トップ :: C 化学 冶金 :: C12 生化学;ビ−ル;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学

【発明の名称】 清酒の製造方法
【発明者】 【氏名】平澤 修

【氏名】安澤 義彦

【氏名】本間 一郎

【要約】 【課題】エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つ、アミノ酸度が極めて低い淡麗な清酒の製造方法を提供すること。

【解決手段】α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時の麹を使用して醪を作成し、この醪を使用して清酒を製造することを特徴とする清酒の製造方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時の麹を使用して醪を作成し、この醪を使用して清酒を製造することを特徴とする清酒の製造方法。
【請求項2】
請求項1記載の清酒の製造方法において、前記麹はタンパク質分解酵素及び糖化酵素が適量含まれた製麹途時の麹であることを特徴とする清酒の製造方法。
【請求項3】
請求項1記載の清酒の製造方法において、前記麹は麹の盛り工程から仲仕事工程の間の製麹途時の麹であることを特徴とする清酒の製造方法。
【請求項4】
請求項1〜3いずれか1項に記載の清酒の製造方法において、前記酵素剤にはグルコアミラーゼが含まれていることを特徴とする清酒の製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、エチル−α−D−グルコシドを高含有する清酒の製造方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から、エチル−α−D−グルコシド(オリゴ糖の一部がエタノールで置換されたもの)が持つ呈味性を利用して清酒の風味を向上することが種々試みられており、例えば特開2005−80611号(特許文献1)に開示されるエチル−α−D−グルコシドを高含有する清酒の製造方法(以下従来例)が提案されている。
【0003】
この従来例は、醪を作成する仕込み工程にグルコシダーゼ剤と特殊な酵母を使用することでエチル−α−D−グルコシドを高含有する清酒を得るものである。
【0004】
【特許文献1】特開2005−80611号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明者等は、エチル−α−D−グルコシドを高含有する清酒について更なる研究開発を進めた結果、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つ、アミノ酸度が極めて低い淡麗な清酒の製造方法を開発した。
【課題を解決するための手段】
【0006】
添付図面を参照して本発明の要旨を説明する。
【0007】
α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時の麹を使用して醪を作成し、この醪を使用して清酒を製造することを特徴とする清酒の製造方法に係るものである。
【0008】
また、請求項1記載の清酒の製造方法において、前記麹はタンパク質分解酵素及び糖化酵素が適量含まれた製麹途時の麹であることを特徴とする清酒の製造方法に係るものである。
【0009】
また、請求項1記載の清酒の製造方法において、前記麹は麹の盛り工程から仲仕事工程の間の製麹途時の麹であることを特徴とする清酒の製造方法に係るものである。
【0010】
また、請求項1〜3いずれか1項に記載の清酒の製造方法において、前記酵素剤にはグルコアミラーゼが含まれていることを特徴とする清酒の製造方法に係るものである。
【発明の効果】
【0011】
本発明は上述のようにするから、前述した従来例に比し、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つアミノ酸度が極めて低い、従来にはない淡麗な清酒が得られる清酒の製造方法となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
好適と考える本発明の実施形態を、図面に基づいて本発明の作用を示して簡単に説明する。
【0013】
