トップ :: E 固定構造物 :: E06 戸,窓,シヤツタまたはロ−ラブラインド一般;はしご

【発明の名称】 円柱対応の梯子安定装置
【発明者】 【氏名】川原 廣司

【要約】 【課題】街路灯等円柱対応の、梯子安定設置

【構成】はしごの踏み桟最上段に装着して着脱容易な構造にボルト蝶ナット及び固定金具で構成し中央部にU字型開口を持つ基盤を設けその開口部に2面の湾曲接合板を先方解放する逆八字型に直立固定する装置構造で接合板を弾性体を介した構成の安定装置、小径の物は鋭角に受け密着を確実に約束し又先端部を鈍角に解放構造にする事により大径対応の軸間距離を増し小径から大径に至る、、円柱の径に関係なく密着対応出来る機能構造の安定安全装置の提供を目的とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
円柱の直立面を保持する湾曲する接合板を先方開放する逆八字型に基盤を構成し接合板に弾性体でライニングを介し形成している事を特徴とする、円柱対応の梯子安定装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は円柱対応の梯子安定設置に関する
【背景技術】
【0002】
従来、梯子の代表的な作業に電柱及び街路灯の保守作業は梯子作業が大勢を占める実状で小径の鋼管柱、ポール等の表面加工素材の円柱が多用されその作業に布を巻くなど其の場凌ぎの対応がなされており安定設置出来る技術商品は無い。
【0003】
仮設移動作業が主体であり梯子の自重に負荷され先端部に付く物と成る為荷重は際限なく軽量を要求される条件から簡素で軽量な大径対応のベルト方式が一般的に使用されているが、小径サイズの鋼管柱、ポールには接合面が過小で横移動が起き易く径も多種にわたり実際面に対応できる物が無い
【0004】
なお関連技術に下記物件等がある。
【特許文献1】 特開平08−312277号公報
上記文献1は梯子の左右両側に設けられた左右支持部材と各支持部材に略垂直軸回りに回動自在に支持され且つ対象物に当接させられる左右当接部材と各当接部材を当接位置で停止させる停止手段とを備えている梯子の固定装置。【特許文献2】 特開平11−270264号広報
【特許文献3】 特開平8−254091号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
以上上記に述べた従来の固定装置では小径の円柱対応の安全装備具が無い現状であり又特許文献1、2、3では構造が繁雑となり重量も当然嵩む又径の範囲が限定され作業も繁雑に成り現場の多様性と実際面に対応できる物がない、実情は一部に簡素なベルト式が使われている物があるが大径用であり小径には不具合が多く大勢は布巻き等の応急対応が定着している実態であり、加重の移動で支点が移動する為の回転落下事故が多く早期解決が望まれており、上記問題を解決するを目的とする。
【課題を解決する為の手段】
【0006】
本発明は上記課題を解決する為に円柱の直立面を保持する接合板を湾曲に曲げ先方を解放する逆八字型に基盤を構成して接合板を弾性体でライニングを介し形成していることを特徴とする装置で、梯子踏み桟最上段に着脱容易な構造の安定装置の提供を目的とする
【発明の効果】
【0007】
1、円柱の径サイズの大小無関係にどんな円柱、立木、角柱にも対応が出来る
2,柱の場所を選ばず対応できる、同時に相手の保護養生ができる
3、簡素な構造により軽量化が可能と成り、加えて操作が簡単に出来る。
4、脚立を梯子として使用する共用構造で着脱が容易に出来る
5、柱の手前側を開放構造により隙間を設け通線、結線等の作業が手前で多く出来る 梯子の架け替え等の余分な作業を減らし、非効率な高所作業の効率を上げる。
6、体重の加重で相手との密着を増し安定確立を得る装置である。
【発明を実施する為の最良の形態】
【0008】
梯子の多くは傾斜角度を考慮して踏み桟が使用時に水平構造に成っている事に着目して、踏み桟(7)最上段に載せて固定する安定装置で、基盤(1)に組み込むボルト(4)、蝶ナット及び座金(5)各4個及び固定金具(5)2個から成る基盤構造で踏み桟(7)を挟み固定する着脱構造でその基盤中央部分にU字型に開口部を設けその開口部分に湾曲に曲げた接合板(2)2面を先方を開放する逆八字型に直立固定し2面の接合板(2)を弾性体(3)で覆う装置構造で接合表面積の安定確保と密着を約束できる安定装置である。
【0009】
1)接合板逆八字型の先端部を鈍角に開放構造により大径の円柱に於いての支持間距離が大きく必要になり開放構造により自在に出来、径の大小に無関係に対応可能。鋼管柱、ポールをはじめ電柱立木に至る円柱に対応、角柱、壁面角にも対応出来る。
2)弾性体(3)の摩擦で密着する装置構成で滑りを防止し同時に相手養生をする
3)円柱の手前を開放構造により電線等の通線、結線作業も高所作業で非効率であり円柱手前側の作業性が容易になり作業効率を高める事が出来る。、
4)円柱対応の比較的高さが一定する電柱対応はフレーム間隔の広い脚立で梯子使用が一般的に多く利用する業種も多くあり、安定が良くなる反面横滑り移動の巾も大きくまた事故比率も高いことから着脱構造が共用できる構造で基盤裏にゴムスペーサを張り合わせて踏み桟の保護と固定不十分を想定して横滑りの防止を確実に出来る構成とした。
5)軽量化のため極力薄い板金を使用し切断面に沿って曲げを加える加工で薄板に強度を持たせ基盤上面で踏み桟機能を確保し安定足揚の確保と安全作業および作業能率の改善と墜落事故の防止を提供する安定,装置である。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】踏み桟に装着状態を示す斜視図
【図2】装置装着で電柱に立てかけ状態の使用例斜視図
【符号の説明】
【0011】
1、U字開口及びボルト穴を設けた装置基盤
2、湾曲接合板
3、弾性体
4、ボルト
5、蝶ナット及び座金
6、固定金具
7、踏み桟、
【出願人】 【識別番号】500001219
【氏名又は名称】川原 廣司
【出願日】 平成18年6月30日(2006.6.30)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−14110(P2008−14110A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−205335(P2006−205335)