トップ :: E 固定構造物 :: E02 水工;基礎;土砂の移送

【発明の名称】 トンネル型ジェット水流スクリーン
【発明者】 【氏名】中込 秀樹

【要約】 【課題】捕獲した夾雑物を水面より上に上げることなく分離し、水流に乗せて水路の外に運搬し、除塵機能を回復させることのできる除塵スクリーンを提供する。

【構成】夾雑物を含む流れに面して、昇降可能なレーキを備えたスクリーンを配置する。スクリーンに夾雑物が溜まって通水能力が低下した場合、レーキを降下させてスクリーンの夾雑物を掻き下げ、スクリーン下部前面の溝に導く。レーキを底まで降下させると、溝とレーキで夾雑物の周りにトンネル状空間が形成されるが、このトンネル状空間には一端にゲートないしバルブが連結され、他端は開放されて水路内の水が自由に出入りできる構造となっている。したがって、ゲートないしバルブを開放した場合、他端から水圧により勢い良く水が流れ込み、夾雑物はその水流に乗って水路外に押し流される。ゲートないしバルブを閉じ、レーキを再び引き上げると除塵機能が回復する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
水路内にスクリーン本体と、スクリーンが捕獲した夾雑物を掻き下ろす昇降可能なレーキと、レーキの駆動機構を備え、更にレーキが掻き下ろした夾雑物をストックできる細長い空間部をスクリーン本体の下部に備えていることを特徴とするトンネル型ジェット水流スクリーン。
【請求項2】
レーキが夾雑物を掻き下ろして前記空間部に夾雑物が溜まると、レーキもしくはその他の部材で夾雑物の周囲を取り囲み、夾雑物の周りにトンネル状の空間を形成することができる機構を備えていることを特徴とする請求項1に記載のトンネル型ジェット水流スクリーン。
【請求項3】
夾雑物の周囲にトンネル状の空間を形成した時、トンネル状の空間の一端は水路外部に通じる開閉装置付きの吐口に連結し、他端は水路内に開放しているため、吐口を開放することによりトンネル内部に両端の圧力差を利用して高速水流を発生させる機能を有していることを特徴とする請求項1に記載のトンネル型ジェット水流スクリーン。
【請求項4】
前記の圧力差を利用して起こした高速水流に載せて、夾雑物を水路の下流部や夾雑物収集篭等の目的地に搬送するための管路を備えていることを特徴とする請求項1に記載のトンネル型ジェット水流スクリーン。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、除塵用のスクリーンに係り、特に、夾雑物を水面より上に上げることなく水中でスクリーンから分離し、分離した夾雑物を高速水流(以下ジェット水流と称す)に載せて他の場所に搬送し、スクリーンとしての機能を速やかに回復させることができるようにしたものである。
【背景技術】
【0002】
従来の除塵装置は、例えば特開平8−113930で示されているように、スクリーンで捕獲した夾雑物をレーキで掻揚げて、ベルトコンベア等により別な場所に移動、集積し、産業廃棄物として処理していた。
【0003】
【特許文献1】特開平8−113930
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来のレーキ掻揚げ式の場合、以下の点が課題となる。
【0005】
夾雑物は、水面より上に揚げた時点から産業廃棄物として取り扱われるのが一般的であり、再び水中に戻すことができなくなる。
【0006】
そのため夾雑物の掻揚げ装置の他に、ベルトコンベア等の掻揚げた夾雑物を移動、集積、管理するための周辺設備が必要となる。
【0007】
夾雑物は濡れたまま空中を移動して集積場所でしばらく仮置きされるため、景観が損なわれたり、悪臭が発生しやすい。
【0008】
集積された夾雑物に対しては、管理や産業廃棄物としての処理が必要となり、人的、経済的負担が大きい。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明のトンネル型ジェット水流スクリーンは、水路内にスクリーン本体と、スクリーンが捕獲した夾雑物を掻き下ろす昇降可能なレーキと、レーキの駆動機構を備え、更にレーキが掻き下ろした夾雑物をストックできる細長い空間部をスクリーン本体の下部に備えている。
