トップ :: G 物理学 :: G02 光学

【発明の名称】 眼鏡セル(テンプルおよびモダン)
【発明者】 【氏名】辻 清彦

【要約】 【課題】眼鏡を装着する場合の重量負担とする両方の耳上部とこめかみ部の支持位置は、柔軟かつ低硬度な中空弾性体2の長さ範囲内で緩衝する。よって、中空弾性体2のクッションの役目により、耳上部およびこめかみへの食い込みや痛みや圧迫感を緩和し、自由に曲げ施行および取替作業を容易にする眼鏡セル(テンプルおよびモダン)を提供する。

【構成】中空セル1に設けた凹部1aに柔軟かつ低硬度な中空弾性体2を配置し、自由に抜き挿し可能なつる軸3を中空セル1および中空弾性体2に挿し込み装着して、接着剤を必要とせず一体化して自由に曲げ施行および取替作業のできる眼鏡セル(テンプルおよびモダン)とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
つる軸の形状に見合う孔を有する中空セルに設けた凹部に、つる軸の形状よりはるかに大きい孔を有する中空弾性体を配置し、自由に抜き挿し可能なつる軸の上面と中空弾性体の孔の上面とで中空セルの凹部に圧着し嵌め込んでつる軸を通して組付ける。なお中空弾性体の孔とつる軸の下面部および両側面部は接することなく空間を形成して一体化し、曲げられるようにしたことを特徴とする眼鏡セル(テンプルおよびモダン)。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、眼鏡を装着する場合の眼鏡支持部の眼鏡セル(テンプルおよびモダン)において、両方の耳上部への重量負担と両方のこめかみ部への食い込みや圧迫および締め付け等による快適性を得るように、かつ自由に曲げ施行および取替作業のできる眼鏡セル(テンプルおよびモダン)に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の眼鏡支持の眼鏡セル(テンプルおよびモダン)は硬質なものでたとえば樹脂製のものが多く人肌の皮膚への反発力が大きく、両方の耳上部への重量負担と両方のこめかみ部への食い込みや圧迫および締め付け等による不快感がある。
また、特開平12−107677の軟質樹脂製一体成型クッションおよびその製造方法にあっては、樹脂で一体成型し、クッション用の空間を有し成型されている技術が開示されている。
また、特開平06−230318の眼鏡枠にあっては、シリコン樹脂を一体成形し、パッドおよびモダンの空洞に空気またはゲル状の樹脂を充填し作製されている技術が開示されている。
【特許文献1】特開平12−107677
【特許文献2】特開平06−230318
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来の眼鏡支持部の眼鏡セル(テンプルおよびモダン)は硬質なものでたとえば樹脂製のものが多く人肌の皮膚への反発力も大きく、両方の耳上部への重量負担と両方のこめかみ部への食い込みや圧迫および締め付け等による不快感があった。
また、前記の特開平12−107677を含め、前記の特開平06−230318の何れも軟質樹脂たとえばシリコン樹脂等の一体成形で、眼鏡フレームの硬度なつる軸3を軸心に曲げ施行して眼鏡セル(テンプルおよびモダン)となる。しかし、軟質の眼鏡セル(テンプルおよびモダン)はつる軸3に固縛できず、ずれや回転および捩れを生じる。その防止策としては接着剤若しくは焼付での固定しかなく、傷や劣化が発生した時の取替作業が困難である。
さらに眼鏡セル(テンプルおよびモダン)としてのシリコン樹脂等の一体成形で、前述のずれや回転および捩れのないものを作製するならば硬度はおよそHs40度以上のものとなり、眼鏡の広い質量範囲幅を有するクッションの役目に適さないものとなり、従来の眼鏡セル(テンプルおよびモダン)を有する上記欠点をそのまま内包している。
【0004】
この発明は、上記のような課題に鑑み、その課題を解決すべく創案されたものであって、その目的とするところは、両方の耳上部への重量負担と両方のこめかみ部への食い込みや圧迫および締め付け等による不快感をなくし、自由に曲げ施行および取替作業を容易にできる眼鏡セル(テンプルおよびモダン)を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
以上の目的を達成するために、つる軸3の形状に見合う孔を有する中空セル1に設けた凹部1aにつる軸3の形状よりはるかに大きい孔を有する柔軟かつ低硬度な中空弾性体2を配置し、自由に抜き挿し可能なつる軸3の上面部と中空弾性体2の孔の上面部とで中空セル1の凹部1aに圧着し嵌め込んでつる軸3を通して組付ける。なお中空弾性体2の孔とつる軸3の下面部および両側面部は自由な曲げ施行時でも接することなく空間を形成して一体化する。本発明は、以上のような構成により両方の耳上部およびこめかみ部への支持部がクッションの役目を持ち自由に曲げ施行および取替作業することのできる眼鏡セル(テンプルおよびモダン)。
