トップ :: B 処理操作 運輸 :: B42 製本;アルバム;フアイル;特殊印刷物

【発明の名称】 偽造防止媒体
【発明者】 【氏名】飯島 恵

【氏名】大野 博樹

【要約】 【課題】観察方向に制限されることなく潜像による真偽判別を容易に行う。

【構成】平面部3を具備するシート基材2に、平面部3から窪んで形成された複数の凹部11と、複数の凹部11毎に、凹部11を取り囲むように平面部3に設けられた複数の外周マーク12と、複数の凹部11のうち予め決められた凹部11の内側面11aの全周に渡って設けられた内マーク13とを設ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
平面部を具備する基材に、該平面部から窪んで形成された複数の凹部と、
前記複数の凹部毎に、当該凹部を取り囲むように前記平面部に設けられた複数の第1のマーク部と、
前記複数の凹部のうち予め決められた凹部の内側面の全周に渡って設けられた第2のマーク部とを有する偽造防止媒体。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、偽造防止シート等の偽造防止媒体に関し、特に、潜像を用いた偽造防止構造に関する。
【背景技術】
【0002】
従来より、プリペイドカードや各種入場券、商品券や株券等の有価証券においては、広く流通しており比較的容易に換金可能である等の理由から、偽造犯罪が頻発している。特に、近年ではカラーコピー機等の複写機の性能向上と普及に伴い、簡単には真正品と見分けられない偽造品が比較的容易に製造可能になってきており、偽造に対する対策が求められている。また、上述したような有価証券に限らず、紙幣においても偽造に対する対策が求められている。
【0003】
このような偽造に対する対策の1つとして、潜像を用いて有価証券や紙幣の真偽判別を可能とする技術が考えられており、例えば、特許文献1に開示されている。
【0004】
特許文献1に開示された技術は、シート基材上に、複数本の印刷万線と、この印刷万線と並列し、一部が印刷万線と直交する方向に延在し、かつ、断面が隆起したレリーフ万線とを設け、観察方向によって潜像を浮かび上がらせるものである。基材を正面から見た場合は全ての印刷万線が視認可能な状態となっている。ところが、観察方向を印刷万線及びレリーフ万線と直交する方向に変化させていくと、印刷万線のうちレリーフ万線が延在した部分がその延在したレリーフ万線の陰となって視認できなくなる一方、印刷万線のその他の部分は視認可能な状態のままとなる。これにより、レリーフ万線の形状に応じた潜像を浮かび上がらせることができる。
【0005】
このように、断面が隆起したレリーフ万線を設けたシート基材においては、複写した場合、表面に印刷された印刷万線を含む印刷情報は複写されるものの、レリーフ万線の隆起形状までは再現できない。そのため、複写物の観察方向を変化させていった場合であっても、潜像は浮かび上がらず、それにより、真偽判別を行うことが可能となる。
【特許文献1】特開2000−313161号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上述したように、シート基材上に、複数本の印刷万線と、この印刷万線と並列し、一部が印刷万線と直交する方向に延在し、かつ、断面が隆起したレリーフ万線とを設け、この印刷万線とレリーフ万線とで潜像を浮かび上がらせるものにおいては、印刷万線及びレリーフ万線と直交する方向から観察した場合にしか潜像が浮かび上がらず、潜像による真偽判別がしやすいとは言い難い。特に、観察方向が制限されている場合、潜像による真偽判別ができなくなる虞れがある。
【0007】
本発明は、上述したような従来の技術が有する問題点に鑑みてなされたものであって、観察方向に制限されることなく潜像による真偽判別を容易に行うことができる偽造防止媒体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために本発明は、
平面部を具備する基材に、該平面部から窪んで形成された複数の凹部と、
前記複数の凹部毎に、当該凹部を取り囲むように前記平面部に設けられた複数の第1のマーク部と、
前記複数の凹部のうち予め決められた凹部の内側面の全周に渡って設けられた第2のマーク部とを有する。
【0009】
