トップ :: E 固定構造物 :: E01 道路,鉄道または橋りようの建設

【発明の名称】 受台抜け出し防止機構付きレール締結装置
【発明者】 【氏名】村上 卓男

【氏名】高瀬 力男

【氏名】佐藤 恵次

【氏名】三津谷 正

【氏名】山谷 一文

【氏名】斉藤 博昭

【氏名】新井 榮一

【要約】 【課題】受台の移動を阻止して、受台の抜け出しや移動によるレール締結装置の破損を防止するとともに、保線作業を省力化できるレール締結装置を提供すること。

【構成】レールRをコンクリートマクラギSに向けて弾性的に押圧するバネクリップ110と、バネクリップ110を支持するショルダー120と、ショルダー120をマクラギSに固定する締結ボルト130と、マクラギSに配置され、ショルダー120の後部124を当接させる当接面142を設けた楔形の受台140とを備えたレール締結装置において、ストッパー150を、受台140の当接面142に移動不能に装着するとともに、ショルダー120の側面に当接させて受台140の移動を阻止するようにした受台抜け出し防止機構付きレール締結装置100。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
レールをコンクリートマクラギ等の支承体に向けて弾性的に押圧するバネクリップと、前記バネクリップまたはバネクリップ支持体を前記支承体に固定する締結ボルトと、前記支承体に配置されて前記バネクリップまたはバネクリップ支持体の後部を当接させる当接面を設けた楔形の受台とを備えたレール締結装置において、
前記受台が、前記当接面に設けた長方形状のストッパー装着用凹部と、該ストッパー装着用凹部に着脱自在に装着されるストッパーとからなる受台抜け出し防止機構を備え、
前記ストッパーは、前記ストッパー装着用凹部の長辺よりも短い長辺を有する直方体状の装着部と、該装着部上面の一部に設けられ、前記バネクリップまたはバネクリップ支持体の側面に当接する当接部とを備えるとともに、前記装着部及び前記ストッパー装着用凹部の両側には、互いに係合する連続した山形状の係合部がそれぞれ形成されていることを特徴とする受台抜け出し防止機構付きレール締結装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、レールを軌道スラブやコンクリートマクラギ等の支承体に締結するレール締結装置に関し、特に、レールからの横圧を受ける受台の抜け出しや移動を防止したレール締結装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、コンクリートマクラギ等の支承体を用いた鉄道軌道では、支承体上面に、レールの長手方向に対して傾斜した肩部を有する窪んだ座面が設けられ、この座面にレール締結装置を配置してレールを支承体に締結している。
このようなレール締結装置としては、レールを支承体に向かって弾性的に押圧するバネクリップ(線バネ)を装着するためのバネクリップ支持体を締結ボルトにより支承体に固定するとともに、レールからの横圧を受け止めるように、座面の肩部側面に密接して配置され、バネクリップ支持体の後部を当接させる受台を備えたものがある。
また、別のレール締結装置としては、板バネの中間部を円弧状に屈曲させたバネクリップを締結ボルトによって支承体に固定するとともに、レールからの横圧を受け止めるように、座面の肩部側面に密接して配置され、バネクリップの後部を当接させる受台を備えたものもある(特許文献1参照)。
【0003】
そして、これら締結装置の受台は楔形に形成され、支承体の座面の傾斜した肩部側面に沿うように、外側を斜面とするとともに、バネクリップまたはバネクリップ支持体の後部が当接する当接面がレールと平行になるように内側に設けられ、肩部側面に沿って移動することにより、レールと受台との間隔を可変として、レールの位置に応じて調整できるようにしている。
【特許文献1】実用新案登録第2511764号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところが、列車の走行によって、レールを介して締結装置に伝わる振動等により、バネクリップまたはバネクリップ支持体を支承体に固定している締結ボルトが緩み、受台への押圧力が低下し、受台が抜け出すことがある。
そうすると、レールからの横圧は、受台を介して支承体で受け止めることができず、バネクリップまたはバネクリップ支持体が支承体の座面肩部に当たり、衝撃等により、支承体の座面肩部を破壊し、もしくは、締結ボルトに直接横圧が作用し、締結ボルト、あるいは、締結ボルトを螺着する支承体の埋込栓が破損し、レールを固定することができなくなるという問題がある。
そのため、このような受台の抜け出しの有無を頻繁に点検し、受台を適正な位置に戻す必要であるため、保線作業に手間がかかるという問題がある。
【0005】
