トップ :: G 物理学 :: G01 測定;試験

【発明の名称】 計量スタンド
【発明者】 【氏名】阿部 冲則

【要約】 【課題】スタンドに計量具掛フックを設け、垂れ受けハウスを設置できる計量カップ、スプーン付計量スタンドを提供する。

【構成】スタンド下部に垂れ受けハウスを設け、上部に計量具掛フックを設け、差し込み口を左右に回転できるようにしたことを特徴とする計量スタンド、上部のフック取り付けを設ける所は丸い物でも何角形かに作ってもよい、又、スタンドは継ぎ目のない一体性の物を作り、上部にリンク又は何角かの輪にフックをつける方法もある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
下部スタンド台の中心より円柱を設け、上部計量フックのついた上部差し込みを円柱上部に入れ、各フックに計量カップ、スプーンを掛けるようにし、下部スタンドの上に垂れ受けハウスを設置、カップ、スプーンを左右に回転して取り外しができることを特徴とする計量スタンド。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、スタンドにフックを設け、計量カップ又は、スプーン数点を掛けるようにした、計量スタンドに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、計量カップ、計量スプーンだけのばらばらのセットはあった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
そのため、次の問題点があった。
(イ)料理等行う時、テーブル、流し台の上に計量カップ、スプーンが散乱するため 使いずらかった。
(ロ)テーブル、流し台等に直接置いてあるため不衛生で、置いたところが汚れた。
本発明は、これらの問題点を解決するためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
下部スタンド台の中心より円柱を設け、上部計量具掛フックのついた上部差し込みを、円柱上部に入れ、各フックに計量カップ、スプーンを掛ける。下部スタンドの台の上に垂れ受けハウス設置し、使用する計量カップ、スプーンはフックのついたリンクを左右にまわして自由に選べるようにした。以上を特徴とする計量スタンドである。
【発明の効果】
【0005】
手軽に必要な計量カップ、スプーンが使用でき、使用後のカップ、スプーンから垂れ落ちる調味料等も垂れ受けハウスで処理ができ、きわめて便利である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
(イ)スタンド台(1)の中央の円柱(3)の上部に上部差し込み(5)を差し込み 、計量具掛フック(4)のついた上部を一体化する。
(ロ)下部スタンド台(1)の上に垂れ受けハウス(2)を置く。
(ハ)計量具掛フック(4)に、小さじ(11)、2分の1カップ(8)、のように 各フックに1カップ(7)、4分の1カップ(9)、大さじ(10)、少々( 12)等を掛ける。
本発明は以上のような構成で、これを使用するときは、計量具掛フック(4)と同じ ような各フックから必要なカップ、スプーンを取り外し使用する。使用後はフックに掛 ける。必要な計量具が正面にないときは、取っ手(6)又は計量具フックのついたリン クを左右に回すことができるので必要なカップ、スプーンが取り外すことができる。
使用後は垂れ受けハウス(2)を取り出し垂れ落ちた調味料等を洗い流す。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本発明の斜視図
【図2】 本発明の上部の斜視図
【図3】 本発明の下部スタンド台、垂れ受けハウス斜視図
【図4】 本発明のカップ、スプーンの見本図
【符号の説明】
【0008】
1 スタンド台
2 垂れ受けハウス
3 円柱
4 計量具フック
5 上部差し込み
6 取って
7 1カップ
8 2分の1カップ
9 4分の1カップ
10 大さじ
11 小さじ
12 少々
【出願人】 【識別番号】506267868
【氏名又は名称】阿部 よし子
【出願日】 平成18年7月7日(2006.7.7)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−14922(P2008−14922A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−213841(P2006−213841)