トップ :: B 処理操作 運輸 :: B63 船舶またはその他の水上浮揚構造物;関連艤装品

【発明の名称】 浮輪の弾性体チューブを使用し、高圧ガス器具にボンベをセットして、導管の先のチャックを弾性体チューブに接続してエアーを注入する器具である。
【発明者】 【氏名】原田 雅行

【要約】 【課題】広く利用されている弾性体チューブの空気入れ口をチャック式オス弁付器具にすることにより手をはなし一人で弾性体チューブの浮輪にエアーを入れることが出来る。緊急時一般市民が災害から身を守る器具を提供する。

【構成】浮輪の弾性体チューブの空気入れ口をチャック式オス弁付器具1にすることを特徴とする。高圧ガス台座をメスチャック式にし高圧ガスボンベ側はオスチャック式である。台座から出る導管の先はメスチャック式器具Bである。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
浮輪の弾性体チューブの空気入れ口をチャック式オス弁付器具▲1▼にしたものである。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、池、海、川、地下街又津波などの水、災害に対して、一般市民でも素早く対応するために、浮輪の弾性体チューブを利用し、ワンタッチで高圧ガス台座から出るエアーを導管を通じ弾性体チューブに注入する物品である。
【背景技術】
【0002】
従来、弾性体チューブを口で、又空気入れ器具、専門的な大型ボンベなどで注入していたが、一般市民に広まらなかった。
【発明の開示】
【発明が解決しょうとする課題】
【0003】
これは、次のような欠点があった。
1、口で又空気入れ器具で注入するので時間がかかった。
2、大型ボンベであるので重く、持ち運びが悪い。
3、エアーが抜けやすかった。
本、発明は以上の欠点を解決するために作成した。
【課題を解決するための手段】
【0004】
弾性体チューブを使用した浮輪の空気入れ器具をチャック式オス弁付器具▲1▼にする。
本、発明は圧縮ガスにてエアーを入れるための浮輪器具である。
【発明の効果】
【0005】
本、発明は広く一般市民でも使用出来、水災害に誰もが一早く対応出来る。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
1、弾性体チューブの浮輪の空気入れ口器具をチャック式オス弁付器具▲1▼にする。高圧ガス器具台座側にメスチャック▲A▼である。台座から出る導管の先をメスチャック▲B▼にし導管にはエアー抜きがある。半折レバーには安全ピンがある。
2、高圧ガスボンベ側をオスチャック▲C▼使用にする。高圧ガス台座側導管はメスチャック▲B▼に、弾性体チューブの浮輪のチャック式オス弁付器具▲1▼に接続する。高圧ガス台座側メスチャック▲A▼に高圧ガスボンベを接続する。台座の半折レバー▲D▼の安全ピンを抜きレバーを立てて、レバーを押すことにより導管からエアーが弾性体チューブへと注がれる形態である。後、導管のエアー抜き▲E▼で弾性体チューブ浮輪を安全にはずすことが出来る。
【実施例】
【0007】
タイヤチューブとシリコンゴムである。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本、発明の斜視図である。
【図2】本、発明の部分図である。
【図3】本、発明の斜視図である。
【符号の説明】
【0009】
▲1▼チャック式オス弁付器具 ▲A▼メスチャック ▲B▼メスチャック用器具 ▲C▼ボンベオスチャック用 ▲D▼レバー ▲E▼エアー抜き
【出願人】 【識別番号】505449128
【氏名又は名称】原田 雅行
【出願日】 平成18年8月1日(2006.8.1)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−37409(P2008−37409A)
【公開日】 平成20年2月21日(2008.2.21)
【出願番号】 特願2006−243440(P2006−243440)