上記のように構成された本発明においては、基材の平面部の法線方向から観察した場合、第1のマーク部が設けられた平面部は観察方向と対向するため、観察方向からの光がこの平面部に設けられた第1のマーク部上にて観察方向に反射し、第1のマーク部が明確に見える。一方、第2のマーク部が設けられた凹部の内側面は観察方向に対向していないため、観察方向からの光がこの凹部の内側面に設けられた第2のマーク部上にて観察方向以外の方向にも反射して分散してしまい、第2のマーク部が薄くしか見えない。そのため、基材の平面部の法線方向から観察した場合は、複数の凹部のうち第2のマーク部が設けられていない凹部においてはその周囲に設けられた第1のマーク部のみが視認され、複数の凹部のうち内側面に第2のマーク部が設けられた凹部においても、第2のマーク部が薄くしか見えないのに対して第1のマーク部が明確に見えることによる錯覚によってほとんど第1のマーク部しか視認されない状態となる。また、この状態から基材に対する観察方向を基材の平面部の法線方向から変化させていくと、観察方向が、第2のマーク部が設けられた凹部の内側面に対向するようになっていく。すると、観察方向からの光がこの凹部の内側面に設けられた第2のマーク部上にて観察方向に反射し、第2のマーク部が明確に見えるようになる。一方、第1のマーク部が設けられた平面部は観察方向に対向しなくなるため、観察方向からの光がこの平面部に設けられた第1のマーク部上にて観察方向以外の方向にも反射して分散してしまい、第1のマーク部が薄くしか見えなくなっていく。そのため、複数の第2のマーク部を潜像となる所定の情報が表現されるように複数の凹部のうち予め決められた凹部に設けておけば、基材に対する観察方向を基材の平面部の法線方向から変化させていった場合、第2のマーク部による潜像が浮かび上がって見えるようになる。ここで、本発明においては、第2のマーク部が、凹部の内側面の全周に渡って設けられているので、基材に対する観察方向を基材の平面部の法線方向からどの方向に変化させていった場合であっても、第2のマーク部による潜像が浮かび上がって見えるようになる。
【発明の効果】
【0010】
以上説明したように本発明においては、観察方向を基材の平面部の法線方向から傾けていった場合に浮かび上がる潜像を構成する第2のマーク部が、基材に形成された凹部の内側面の全周に渡って設けられているため、観察方向に制限されることなく潜像が浮かび上がり、潜像による真偽判別を容易に行うことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下に、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。
【0012】
(第1の実施の形態)
図1は、本発明の偽造防止媒体の第1の実施の形態となる偽造防止シートを示す図であり、(a)は全体の構成を示す図、(b)は(a)に示した偽造防止構造10の詳細な構成を示す図、(c)は(b)に示したA−A’断面図、(d)は内マーク13が設けられた凹部11の構成を示す図、(e)は内マーク13が設けられていない凹部11の構成を示す図である。
【0013】
本形態の偽造防止シート1は図1に示すように、紙からなるシート基材2の一部の領域に偽造防止構造10が設けられて構成されている。シート基材2は、平面部3を有し、この平面部3の一部の領域に情報印刷領域4が設けられるとともに、他の領域に偽造防止構造10が設けられている。このように構成された偽造防止シート1は、例えば、コンサート等の入場チケットとして用いることが考えられる。その場合、コンサートの内容や会場名、座席番号等が情報印刷領域4に印刷されることになる。また、シート基材2の情報印刷領域4に情報が印刷される前に、シート基材2に対してプレ印刷として地紋を印刷したり所定の色に着色したりすることも考えられるが、その場合、偽造防止構造10による潜像が見にくくならないようにする必要がある。
【0014】
シート基材2に設けられた偽造防止構造10は図1(b)に示すように、シート基材2にマトリックス状に形成された複数の凹部11と、この複数の凹部11の周囲にそれぞれ設けられた第1のマーク部である複数の外周マーク12と、複数の凹部11のうち予め決められた凹部11のみに設けられた第2のマーク部である内マーク13とから構成されている。凹部11は図1(c)に示すように、シート基材2の厚さ方向に平面部3から0.1mm程度窪み、平面部3との境界部分が直径0.5mm以下の円形状となっている。この境界部分から離れていくに従ってその断面積が徐々に狭くなり、図1(d),(e)に示すように、境界部分の反対側は平面部3と平行な底部11bとなっている。そのため、凹部11の内側面11aは、平面部3の法線に対して斜めの方向を向いている。