トップ :: C 化学 冶金 :: C10 石油,ガスまたはコ−クス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭

【発明の名称】 有機物含有物処理方法および有機物含有物処理装置
【発明者】 【氏名】鈴木 博

【要約】 【課題】資源の再利用ができて、しかもエネルギー消費が少ない有機物含有物処理方法および有機物含有物処理装置を提供する。

【構成】オイル気化装置4によって気化させたオイルと有機物含有物を反応容器2に入れて加熱装置3で150℃以上で加熱し、発生した気体を蒸留器5,6,7,8で冷却して得られる油分を回収するとともに、残った固形分の大部分を炭として回収する有機物含有物処理方法、及び、最終段の蒸留器8より回収された気体を無害化する気体無害化装置9を有する有機物含有物処理装置。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
気化したオイルと有機物含有物を反応容器に入れて150℃以上で加熱し、発生した気体を蒸留器で冷却して得られる油分を回収することを特徴とする有機物含有物処理方法。
【請求項2】
オイルを気化させるオイル気化装置と、反応容器と、反応容器を加熱する加熱装置と、反応容器で発生する気体を蒸留する複数段の蒸留器と、最終段の蒸留器より回収された気体を無害化する気体無害化装置を有する有機物含有物処理装置。

【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、木くずやプラスティックくずなど有機物含有物を処理する技術に関する。
【背景技術】
【0002】
廃棄物は予め分別回収したのちに、有機物を含むものについては焼却処分することが行われている。また、廃棄物を処理する方法として、特許文献1、特許文献2、特許文献3などには、加熱された油の中に廃棄物を浸漬させて処理することが記載されている。
【特許文献1】特開2002−291813号
【特許文献2】特開平10−137734号
【特許文献3】特開2000−7820号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
廃棄物の焼却処分は広く行われているが、廃棄物を資源として再利用することはできず、また焼却のために大きなエネルギーを消費する。特許文献1、特許文献2、特許文献3に記載の廃棄物処理方法では、処理のために大量の油を必要とする。また、この大量の油を加熱するために、やはり大きなエネルギーを消費しなければならない。
【0004】
この発明は資源の再利用ができて、しかもエネルギー消費が少ない有機物含有物処理方法および有機物含有物処理装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上述の課題を解決するため、この発明の有機物含有物処理方法は、気化したオイルと有機物含有物を反応容器に入れて150℃以上で加熱し、発生した気体を蒸留器で冷却して得られる油分を回収することを特徴とするものである。
【0006】
また、この発明の有機物含有物処理装置は、オイルを気化させるオイル気化装置と、反応容器と、反応容器を加熱する加熱装置と、反応容器で発生する気体を蒸留する複数段の蒸留器と、最終段の蒸留器より回収された気体を無害化する気体無害化装置を有するものである。
【発明の効果】
【0007】
この発明の有機物含有物処理方法および有機物含有物処理装置によれば、気化した油によって有機物含有物の分解処理を行うことで、燃料として再利用可能な油を得ることができる。また、エネルギーの消費が小さいという効果も有する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
この発明を実施するための最良の形態について、図面に基づいて説明する。図1は有機物含有物処理装置の概要を示す構成図である。
【0009】
有機物含有物処理装置1は反応容器2を備えている。この反応容器2の大きさは特に限定されず、処理対象物の大きさや処理能力に合わせて適宜選択すればよい。この反応容器2には加熱装置3が設けられており、反応容器2を150℃以上の温度で加熱できるようになっている。
【0010】
反応容器2には、オイルを気化するためのオイル気化装置4が接続されており、気化したオイルを反応容器2に供給できるようになっている。
【0011】
また、反応容器2には、複数段の蒸留器5,6,7,8が接続されている。ここでは、第1蒸留器5、第2蒸留器6、第3蒸留器7および第4蒸留器8の4基の蒸留器が直列に設けられている。各蒸留器5,6,7,8の外部には冷却フィンが設けられており、内部の気体を効果的に冷却し、液化できるようになっている。