そこで、本発明は、前述したような問題を解決するものであって、すなわち、本発明の目的は、受台の移動を阻止して、受台の抜け出しによるレール締結装置の破損を防止するとともに、保線作業を省力化できる受台抜け出し防止機構付きレール締結装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、レールをコンクリートマクラギ等の支承体に向けて弾性的に押圧するバネクリップと、前記バネクリップまたはバネクリップ支持体を前記支承体に固定する締結ボルトと、前記支承体に配置されて前記バネクリップまたはバネクリップ支持体の後部を当接させる当接面を設けた楔形の受台とを備えたレール締結装置において、前記受台が、前記当接面に設けた長方形状のストッパー装着用凹部と、該ストッパー装着用凹部に着脱自在に装着されるストッパーとからなる受台抜け出し防止機構を備え、前記ストッパーは、前記ストッパー装着用凹部の長辺よりも短い長辺を有する直方体状の装着部と、該装着部上面の一部に設けられ、前記バネクリップまたはバネクリップ支持体の側面に当接する当接部とを備えるとともに、前記装着部及び前記ストッパー装着用凹部の両側には、互いに係合する連続した山形状の係合部がそれぞれ形成されていることにより、前記課題を解決したものである。
【発明の効果】
【0007】
本発明は、受台が、バネクリップまたはバネクリップ支持体の後部を当接させる当接面に設けた長方形状のストッパー装着用凹部と、ストッパー装着用凹部に着脱自在に装着されるストッパーとからなる受台抜け出し防止機構を備え、ストッパーは、ストッパー装着用凹部の長辺よりも短い長辺を有する直方体状の装着部と、装着部上面の一部に設けられ、バネクリップまたはバネクリップ支持体の側面に当接する当接部とを備えるとともに、装着部及びストッパー装着用凹部の両側には、互いに係合する連続した山形状の係合部がそれぞれ形成されているので、ストッパーは移動不能に受台に装着されるとともに、マクラギ等の支承体に固定されているバネクリップまたはバネクリップ支持体の側面に当接しているため、振動等により受台に対するバネクリップまたはバネクリップ支持体の押圧力が低下しても、受台の抜け出しは阻止されるので、支承体の座面肩部の破損や埋込栓の破壊、もしくは、締結ボルトの破壊を防止できる。
そのため、受台の抜け出しの有無を点検したり、補修したりする必要がないので保線作業の省力化を図ることができる。
また、ストッパーの装着部の長辺をストッパー装着用凹部の長辺よりも短くしているので、装着位置をバネクリップやバネクリップ支持体の位置に容易に合わせることができる。
さらに、ストッパーの当接部は、装着部上面の一部に設けているので、バネクリップや支持体が装着部の平坦部を覆うように配置でき、ストッパーが上方に抜け出すことがない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
ここで、図1は、本発明の一実施例に係る受台抜け出し防止機構付きレール締結装置によりレールを締結した鉄道軌道の平面図であり、図2は、一部を断面で示した鉄道軌道の正面図であり、図3は、本実施例の受台及びストッパーの斜視図であり、図4は、図1のA−A線で示した断面図である。
【0009】
図1及び図2に示すように、レールパッドPを介してコンクリートマクラギSに載置されたレールRは、一対の受台抜け出し防止機構付きレール締結装置100、100により、マクラギSに締結され、これらレール締結装置100、100は、マクラギSに設けた一対の窪んだ座面S1、S1にそれぞれ配置されている。
受台抜け出し防止機構付きレール締結装置100は、レールRをマクラギSに向けて弾性的に押圧するバネクリップ110と、このバネクリップ110の支持体であるショルダー120と、このショルダー120をマクラギに固定する締結ボルト130と、バネクリップ110及びショルダー120を介してレールRからの横圧を受けるように、ショルダー120の後部124を当接させる楔形の受台140とを備え、受台140は、座面S1の肩部側面S2に密接して配置され、レールRからの横圧を受台140を介してマクラギSで受け止めるようにしている。
また、受台140には、ストッパー装着用凹部146が設けられ、この凹部146にストッパー150が装着されて受台抜け出し防止機構を構成している。
【0010】
マクラギSに形成している窪んだ座面S1は、図1に示すように、肩部側面S2をレールRの長手方向に対して傾斜した斜面に形成しており、この斜面に沿って楔形の受台140が移動可能に配置されている。
【0011】
楔形の受台140は、座面S1の傾斜した肩部側面S2に沿うように、外側141を斜面とするとともに、ショルダー120の後部124が当接する当接面142をレールRと平行になるように内側に設けている。
したがって、ショルダー120と座面S1の肩部側面S2に沿って受台140を移動させると、ショルダー120の締結ボルト取付孔123の中心と、座面S1の埋込栓170の中心を同一として配置されたショルダー120と受台140との間隔が変わるので、受台140の位置を調整することにより、常に、ショルダー後部端面125が受台140の当接面142に当接するようにショルダー120を取り付けることができる。
