トップ :: G 物理学 :: G02 光学

【発明の名称】 眼鏡フレーム
【発明者】 【氏名】三瓶 哲男

【要約】 【課題】デザインの幅を広くすることができるとともに、長時間に渡って使用者の頭部を挟持した時に使用者が苦痛を感じないようにした眼鏡フレームを構成する。

【解決手段】略L字状をなすとともに、レンズの内側部を保持する左右一対のレンズステーと、この一対のレンズステーを連結するブリッジと、前記レンズステーにそれぞれ連結される長尺の鎧と、この鎧に回動可能に連結されるテンプルとを具え、前記両レンズステーにレンズを保持するレンズ止めの脚部と、ノーズパッドの脚部とを固定し、左右のレンズの内側部のみを固定することでデザインの幅を拡げることができ、しかも、長尺の鎧を用いることで長時間に渡って使用者の頭部を挟持した時に使用者が苦痛を感じないようにした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
略L字状をなすとともに、レンズの内側部を保持する左右一対のレンズステーと、この一対のレンズステーを連結するブリッジと、前記レンズステーにそれぞれ連結される長尺の鎧と、この鎧に連結されるテンプルとを具え、前記両レンズステーにレンズを保持するレンズ止めの脚部と、ノーズパッドの脚部とを固定したことを特徴とする眼鏡フレーム。
【請求項2】
レンズ止めの脚部は屈曲可能であり、レンズステーに対して接離可能となっており、また、先端部に孔部が形成され、この孔部とレンズに設けた孔を貫通して延びるネジ軸によってレンズが固定される請求項1記載の眼鏡フレーム。
【請求項3】
前記長尺の鎧は、それ自体が弾性を有している請求項1記載の眼鏡フレーム。
【請求項4】
前記鎧に連結されたテンプルは、折り畳み自在となっている請求項1記載の眼鏡フレーム。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は両レンズの内側部だけを支持するようにした眼鏡フレームに関するものである。
【背景技術】
【0002】
一般に眼鏡のフレームにあっては、特許文献1に示すようなフルリムタイプのものや、ハーフリムタイプ、ツーポイントタイプのものが存在する。そして、ハーフリムタイプ、フルリムタイプのものにあっては少なくとも左右レンズの上縁部に沿って外側まで延びたリムの外側にそれぞれ鎧を介して使用者の頭部の側部に当接するテンプルが所定の拡開状態から内方に回動可能に取り付けられていて、折り畳み可能となっている。
【0003】
上記のように構成されている一般的な眼鏡フレームのうちのツーポイントタイプを除くハーフリムタイプ、フルリムタイプのものにあっては左右レンズを固定するために少なくとも左右レンズの上縁部に沿って金属製のリムを存在させている。このため、殆どの眼鏡フレームにおいては似たようなデザインとなってしまっている。
また、使用者の頭部の耳部間を挟持する両テンプルの挟持力を調整し、長時間に渡って使用しても頭部の耳部に苦痛が生じないように使用者の頭部の幅に応じたテンプルの調整を行って最適な弾力としているが、使用中に調整が狂う場合が多く、常に最適な挟持力とするのが難しかった。
【特許文献1】特開2003−43427号公報(図1参照)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
この発明は、左右レンズの内側部のみにレンズステーを位置させてこのレンズステーのみでレンズを保持し、左右のレンズの外側部にはレンズステーが位置しないようにするとともに、レンズステーに外側に延びる長尺の鎧を連結し、この鎧に丁番を介してテンプルを取り付けたので、一般的な眼鏡フレームと異なってデザインの自由度を大きくすることができて色々なデザインの眼鏡フレームを制作することが可能となり、カーブの大きなレンズにも対応することができる眼鏡フレームを提供することを目的とする。
さらに、レンズの上縁部の外側部に位置する長尺の鎧を弾性を有するように構成するとともに、この鎧に丁番を用いてテンプルを折り畳み可能に連結したので、弾性変形するのはテンプルだけではなく、長尺の鎧も弾性変形する。このため、テンプルの変位幅が大きくなって使用者の頭部にテンプルの内面が面状で当接するようになった。これにより頭部には小さい当接力を作用させて装着感を小さくして頭部に苦痛が生じる恐れを無くした眼鏡フレームを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
