トップ :: F 機械工学 照明 加熱 武器 爆破 :: F28 熱交換一般

【発明の名称】 一次伝面型熱交換器
【発明者】 【氏名】川上 佳史

【氏名】堀江 哲次

【要約】 【課題】伝熱コアに発生する熱応力を低減でき、ハウジングとの隙間に発生するバイパス流れを抑制でき、かつ、伝熱コアの位置決めを容易とする一次伝面型熱交換器を提供する。

【解決手段】一次伝熱面プレートを積層して各層間に交互に高温流体用通路と低温流体用通路が形成される伝熱コアを有する一次伝面型熱交換器であり、前記伝熱コアと、前記伝熱コアを隙間を介して収容するハウジングを備え、前記伝熱コアと前記ハウジングとの隙間を封止するように、前記ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサーが設置されていることを特徴とする。これにより、伝熱コアとハウジングとの隙間が封止されることから、バイパス流れを抑制できるとともに、伝熱コアを押圧用スペーサーに当接することにより、伝熱コアの位置決めが容易になる。また、可撓性を有する押圧用スペーサーにより、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による熱応力の発生を抑制できる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
一次伝熱面プレートを積層して各層間に交互に高温流体用通路と低温流体用通路が形成される伝熱コアを有する一次伝面型熱交換器において、
前記伝熱コアと、前記伝熱コアを隙間を介して収容するハウジングを備え、前記伝熱コアと前記ハウジングとの隙間を封止するように、前記ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサーが設置されていることを特徴とする一次伝面型熱交換器。
【請求項2】
前記押圧用スペーサーが、前記ハウジングの内面のうち、一次伝熱面プレートの積層方向と平行であり、かつ流体の流入部または流出部を有さない面、および、一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な面に設置されていることを特徴とする請求項1に記載の一次伝面型熱交換器。
【請求項3】
前記押圧用スペーサーが折り曲げ加工された金属薄板からなることを特徴とする請求項1または2に記載の一次伝面型熱交換器。
【請求項4】
前記押圧用スペーサーがステンレス系材料またはNi基超耐熱合金からなることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の一次伝面型熱交換器。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、一次伝面方式を採用した熱交換器に関し、より詳しくは、伝熱コアに発生する熱応力を低減でき、かつ、伝熱コアとこれを収容するハウジングとの隙間に発生するバイパス流れを抑制できるとともに、ハウジング内における伝熱コアの位置決めを容易とする一次伝面型熱交換器に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、エネルギーの有効利用という観点から、分散型エネルギーシステムは大型発電システムに代わるエネルギーシステムとして有望視されており、その中でも、ガスタービン等の熱機関や、化学プロセスを経て燃料から直接発電を行う高温型燃料電池の開発が盛んに行われている。これらの分散型エネルギーシステムにおいては、排熱回収性能がガスタービンや高温型燃料電池の性能に大きく影響することから、ガスタービンや高温型燃料電池には、熱回収効率がよく、有効な熱交換が可能な高性能の熱交換器の使用が必須となる。
【0003】
また、ガスタービンや高温型燃料電池では、始動および停止が反復されることから、温度サイクルに対する高い耐久性を備えた熱交換器の採用が要請されている。このような機能を充分に発揮できる熱交換器として、高温用プレートフィン型熱交換器が用いられている。
【0004】
高温用プレートフィン型熱交換器の伝熱コアは、一般的に高温流体通路と低温流体通路がチューブプレートを挟み交互に積層配置された構成からなり、低温流体通路は2枚のチューブプレート間にコルゲートフィンを挟み、ディストリビューターフィンを配置し、スペーサーバーで閉塞することで構成されている。チューブプレートおよびディストリビューターフィンは、ろう付け等によりコルゲートフィンと一体化されているが、基本的には別部材であることから、便宜的に二次伝熱面と称されることがある。
【0005】
これに対して、ろう付け等による別部材の配置に替えて、例えば、ステンレス鋼のような薄い合金シートを、ひだ付けの性質を備えるように波形に形成するか、折り曲げることにより、構成される面の両側で、高温および低温流体と直接接触している伝熱面を一次伝熱面という。
【0006】
これまで、上記の一次伝熱面と二次伝熱面を組み合わせることで、様々な伝熱コアが提案されてきたが、高温用プレートフィン型熱交換器では、燃料効率の向上および温度サイクルに対する高い耐久性という観点から、二次伝熱面に替えて、一次伝熱面のみによる熱交換方式、すなわち、一次伝面方式(Primary Surface Recuperator)を採用した新たな熱交換器が開発されている。
