トップ :: G 物理学 :: G03 写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ

【発明の名称】 カメラ、カメラシステム、及び姿勢調整方法
【発明者】 【氏名】波部 勝

【要約】 【課題】コピースタンドで複写を行う際には原稿台とカメラの傾き(平行度)を調整する必要がある。傾き情報を求めて表示することにより調整の目安とし調整作業を簡易化する。

【構成】撮影画面内に設定した複数の焦点検出領域における焦点調整状態に基づいて、被写体を平面としたときの撮像面の傾斜情報を求める演算手段を設け、演算した傾斜情報を表示手段に表示する。この表示に従ってカメラのピッチ方向とヨー方向の回転調整を行い、原稿台とカメラ間の傾き(平行度)を修正する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
撮影画面内に設定した複数の焦点検出領域における焦点調整状態に基づいて、被写体を平面としたときの撮像面の傾斜情報を求める演算手段を具備することを特徴とするカメラ。
【請求項2】
前記撮像面の傾斜情報を表示する表示手段を、更に具備することを特徴とする請求項1に記載のカメラ。
【請求項3】
前記撮像面の傾斜情報を外部に出力する出力手段を、更に具備することを特徴とする請求項1又は2に記載のカメラ。
【請求項4】
前記表示手段は、前記傾斜情報に基づいて、前記焦点検出領域の表示形態を変更することを特徴とする請求項2に記載のカメラ。
【請求項5】
前記表示手段は、前記傾斜情報に基づいて、カメラの姿勢の調整方向を表示することを特徴とする請求項2に記載のカメラ。
【請求項6】
請求項1乃至5の何れか1項に記載のカメラを有するカメラシステムに於いて、
前記傾斜情報に基づいて、前記カメラの姿勢を調整する姿勢制御手段を具備することを特徴とするカメラシステム。
【請求項7】
撮影画面内に設定した複数の焦点検出領域における焦点調整状態に基づいて、被写体を平面としたときの撮像面の傾斜情報を求めることを特徴とするカメラの姿勢調整方法。
【請求項8】
前記傾斜情報に基づいて、カメラの姿勢を調整することを特徴とする請求項7に記載のカメラの姿勢調整方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、被写体とカメラの撮像面との傾き(平行度)を求めることができるカメラ、カメラシステム、及び姿勢調整方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、コピースタンド(複写台)で複写を行う際に、原稿台との水平を出すために、複写台にカメラを載置して、ヨー方向ピッチ方向に姿勢調整する調整機構を備え、複写時に、カメラの角度を容易に調節できるようにしたものが知られている(例えば、特許文献1)。
【特許文献1】特開2001−154260号公報(P2001−154260A)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、特許文献1では、調整の目安となるものがなく、調整作業が繁雑であった。
【0004】
本発明は、上述したような事情に鑑みてなされたものであって、撮像面の傾斜情報を表示することにより、簡易な構造でありながら、カメラの傾斜角度を容易に修正できるようにしてカメラの姿勢の調整作業を容易にすることができる、カメラ、カメラシステム、及び姿勢調整方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の目的を達成するため、本発明に係るカメラは、撮影画面内に設定した複数の焦点検出領域における焦点修正状態に基づいて、被写体を平面としたときの撮像面の傾斜情報を求める演算手段を具備することを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、撮像面の傾斜情報を表示することにより、簡易な構造でありながら、カメラの傾斜角度を容易に修正できるようにしてカメラの姿勢の調整作業を容易にすることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
図1は、本発明の実施の形態に係るブロック構成図である。例えば、瞳分割型再結像方式によって焦点調節を行う自動焦点調節カメラは、焦点検出光学系によって形成された被写体像をセンサーを用いて受光し、センサー出力を演算処理して撮影光学系の予定焦点面に対する被写体像面のデフォーカス量を検出し、デフォーカス量に応じてフォーカシングレンズを駆動することにより、撮影光学系の合焦を達成するように構成してある。図1に示すように、CPU1からなる自動焦点調節カメラの制御装置には、レンズ2、フォーカスレンズ位置検出手段3、フォーカスモーター駆動手段4、AF検出手段5、及び焦点情報評価部6が接続される。
【0008】
本実施の形態では、後に詳述するように、カメラのピッチ方向及びヨー方向の修正方向を表示する修正方向表示部10が設けてある。
【0009】
図2は、本発明の実施の形態に係る自動焦点調節カメラのフローチャートである。図3は、ファインダー内のAFエリア配置を示す模式図である。図4乃至図8は、それぞれ、カメラの修正方向をファインダーに表示した時の模式図である。
【0010】
ステップ#1において、複写台モードを選択する。ステップ#2のレリーズ半押しにより、ステップ#3で、第一AFエリア11のAF動作がスタートする。
【0011】
ステップ#4で、第一AFエリア11で合焦すれば、ステップ#5へ、合焦しなければ、ステップ#12で、AF不能表示を行って終了する。
【0012】
ステップ#5では、上下方向の第四AFエリア14と第五AFエリア15の焦点エリアの焦点状態の評価を行う。
【0013】