清酒の製造に際し、α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時の麹を使用して仕込み工程を行うことで醪を作成する。
【0014】
具体的には、蒸し米に、α−グルコシダーゼを含む酵素剤(例えばアスペルギルス・オリゼ,アスペルギルス・ニガー等のα−グルコシダーゼを含有した酵素剤),製麹途時の麹,酒母及び水を加えて仕込み工程を行う。この仕込み工程により得られた醪からは、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つアミノ酸度が極めて低い清酒が製造される。
【0015】
エチル−α−D−グルコシドは清酒の風味を向上させ、アミノ酸度の低減はいわゆる淡麗ですっきりとした清酒に仕上げることに貢献する。
【0016】
この点について本発明者等は、α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び出麹(製麹を最後まで行うことで得た麹)を使用して作成した醪により得られた清酒に比し、α−グルコシダーゼを含む酵素剤及製麹途時の麹を使用して作成した醪により得られた清酒が、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つ、アミノ酸度が極めて低いことを実験により確認している。
【0017】
このエチル−α−D−グルコシドを高含有するのは、醪を作成する際、エチル−α−D−グルコシドの生成に必要とされるオリゴ糖の分解を抑制できるからである。即ち、エチル−α−D−グルコシドは、酵素に含まれるα−グルコシダーゼがオリゴ糖(α−グルコシダーゼが米の糖に作用して生成される)及びエタノール(酒母に含まれる酵母の発酵作用により生成される)に作用することで生成されるが、製麹途時の麹はオリゴ糖を分解する糖化酵素(グルコアミラーゼ)の含有量が少ないことから(出麹では糖化酵素の含有量が多く、オリゴ糖を多く分解してしまう)、オリゴ糖の分解が抑制されることになり、よってエチル−α−D−グルコシドが多量に生成される。
【0018】
また、アミノ酸は米のタンパク質が麹に含まれるタンパク質分解酵素により分解されて生成されるが、製麹途時の麹はこのタンパク質分解酵素(酸性カルボキシペプチダーゼ)が少ないから、タンパク質の分解が抑制されることになり、よって、アミノ酸の生成量が少なくなり、アミノ酸度が低くなる。
【0019】
以上のように、本発明は、従来例に比し、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つ、アミノ酸度が極めて低い、従来例にはない淡麗な清酒が得られることになる。
【実施例】
【0020】
本実施例は、図1に図示した清酒の製造方法における醪を作成する仕込み工程に際し、α−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時の麹を使用して醪を作成する場合である。
【0021】
この醪を作成する仕込み工程は、図1に図示したように蒸し米に麹及び酒母を加えることで醪を作成する工程である。
【0022】
また、この仕込み工程は、多段階で行うのが一般的であって、例えば初添、仲添、留添の3段階で行う。
【0023】
本実施例では、α−グルコシダーゼを含む酵素剤として、天野エンザイム社製の四段用酵素剤TG−Bなどのα−グルコシダーゼ及びグルコアミラーゼを含んだ酵素剤を採用している。
【0024】
糖転移酵素の一つであるα−グルコシダーゼは、糖(米のデンプンに麹に含まれる糖化酵素が作用して生成される)に作用してオリゴ糖を生成し、更にこのオリゴ糖の一部を発酵により生じたエタノールに置き換える作用を有する為、醪中にエチル−α−D−グルコシドが生成される。
【0025】
このα−グルコシダーゼを含んだ酵素剤は仕込み工程の初添の段階で使用する方が望ましい。これは仕込み工程の初期の段階では糖が多く存在する為、α−グルコシダーゼにより多くのオリゴ糖が得られるからである。
【0026】
また、酵素剤としてはグルコアミラーゼが含まれる酵素剤を採用している。グルコアミラーゼは米のデンプンをグルコースに変える作用を有し、このグルコースは発酵によりエタノールに変るため、グルコアミラーゼが含まれる酵素剤を採用することで、麹にもともと含有されるグルコアミラーゼ(麹中で生成されるグルコアミラーゼ)と合わせて作用し、多量のエタノールが得られる。
【0027】