【0007】
本発明者らは、一次伝熱面と一体化されているディンプル形状のディストリビューターを製造することで、ディストリビューターフィン等の二次伝熱面により形成される通路と同等の偏流防止効果が得られることを見出し、特許文献1において、押し潰し加工されたディストリビューターと一体で構成された一次伝熱面プレートを使用する一次伝面方式による伝熱コアを提案した。
【0008】
図1は、一次伝面方式による伝熱コアを示す図であり、同(a)は一次伝熱面プレートの一例を示す図であり、同(b)は2以上の一次伝熱面プレートを組み合わせて得られる伝熱コアの斜視図であり、同(c)は伝熱コアのディストリビューター部の断面を模式的に示した図である。なお、図1(b)中のHは高温流体の流れを、Lは低温流体の流れをそれぞれ示す。
【0009】
特許文献1で提案された一次伝面方式による伝熱コア6に用いる一次伝熱面プレート1は、一次伝熱面2の一部を押し潰し加工して、平面部3とディンプル4からディストリビューター部を得ることにより、ディストリビューターと一体で構成された一次伝熱面プレート1となる。さらに、二種類の一次伝熱面プレートを組み合わせて、側部をスペーサーバー5で封止することにより、伝熱コア6を得る。このような構成とすることにより、低温流体の偏流を防止し、高温排熱の回収率を上昇させて燃料効率の向上を図ることができる。
【0010】
一次伝熱面または二次伝熱面から得られる伝熱コアは、ハウジングに収容されて熱交換器として機能する。しかし、伝熱コアの外周とハウジングの内面との間に隙間を設けることなく伝熱コアをハウジング内に配置すると、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差によって熱応力が発生し、伝熱コアが破損する。このため、熱交換器を製造する際には、伝熱コアに熱応力が発生するのを回避するために、伝熱コアをハウジング内に余裕を持たせて、すなわち、十分な隙間を設けて配置する。
【0011】
図2は、伝熱コアをハウジングに収容した一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図である。なお、図2中の黒抜き矢印は高温流体の流れ方向を、白抜き矢印はバイパス流の流れ方向をそれぞれ示す。
【0012】
図2に例示する一次伝面型熱交換器12では、ヘッダ8を備えた伝熱コア6が、熱応力の発生を回避するために、十分な隙間を設けてハウジング7内に配置されている。入側ダクト9から流入した高温かつ低圧の流体は、伝熱コア6内で、ヘッダ8から流入した低温かつ高圧の流体と熱交換を行うことにより冷却された後に、出側ダクト10から流出する。しかし、伝熱コア6とハウジング7との間に隙間を設けると、伝熱コア6とハウジング7との間を流れるバイパス流が増加し、伝熱コア6による有効な熱交換が行われず、熱交換効率が低下するという問題がある。
【0013】
このような問題を解決するために、例えば、特許文献2には、伝熱コアの外周とハウジングの内面との間に隙間を設けて、伝熱コアをハウジング内に配置するとともに、伝熱コアの外周とハウジングの内面との間にワイヤーメッシュを介在させた積層型熱交換器が開示されている。この熱交換器によれば、弾性体であるワイヤーメッシュによって伝熱コアとハウジング間に発生する熱応力が緩和されるので、熱応力による伝熱コアの破損を防止できる。また、伝熱コアの外周とハウジングの内面との間の隙間はワイヤーメッシュによって大きな流通抵抗を有する経路となるため、伝熱コアとハウジングとの間を流れるバイパス流を極力抑えることができる。
【0014】
しかし、特許文献2で開示される積層型熱交換器は、伝熱コアの外周とハウジングの内面との間にワイヤーメッシュを介在させることにより、伝熱コアとハウジングとの間で流体を流れ難くするものであり、一次伝面方式を採用した熱交換器に要求される熱交換効率を実現できる程のバイパス流の封止効果を得ることは困難である。
【0015】
さらに、伝熱コアとハウジングとの間に隙間を設けて、ワイヤーメッシュを介在させる装置構成では、ハウジング内に伝熱コアを装入する際に、伝熱コアを当接する箇所がないことから、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コアの位置決めをすることが困難となり、熱交換器の生産性が低下するという問題がある。
【0016】
また、伝熱コアとハウジングとの間にワイヤーメッシュを介在させる装置構成では、伝熱コアから低温流体が漏洩した場合には、その検出が困難となるとともに、伝熱コアの修理が困難となる。
【0017】
【特許文献1】特願2005−335379号
【特許文献2】特開2004−132562号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0018】