第四AFエリア14と第五AFエリア15の焦点エリアの評価結果より、ステップ#6で、ピッチ方向の修正方向を判断して、修正が必要ならば、ステップ#7に移動し、図4及び図5に示したように、ファインダー(修正方向表示部10)に、ピッチ方向の修正方向(P)を表示する。
【0014】
第四AFエリア14と第五AFエリア15の焦点エリアの評価結果よるピッチ方向の修正方向は、上下方向の第四AFエリア14と第五AFエリア15に於いて前ピン又は後ピン状態であるかに基づいて、カメラの頭部を起こすか又は下げるかを判別する。
【0015】
次いで、ステップ#8に移動する。ステップ#8では、横方向の第二AFエリア12と第三AFエリア13の焦点エリアの焦点伏態の評価を行う。
【0016】
第二AFエリア12と第三AFエリア13の焦点エリアの評価結果より、ステップ#8で、ヨー方向の修正方向を判断して、修正が必要ならば、ステップ#9に移動し、図6及び図7に示したように、ファインダー(修正方向表示部10)に、ヨー方向の修正方向(Y)を表示する。
【0017】
第二AFエリア12と第三AFエリア13の焦点エリアの評価結果よるヨー方向の修正方向は、横方向の第二AFエリア12と第三AFエリア13に於いて前ピン又は後ピン状態であるかに基づいて、カメラの左右の何れ方向に起こすかを判別する。
【0018】
なお、修正方向の表示は、図4乃至図7に示すものに限らず、図8に示すように、ピッチ方向とヨー方向の修正方向を同時に表示するものであってもよい。
【0019】
また、修正方向の表示は、図4乃至図8に示した矢印に限らず、その他の形状により、修正方向を表示するものであってもよい。
【0020】
さらに、修正方向の表示は、色彩を変えることにより、修正方向を表示するものであってもよい。
【0021】
さらに、ファインダーに修正表示する場合には、第2乃至第5AFエリア11〜14の表示形態を変更するように構成してあってもよい。第2乃至第5AFエリア11〜14の形状、色彩、輝度、及び点滅状態等を変えることにより、修正方向を表示するようにしてあってもよい。
【0022】
さらに、修正方向の表示は、ファインダー上に限らす、背面LCDや専用の表示部分によって表示させても良い。また、複写台を使用せずに三脚等を使用する場合でも、被写体との平行関係が出せるため、壁面を平行を保って撮影する場合などにも有効である。
【0023】
次いで、修正が必要な場合には、ステップ#11に移動する。表示された修正方向に沿って、撮影者が修正を行う。すなわち、複数の第1乃至第5AFエリア11〜15が全て合焦していれば、水平が確認できることから、複数の複数の第1乃至第5AFエリア11〜15の合焦、後ピン、前ピン情報をもとに、水平が出ていない場合は、ピッチ方向、ヨー方向の修正表示に基づいて、容易に水平出し作業が行える。ファインダー内に修正表示を出せば、ファインダーをのぞいたままでの水平出しを可能となる。水準器は不要となる。
【0024】
具体的に、撮影者が手動により修正を行う場合には、図9(a)に示すように、複写台の支柱20に設けたカメラ載置台21をピッチ方向に回転することにより、カメラ22及びレンズ23の傾斜角度を修正することができる。また、図9(b)に示すように、複写台の支柱20に設けたカメラ載置台21をヨー方向に回転することにより、カメラ22及びレンズ23の傾斜角度を修正することができる。なお、図9(a)(b)は、それぞれ、複写台にカメラを設置した際に、カメラの傾斜方向を修正する状態を示す模式図である。
【0025】
また、自動的にカメラの姿勢(傾斜角度)の修正を行ってもよい。例えば、複写台のカメラ載置台が超音波モーター等の電動モーターやカム機構等の伝達機構により、ピッチ方向とヨー方向に自動的に回転できるように構成してある。この場合、カメラの制御装置側から、ピッチ方向とヨー方向の傾斜情報に基づいてカメラ載置台の傾斜角度を修正する制御信号を、カメラ載置台の電動モーター等の駆動制御機構に送るように構成してあればよい。この場合には、制御信号に基づいて、カメラ載置台が図9(a)(b)に示す場合と同様にカメラを自動的にピッチ方向とヨー方向に回転することにより、カメラの水平出しを自動的に且つ容易に行うことができる。
【0026】
次いで、ステップ#13で、平行伏態が取れたので、合焦の表示を行う。レリーズを行って終了する。
【0027】
なお、本発明は、上述した実施の形態に限定されず、種々変形可能である。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】本発明の実施の形態に係るブロック構成図である。
【図2】本発明の実施の形態に係る自動焦点調節カメラのフローチャートである。
【図3】ファインダー内のAFエリア配置を示す模式図である。
【図4】カメラの修正方向(ピッチ方向)をファインダーに表示した時の模式図である。
【図5】カメラの修正方向(ピッチ方向)をファインダーに表示した時の模式図である。
【図6】カメラの修正方向(ヨー方向)をファインダーに表示した時の模式図である。
【図7】カメラの修正方向(ヨー方向)をファインダーに表示した時の模式図である。
【図8】カメラの修正方向(ピッチ方向とヨー方向)をファインダーに表示した時の模式図である。
【図9】(a)(b)は、それぞれ、複写台にカメラを設置した際に、カメラの傾斜方向を修正する状態を示す模式図である。
【符号の説明】
【0029】
10…修正方向表示部(ファインダー)、21…カメラ載置台。
【出願人】 【識別番号】000004112
【氏名又は名称】株式会社ニコン
【出願日】 平成18年6月23日(2006.6.23)
【代理人】 【識別番号】100077919
【弁理士】
【氏名又は名称】井上 義雄


【公開番号】 特開2008−3394(P2008−3394A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−174167(P2006−174167)