【0012】
バネクリップ110は、線状のバネ部材で形成され、ショルダー120に取り付ける直線状の取付部111と、ショルダー120の上面に当接する直線状のショルダー当接部112と、レール底部S1を押圧する直線状の押さえ部113とからなっており、これら取付部111、当接部112及び押さえ部113は、それぞれ平行になるように湾曲部114、115を介して接続されている。
【0013】
ショルダー120は、前部121に、レールRと平行するように、左右方向に貫通したバネクリップ取付孔122と、上面から下面に向かって貫通した締結ボルト取付孔123とが設けられ、締結ボルト取付孔123は、六角穴用スパナ等の取付工具を挿入する上部と、締結ボルト130を取り付けるために雌ねじ123aを形成した下部とからなっている。
また、後部124の端面125を円弧状として、受台140の当接面142に当接するようにしている。
そして、ショルダー120の上面から、六角穴用スパナ(図示せず)を締結ボルト取付孔123に挿入し、締結ボルト130の上面に設けた六角穴130aに嵌合させて回動することにより、締結ボルト130の上部に設けた雄ねじ130bが締結ボルト取付孔123の雌ねじ123aに、ショルダー120の底面から上面に向けて螺合して、ショルダー120が締結ボルト130に取り付けられる。
【0014】
また、ショルダー120を締結ボルト130によりマクラギSに固定し、バネクリップ110の取付部111をショルダー120のバネクリップ取付孔122に嵌入すると、ショルダー当接部112がショルダー120をマクラギ方向に押圧するとともに、押さえ部113がレール底部R1をインシュレータ160を介してマクラギSに向かって付勢することにより、レールRをマクラギSに締結させる。
なお、本実施例では、押さえ部113は、インシュレータ160を介してレール底部S1を押圧するようにしているが、押さえ部113をレール底部S1上面に当接させて、レール底部S1を直接押圧してもよい。
【0015】
受台140には、受台140の移動を阻止する受台抜け出し防止機構が設けられ、この防止機構は、図3に示すように、受台140に設けられた長方形状のストッパー装着用凹部146と、この凹部146に着脱自在に装着され、ショルダー120の受台140縮径側の側面126に当接するストッパー150とからなっている。
受台140の当接面142は、平坦部143と円弧部144と垂直部145とから構成され、ストッパー装着用凹部146は、平坦部143の中央部近傍から縮径部に向かって形成され、その長手方向両側には、連続した山形状の係合部146aが形成されている。
【0016】
また、ストッパー150は、ストッパー装着用凹部146に装着される直方体状の装着部151と、ショルダー120の側面に当接するように、装着部151の上面に設けられた当接部152とからなっている。
装着部151の両側には、ストッパー装着用凹部146に設けられた連続した山形状の係合部146aに係合するように、連続した山形状の係合部151aが設けられ、一方の山を他方の谷に嵌合させることによってストッパー150を移動不能に受台140に装着するようにしている。
さらに、ストッパー150は、装着部151の長辺をストッパー装着用凹部146の長辺よりも短く、本実施例では半分以下にして、ショルダー120の配置箇所が変更されても、この変更に対応して装着位置を自在に変更できるようにしている。
【0017】
当接部152は、装着部151の上面の一部に設けられ、他部を平坦部151bとして残すようにしている。
本実施例では、装着部151上面の一端部から中央部との間を平坦面151bとし、中央部から他端部に向かって当接部152を設けている。当接部152は、中央部から他端部を越えて延びた直方体状であって、下部152aの中央側を突出させてショルダー当接面152bとするとともに、端部側下部を傾斜面152cとして装着部151の上端面と接続している。
また、中間部の両側には、装着作業を容易にするように、長手方向に延びる凹状の把持部152dが形成されている。
なお、本実施例では、ショルダー当接面152cを当接部152の下部に設けているが、ショルダー当接側全面としてもよい。
【0018】
本実施例は、前述した構成により、ショルダー120の底部から締結ボルト130の上部の雄ねじ130bをショルダー120の雌ねじ123aに螺合させ、締結ボルト130の下部の雄ねじ130cを埋込栓170の雌ねじ170aに螺合させ、ショルダー120の後部124に当接させるように、受台140を窪みS1の側面S2に沿って移動させた後、ストッパー150をストッパー装着用凹部146に装着し、同時に、受台140の縮径側となるショルダー120の側面126に、ストッパー150を当接させる。