外周マーク12は、凹部11をそれぞれ取り囲むようにシート基材2の平面部3に印刷によって設けられており、凹部11の平面部3との境界部分が円形状であることから、円形状となっている。内マーク13は、複数の凹部11のうち予め決められた凹部11の内側面11aの全周に渡って印刷によって設けられており、凹部11の平面部3との境界部分が円形状であり、また、この境界部分から離れていくに従って凹部11の断面積が徐々に狭くなることから、シート基材2の平面部3の法線方向から見た場合に円形状となっている。なお、本形態にて図示する偽造防止構造10は、説明を簡単にするために縦横がそれぞれ10個ずつの凹部11及び外周マーク12を用いたものであるが、その数を多くすればするほど、この偽造防止構造10によって浮き上がらせることができる潜像となる文字を精細なものとすることができ、曲線等を表現しやすくなる。
【0015】
以下に、上記のように構成された偽造防止シート1の製造方法について説明する。
【0016】
図2は、図1に示した偽造防止シート1の製造方法を説明するための図であり、シート基材2のうち偽造防止構造10が設けられる領域のみを示す。
【0017】
まず、シート基材2の偽造防止構造10が設けられる領域に、外周マーク12及び内マーク13をそれぞれ円形状に印刷する(図2(a))。外周マーク12は10×10のマトリックス状に、また、内マーク13は、この100個の外周マーク12のうち「T」を形成する位置となる外周マーク12内に外周マーク12に沿うように印刷する。これら外周マーク12と内マーク13との組み合わせは、偽造防止構造10によって浮かび上がる潜像(本形態においては「T」)に応じて予め設定されており、印刷データとして与えられる。また、これら外周マーク12と内マーク13の印刷は、上述したようなプレ印刷と同時に行ってもよいし、上述したプレ印刷を行った後に行ってもよい。
【0018】
次に、外周マーク12及び内マーク13が印刷された領域に、エンボス版を用いて複数の凹部11を形成する(図2(b))。凹部11は、100個の外周マーク12の内側に、かつ内マーク13が設けられた部分については内マーク13の外側が平面部3との境界部分となるようにそれぞれ形成され、それにより、外周マーク12が凹部11を取り囲み、また、内マーク13が凹部11の内側面の全周に渡って設けられた形状となる。
【0019】
上述したようにして偽造防止シート1が製造され、その後、用途に応じた情報がシート基材2の情報印刷領域4に印刷されて使用されることになる。
【0020】
以下に、上述した偽造防止シート1の作用について説明する。
【0021】
まず、図1に示した偽造防止シート1を正面、すなわち、シート基材2の平面部3の法線方向から観察した場合の作用について説明する。
【0022】
図3は、図1に示した偽造防止シート1を正面から観察した場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造10における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク12及び内マーク13の見え方を示す図、(c)は偽造防止構造10における外周マーク12及び内マーク13の見え方を示す図である。
【0023】
図1に示した偽造防止シート1を正面から観察した場合、シート基材2のうち平面部3が観察方向と対向するため、平面部3となる領域においては観察方向からの光が観察方向にそのまま反射してこの反射光の観察方向における受光量が多くなる。偽造防止構造10に設けられた外周マーク12と内マーク13のうち、外周マーク12は、シート基材2の平面部3となる領域に設けられているため、図3(a)の一点鎖線で示すように観察方向からの光が外周マーク12上で観察方向に反射し、それにより、図3(b)に示すように外周マーク12が明確に見えるようになる。
【0024】
一方、シート基材2に形成された凹部11の内側面11aにおいては、偽造防止シート1を正面から観察した場合、観察方向に対向しない状態となっているため、観察方向からの光は観察方向以外の方向にも反射してこの反射光の観察方向における受光量が少なくなる。偽造防止構造10に設けられた外周マーク12と内マーク13のうち、内マーク13は、凹部11の内側面11aに設けられているため、図3(a)の破線で示すように観察方向からの光が内マーク13上で観察方向以外にも反射して分散し、それにより、図3(b)に示すように内マーク13は薄くしか見えない状態となる。
【0025】
