トップ :: G 物理学 :: G07 チエツク装置

【発明の名称】 駐車位置情報表示システム
【発明者】 【氏名】鈴木 暢夫

【要約】 【課題】大規模駐車場で、自車の駐車位置を失念してしまう利用客に対し、駐車位置捜索のための情報を提供する。

【構成】車両感知器が感知した時刻を管理記憶部に記憶する。検索部は入力された駐車券の入場時刻に基づいて当該時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を管理記憶部から検索する。印字装置は検索された車両の在庫感知時刻と車両感知器が設置された駐車位置のリストを印字して発行する。利用者はリストにより自車を探すことができる。検索部が検索する入場時刻は、事前精算機による場合は入場券により読み取ることにより得る。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
駐車車両を感知する車両感知器と、
前記車両感知器が感知した時刻を当該車両感知器毎に記憶する管理記憶部と、
入力された駐車券の入場時刻に基づいて当該時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を前記管理記憶部から検索する検索部と、
前記検索された車両の在庫開始時刻と車両感知器が設置された駐車位置のリストを印字して発行する印字装置とを備えたことを特徴とする駐車位置情報表示システム。
【請求項2】
駐車車両を感知する車両感知器と、
前記車両感知器が感知した時刻を当該車両感知器毎に記憶する管理記憶部と、
駐車券に磁気記録された入場時刻を読み取る事前精算機と、
前記事前精算機が読み取った入場時刻に基づいて当該時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を前記管理記憶部から検索する検索部と、
前記検索された車両の在庫開始時刻と車両感知器が設置された駐車位置のリストを印字して発行する印字装置とを備えたことを特徴とする駐車位置情報表示システム。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、大規模駐車場で、自車の駐車位置を失念してしまう利用客に対し、駐車位置捜索のための情報を提供する駐車位置情報表示システムに関する。
【背景技術】
【0002】
大規模駐車場において、利用客が自車の駐車位置を見失い、管理室に問い合わせがある場合があるが、現状では場内を見て回る以外に解決策がなかった。
従来この問題を解決するために、例えば、各駐車階のエレベータホールに駐車階を示す花や動物などのシンボルを印刷したカードを用意して、利用者に取得携行してもらい、帰着時にこのカードで駐車がわかるようにしているものがある。
【0003】
しかし、カードを取らない利用客には依然無力であった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
解決しようとする課題は、大規模駐車場で、自車の駐車位置を失念してしまう利用客に対し、駐車位置捜索のための情報を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、請求項1においては、駐車位置情報表示システムに関し、駐車車両を感知する車両感知器と、前記車両感知器が感知した時刻を当該車両感知器毎に記憶する管理記憶部と、入力された駐車券の入場時刻に基づいて当該時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を前記管理記憶部から検索する検索部と、前記検索された車両の在庫開始時刻と車両感知器が設置された駐車位置のリストを印字して発行する印字装置とを備えたことを特徴とするものである。
【0006】
請求項2に係る駐車位置情報表示システムは、駐車車両を感知する車両感知器と、前記車両感知器が感知した時刻を当該車両感知器毎に記憶する管理記憶部と、駐車券に磁気記録された入場時刻を読み取る事前精算機と、前記事前精算機が読み取った入場時刻に基づいて当該時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を前記管理記憶部から検索する検索部と、前記検索された車両の在庫開始時刻と車両感知器が設置された駐車位置のリストを印字して発行する印字装置とを備えたことを特徴とするものである。
【発明の効果】
【0007】
請求項1に係る駐車位置情報表示システムによると、問い合わせがあると、利用者の駐車券の入場時刻に基づいて当該入場時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を管理記憶部から検索することができ、検索された車両の在庫開始時刻と駐車位置のリストを印字して発行して利用者に提供することかできる。
【0008】
請求項2に係る駐車位置情報表示システムによると、事前精算機により問い合わせがあると、事前精算機が読み取った駐車券の入場時刻に基づいて当該入場時刻から一定の範囲の時刻に入場した車両を管理記憶部から検索することができ、検索された車両の在庫開始時刻と駐車位置のリストを印字して発行して利用者に提供することかできる。
【実施例1】
【0009】
図1は、本発明に係る駐車位置情報システムの一実施例の機能構成図である。図1において、101は駐車場入り口に設置される駐車券発行機、102は駐車スペースの各車室の全てに設置される例えば超音波式の車室車両感知器、103は管理計算機、104は管理記憶部、105は入力機器、106は駐車場が備える事前精算機、107は検索部、108はプリンタである。
【0010】
利用者の車両が駐車場入り口に来ると、入り口近傍に設置された図示しない入場側車両感知器が車両を感知し、駐車券発行機101は入場時刻として車両感知した現在時刻を印字および磁気記録して駐車券を発行する。