【発明の効果】
【0006】
以上の記載より明らかなように、中空セル1と中空弾性体2およびつる軸3が眼鏡セル(テンプルおよびモダン)として接着剤および焼付等を必要とせずに組付けのみで一体化され、眼鏡を装着調整する場合は、人それぞれの骨格の相違による眼鏡のつる長さの調整が従来の使い勝手と同様の調整が可能で、耳上部への位置決めのためにつる軸3を曲げて軸芯となす中立軸として、その一体化のものを容易に曲げ施行および取替作業ができる。従って、眼鏡を装着する場合の重量負担とする両方の耳上部とこめかみ部の支持位置は、柔軟かつ低硬度な中空弾性体2の長さ範囲内で緩衝する。さらに中空弾性体2の空間を形成することにより反発力を低減するクッションの役目を併せ持ち、耳上部およびこめかみへの食い込みや痛みや圧迫感を緩和することができる等、極めて新規性的有益なる効果を奏するものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面に記載の発明を実施するための最良の形態に基づいて、この発明をより具体的に説明する。
【0008】
図において、自由に抜き挿し可能なつる軸3の形状に見合う孔を有する中空セル1に、柔軟かつ低硬度な中空弾性体2を配置する凹部1aを設ける。なお凹部1aを挟んで前後に設けた両中空孔の長さは、それぞれ市販品ドリル長さの範囲内にあって両中空孔の拡大孔の二次加工が可能で、その拡大孔の1次孔は最小孔が望ましく、かつ拡大孔二次加工用の案内孔でもある。
【0009】
図において、自由に抜き挿し可能なつる軸3を挿し込む孔を持つ柔軟かつ低硬度な中空弾性体2を中空セル1に設けた凹部1aに配置する。また、ここに使用する中空弾性体2の硬度は、たとえば超低硬度シリコンの硬度およそHs10度
からおよそ5度が望ましい。
【0010】
自由に抜き挿し可能なつる軸3の上面部と柔軟かつ低硬度な中空弾性体2の孔の上面部とで中空セル1の凹部1aに圧着し嵌め込んでつる軸3を通して組付け挿し込み装着して接着剤を必要とせず一体化する。なお中空弾性体2の孔とつる軸3の下面部および両側面部は自由な曲げ施行時でも接することなく空間を形成し、また中空セル1の凹部1aに堰堤1bを設けることにより中空弾性体2の空間を押し潰すことなく空間を形成し一体化する。
【0011】
次に眼鏡のつる長さの調整では、耳上部への位置決めのためにつる軸3を曲げて軸芯となす中立軸として、その一体化のものを容易に曲げ施行ができる。従って、眼鏡を装着する場合の重量負担とする両方の耳上部とこめかみ部の支持位置は、柔軟かつ低硬度な中空弾性体2の長さ範囲内で緩衝支持する。さらに中空弾性体2の空間を形成することにより反発力を低減するクッションの役目により、耳上部およびこめかみへの食い込みや痛みや圧迫感を緩和することができる。
【0012】
しかしながら、中空セル1に設けた凹部1aと中空弾性体2のはめあいは、隙間なく密着させるために中空セル1に設けた凹部1aの寸法より中空弾性体2の寸法を僅かに大きくする。そうすることにより、柔軟かつ低硬度な中空弾性体2は中空セル1に対して、隙間なく密着し髪の毛が挟まり引っ掛かることを防ぐ。
【0013】
なお、この発明は上記発明を実施するための最良の形態に限定されるものではなく、この発明の精神を逸脱しない範囲で種々の改変をなし得ることは勿論である。例えば、この発明に使用する材料は柔軟かつ低硬度な中空弾性体2を除けば樹脂でも金属でも良い。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】この発明を実施するための最良の形態を示す曲げ施行後の眼鏡セルの側面外形図である。
【図2】この発明を実施するための最良の形態を示す曲げ施行前の眼鏡セルの側面外形図である。
【図3】この発明を実施するための最良の形態を示す曲げ施行前の眼鏡セルの縦断面図である。
【図4】この発明を実施するための最良の形態を示す眼鏡セルの中空弾性体中央部断面図である。
【符号の説明】
【0015】
1 中空セル
1a 凹部
1b 堰堤
2 中空弾性体
3 つる軸
【出願人】 【識別番号】303065898
【氏名又は名称】辻 清彦
【出願日】 平成18年6月28日(2006.6.28)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−9044(P2008−9044A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−177985(P2006−177985)