トップ :: B 処理操作 運輸 :: B42 製本;アルバム;フアイル;特殊印刷物

【発明の名称】 複写書類封筒及び書類封筒
【発明者】 【氏名】梅田 伸一

【氏名】内島 直輝

【要約】 【課題】従来、書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、封筒を袋状に加工することから、加工に困難があった。

【構成】複写用紙の利用と糊加工のおける丁合の方法により会員申込書類、広告書類、アンケート等に活用される複写書類封筒及び書類封筒を提供する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工を設け、第二基材として左右縮小された複写下用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材、表裏に複写層をもうけた複写中用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材の表面に複写層をもうけた複写上用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合したことを特徴とした複写書類封筒及び書類封筒。
【請求項2】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工を設け、第二基材として左右縮小された複写下用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材、表裏に複写層をもうけた複写中用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材の表面に複写層をもうけた複写上用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第三基材と第四基材を一組以上設け、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合したことを特徴とした請求項1記載の複写書類封筒及び書類封筒。
【請求項3】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工をもうけ、第二基材として左右縮小された用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材の短部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第三基材と第四基材を一組以上設け、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合したことを特徴とした請求項1記載および請求項2記載の複写書類封筒及び書類封筒。
【発明の詳細な説明】【発明の属する技術の分野】
【0001】
本発明は、会員申込書類、広告書類、アンケート等に活用される複写書類封筒及び書類封筒に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、貼り合せハガキ及び折り畳み封書(特許公開番号2000−127661)が発明されていた。
【特許文献1】特許公開番号特開2000−127661
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
これには次のような欠点があった。
従来、書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていた。
【0004】
(イ)書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、封筒を袋状に加工することから加工に困難があった。
(ロ)書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、封筒を袋状に加工する問題などから生産コストの増加の欠点があった。
(ハ)書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、簡易的な仕様や活用における書類と封筒の一体になった印刷物の提案がなされていなかった。
本発明は、これらの問題点を解決するためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工を設け、第二基材として左右縮小された複写下用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材、表裏に複写層をもうけた複写中用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材、表面に複写層をもうけた複写上用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合した複写書類封筒及び書類封筒を提供する。
【0006】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工を設け、第二基材として左右縮小された複写下用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材、表裏に複写層をもうけた複写中用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材、表面に複写層をもうけた複写上用基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第三基材と第四基材を一組以上設け、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合した複写書類封筒及び書類封筒を提供する。
【0007】
印刷可能な第一基材表面に山折加工、天地左右端部にミシン加工を施し、前記第一基材裏面、山折より反面部、天地、端部ミシン外方に剥離可能な粘着加工をもうけ、第二基材として左右縮小された用基材に山折加工を設け、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に前記第一基材ミシン内方に天地左右縮小された第三基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材の短部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第三基材と第四基材を一組以上設け、第五基材として山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合した複写書類封筒及び書類封筒を提供する。
以上本発明の課題を解決するための手段として提供する。
【発明の効果】
【0008】
本発明は、会員申込書類、広告書類、アンケート等に活用される複写書類封筒及び書類封筒を提供するものである。
【0009】