よって、多量のオリゴ糖及び多量のエタノールの存在によりエチル−α−D−グルコシドがより多く生成される。
【0028】
また、本実施例では、麹として前述したように製麹途時の麹を採用している。
【0029】
麹は図2に図示した各工程(引き込み工程〜仕舞い仕事工程)により製造される。
【0030】
ここで、引き込み工程とは、米を蒸し、該蒸し米を麹室に入れる工程である。
【0031】
種付け工程とは、前記引き込み工程で麹室内に入れて冷ました蒸し米に粉末状の麹菌を振りかける工程である。
【0032】
寝かせ工程とは、前記種付け工程で得た麹菌が振りかけられた蒸し米(この時点から麹と言われる)を堆積して掛け布で覆い10時間程度35℃程度になるまで保温する工程である。
【0033】
切り返し工程とは、前記寝かせ工程で得た麹をほぐし、黄麹菌の繁殖により発生した熱を放散させ温度を均一化し、再度、堆積して掛け布で覆う工程である。
【0034】
盛り工程とは、前記切り返し工程で得た麹を小さな箱に少量づつ小分けし、該箱を積み重ねて管理し、再度、麹の温度が上昇したら、箱を積み替えて麹の温度が40℃程度になるよう保持する工程である。
【0035】
仲仕事工程とは、前記盛り工程で得た麹を再度、麹をほぐし該麹の温度を均一にする工程である。
【0036】
仕舞い仕事工程とは、前記仲仕事で得た麹を、再度、ほぐし該麹の温度を均一にする工程である。
【0037】
上記の工程の後、更に時間を措き、麹室から麹を出す(出麹)。
【0038】
本実施例では、麹として前記盛り工程から仲仕事工程までの間の麹を使用して醪を作成する。
【0039】
盛り工程から仲仕事工程までの間の麹を採用するのは、アルコールの生成には必要であるがエチル−α−D−グルコシド生成には不要となる糖化酵素(グルコアミラーゼ)の生成量を考慮するからである。
【0040】
即ち、盛り工程から仲仕事工程までの間の麹は、糖化酵素(グルコアミラーゼ)は少量しか生成されない為オリゴ糖の分解が抑制されエチル−α−D−グルコシドは高含有となる。
【0041】
また、盛り工程から仲仕事工程までの間の麹は、タンパク質分解酵素(酸性カルボキシぺプチダーゼ)が少量しか生成されていない為、タンパク質の分解が抑制されアミノ酸は少なくなる。
【0042】
盛り工程以前の麹は、タンパク質分解酵素の生成量においては支障はないが、生成する糖化酵素が少量すぎる為、十分なグルコースの生成量が得られず、よって、十分なアルコールが得られない。従って、盛り工程以前の麹は好ましくない。
【0043】
また、仕舞い仕事工程後の麹は、糖化酵素が過多となってしまいオリゴ糖は分解されグルコースになってしまい、エチル−α−D−グルコシドは少量しか生成されず、また、タンパク質分解酵素(酸性カルボキシぺプチダーゼ)も過多となってしまいタンパク質の分解が進行し、アミノ酸が多くなる。従って、仕舞い仕事工程後の麹は好ましくない。
【0044】
また、盛り工程から仲仕事工程までの間の麹を使用するから、この採用する麹を得るま
での時間が短くて済む。
【0045】
以上のα−グルコシダーゼを含む酵素剤及び製麹途時(盛り工程〜仲仕事工程までの間)の麹を使用して醪を作成することで、エチル−α−D−グルコシドを高含有し、且つ、アミノ酸度が極めて低い、淡麗な清酒が得られる。
【0046】
尚、製麹工程を最後まで行った麹(いわゆる出麹)であっても、その麹歩合を減らすことで糖化酵素を減らすことができ、よって、エチル−α−D−グルコシドを高含有にできると考えられる。しかしながらこのやり方では麹歩合が15%以上でないと清酒として扱われず酒税法における清酒の枠から外れてしまう為、実際に清酒の製造方法としては採用できない。
【0047】
本発明者等は、エチル−α−D−グルコシドが高含有であり、且つ、アミノ酸度が低い清酒が実際得られたことを以下の実験例1〜3により確認している。
【0048】
<実験例1>
実験例1による新潟県産五百万石60%精米及び種麹として黄麹菌を使用し製麹を行い、盛り工程麹,仲仕事工程麹及び出麹の糖化力価(グルコアミラーゼ)測定(キッコーマン社製糖化力価測定キット使用)を行った。(糖化力価とは、デンプンのα−1,4結合を非還元末端からグルコース単位で分解する力価をあらわす。値が高ければグルコースを多く生成し、低ければグルコースの生成量は少ない。単位は、40℃、60分に1mgのグルコースを生成する活力を1Uとする。)
【0049】
【表1】


