両搬送装置3の作動や信号機4の切替を制御する。
【0020】
搬送制御部17による車両搬送装置3の制御は、基本として図2における車両搬送装置3a〜3dそれぞれの作動と停止である。具体的にいうと、例えば道路R2の車両Mを交差点通過待ち状態とし、道路R1の車両Mを交差点通過とするには、車両搬送装置3c、3dを停止状態にしておいて車両搬送装置3a、3bを作動させる。これにより道路R1の車両Mは、車両搬送装置3cや3dにより搬送されて交差点通過を行うことができる。このようにして道路R1の車両Mの交差点通過を一定時間行わせたら、車両搬送装置3a、3bを停止させて道路R1の車両Mを交差点通過待ち状態とし、今度は車両搬送装置3c、3dを作動させて道路R2の車両Mの交差点通過を行わせる。なお、この間、車両搬送装置3a、3bや車両搬送装置3c、3dの作動や停止に連動して信号制御部18による信号機4の切替制御がなされる。
【0021】
以上は通常の交差点通過モードでの制御であり、通常交差点通過モードでは、交差点を通過しようとする車両Mを車両搬送装置3により一律的に搬送する。これに対して優先交差点通過モードでは、特定緊急車両を優先的に通過させるための制御を行う。例えば交差点通過待ち状態にある道路R2から交差点に特定緊急車両が接近してくると、それについての車両情報が車両情報取得部16により取得され、その車両情報に基づいてシステム制御部14が優先交差点通過モードのための制御データを生成して搬送制御部17に送信する。これを受けて、搬送制御部17は、まず交差点通過中の一般車両を退避させるための制御を行い、それから特定緊急車両の交差点通過のための制御を行う。一般車両の退避では、まずその時点において車両搬送装置3a、3bによる搬送で交差点上にある車両を交差点から送り出す。そのためには、車両搬送装置3a、3bそれぞれをコンベアユニット5単位で制御する。すなわち、交差点入口より上流側については各コンベアユニット5を停止させ、下流側については各コンベアユニット5を作動させたままにして交差点上にある車両を交差点から送り出す。そして交差点上にある車両が交差点から送り出されたら、下流側についても各コンベアユニット5を停止させ、車両搬送装置3a、3bの全体を停止状態にする。このようにして車両搬送装置3a、3bを停止させたら、車両搬送装置3c、3dを作動させて道路R2の車両に交差点通過を行わせつつ特定緊急車両の交差点通過を行わせる。そして特定緊急車両が交差点を通過したら、通常交差点通過モードの制御に戻す。
【0022】
以上のような交差点交通流制御システムによれば、交差点通過に際し、それぞれの運転者の技量に委ねることなく各車両をスタートさせることができ、したがってそれぞれの運転者の技量にかかわらず各車両を一律のタイミングでスタートさせることができる。その結果、交差点における交通流を常に円滑なものにすることができる。また、特定緊急車両の優先的交差点通過時に必要となる一般車両の退避を各車両の運転者の技量に委ねることなく行わせることができ、特定緊急車両の交差点通過のための一般車両の退避が運転者の技量により遅れるような事態を確実に避けることができる。さらに交差点付近における違法駐車を確実に防止できるようにもなる。すなわち上述のように車両搬送装置3は交差点から一定の距離範囲まで延在することになるので、交差点に一定範囲まで近づいた車両は必然的に車両搬送装置3に載ることになり、駐車をしようとしてもできなくなるということである。
【0023】
図4に示すのは、第2の実施形態による交差点交通流制御システムにおける交差点への車両搬送装置3の設置例である。この例は、図2の例に、道路R1から交差点に進入する車両のための左折用車両搬送装置3e、3fと右折用車両搬送装置3g、3h、それに道路R2から交差点に進入する車両のための左折用車両搬送装置3i、3jと右折用車両搬送装置3k、3lを追加設置した場合である。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】第1の実施形態による交差点交通流制御システムの構成を示す図である。
【図2】車両搬送装置の交差点への設置例を模式化して示す図である。
【図3】車両搬送装置の構成例を模式化して示す図である。
【図4】第2の実施形態による交差点交通流制御システムにおける車両搬送装置の交差点への設置例を模式化して示す図である。
【符号の説明】
【0025】
1 交差点装置系
2 システム制御系
3 車両搬送装置
16 車両情報取得手段
M 車両
【出願人】 【識別番号】000005108
【氏名又は名称】株式会社日立製作所
【出願日】 平成18年6月27日(2006.6.27)
【代理人】 【識別番号】100098017
【弁理士】
【氏名又は名称】吉岡 宏嗣


【公開番号】 特開2008−9470(P2008−9470A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−176013(P2006−176013)