トップ :: G 物理学 :: G02 光学

【発明の名称】 メガネフレーム
【発明者】 【氏名】宮下 務

【要約】 【課題】鼻の両脇に当ててフロント部を支える鼻当てパットを備えないメガネフレームの提供。

【構成】ツル2からアーム9を斜め下方へ延ばし、該アーム先端にはパット3を取付け、該パット3が顔の頬骨10に当ってフロント部1を支えるようにしている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
鼻の両脇に当ててフロント部を支える鼻当てパットを備えないメガネフレームにおいて、ツル又はヨロイからアームを下方へ延ばし、該アーム先端にはパットを取付け、該パットが顔の頬骨に当ってフロント部を支えるようにしたことを特徴とするメガネフレーム。
【請求項2】
上記アームをツルに沿って移動可能に取付けた請求項1記載のメガネフレーム。
【請求項3】
アームから外方向へ補助アームを延ばし、該補助アームの縦軸にローラを回転可能に軸支し、該ローラとアームとでツルを挟み込んだ請求項2記載のメガネフレーム。
【請求項4】
アーム先端とパットの継手部に止めネジを設け、パットの向きを定めたところでネジ止め可能とした請求項1、請求項2、又は請求項3記載のメガネフレーム。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明はツル又はヨロイにパットを取付け、該パットを頬骨に当ててフロント部を支持することが出来るメガネフレームに関するものである。
【背景技術】
【0002】
図7は従来の一般的なメガネフレームを示している。メガネフレームはフロント部(イ)と2本のツル(ロ)、(ロ)から成り、ツル(ロ)、(ロ)はフロント部(イ)の両側に設けているヨロイ(ハ)、(ハ)に蝶番(ニ)、(ニ)などの継手を介して折畳み出来るように取付けられている。フロント部(イ)は連結部材(ホ)の両側にリム(ヘ)、(ヘ)が設けられ、リム(ヘ)、(ヘ)の外側には上記ヨロイ(ハ)、(ハ)をロウ付けしている。そして、リムの内側(中央側)には鼻当てパット(ト)、(ト)が取付けられている。
【0003】
ところで、メガネを顔に掛ける場合には、鼻当てパット(ト)、(ト)を鼻の両脇に当てると共に、ツル(ロ)、(ロ)の先端部に挿着しているモダン(図示なし)が耳に係止される。鼻当てパット(ト)、(ト)を介してフロント部(イ)は鼻で支えられるが、長時間にわたってメガネを着用しているならば、鼻当てパット(ト)、(ト)が当っている鼻の両脇が赤く変色し、化粧が剥がれる。従って、メガネを外した際には化粧が剥がれて赤くなった鼻両脇が目立ち、特に若い女性にとっては大きな問題となる。
【0004】
近年のメガネフレームはバネ製に優れた軽い材質としてチタン材が多用され、又レンズもプラスチックレンズが用いられることで、フロント部が非常に軽くなっている。ステンレス材を使用したメガネフレームにガラスレンズを嵌めた昔のメガネに比較すれば非常に軽い。しかし、鼻当てパットにてフロント部を支えることは必要であり、その為に鼻両脇の化粧の剥がれ落ちを避けることは出来ない。 鼻当てパットの材質を軟らかいシリコン樹脂で構成している場合もあるが、赤い変色や化粧の剥がれを完全に防止することは出来ない。
【0005】
従来、ツルの内側にパットを取付け、該パットを顔のコメカミに当てることでフロント部を支えるように構成したメガネフレームが知られている。しかし、ツルの内側に取付けたパットをコメカミに押し当てても、滑り落ちる為にフロント部を完全に支持することは出来ない。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
このように、フロント部に鼻当てパットを取付けたメガネフレームには上記のごとき問題がある。本発明が解決しようとする課題はこの問題点であり、鼻当てパットを備えることなくフロント部を安定して支えることが出来るメガネフレームを提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係るメガネフレームはフロント部に鼻当てパットを備えておらず、ツル又はヨロイにパットを取付けている。そして、該パットは頬骨に当ってフロント部を支える為にツルのフロント部側に取付けられ、しかもパットはツルより内側下方に位置している。ツルから斜め下方へアームを延ばし、このアーム先端に該パットを取付けている。
【0008】
ここで、パットの材質及びその形状は問わないこととし、又、アーム構造も限定しないことにする。パットは頬骨に当ってフロント部を支えることが出来るが、頬骨の位置並びに形状にフィット出来るようにパットの向きは変化できるように構成している。例えば、従来の鼻当てパットが取付けられる箱脚構造を採用することも可能であるが、頬骨にフィットした向きで固定できる構造が好ましい。そして、ツルに取付けられるアームはその位置が移動できる構造とする場合もある。
【発明の効果】
【0009】
本発明に係るメガネフレームは鼻当てパットを備えておらず、ツル又はヨロイに取付けたパットが顔の頬骨に当ってフロント部が支えられる。従って、鼻当てパットが当って鼻の両脇が赤く変色することがなく、又鼻の両脇の化粧が剥がれることもない。そして、パットはその向きを変えることが出来る構造としている為に、頬骨の位置や形状に違いがあってもパットはフィットできる構造となっている。また、従来のように鼻の両脇に鼻当てパットを当てて支持する構造に比較して、両パット間距離は大きく離れていることから、頬骨に作用する負担は小さく感じられ、長時間にわたってメガネを着用しても疲れが少なく、痛みを感じることはない。
【実施例】
【0010】
図1は本発明に係るメガネフレームの実施例を示し、同図の1はフロント部、2はツル、3はパットを夫々表している。フロント部1は両リム4,4が連結部材5にて連結され、リム4,4の外側にはヨロイ6,6がロウ付けされ、このヨロイ6,6に蝶番などの継手を介してツル2,2が折畳み出来るように取付けられている。