そのため、偽造防止シート1を正面から観察した場合は、図3(c)に示すように、複数の凹部11のうち内マーク13が設けられていない凹部11においてはその周囲に設けられた外周マーク13のみが視認され、複数の凹部11のうち内側面11aに内マーク13が設けられた凹部11においても、内マーク13が薄くしか見えないのに対して外周マーク12が明確に見えることによる錯覚によってほとんど外周マーク12しか視認されない状態となる。
【0026】
次に、図1に示した偽造防止シート1に対する観察方向を正面、すなわち、シート基材2の平面部3の法線方向から変化させていった場合の作用について説明する。
【0027】
図4は、図1に示した偽造防止シート1に対する観察方向を正面から変化させていった場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造10における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク12及び内マーク13の見え方を示す図、(c)〜(f)は偽造防止構造10における外周マーク12及び内マーク13の見え方を示す図である。
【0028】
図1に示した偽造防止シート1に対する観察方向を正面から変化させていくと、その観察方向が、シート基材2に形成された凹部11の内側面11aに対向する方向に近づいていく。すると、凹部11の内側面11aにおいては、観察方向からの光が観察方向にそのまま反射してこの反射光の観察方向における受光量が多くなる。偽造防止構造10に設けられた外周マーク12と内マーク13のうち、内マーク13は、シート基材2に形成された凹部11の内側面11aに設けられているため、図4(a)の一点鎖線で示すように観察方向からの光が内マーク13上で観察方向に反射し、それにより、図4(b)に示すように内マーク13が明確に見えるようになる。
【0029】
一方、シート基材2の平面部3は観察方向に対向しなくなるため、観察方向からの光は観察方向以外の方向にも反射してこの反射光の観察方向における受光量が少なくなる。偽造防止構造10に設けられた外周マーク12と内マーク13のうち、外周マーク12は、シート基材2の平面部3に設けられているため、図4(a)の破線で示すように観察方向からの光が外周マーク12上で観察方向以外にも反射して分散し、それにより、図4(b)に示すように外周マーク12は薄くしか見えない状態となる。
【0030】
そのため、偽造防止シート1に対する観察方向を、例えば図1中下側に変化させていくと図4(c)に示すように、偽造防止構造10に設けられた内マーク13によって構成される潜像「T」が浮かび上がって見えるようになる。
【0031】
ここで、図1に示した偽造防止シート1においては、観察方向によって浮かび上がる潜像を構成する内マーク13が、シート基材2に形成された凹部11の内側面11aの全周に渡って設けられているため、観察方向をシート基材2の平面部3の法線方向からどの方向に変化させていった場合であっても、内マーク13による潜像が浮かび上がって見えるようになる。例えば、偽造防止シート1に対する観察方向を図1中上側に変化させていくと、内マーク13によって構成される潜像「T」が、図4(d)に示すように浮かび上がって見えるようになり、また、偽造防止シート1に対する観察方向を図1中右側に変化させていくと、内マーク13によって構成される潜像「T」が、図4(e)に示すように浮かび上がって見えるようになり、また、偽造防止シート1に対する観察方向を図1中左側に変化させていくと、内マーク13によって構成される潜像「T」が、図4(f)に示すように浮かび上がって見えるようになる。
【0032】
上述した偽造防止シート1は、複写した場合、シート基材2の情報印刷領域4に印刷された情報や、シート基材2に印刷により設けられた外周マーク12及び内マーク13は複写されるものの、凹部11までは再現できない。そのため、複写物の観察方向を変えていった場合であっても、内マーク13による潜像は浮かび上がらず、それにより、真偽判別を行うことが可能となる。このように真偽判別を行う際、本形態の偽造防止シート1においては、偽造防止シート1に対する観察方向をシート基材2の平面部3の法線方向からどの方向に変化させていった場合であっても、内マーク13による潜像が浮かび上がって見えるため、観察方向に制限されることなく潜像による真偽判別を容易に行うことができる。
【0033】