上述のとおり、熱交換器を製造する際に、伝熱コアとハウジングとの間に隙間を設けることなく伝熱コアをハウジング内に配置すると、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差により熱応力が発生し、伝熱コアが破損するという問題がある。また、伝熱コアに熱応力が発生するのを回避するために、伝熱コアとハウジングとの間に隙間を設けて配置すると、伝熱コアとハウジングとの間を流れるバイパス流が増加することから、熱交換効率が低下する。さらに、伝熱コアとハウジングとの間に隙間を設けると、ハウジング内に伝熱コアを装入する際に、伝熱コアを当接する箇所がないことから、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コアの位置決めをすることが困難となり、熱交換器の製造に時間を要することから、生産性が低下する。
【0019】
本発明は、上述した問題に鑑みなされたものであり、伝熱コアに発生する熱応力を低減でき、かつ、伝熱コアとこれを収容するハウジングとの隙間に発生するバイパス流れを抑制できるとともに、ハウジング内における伝熱コアの位置決めを容易とする一次伝面型熱交換器を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0020】
本発明者らは、上記の課題を解決することを目的として種々の検討を行なった。その結果、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差により発生する熱応力を抑制するために、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置する際に、ハウジングの内面にスペーサーを設置し、このスペーサーに伝熱コアを当接することにより、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コアの位置決めが容易になることに着目した。
【0021】
さらに、本発明者らは、このスペーサーをバネ構造とすることにより、伝熱コアが押圧されて隙間が封止されるので、伝熱コアとハウジングとの間のバイパス流れを抑制できるとともに、温度変化に伴う伝熱コアの変形に対してフレキシブルに対応可能となることから、伝熱コアの破損を回避できるという知見を得た。
【0022】
本発明は、上記の知見に基づいて完成されたものであり、下記(1)〜(4)の一次伝面型熱交換器を要旨としている。
(1)一次伝熱面プレートを積層して各層間に交互に高温流体用通路と低温流体用通路が形成される伝熱コアを有する一次伝面型熱交換器において、前記伝熱コアと、前記伝熱コアを隙間を介して収容するハウジングを備え、前記伝熱コアと前記ハウジングとの隙間を封止するように、前記ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサーが設置されていることを特徴とする一次伝面型熱交換器。
(2)上記(1)に記載の一次伝面型熱交換器では、前記押圧用スペーサーを、前記ハウジングの内面のうち、一次伝熱面プレートの積層方向と平行であり、かつ流体の流入部または流出部を有さない面、および、一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な面に設置することにより、押圧用スペーサーを一方向にのみ設置する場合に比べて、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による発生熱応力を抑制することができる。
(3)上記(1)または(2)に記載の一次伝面型熱交換器では、折り曲げ加工された金属薄板からなる押圧用スペーサーを用いれば、押圧用スペーサーの構造が複雑にならず、設置が容易となるので望ましい。
(4)上記(1)〜(3)に記載の一次伝面型熱交換器では、押圧用スペーサーの素材としてステンレス系材料またはNi基超耐熱合金を用いれば、高強度かつ曲げ加工性に優れた薄板を得ることができるので望ましい。
【0023】
本発明において「一次伝熱面プレート」とは、ろう付け等により一体化される別部材の配置に替えて、薄い合金シートを、波形に形成することにより、または折り曲げることにより構成される面の両側で、高温および低温流体と直接接触している伝熱面を有する伝熱面プレートを意味する。
【発明の効果】
【0024】
本発明の一次伝面型熱交換器によれば、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置する構造でも、ハウジングの内面に押圧用スペーサーを設置することにより、伝熱コアとハウジングとの隙間が封止されるので、バイパス流れを防止でき、熱交換効率の低下を抑制できる。さらに、ハウジング内に伝熱コアを装入する際に、伝熱コアを押圧用スペーサーに当接することにより、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コアの位置決めが容易になるとともに、可撓性を有する押圧用スペーサーにより、伝熱コアおよびハウジングの寸法誤差が吸収されることから、熱交換器の製造が容易となるので、生産性が低下するのを防止できる。
【0025】