【0011】
リム4,4にはレンズ7,7が嵌り、ツル2,2の先端部には概略L形をした樹脂製のモダン8,8が挿着されている。上記パット3はツル2から延びるアーム9の先端に取付けられ、その向きは変えることが出来る構造としている。パット3は一般に樹脂製であって軟らかいシリコン樹脂を用いることもあるが、時には金属製のパット3とすることも出来る。
【0012】
図2は上記図1のメガネフレームを顔に着用した場合を示している。メガネの基本的な掛け方は従来と同じであるが、本発明に係るメガネフレームのフロント部1はツル2,2に取付けたパット3,3を顔の頬骨に当てて支持され、モダン8,8は耳に掛けられる。頬骨10、10は顔の側面から多少突出していることから、パット3,3は該頬骨10,10に載ることが出来る。その為に、該パット3,3はツル2,2の内側であって斜め下方に位置している。
【0013】
人によっては頬骨10の突出が小さい場合、又頬骨10の形が変形している場合など様々であるが、アーム9の先端に取付けられるパット3の向きは頬骨10の形にフィットすることが出来るように、その向きを変えることが出来、定まった向きでパット3が固定される。そして、所定の距離を隔てた顔の両側に位置している頬骨10,10に各ツル2,2に取付けられたパット3,3が当ることで、互いに近接した位置に当る従来の鼻当てパットに比較して楽であり、フロント部1が軽く感じる。
【0014】
図3は本発明に係るメガネフレームを示す他の実施例である。このメガネフレームにもパット3,3が取付けられているが、湾曲アーム11,11はヨロイ6,6から延びている。パット3,3はツル2,2の内側下方に位置しており、頬骨10,10に当ってフロント部1が支えられる。ここで、ツル2又はヨロイ6に固定されるアーム9や湾曲アーム11は一般にロウ付けされる。
【0015】
図4はパット3の取付け構造の概略図を示しているが、(a)はツル2からL形に屈曲したアーム9が下方へ延び、アーム先端にパット3が取付けられている。(b)はツル2から下方へアーム9を延ばしており、アーム先端にはパット3が取付けられている。(b)に示すアーム9はツル2の下方へ延びているが、実際には多少内側へ傾斜している。
【0016】
ところで、上記ツル2は中空と成っていて、内部空間13にはスライダー14が嵌合している。そしてスライダー14からはツル2に形成した溝15を貫通してアーム9が延びている。そこで、パット3を頬骨10にフィットさせる為にスライダー14を移動させることが出来、同時にパット3の向きも調整可能としている。
【0017】
スライダー14はツル2の内部空間13を移動可能な状態で嵌合しているが、メガネを掛けるならばフロント部1の重量を支える荷重がパット3に作用し、アーム9を押し上げる力によってスライダー14と内部空間13の内面との摩擦、及びアーム9と溝15間の摩擦によって該スライダー14は所定の位置に安定する。勿論、スライダー14の位置が定まったところでネジ止めすることも出来る。
【0018】
図5はパット3の取付け構造を示す別形態を表している。アーム9の先端にはパット3を取付けているが、ツル2をアーム9とローラ12との間で挟み込んだ構造となっている。該ローラ12は回転することが出来るように軸支され、その為にローラ12が回転して移動するならば、パット3はその位置を変えることが出来る。ここで、ツル2はアーム9とローラ12とで安定して挟み込まれ、パット3が揺れ動くことがないようにしている。
【0019】
図5(a)の場合、アーム9の上端からL形をした補助アーム16を外方向へ延ばし、該ローラ12は補助アーム16の縦軸18に軸支されて回転することが出来る。そして、図5(b)の場合、アーム9の中間位置からL形をした補助アーム17を外方向へ延ばし、該ローラ12は補助アーム17の縦軸18に軸支されて回転することが出来る。
【0020】
図6はアーム9の先端に設けているパット3の取付け構造を示す具体例である。パット3には軸受け19を設け、この軸受け19にアーム先端に形成した軸部20が嵌っている。パット3は軸部20を中心として回転し、その向きを自由に変えることが出来るように、該軸部20は球体をしている。パット3は頬骨10に当ってフロント部1が支えられるが、頬骨10にフィットすることが出来るようにその向きを調整することが出来る。そして、所定の向きに調整されたところで軸部20に螺合している止めネジ21を締め付けることで該パット3の向きが固定される。ただし、本発明では同図に示すパット3の向き調整構造に限定するものではない。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本発明に係るメガネフレーム。
【図2】パットを頬骨に当ててメガネを着用した場合。
【図3】本発明に係るメガネフレーム。
【図4】ツルに沿って移動できるパットの取付け構造。
【図5】ツルに沿って移動できるパットの取付け構造。
【図6】パットの向き調整構造。
【図7】鼻当てパットを備えた従来のメガネフレーム。
【符号の説明】
【0022】
1 フロント部
2 ツル
3 パット
4 リム
5 連結部材
6 ヨロイ
7 レンズ
8 モダン
9 アーム
10 頬骨
11 湾曲アーム
12 ローラ
13 内部空間
14 スライダー
15 溝
16 補助アーム
17 補助アーム
18 縦軸
19 軸受け
20 軸部
21 止めネジ
【出願人】 【識別番号】505442576
【氏名又は名称】有限会社 ブリッヂコーポレーション
【出願日】 平成18年7月13日(2006.7.13)
【代理人】 【識別番号】100087169
【弁理士】
【氏名又は名称】平崎 彦治


【公開番号】 特開2008−20678(P2008−20678A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−192515(P2006−192515)