利用車両が駐車場内を進行して適当な車室に停車すると、各車室に設置された車室車両感知器102は入庫を感知する。車室車両感知器102は感知信号を管理計算機103に送る。管理計算機103では当該車室車両感知102からの特有の信号であることを識別して、当該発信元の車室車両感知器102について、在室フラグを立てるとともに、その感知信号受信時刻を駐車開始時刻として管理記憶部104に記憶する。管理記憶部104には車室車両感知器102が設置された車室の在室状況が記憶されるとともに、時系列的に在室状況を記憶する部分に順次感知開始時刻と当該車室車両感知器102の番号あるいは車室番号を所定期間分だけ記憶する。
【0011】
利用者が駐車場に戻ろうとしたが、自車の位置を忘れた場合、利用者は例えば駐車場管理室に問い合わせをすると、保守者はその利用者が持っている駐車券に印字されている入場時刻を入力機器105から入力する。検索部107は、入力された入場時刻をキーに管理記憶部104の車室車両感知器102について記憶する記憶部分から当該入場時刻について一定時間範囲例えば入場時刻から10分間に駐車開始となった車室(車室車両感知器)を検索し、該当した時間範囲に駐車した駐車位置として車室番号のリストを作成する。管理計算機103はこのリストをプリンタ108により印字発行する。駐車券発行機101における駐車券発行の駐車場入場時刻と、車室車両感知器102における駐車位置への感知時刻が近接していることに着目し、駐車券印字時刻に近接した時刻に車両感知となった車両感知器(駐車位置)を検索し、プリントアウトするから、利用者はこのリストにより自己の車両位置(駐車位置)を探すことができる。入り口混雑時には複数の車両がリストアップされるが、この場合は順次探すこととなる。図2にプリントアウトされたリストの例を示す。
利用者が車両を見つけて駐車場から退場すると、在室していた当該車室車両感知器102が否感知となり、前記管理記憶部104の各車室車両感知器について記憶する記憶部分にある在室フラグを消去するとともに、時系列的に在室状況を記憶する部分に順次否感知時刻と当該車室車両感知102の番号あるいは車室番号を所定期間分だけ追加記憶する。
【0012】
利用者が駐車場に戻ろうとしたが、自車の駐車位置を忘れた場合、利用者が駐車料金を精算する際に、駐車券を事前精算機106に挿入すると磁気記録されている入場時刻を読み取り、その後、駐車位置案内ボタン106aが押されると、入場時刻が管理計算機103に送られる。検索部107は、送られた入場時刻をキーに管理記憶部104の車室車両感知器102について記憶する記憶部分から当該入場時刻について一定時間範囲を検索し、該当した時間範囲の駐車車室のリストを作成する。管理計算機103はこのリストを事前精算機106に送る。事前精算機106はプリンタ106bによりレシートにリストを印字発行する。事前精算機106は「レシートをお取り下さい。」の音声メッセージを放送するか又は同様のメッセージを画面表示する。更に、精算が済んだことを確認後、挿入されている駐車券を返却する。利用者はこの発行されたリストにより自己の駐車位置を探すことができる。
【0013】
上述では、事前精算機106は、利用者が自車の位置を忘れた場合に精算終了前に駐車位置案内ボタン106aを押させたが、利用者が意識しない場合があるため、精算終了時に音声又は画面に、車両の位置を忘れた場合には位置捜索のサービスを受けられる旨の案内をし、そのときには駐車位置案内ボタン106aを押すことを指示する。駐車位置案内ボタン106aが押されると、挿入された駐車券に磁気記録されている入場時刻をキーにして、当該入場時刻について一定時間範囲を検索し、該当した時間範囲の駐車車室のリストを作成する。管理計算機103はこのリストを事前精算機106に送る。事前精算機106はプリンタ106bによりレシートにリストを印字発行する。事前精算機106は「レシートをお取り下さい。」の音声メッセージを放送するか又は同様のメッセージを画面表示する。精算が済んでいるから、挿入されている駐車券を返却する。利用者はこの発行されたリストにより自己の駐車位置を探すことができる。
あるいは、事前精算機106による精算後の駐車位置案内のための検索は、一度精算し駐車場に行ったときに駐車位置を忘れていたことに気づいた後であっても、再度事前精算機106に行き、駐車券を挿入した後、駐車位置案内ボタン106aを押すことにより、同様の動作作用により、実現することができる。すなわち、挿入された駐車券についてすでに精算済みであることを磁気記録から読み出して知り、その後、駐車位置案内ボタン106aが押されると、挿入された駐車券の入場時刻をキーにして、当該入場時刻について一定時間範囲を検索し、該当した時間範囲の駐車車室のリストを作成する。管理計算機103はこのリストを事前精算機106に送る。事前精算機106はプリンタ106bによりレシートにリストを印字発行する。事前精算機106は「レシートをお取り下さい。」の音声メッセージを放送するか又は同様のメッセージを画面表示する。精算が済んでいるから、挿入されている駐車券を返却する。利用者はこの発行されたリストにより自己の駐車位置を探すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】駐車位置情報表示システムの一実施例の機能ブロック図である。
【図2】プリントアウトされたリストの例を示す。
【符号の説明】
【0015】
101…駐車券発行機、102…車両感知器、103…管理計算機、104…管理記憶部、105…入力機器、106…事前精算機、107…検索部、108…プリンタ。

【出願人】 【識別番号】000176730
【氏名又は名称】三菱プレシジョン株式会社
【出願日】 平成18年6月20日(2006.6.20)
【代理人】 【識別番号】100087756
【弁理士】
【氏名又は名称】船越 猛


【公開番号】 特開2008−3653(P2008−3653A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−169620(P2006−169620)