さらに、ショルダー120の締結ボルト取付孔123に、上面から六角穴用スパナ(図示せず)を挿入して、締結ボルト130の上面に設けた六角穴130aに嵌合させ、締結ボルト130の上部に形成した雄ねじ130bをショルダー120の雌ねじ123aに、締結ボルト130の下部に形成した雄ねじ130cを埋込栓170の雌ねじ170aに螺着させ、ショルダー120をマクラギSに取り付ける。
次いで、ショルダーの貫通孔122にバネクリップ110の挿入部111を嵌入すると、押さえ部113がレール底部R1上面に配置され、インシュレータ160を介してレール底部R1をマクラギSに向かって押圧することによりレールRがマクラギSに締結される。
【0019】
そして、図4に示すように、受台140のストッパー装着凹部146にストッパー150が移動不能に装着され、その当接部152の当接面152bがショルダー120の側面126(受台140の縮径側の側面)に当接しているので、受台140に対する押圧力が低下しても、受台140の拡径方向(図中左方向)、すなわち、抜け出し方向への動きは、ストッパー150を介してマクラギSに固定されているショルダー120によって規制され、抜け出すことはない。
また、ストッパー150の装着部151上面には、端部から当接部152に伸びる平坦部151bが設けあるので、ショルダー120は、この平坦部151bを覆う形で装着されるため、ストッパー150は上方に抜け出すことはない
【0020】
なお、この実施例では、バネクリップとして線バネを用い、ショルダーで支持しているが、前記特許文献1に記載のような、板バネの中間部を屈曲させたバネクリップを用いてもよい。
【0021】
以上、詳述したように、本発明の受台抜け出し防止機構付きレール締結装置は、受台が、長方形状のストッパー装着用凹部と、このストッパー装着用凹部に着脱自在に装着されるストッパーとからなる受台抜け出し防止機構を備え、ストッパーは、ストッパー装着用凹部の長辺よりも短い長辺を有する直方体状の装着部と、装着部上面の一部に設けられ、バネクリップまたはバネクリップ支持体の側面に当接する当接部とを備えるとともに、前記装着部及び前記ストッパー装着用凹部の両側には、互いに係合する連続した山形状の係合部がそれぞれ形成されているので、受台に対する押圧力が低下しても、その移動を阻止して、受台の抜け出しや移動によるレール締結装置の破損を防止するともに、保線作業を省力化できるという、顕著な効果を奏するものである。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本実施例に係る受台抜け出し防止機構付きレール締結装置によりレールを締結した鉄道軌道の平面図。
【図2】一部を切り欠け断面で示した鉄道軌道の正面図。
【図3】本実施例の受台及びストッパーの斜視図。
【図4】図1のA−A線で示した断面図。
【符号の説明】
【0023】
100 ・・・ 受台抜け出し防止機構付きレール締結装置
110 ・・・ バネクリップ
111 ・・・ 取付部
112 ・・・ ショルダー当接部
113 ・・・ 押さえ部
114、115 ・・・ 湾曲部
120 ・・・ ショルダー
121 ・・・ 前部
122 ・・・ バネクリップ取付孔
123 ・・・ 締結ボルト取付孔
123a・・・ 雌ねじ
124 ・・・ 後部
125 ・・・ 端面
126 ・・・ 側面
130 ・・・ 締結ボルト
130a・・・ 六角穴
130b・・・ 上部の雄ねじ
130c・・・ 下部の雄ねじ
140 ・・・ 楔状の受台
141 ・・・ 外側
142 ・・・ 当接面
143 ・・・ 平坦部
144 ・・・ 円弧部
145 ・・・ 垂直部
146 ・・・ ストッパー装着用凹部
146a・・・ 係合部
150 ・・・ ストッパー
151 ・・・ 装着部
151a・・・ 係合部
151b・・・ 平坦部
152 ・・・ 当接部
152a・・・ 下部
152b・・・ 当接面
152c・・・ 傾斜面
152d・・・ 把持部
160 ・・・ インシュレータ
170 ・・・ 埋込栓
170a・・・ 雌ねじ
R ・・・ レール
R1・・・ レール底部
S ・・・ コンクリートマクラギ
S1・・・ 座面
S2・・・ 肩部側面
【出願人】 【識別番号】000221616
【氏名又は名称】東日本旅客鉄道株式会社
【識別番号】000216047
【氏名又は名称】鉄道軌材工業株式会社
【出願日】 平成18年7月13日(2006.7.13)
【代理人】 【識別番号】100111372
【弁理士】
【氏名又は名称】津野 孝

【識別番号】100132997
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴木 寛治

【識別番号】100119921
【弁理士】
【氏名又は名称】三宅 正之

【識別番号】100112058
【弁理士】
【氏名又は名称】河合 厚夫


【公開番号】 特開2008−19649(P2008−19649A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−193218(P2006−193218)