トップ :: C 化学 冶金 :: C07 有機化学

【発明の名称】
イソチアゾリン化合物および工業用殺菌組成物
多環式化合物の精製方法、多環式化合物の製造方法、及び多環式化合物の用途
1−メチルカルバペネム化合物の結晶を含有する医薬
置換フェニルカルコゲノ低級アルキル基とエステル構造を導入したフェニル基を置換基として有する新規1,2−ジヒドロキノリン誘導体
置換フェニルアミノ低級アルキル基とエステル構造を導入したフェニル基を置換基として有する新規1,2−ジヒドロキノリン誘導体
(置換フェニル若しくは置換複素環)カルボニルオキシ低級アルキル基とエステル構造を導入したフェニル基を置換基として有する新規1,2−ジヒドロキノリン誘導体
ハロアルキルスルホンアニリド誘導体又はその塩類、及びこれを有効成分とする除草剤並びにその使用方法
ジアミン誘導体
関連性障害の予防および処置に有用な、5−HT2Aセロトニンレセプターのモジュレーターとしてのジアリールおよびアリールへテロアリールウレア誘導体
新規インダゾール誘導体
熱解離性部位を有するカルボン酸のアミン塩化合物並びにそれを含むゴム加硫用配合剤及びゴム組成物
四置換ピロリジン化合物の製造方法
オキセタン化合物の製造方法
4−ヒドロキシメチルテトラヒドロピラン化合物の製法
ブランジシアニンA、B及びC並びにこれを用いた薬剤
化合物、酸発生剤、レジスト組成物およびレジストパターン形成方法
新規なキナゾリン誘導体
複素環化合物
スピロオキサジンラジカル誘導体及び可逆的異性化反応
ピリジン−メチルスルフィニル化合物の調製方法
電子輸送材料およびこれを用いた有機電界発光素子
[R−(R*,R*)]−2−(4−フルオロフェニル)−β,δ−ジヒドロキシ−5−(1−メチルエチル)−3−フェニル−4−[(フェニルアミノ)カルボニル]−1H−ピロール−1−ヘプタン酸又は薬学的に許容されるその塩を合成するための新規な方法
治療薬としてのピペラジン誘導体
ピラゾール誘導体、かかる化合物を含む組成物及び使用方法
ラパミシン(マクロライド)の半合成類似体免疫調節剤
ラパミシン(マクロライド)の半合成類似体免疫調節剤
ラパミシン(マクロライド)の半合成類似体免疫調節剤
ラパミシン(マクロライド)の半合成類似体免疫調節剤
メラノコルチン−4受容体作動薬としてのアシル化ピペリジン誘導体
乾燥3,9−ビス(1,1−ジメチル−2−ヒドロキシエチル)−2,4,8,10−テトラオキサスピロ[5,5]ウンデカン粉体の製造方法
エチルセルロースを特異的に溶解する溶剤
4−(2−アミノアニリノ)ピリジンの精製方法
光学的に純粋な4−ヒドロキシ−2−ヨウ素−1−ピロリジンアセトアミドの製造方法
電子輸送材料およびこれを用いた有機電界発光素子
ラクタム化合物の製造方法
α−リポ酸L−リジン塩結晶およびその製造法
両親媒性ビタミンE誘導体
3,6−ジベンゾフランジオールの製造方法
ベンゾフルオランテン化合物及びこれを使用した有機発光素子
有機発光素子用材料及びこれを用いた有機発光素子
5,7−ジデオキシエピガロカテキンガレート、その製法及び抗インフルエンザウイルス剤
チロシンキナーゼインヒビター
ベンゾイルピラゾール系化合物、それらの製造方法及びそれらを含有する除草剤
置換アルキル基を有する環状アミン誘導体を含有する医薬組成物
新規マンデル酸誘導体とそれらのトロンビン阻害剤としての使用
3−カルバモイル−2−ピリドン誘導体
3−カルバモイル−2−ピリドン誘導体
ラパミシン(マクロライド)の半合成類似体免疫調節剤
JAKおよび他のプロテインキナーゼの阻害剤として有用なアザインドール
成長ホルモン放出特性を有する化合物
12345678910  次10へ 最終へ