なお、偽造防止構造10に設けられる外周マーク12及び内マーク13は、本形態のように幅が均一のものではなく、一部が幅方向に突出した形状であってもよい。また、内マーク13においては、図示した内マーク13の内側が全て着色された構成としてもよい。ただしその場合は、偽造防止シート1を正面から観察した場合に内マーク13を視認困難とするために凹部11の平面部3に対する形成角度を急峻なものとする必要がある。
【0034】
また、凹部11においては、頂部11bがない円錐形のものや、断面が矩形状となるものとすることも考えられる。ただし、凹部11の平面部3との境界部分が円形状のように中心からの距離が略一定となるものであり、それに伴って内マーク13も円形状のように中心からの距離が略一定となるものとした方が、どの方向から観察しても視認可能となる内マーク13の形状が同一となり、内マーク13によって浮かび上がる潜像の精細な形状を均一化することができる。また、凸部11を、ドーム型のものとすることも考えられる。その場合、凸部のうち平面部3と略平行とならない領域を内側面とし、その領域に内マーク13を設けることになる。
【0035】
また、凹部11の平面部3に対する形成角度は、90度に近いほど、偽造防止シート1を正面から見た場合に、潜像を構成する内マーク13を見にくくすることができるが、その反面、平面部3の法線方向から観察方向を傾けていった場合に、観察方向が凹部11の内側面11aと対向する前に、内側面11aが手前の領域によって隠れてしまい、上述した効果を得ることができないため、内マーク13の線幅やシート基材2の反射率等を考慮して適宜設定することが好ましい。
【0036】
(第2の実施の形態)
図5は、本発明の偽造防止媒体の第2の実施の形態となる偽造防止シートを示す図であり、(a)は全体の構成を示す図、(b)は(a)に示した偽造防止構造110の詳細な構成を示す図、(c)は(b)に示したA−A’断面図、(d)は内マーク113が設けられた凹部111の構成を示す図、(e)は内マーク113が設けられていない凹部111の構成を示す図である。
【0037】
本形態の偽造防止シート101は図5に示すように、紙からなるシート基材102の一部の領域に偽造防止構造110が設けられて構成されている。シート基材102は、平面部103を有し、この平面部103の一部の領域に情報印刷領域104が設けられるとともに、他の領域に偽造防止構造110が設けられている。このように構成された偽造防止シート101は、第1の実施の形態にて示したものと同様に、例えば、コンサート等の入場チケットとして用いることが考えられる。その場合、コンサートの内容や会場名、座席番号等が情報印刷領域104に印刷されることになる。また、シート基材102の情報印刷領域104に情報が印刷される前に、シート基材102に対してプレ印刷として地紋を印刷したり所定の色に着色したりすることも考えられるが、その場合、偽造防止構造110による潜像が見にくくならないようにする必要がある。
【0038】
シート基材102に設けられた偽造防止構造110は図5(b)に示すように、シート基材102にマトリックス状に形成された複数の凹部111と、この複数の凹部111の周囲にそれぞれ設けられた第1のマーク部である複数の外周マーク112と、複数の凹部111のうち予め決められた凹部111のみに設けられた第2のマーク部である内マーク113とから構成されている。凹部111は図5(c)に示すように、シート基材102の厚さ方向に平面部103から0.1mm程度窪み、平面部103との境界部分が直径0.5mm以下の円形状となっている。この境界部分から離れていくに従ってその断面積が徐々に狭くなり、図5(d),(e)に示すように、境界部分の反対側は平面部103と平行な底部111bとなっている。そのため、凹部111の内側面111aは、平面部103の法線に対して斜めの方向を向いている。また、この凹部111には、透明樹脂114が埋め込まれている。外周マーク112は、凹部111をそれぞれ破線によって取り囲むようにシート基材102の平面部103に印刷によって設けられており、凹部111の平面部103との境界部分が円形状であることから、円形状となっている。内マーク113は、複数の凹部111のうち予め決められた凹部111の内側面111aの全周に渡って印刷によって破線で設けられており、凹部111の平面部103との境界部分が円形状であり、また、この境界部分から離れていくに従って凹部111の断面積が徐々に狭くなることから、シート基材102の平面部103の法線方向から見た場合に円形状となっている。
【0039】
以下に、上記のように構成された偽造防止シート101の製造方法について説明する。