また、本発明の一次伝面型熱交換器は、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置する構造を採用するとともに、ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサーを備えることから、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による熱応力の発生を抑制し、伝熱コアが破損するのを回避できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0026】
以下に、本発明の一次伝面型熱交換器を図面に基づいて説明する。
【0027】
図3は、本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は台形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。図3に例示する一次伝面型熱交換器12では、台形型の伝熱コア6がハウジング7内に収容されており、ヘッダ8が接続される面と対向する面において、伝熱コア6とハウジング7との間に隙間が設けられるとともに、ハウジングの内面には可撓性を有する押圧用スペーサー11が2箇所に設置されている。
【0028】
図4は、本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は六角形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。
図4に例示する一次伝面型熱交換器12では、六角形型の伝熱コア6がハウジング7内に収容されており、一次伝熱面プレートの積層方向と平行であり、かつヘッダ8またはダクト9、10が接続される面とは異なる2面において、それぞれ伝熱コア6とハウジング7との間に隙間が設けられるとともに、ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサー11が2箇所に設置されている。
【0029】
このように、伝熱コア6とハウジング7との間に隙間を設ける面に押圧用スペーサー11が設置されているので、ハウジング7内に伝熱コア6を装入する際に、伝熱コア6を押圧用スペーサー11に当接することにより、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コア6の位置決めが容易となる。さらに、押圧用スペーサー11は可撓性を有することから、伝熱コア6およびハウジング7の寸法誤差が吸収されるので、熱交換器12の製造が容易となり、生産性が低下するのを防止できる。
【0030】
さらに、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による発生熱応力をより有効に抑制するために、ハウジングの内面のうち、一次伝熱面プレートの積層方向と平行であり、かつ流体の流入部または流出部を有さない面、および、一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な面に可撓性を有する押圧用スペーサーを設置することも可能である。
【0031】
図5は、多方向の面に押圧用スペーサーが設置された本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は台形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。図5に例示する一次伝面型熱交換器12では、台形型の伝熱コア6がハウジング7内に収容されており、ハウジング7の内面のうち、ヘッダ8が接続される面と対向する面、および一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な2面、すなわち、3面に可撓性を有する押圧用スペーサー11が設置されている。
【0032】
図6は、多方向の面に押圧用スペーサーが設置された本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は六角形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。図6に例示する一次伝面型熱交換器12では、六角形型の伝熱コア6がハウジング7内に収容されており、一次伝熱面プレートの積層方向と平行であり、かつヘッダ8またはダクト9、10が接続される面とは異なる2面、および一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な2面、すなわち、4面に可撓性を有する押圧用スペーサー11が設置されている。
【0033】
このように、本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーは、伝熱コアとハウジングとの隙間が、一方向のみならず多方向に設けられる場合にも、その隙間を封止できる。さらに、可撓性を有する押圧用スペーサーが多方向に設けられることにより、押圧用スペーサーが一方向にのみ設置される場合に比べて、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による発生熱応力をより一層抑制することができる。
【0034】