【0010】
スクリーンが夾雑物を捕獲し、レーキが捕獲した夾雑物を掻き下ろしてスクリーン本体下部の空間部に夾雑物が溜まると、その空間部周辺では、レーキもしくはその他の部材で夾雑物の周囲を取り囲み、夾雑物の周りにトンネル状の空間を形成する機構を備えている。
【0011】
また、トンネル状の空間は、一端が水路外部に通じる開閉装置付きの吐口に連結し、他端は水路内に開放しているため、吐口を開放することによりトンネル内部に両端の圧力差を利用してジェット水流を発生させることができる。
【0012】
そのようにして起こしたジェット水流に載せて、本発明のトンネル型ジェット水流スクリーンは、吐口に連結した管路により、夾雑物を水路の下流部や夾雑物収集篭等の目的地に搬送することができる。
【発明の効果】
【0013】
夾雑物を水面より上に揚げることなく水中でスクリーンから分離、排除することにより、夾雑物は産業廃棄物としての扱いは受けず、元の水路に戻すことができる。した
がって、産業廃棄物としての管理や処理は不要となる。
【0014】
また、夾雑物を処理する場合にも、ジェット水流による搬送先に篭を設置すれば夾雑物を集積、回収することができ、ベルトコンベア等の大掛かりな設備が不用となる。
【0015】
夾雑物は地下を水とともに移動し、人目につかず悪臭も発生しないことから、周辺の環境に対する影響が少ない。
【0016】
除塵システム全体が簡素化し、設備費、維持費ともに縮減でき、安全性が高い。
【実施例】
【0017】
以下は、本発明の一実施例について、図面を参照し詳述する。
【0018】
実施例のトンネル型ジェット水流スクリーン100は、水路内にスクリーン1と、スクリーン1が捕獲した夾雑物2を掻き下ろす降下式レーキ3と、レーキ駆動用モータ4と、スクリーン1の下部にはレーキ3が掻き下ろした夾雑物2をストックできる溝5と、更に溝の端部にはゲート6を備えている。
【0019】
除塵時は、レーキ3は水面よりも上に揚げておく。(ステップ1)
【0020】
スクリーン1から夾雑物2を取り除く場合、レーキ3をスクリーン1に沿って水中に降下させ、スクリーン1の夾雑物2をスクリーン1の下部にある溝5の中に押し下げてスクリーン1から分離すると同時に、レーキ3の一部と溝5とにより夾雑物2の周囲にトンネル状の空間7を形成する。(ステップ2)
【0021】
レーキ1を降ろしたまま、端部のゲート6を開放すると、水中に開放されている他端から勢い良く水がトンネル状の空間7に流れ込み、ジェット水流となって夾雑物2を水路の外に押し流し、夾雑物2は管路8を通って夾雑物集積用の篭9に搬送される。(ステップ3)
【0022】
そうした後、ゲート6を閉鎖し、最初の位置にレーキ3をセットし、再び除塵を開始する。
(ステップ1)
【0023】
以上のプロセスを繰り返すことにより、トンネル型ジェット水流スクリーン100の除塵機能は維持される。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】(a)は本発明のスクリーンを上流側から見た正面図、(b)は図(a)における側面図である。
【図2】(a)はステップ1の動作時の上流側から見た正面図、(b)は図(a)におけるA−A断面図である。
【図3】(a)はステップ2の動作時の上流側から見た正面図、(b)は図(a)におけるA−A断面図である。
【図4】(a)はステップ3の動作時の上流側から見た正面図、(b)は図(a)におけるB−B断面図である。
【符号の説明】
【0025】
W1 水路
W2 底面
WL 水面
100 トンネル型ジェット水流スクリーン
1 スクリーン
2 夾雑物
3 降下式レーキ
4 レーキ駆動用モータ
5 溝
6 ゲート
7 トンネル状空間
8 管路
9 夾雑物集積用の篭




【出願人】 【識別番号】504435461
【氏名又は名称】中込 秀樹
【出願日】 平成18年6月26日(2006.6.26)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−2224(P2008−2224A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−175071(P2006−175071)