【0040】
図6は、図5に示した偽造防止シート101の製造方法を説明するための図であり、シート基材102のうち偽造防止構造110が設けられる領域の断面を示す。
【0041】
まず、シート基材102の偽造防止構造110が設けられる領域に、外周マーク112及び内マーク113をそれぞれ破線で円形状に印刷する(図6(a))。図5(b)に示したように、外周マーク112は10×10のマトリックス状に、また、内マーク113は、この100個の外周マーク112のうち「T」を形成する位置となる外周マーク112内に外周マーク112に沿うように印刷する。これら外周マーク112と内マーク113との組み合わせは、偽造防止構造110によって浮かび上がる潜像(本形態においては「T」)に応じて予め設定されており、印刷データとして与えられる。また、これら外周マーク112と内マーク113の印刷は、上述したようなプレ印刷と同時に行ってもよいし、上述したプレ印刷を行った後に行ってもよい。
【0042】
次に、外周マーク112及び内マーク113が印刷されたシート基材102の外周マーク112及び内マーク113の内側となる領域にそれぞれ透明樹脂114を塗布する(図6(b))。この際、その後に透明樹脂114をシート基材102に埋め込むことによりシート基材102に凹部111を形成した際に内マーク113がこの凹部111内に設けられるように透明樹脂114を内マーク113に近接させる必要がある。
【0043】
シート基材102上に塗布された透明樹脂114が硬化した後、シート基材102を支持台122上に載置し、透明樹脂114が塗布された面側からシート基材102に押圧部材121を押し付け、シート基材102上に塗布されて硬化した透明樹脂114をシート基材102に埋め込む(図6(c))。なお、シート基材102上に透明樹脂114を塗布する工程からシート基材102を支持台122上に載置しておいてもよい。
【0044】
その後、押圧部材121をシート基材102から離間し、外周マーク112の内部に透明樹脂114が埋め込まれた凹部111を形成する(図6(d))。透明樹脂114は、上述したように外周マーク112及び内マーク113の内側にて内マーク113に近接して塗布されているため、外周マーク112が凹部111を取り囲み、また、内マーク113が凹部111の内側面111aに設けられた形状となる。
【0045】
上述したようにして偽造防止シート101が製造され、その後、用途に応じた情報がシート基材102の情報印刷領域104に印刷されて使用されることになる。
【0046】
以下に、上述した偽造防止シート101の作用について説明する。なお、凹部111に埋め込まれた透明樹脂114は、無色透明であり、かつ、光の屈折がないものとして考える。
【0047】
まず、図5に示した偽造防止シート101を正面、すなわち、シート基材102の平面部103の法線方向から観察した場合の作用について説明する。
【0048】
図7は、図5に示した偽造防止シート101を正面から観察した場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造110における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク112及び内マーク113の見え方を示す図、(c)は偽造防止構造110における外周マーク112及び内マーク113の見え方を示す図である。
【0049】
図5に示した偽造防止シート101を正面から観察した場合、シート基材102のうち平面部103が観察方向と対向するため、平面部103となる領域においては観察方向からの光が観察方向にそのまま反射してこの反射光の観察方向における受光量が多くなる。偽造防止構造110に設けられた外周マーク112と内マーク113のうち、外周マーク112は、シート基材102の平面部103となる領域に設けられているため、図7(a)の一点鎖線で示すように観察方向からの光が外周マーク112上で観察方向に反射し、それにより、図7(b)に示すように外周マーク112が明確に見えるようになる。
【0050】
一方、シート基材102に形成された凹部111の内側面111aにおいては、偽造防止シート101を正面から観察した場合、観察方向に対向しない状態となっているため、観察方向からの光は観察方向以外の方向にも反射してこの反射光の観察方向における受光量が少なくなる。偽造防止構造110に設けられた外周マーク112と内マーク113のうち、内マーク113は、凹部111の内側面111aに設けられているため、図7(a)の破線で示すように観察方向からの光が内マーク113上で観察方向以外にも反射して分散し、それにより、図7(b)に示すように内マーク113は薄くしか見えない状態となる。