本発明の効果により、書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、封筒を袋状に加工することから、加工に困難があった問題の解決に至り、従来加工コストに比較し最小のコストにて書類と封筒の一体になる印刷物の提供が可能となる。
【0010】
本発明の効果により秘密情報を隠蔽した郵送物の提供と書類と封筒の一体になる印刷物の提供が実現される。
本発明は、以上の効果を実現するものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明の実施の形態について図1乃至図5をもちいて説明する。
図1に記載されているのは、本発複写書類封筒(10)を示した図で第一基材a(20)第二基材、複写下用紙基材b(30)、第三基材、複写中用基材c(40)、第四基材、複写上用基材d(50)、第五基材、基材e(60)の第一基材から第五基材を丁合した複写書類封筒及び書類封筒の構成を示した図である。
【0012】
図2に記載されているのは、本発複写書類封筒(10)の断面を示した図で第一基材a(20)の表面に山折線(204)を設け、第二基材、下用複写層(301)山折加工を設けた複写下用紙基材b(30)は左右縮小され、前記第一基材裏面の剥離可能な粘着部と丁合し、その下方に第三基材、複写中用基材c(40)に中用複写層(401)をもうけ端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第四基材、複写上用基材d(50)に上用複写層(501)をもうけ基材の端部に剥離可能な粘着加工、ミシン、山折加工を施し、第五基材として基材e(60)に山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合した複写書類封筒及び書類封筒の断面を示した図である。
本発明複写書類封筒及び書類封筒における基材の下用複写層(301)、中用複写層(401)、上用複写層(501)においては複写加工された基材を用いるもので、複写同等の効果を用いる基材が使用されるものである。
【0013】
図3に記載されているのは、本発複写書類封筒(10)の構成の形態を示した図で第一基材a(20)表面に山折(204)加工、天地左右端部にミシン(202)加工を施し、裏面に山折より反面部、天地、端部、ミシン(202)外方に剥離可能な裏粘着部(205)を設け、第二基材として左右縮小された複写下用紙基材b(30)に山折(204)加工を設け、前記第一基材a(20)裏面の剥離可能な粘着部(205)と丁合し、その下方に前記第一基材a(20)のミシン(202)内方に天地左右縮小された第三基材、複写中用基材c(40)表裏に複写層を設け、基材端部に剥離可能な粘着部(402)、ミシン(202)、山折(204)加工を施し、第四基材、複写上用基材d(50)表面に上用複写層(501)を設け、基材端部に剥離可能な粘着部(502)、ミシン(202)、山折(204)加工を施し、第五基材として基材e(60)に山折加工及び剥離可能な粘着加工をもうけ、第一基材から第五基材を丁合する経過を示した複写書類封筒及び書類封筒の図である。
【0014】
図4に記載されているのは、本発複写書類封筒(10)の実施の形態を示した図で第二基材、複写下用紙基材b(30)及び第五基材、基材e(60)は控え保存書類として管理され第三基材、複写中用基材c(40)及び第四基材、複写上用基材d(50)は送付書類とされる。
【0015】
図5に記載されているのは前記図4に記載される、本発複写書類封筒(10)の実施の形態を示した図で、第一基材a(20)の山折(204)から第三基材、複写中用基材c(40)及び第四基材、複写上用基材d(50)を折り込、剥離可能な粘着部(205)と丁合され、封筒が完成される。
【0016】
第三基材、複写中用基材c(40)及び第四基材、複写上用基材d(50)は第一基材a(20)のミシン(202)内方に天地左右縮小されていることで、開封においてはミシン(202)部の切り離しにて、第三基材、複写中用基材c(40)及び第四基材、複写上用基材d(50)は分離されるものである。
【0017】
以上、本発明の構成で、実施において下記に示す。
【0018】
本発明の実施
本発明は、秘密情報を隠蔽した郵送物の提供と書類と封筒の一体になる印刷物の。提供の実施をするものである。
【0019】
本発明複写書類封筒及び書類封筒は、第一基材a(20)、第二基材、複写下用紙基材b(30)、第三基材、複写中用基材c(40)、第四基材、複写上用基材d(50)、第五基材、基材e(60)を丁合し、第二基材、複写下用紙基材b(30)及び第五基材、基材e(60)は控え保存書類として管理され第三基材、複写中用基材c(40)及び第四基材、複写上用基材d(50)は送付書類とされる。
【0020】
本明細の記載においては、複写用紙と基材における必要枚数の構成にて記載しているが、使用の目的においては通常の基材と必要枚数の構成で実施されることが可能である。
以上、本発明は実施される。
【産業上の利用可能性】
【0021】
本発明の産業上の利用可能性により、会員申込書類、広告書類、アンケート等に活用される複写書類封筒及び書類封筒に関する印刷物の提供が可能となることから産業上、郵送の必要とする書類に用いられ秘密情報を隠蔽した郵送物の提供と書類と封筒の一体になる印刷物の提供が実現される。
また、本発明の産業上の利用可能性により従来、書類と封筒の一体になる印刷物が発明されていたが、封筒を袋状に加工することから、加工に困難があった問題の解決に至り、従来加工コストに比較し最小のコストにて書類と封筒の一体になる印刷物の提供が可能となる。
本発明は、以上の構成より産業上利用されるものである。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本発明複写書類封筒及び書類封筒の形態の図である。
【図2】本発明複写書類封筒及び書類封筒の断面の図である。
【図3】本発明複写書類封筒及び書類封筒の構成の図である。
【図4】本発明複写書類封筒及び書類封筒の形態実施の図である。
【図5】本発明複写書類封筒及び書類封筒の実施の図である。
【符号の説明】
【0023】
10.複写書類封筒本体
20.基材a
202.ミシン
203.宛名印刷
204.山折線
205.裏面糊部
30.複写下用基材b
301.下用複写層
40.複写中用基材c
401.中用複写層
402.糊部
50.複写上用基材d
501.上用複写層
502.糊部
60.基材e
602.糊部
【出願人】 【識別番号】591171345
【氏名又は名称】梅田 伸一
【出願日】 平成18年7月5日(2006.7.5)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−12900(P2008−12900A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−211421(P2006−211421)