図3〜6に例示する一次伝面型熱交換器12では、入側ダクト9から流入した高温かつ低圧の流体は、伝熱コア6内で、ヘッダ8から流入した低温かつ高圧の流体と熱交換を行うことにより冷却された後に、出側ダクト10から流出する。この際、伝熱コア6とハウジング7との隙間は、押圧用スペーサー11により封止されているので、伝熱コアとハウジングとの間を流れるバイパス流が発生するのを防止できる。したがって、本発明の一次伝面型熱交換器によれば、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置した従来の一次伝面型熱交換器と比較して、熱交換効率を5〜15%程度向上させることが可能となる。
【0035】
図7は、本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーの構造例を模式的に示す図であり、同図(a)は三角形型かつ両端固定の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(b)は台形型かつ両端固定の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(c)は三角形型かつ片側固定の押圧用スペーサーを示す図である。なお、図7中の白抜き矢印は、伝熱コア6とハウジング7との隙間に流入する流体の流れ方向を示す。
【0036】
本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサー11は、構造を特に限定するものではなく、伝熱コア6とハウジング7との隙間を封止できるように、伝熱コア6を押圧するとともに、温度変化に伴う伝熱コア6の変形に追随する可撓性を備えるものであれば適用できる。しかし、一次伝面型熱交換器には温度サイクルに対する高い耐久性が要求されるので、複雑な構造は避けるべきであることから、押圧用スペーサー11として、折り曲げ加工された金属薄板を用いることが望ましい。
【0037】
また、本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサー11の形状は、図7(a)および(c)に示すような三角形や、図7(b)に示すような台形でも適用可能であり、図7には例示していないが、円形、楕円形、波形等も適用できる。さらに、折り曲げ加工された金属薄板を用いた押圧用スペーサー11の設置方法は、図7(a)および(b)に示すように、ハウジング7と接する金属薄板の両端を溶接またはろう付け等により固定する方法が適用でき、また、図7(c)に示すように、ハウジング7と接する薄板の片側端を溶接またはろう付け等により固定する方法も適用できる。
【0038】
すなわち、本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサー11は、伝熱コア6とハウジング7との隙間を封止するように、伝熱コア6を押圧するとともに、温度変化に伴う伝熱コア6の変形に追随する可撓性とを備えるものであれば、形状および設置方法を問わず適用することができる。したがって、図7(a)〜(c)に例示するいずれの押圧用スペーサー11を用いても、流体が伝熱コア6とハウジング7との間を流れるのを防止することができるとともに、伝熱コア6とハウジング7の熱膨張差や熱収縮差による熱応力の発生を抑制し、伝熱コア6が破損するのを回避できる。
【0039】
図8は、本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーの構造例を模式的に示す図であり、同図(a)は伝熱コアの外面に溝を設けた場合の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(b)は伝熱コアの外面に突起を設けた場合の押圧用スペーサーを示す図である。図8に示すように、伝熱コア6の外面のうち、ハウジング7との間に隙間が設けられる面に、溝や突起等を設けるとともに、それに対応する形状の押圧用スペーサーを用いることにより、ハウジング7内に伝熱コア6を装入する際に、隙間が設けられた面に水平な方向に対しても、伝熱コア6の位置決めが容易となる。これにより、熱交換器の製造が容易となり、生産性が低下するのを防止できる。
【0040】
図9は、本発明の一次伝面型熱交換器の主要構成部材の一例を模式的に示す分解図である。図9に示す一次伝面型熱交換器では、六角形型の伝熱コア6が採用されており、ヘッダ8、入側ダクト9および出側ダクト10は、一次伝熱面プレートの積層方向と垂直な同一平面で接続される。また、ハウジング7の4つの内面には、可撓性を有する押圧用スペーサー11が設置される。
【0041】
このように、本発明の一次伝面型熱交換器は、複雑な構造を要しないことから、伝熱コアから低温流体が漏洩した場合には、その検出が容易となるとともに、伝熱コアの修理が容易となる。
【0042】
