Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
「特許と発明」 有機化学
トップ :: C 化学 冶金 :: C07 有機化学

【発明の名称】
エステル化合物及びその用途
2−(ピリジンー2−イルアミノ)−ピリド[2,3−d]ピリミジン−7−オン類の合成
4−ピリジニル−N−アシル−L−フェニルアラニン
ソリフェナシンの調製方法
チエノピリミジン化合物およびその用途
ヒストンデアセチラーゼの阻害剤
新規な型の4−[4−[4−(ヒドロキシジフェニルメチル)−1−ピペリジニル]−1−ヒドロキシブチル]−α,α−ジメチルベンゼン酢酸及びその塩酸塩
インドール類およびそれを含む医薬組成物
ビシクロ[2.2.2]オクタン−2,3,5,6−テトラカルボン酸二無水物、その製造方法、当該ビシクロ[2.2.2]オクタン−2,3,5,6−テトラカルボン酸二無水物から得られるポリイミド及びその利用
有機半導体化合物、有機半導体薄膜、有機半導体塗布液、有機薄膜トランジスタ、ビス(ベンゾ[4,5]チエノ)[2,3−b:3’2’−e][1,4]ジチインの製造方法、およびビス(ベンゾ[4,5]チエノ)[2,3−b:2’3’−e][1,4]ジチインの製造方法
感光性組成物、該感光性組成物に用いる化合物及び該感光性組成物を用いたパターン形成方法
5−(4−フルオロフェニル)−1−[2−((2R,4R)−4−ヒドロキシ−6−オキソテトラヒドロピラン−2−イル)エチル]−2−イソプロピル−4−フェニル−1H−ピロール−3−カルボン酸フェニルアミドを合成するための新規な方法
鉄錯体を触媒とする重合体の製造方法
フッ素化芳香族化合物の製造方法並びにフッ素化ビシクロポルフィリン及びフッ素化テトラベンゾポルフィリン
四環式化合物、その製造方法及びこれらを含む薬剤組成物
トランス−(−)−Δ9−テトラヒドロカンナビノールおよびトランス−(+)−Δ9−テトラヒドロカンナビノールの精製方法
ウレイドのN−アルキル化のための方法及び試薬
3−アミノチオフェン誘導体
チアジアゾール置換クマリン誘導体及びロイコトリエン生合成阻害剤としてのその使用
三環式ベンゾアゼピンバソプレッシンアンタゴニスト類
2−オキシインドール誘導体の製造法
シンナミド化合物
新規セルコスポラミド誘導体
カスパーゼインヒビターおよびその使用
ベンゾトリアゾール系化合物、色素微粒子、色素微粒子分散物および該色素微粒子を含有する近赤外線吸収材料
ジヒドロキノリン誘導体の製造方法及びその中間体
フェノールフタレイン誘導体および生体内ポリアミン検出用検査薬
新規なフェナントロリン誘導体、そのリチウム錯体、それを用いた電子輸送材料、電子注入材料および有機EL素子
ポリオレフィン化合物の選択的酸化による多官能エポキシ化合物
ピロリノン化合物の製造方法及びビピロリノン化合物の製造方法
エポキシ化合物の製造方法
カルバゾール誘導体及びこれを用いた有機固体レーザー材料
インドール化合物の製造方法およびインドール化合物
キノキサリン誘導体、発光素子、発光装置及び電子機器
スチルベン誘導体、発光素子、発光装置及び電子機器
キノキサリン誘導体、およびキノキサリン誘導体を用いた発光素子、発光装置、電子機器
ジフルオロベンゼン誘導体及びその製造方法
キノキサリン誘導体、およびキノキサリン誘導体を用いた発光素子、発光装置、電子機器
アントラセン誘導体、およびアントラセン誘導体を用いた発光素子、発光装置、電子機器
新規化合物
抗真菌性結晶性多形物
ピラジン誘導体を有効成分とする糖化最終産物形成阻害剤
アダマンチルアミノ基含有エポキシ化合物及びその製造方法
トリフェニルアミン誘導体および電子写真感光体
トリフェニルアミン誘導体および電子写真感光体
キノリン誘導体およびそれを含んでなる農園芸用殺虫剤
含フッ素化合物及びその製造方法、含フッ素重合体、有機薄膜、並びに、有機薄膜素子
酸性置換基と不飽和マレイミド基を有する硬化剤の製造法並びに熱硬化性樹脂組成物、プリプレグ及び積層板
6−(複素環置換ベンジル)−4−オキソキノリン化合物及びそのHIVインテグラーゼ阻害剤としての利用
オキソジベンゾオキセピン酢酸第3級アルキルエステルの製造方法
12345678910  次10へ 最終へ