この発明は、略L字状をなすとともに、レンズの内側部を保持する左右一対のレンズステーと、この一対のレンズステーを連結するブリッジと、前記レンズステーにそれぞれ連結される長尺の鎧と、この鎧に折り畳み可能に連結されるテンプルとを具え、前記両レンズステーにレンズを保持するレンズ止めの脚部と、ノーズパッドの脚部とを固定した手段を採用した。
そして、レンズ止めの脚部は屈曲可能であり、レンズステーに対して接離可能となっており、また、先端部に孔部が設けられ、この孔部とレンズに設けた孔を貫通して延びるねじ軸によってレンズが固定されるようにし、前記長尺の鎧は、それ自体が弾性を有しており、前記鎧に連結されたテンプルは、折り畳み自在となっている手段を採用した。
【発明の効果】
【0006】
この発明の請求項1に記載の眼鏡フレームにあっては、左右レンズの内側部のみがレンズステーで固定され、このレンズステーに弾性を有する長尺の鎧を連結するとともに、この鎧に丁番を介してテンプルを折り畳み可能に連結したので、デザインの自由度が大きくなった。
また、請求項2に記載したように、レンズ止めの脚部はレンズステーに対して接離可能となっていて、先端部に孔部が設けられているので、例えばレンズの孔位置がずれた場合でも脚部を変形することにより、レンズの孔とレンズ止めの孔部とをねじ軸が貫通する状態にすることができ、レンズの内側部を確実にレンズステーに当接させて固定することができる。
さらに、請求項3に記載したように、鎧自体が長尺で弾性を有しているので、この鎧自体が弾発的にテンプルを使用者の頭部に当接することになる。
さらに、請求項4に記載のテンプルにより、もともと使用者の頭部に当接する状態を調整可能なテンプルを、長尺の鎧と協働させて大きく変位可能として使用者の頭部に当接するようにしたので、頭部の当接幅を大きくできて頭部に対する当接力を小さくでき、装着感を少なくし、使用中に使用者の頭部に苦痛が生じる恐れを無くすことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面に示すこの発明の実施例について説明する。
図1にはこの発明による眼鏡フレーム1の概略正面図が、図2には概略平面図が、そして図3には斜め上方から見た概略図がそれぞれ示されており、さらに図4には一方のレンズステー3に鎧5が連結され、この鎧5に丁番12を介してテンプル6が回動可能に連結された状態の概略図が示されている。
【0008】
この眼鏡フレーム1はハーフリムタイプであって、レンズステー3と、鎧5とを有している。前記レンズステー3は、それぞれ左右一対のレンズ2、2の上縁の内側部およびこの内側部に連続する内側部と当接し、全体がL字状をなしている。鎧5はレンズステー3の上縁の外側に連結されるとともに、レンズ2よりも内方(使用者側)に位置し、かつ、レンズ2の外側部よりも外側にまで湾曲状に延びている。
【0009】
前記左右一対のレンズステー3、3は、ブリッジ4、4で連結されて一体となっている。また、前記レンズステー3、3の内側部の内方側にはノーズパッド15の脚部16と、レンズ止め8の脚部9とがロー付け等で一体に固定されている。
【0010】
上記のように構成されたレンズステー3と、このレンズステー3に連結された長尺の鎧5とを上方から見ると(図3、4参照)、左右レンズ2、2の内側部はレンズステー3、3で固定され、左右レンズ2、2の外側部は全く固定されておらず、その部分の内方(使用者)側にはレンズステー3、3の端部から延びる長尺の鎧5、5が位置し、この鎧5、5に丁番12、12を介してテンプル6、6が折り畳み可能に連結されている。そして、左右のレンズステー3、3の端部は左右のレンズ2、2の略中央部に位置し、この中央部で外方に延びる鎧5、5が連結されている。なお、前記実施の形態においては、左右のレンズステー3、3と鎧5、5とが左右のレンズ2、2の略中央部で連結されているが、これに限定するものではない。また、7はテンプル6の端部を覆っているモダンである。
【0011】