【0012】
最終段である第4蒸留器8の下流には、気体を無害化するための気体無害化装置9が設けられており、気体吸引装置10によって第4蒸留器8から気体を吸引し、気体無害化装置9へ送るようになっている。この気体無害化装置9としては各種フィルタなどを設けても良いが、ここでは水を収容する容器が設けられており、気体吸引装置10によって送られた気体がこの水の中を通過するようになっている。
【0013】
ついで、この有機物含有物処理装置1を使用した有機物含有物処理方法について説明する。反応容器2に処理対象物を入れる。木質、紙くず、プラスティックなど有機物を含有する各種廃棄物を処理することができる。あまり厳密な分別は必要なく、金属やセラミックなどが混ざっていてもそのまま投入できるが、ナイロンや発泡スチロールは予め取り除いておくのが好ましい。有機物含有物を反応容器2に投入したら、蓋を閉めて密閉する。
【0014】
オイル気化装置4にオイルを入れる。オイルとしては広範囲のものが使用できるが、たとえば使用済みのエンジンオイルや天ぷら油などが使用できる。
【0015】
オイル気化装置4にてオイルを加熱して気化させる。気化したオイルは反応容器2に供給される。また、加熱装置3により反応容器2の内部を加熱する。焼却処分のような高温にする必要はなく、150℃以上に加熱すればよい。
【0016】
有機物含有物は気化したオイルとともに加熱されることにより、固体と気体に分離される。固体分の大部分は炭であるが、その他、処理対象物中に混入していた金属やセラミックも含まれる。これら固体分は反応容器2の底に堆積する。
【0017】
一方、発生した気体は第1蒸留器5へ送られる。第1蒸留器5の外部には冷却フィンが設けられており、気体は第1蒸留器5で冷却される。冷却によって液化した分は第1蒸留器5の底部にたまる。液化されずに気体として残った分は第2蒸留器6へ送られ、同様に冷却・液化される。残留気体はさらに、第3蒸留器7、第4蒸留器8へと送られていき、同様に冷却・液化される。
【0018】
最終段である第4蒸留器8での処理が終了したときにはほとんどの気体が液化されている。最後に残った気体には塩素など有害な物質が含まれていることがあるので、吸引装置10によって第4蒸留器8から吸い出され、気体無害化装置9へ送られる。気体無害化装置9には水が入れられており、気体はこの水の中を通過して無害化される。塩素を吸収した水は塩酸としてリサイクルしてもよく、中和処理した上で排出してもよい。
【0019】
処理対象物中の有機物が十分に炭化したら、加熱を停止する。反応容器2の底部には炭がたまっているが、この炭は他の用途に再利用できる。たとえば、特開2005−34727には有機物含有物を炭と混ぜた上、マグネトロンによって分解処理する技術が記載されているが、反応容器2より回収した炭をこの処理に使用することができる。炭の中に混入している鉄分などは磁石等により簡単に分離することができるが、多少の金属やセラミックが混入していてもそのままマグネトロンによる有機物含有物分解処理で使用することは可能である。
【0020】
蒸留器5,6,7,8には液体がたまっているが、これは可燃な油であり、燃料として再使用することができる。
【0021】
以上、処理された有機物含有物は炭および燃料油として再利用できる。含有されている炭素のほとんどが炭となるので、焼却処分と比較すると二酸化炭素の発生量は極めて小さい。処理のために使用するオイルは少量であり、エネルギー消費も小さいものである。
【実施例1】
【0022】
次に、この発明の実施例について説明する。小規模な処理を行った例である。1リットルの体積の木屑を処理対象物とした。エンジンオイルまたは天ぷら油300ccを150℃で気化させて木屑へ供給し、同じく150℃で加熱を続けた。15分で処理は終わり、炭と可燃油が得られた。可燃油は良好に燃焼するものであり、各種バーナー用の燃料として使用できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】有機物含有物処理装置の概要を示す構成図である。
【符号の説明】
【0024】
1.有機物含有物処理装置
2.反応容器
3.加熱装置
4.オイル気化装置
5,6,7,8.蒸留器
9.気体無害化装置
10.吸引装置


【出願人】 【識別番号】395009422
【氏名又は名称】鈴木 博
【出願日】 平成18年9月11日(2006.9.11)
【代理人】 【識別番号】100119367
【弁理士】
【氏名又は名称】松島 理


【公開番号】 特開2008−63526(P2008−63526A)
【公開日】 平成20年3月21日(2008.3.21)
【出願番号】 特願2006−245643(P2006−245643)