本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーの素材としては、ステンレス系材料またはNi基超耐熱合金からなることが望ましい。このように、素材としてステンレス系材料またはNi基超耐熱合金を用いれば、高強度かつ曲げ加工性に優れた薄板を得ることができる。さらに、一次伝熱面プレートは、通常、ステンレス製やインコネル製のシートを用いて製造されることから、一次伝熱面プレートを製造する際に切り捨てられるシートの不要部分を、押圧用スペーサーとして転用すれば、材料コストを低減できる。ステンレス系材料としては、例えば、SUS347、SUS321、SUS310、SUS310S、SUS304等を、またNi基超耐熱合金としては、例えば、インコネル625等を用いることができる。
【産業上の利用可能性】
【0043】
本発明の一次伝面型熱交換器によれば、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置する構造でも、ハウジングの内面に押圧用スペーサーを設置することにより、伝熱コアとハウジングとの隙間が封止されるので、バイパス流れを防止でき、熱交換効率の低下を抑制できる。さらに、ハウジング内に伝熱コアを装入する際に、伝熱コアを押圧用スペーサーに当接することにより、隙間が設けられた面に垂直な方向に対して、伝熱コアの位置決めが容易になるとともに、可撓性を有する押圧用スペーサーにより、伝熱コアおよびハウジングの寸法誤差が吸収されることから、熱交換器の製造が容易となるので、生産性が低下するのを防止できる。
【0044】
また、本発明の一次伝面型熱交換器は、伝熱コアをハウジング内に隙間を設けて配置する構造を採用するとともに、ハウジングの内面に可撓性を有する押圧用スペーサーを備えることから、伝熱コアとハウジングの熱膨張差や熱収縮差による熱応力の発生を抑制し、伝熱コアが破損するのを回避できる。これにより、本発明の一次伝面型熱交換器は、高い燃料効率を維持できるとともに、製造が容易であり、かつ、温度サイクルに対する高い耐久性を備えた熱交換器として、分散型エネルギーシステム等の分野で広く適用できる。
【図面の簡単な説明】
【0045】
【図1】一次伝面方式による伝熱コアを示す図であり、同(a)は一次伝熱面プレートの一例を示す図であり、同(b)は2以上の一次伝熱面プレートを組み合わせて得られる伝熱コアの斜視図であり、同(c)は伝熱コアのディストリビューター部の断面を模式的に示した図である。
【図2】伝熱コアをハウジングに収容した一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図である。
【図3】本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は台形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。
【図4】本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は六角形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。
【図5】多方向の面に押圧用スペーサーが設置された本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は台形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。
【図6】多方向の面に押圧用スペーサーが設置された本発明の一次伝面型熱交換器の一例を模式的に示す図であり、同(a)は六角形型の伝熱コアを有する熱交換器を示す図であり、同(b)はA−A断面を示す図である。
【図7】本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーの構造例を模式的に示す図であり、同図(a)は三角形型かつ両端固定の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(b)は台形型かつ両端固定の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(c)は三角形型かつ片側固定の押圧用スペーサーを示す図である。
【図8】本発明の一次伝面型熱交換器に用いる押圧用スペーサーの構造例を模式的に示す図であり、同図(a)は伝熱コアの外面に溝を設けた場合の押圧用スペーサーを示す図であり、同図(b)は伝熱コアの外面に突起を設けた場合の押圧用スペーサーを示す図である。
【図9】本発明の一次伝面型熱交換器の主要構成部品の一例を模式的に示す分解図である。
【符号の説明】
【0046】
1.一次伝熱面プレート 2.一次伝熱面
3.押し潰し加工後の一次伝熱面の平面部
4.ディンプル 5.スペーサーバー
6.伝熱コア 7.ハウジング
8.ヘッダ 9.入側ダクト
10.出側ダクト 11.押圧用スペーサー
12.一次伝面型熱交換器
【出願人】 【識別番号】000183369
【氏名又は名称】住友精密工業株式会社
【出願日】 平成19年2月1日(2007.2.1)
【代理人】 【識別番号】100103481
【弁理士】
【氏名又は名称】森 道雄


【公開番号】 特開2008−190740(P2008−190740A)
【公開日】 平成20年8月21日(2008.8.21)
【出願番号】 特願2007−23251(P2007−23251)