【0050】
[結果]
出麹に比し、盛り工程麹,仲仕事工程麹の糖化力は1/10以下であった。従って、出麹より盛り工程麹,仲仕事工程麹を用いた方がオリゴ糖が多く存在し得る状態を実現できるといえる。
【0051】
<実験例2>
実験例2による麹米千秋楽50%精米及び種麹として黄麹菌を使用し製麹を行い、盛り工程麹,仲仕事工程麹及び出麹の酸性カルボキシペプチダーゼ力価測定(キッコーマン社製酸性カルボキシペプチダーゼ力価測定キット使用)を行った。(カルボキシペプチダーゼ力価とは、タンパク質を分解し、アミノ酸単位に分解する力価をいう。カルボキシペプチダーゼ力価が高ければアミノ酸度は高くなる。)
【0052】
【表2】


【0053】
[結果]
出麹に比し、盛り工程麹,仲仕事工程麹の酸性カルボキシペプチダーゼ力価は1/10〜1/8以下であった。従って、出麹より盛り工程麹,仲仕事工程麹を用いた方がアミノ酸が少量しか存在しない状態を実現できるといえる。
【0054】
<実験例3>
実験例3による下記の仕込み配合により、α−グルコシダーゼを含む酵素剤を添加し、盛り工程麹,仲仕事工程麹及び出麹を夫々使用した通常小仕込みを行い、下記の表3のように分析結果を得た。
【0055】
※ 対照は通常出麹を使用し、α−グルコシダーゼを含む酵素剤は使用していない。
【0056】
配合:通常小仕込み
掛け米:42.5g
麹:7.25g
汲み水:70ml(汲み水歩合140%)
酵母培養液:2ml
酵素剤:0.05g(α−グルコシダーゼを含む酵素剤)
【0057】
【表3】


【0058】
※小仕込みは2連で行いその平均値を記載した。
【0059】
※エチル−α−D−グルコシドは高速液体クロマトグラフィ−にて測定をおこなった。
【0060】
※その他は国税庁所定分析法に従い分析を行った。
【0061】
[結果]
対照(酵素剤不使用)と通常出麹(酵素剤使用)を使用した場合を比較すると、通常出麹(酵素剤使用)を使用した場合はエチル−α−D−グルコシドの生成量は7倍に増加したが、アミノ酸度も1.5倍に増加した。
【0062】
また、対照(酵素剤不使用)と本実施例を比較すると、本実施例はエチル−α−D−グルコシドの生成量は20倍程度に増加し、アミノ酸度は1/4〜1/2以下に減少した。
【0063】
また、通常出麹(酵素剤使用)を使用した場合と本実施例を比較すると、本実施例の盛り工程麹,仲仕事工程麹を使用した場合はエチル−α−D−グルコシドの生成量は2.6倍程度に増加し、アミノ酸度は1/6〜1/4以下に減少した。
【0064】
尚、本発明は、実施例に限られるものではなく、各構成要件の具体的構成は適宜設計し得るものである。
【図面の簡単な説明】
【0065】
【図1】本実施例に係る清酒の製造工程を示すフローチャートである。
【図2】麹の製造工程を示すフローチャートである。
【出願人】 【識別番号】397012484
【氏名又は名称】朝日酒造 株式会社
【出願日】 平成18年12月28日(2006.12.28)
【代理人】 【識別番号】100091373
【弁理士】
【氏名又は名称】吉井 剛

【識別番号】100097065
【弁理士】
【氏名又は名称】吉井 雅栄


【公開番号】 特開2008−161144(P2008−161144A)
【公開日】 平成20年7月17日(2008.7.17)
【出願番号】 特願2006−356282(P2006−356282)