そして、左右のレンズ2、2は、レンズステー3、3の内方側に脚部9が固定されたレンズ止め8の先端に設けられた孔部10、およびレンズ2に穿設した孔11を貫通して延びるねじ軸13にワッシャおよびナット14を用いて固定される。したがって、左右のレンズ2、2は、内側部のみがレンズステー3、3に当接した状態でねじ軸13およびナット14によって固定されている。
【0012】
この場合、レンズ2に穿設した孔11とレンズ止め8の孔部10とが一致しなかった場合にはレンズ止め8を屈曲して孔部10の位置をレンズステー3に対して接離し、レンズ止め8の孔部10およびレンズ2の孔11を一致させ、ねじ軸13を貫通させてナット14で緊締することで、左右のレンズ2、2の内側部を確実にレンズステー3、3に当接させて保持することができる。
【0013】
上記のようなので、レンズステー3に固定したレンズ2はその内側部だけがレンズステー3に保持される。したがって、図1に示すように正面から見た場合には略L字状のレンズステー3、3が互いに外側に開放するような状態で一対のレンズステー3、3間がブリッジ4で固定され、鎧5、5はレンズ2、2の奥側(使用者側)に位置しているので、レンズ2、2を見た時は内側部のみにレンズステー3、3が位置し、外側部は保持されていないものである(図1参照)。
【0014】
このことは図2に示すように平面から見ても、両レンズ2、2の内側部のみが保持された状態であり、外側部は全く保持されていない。これにより従来には全くないデザインの眼鏡フレームとすることができ、しかも、レンズステー3、3に対するレンズ2、2の固定についても、レンズ2、2の孔開け精度が多少悪くてもレンズ止め8、8を屈曲することで調整することができる。
なお、使用者の鼻の両側に当接するノーズパッド15、15も脚部16、16でレンズステー3、3に固定されているので調整が用意である。
【0015】
さらに、鎧5自体が弾性を有し、しかも、鎧5に丁番12を介して折り畳み可能にテンプル6が連結されているので、使用者の頭部に対する調整はテンプル6だけではなく鎧5も調整可能であり、丁番12を中心にしてテンプル6だけを調整するのではなく、レンズステー3に連結された鎧5も調整することができる。
これにより、使用者の頭部の耳部の上側間に両テンプル6、6間で挟持する時は鎧5およびテンプル6の双方を調整できるので、もともと使用者の頭部に当接する状態を調整可能なテンプル6を、鎧5と協働させることで大きく変位可能として使用者の頭部に当接するようにした。これにより使用者の頭部の当接幅を大きくできて頭部に対する当接力を小さくでき、装着感を少なくし、使用中に使用者の頭部に苦痛が生じる恐れを無くすことができる。
【0016】
したがって、一般的な眼鏡フレームの場合のようにテンプル6の一部が頭部と当接してその部分の頭部に大きな力を作用させて使用者が強い装着感を感じるのと異なって、長尺の鎧5の存在によりテンプル6が面接触、すなわち湾曲状に当接することとなって頭部の各部に小さい力を作用させるので長時間に渡って使用しても使用者が強い装着感を感じることがない。しかも、確実に使用者の頭部を挟持しているので使用中にずれたり落下したりする恐れは全く無いものである。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】この発明の実施の形態による眼鏡フレームの概略正面図である。
【図2】この発明の実施の形態による眼鏡フレームの概略平面図である。
【図3】この発明の実施の形態による眼鏡フレームを斜め上方から見た概略図である。
【図4】この発明の実施の形態による眼鏡フレームの一方のレンズステーと鎧とテンプルとの連結状態を示す概略図である。
【符号の説明】
【0018】
1……眼鏡フレーム
2……レンズ
3……レンズステー
4……ブリッジ
5……鎧
6……テンプル
7……モダン
8……レンズ止め
9、16……脚部
10……孔部
11……孔
12……丁番
13……ねじ軸
14……ナット
15……ノーズパッド
【出願人】 【識別番号】302047282
【氏名又は名称】株式会社フォーナインズ
【出願日】 平成18年9月21日(2006.9.21)
【代理人】 【識別番号】100088074
【弁理士】
【氏名又は名称】中林 幹雄


【公開番号】 特開2008−76743(P2008−76743A)
【公開日】 平成20年4月3日(2008.4.3)
【出願番号】 特願2006−255804(P2006−255804)