【0051】
そのため、偽造防止シート101を正面から観察した場合は、図7(c)に示すように、複数の凹部111のうち内マーク113が設けられていない凹部111においてはその周囲に設けられた外周マーク113のみが視認され、複数の凹部111のうち内側面111aに内マーク113が設けられた凹部111においても、内マーク113が薄くしか見えないのに対して外周マーク112が明確に見えることによる錯覚によってほとんど外周マーク112しか視認されない状態となる。
【0052】
次に、図5に示した偽造防止シート101に対する観察方向を正面、すなわち、シート基材102の平面部103の法線方向から変化させていった場合の作用について説明する。
【0053】
図8は、図5に示した偽造防止シート101に対する観察方向を正面から変化させていった場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造110における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク112及び内マーク113の見え方を示す図、(c)〜(f)は偽造防止構造110における外周マーク112及び内マーク113の見え方を示す図である。なお、図8(c)〜(f)については、透明樹脂114の図示を省略してある。
【0054】
図5に示した偽造防止シート101に対する観察方向を正面から変化させていくと、その観察方向が、シート基材102に形成された凹部111の内側面111aに対向する方向に近づいていく。すると、凹部111の内側面111aにおいては、観察方向からの光が観察方向にそのまま反射してこの反射光の観察方向における受光量が多くなる。偽造防止構造110に設けられた外周マーク112と内マーク113のうち、内マーク113は、シート基材102に形成された凹部111の内側面111aに設けられているため、図8(a)の一点鎖線で示すように観察方向からの光が内マーク113上で観察方向に反射し、それにより、図8(b)に示すように内マーク113が明確に見えるようになる。
【0055】
一方、シート基材102の平面部103は観察方向に対向しなくなるため、観察方向からの光は観察方向以外の方向にも反射してこの反射光の観察方向における受光量が少なくなる。偽造防止構造110に設けられた外周マーク112と内マーク113のうち、外周マーク112は、シート基材102の平面部103に設けられているため、図8(a)の破線で示すように観察方向からの光が外周マーク112上で観察方向以外にも反射して分散し、それにより、図8(b)に示すように外周マーク112は薄くしか見えない状態となる。
【0056】
そのため、偽造防止シート101に対する観察方向を、例えば図5中下側に変化させていくと図8(c)に示すように、偽造防止構造110に設けられた内マーク113によって構成される潜像「T」が浮かび上がって見えるようになる。
【0057】
ここで、図5に示した偽造防止シート101においては、観察方向によって浮かび上がる潜像を構成する内マーク113が、シート基材102に形成された凹部111の内側面111aの全周に渡って設けられているため、観察方向をシート基材102の平面部103の法線方向からどの方向に変化させていった場合であっても、内マーク113による潜像が浮かび上がって見えるようになる。例えば、偽造防止シート101に対する観察方向を図5中上側に変化させていくと、内マーク113によって構成される潜像「T」が、図8(d)に示すように浮かび上がって見えるようになり、また、偽造防止シート101に対する観察方向を図5中右側に変化させていくと、内マーク113によって構成される潜像「T」が、図8(e)に示すように浮かび上がって見えるようになり、また、偽造防止シート101に対する観察方向を図5中左側に変化させていくと、内マーク113によって構成される潜像「T」が、図8(f)に示すように浮かび上がって見えるようになる。
【0058】
上述した偽造防止シート101は、複写した場合、シート基材102の情報印刷領域104に印刷された情報や、シート基材102に印刷により設けられた外周マーク112及び内マーク113は複写されるものの、凹部111までは再現できない。そのため、複写物の観察方向を変えていった場合であっても、内マーク113による潜像は浮かび上がらず、それにより、真偽判別を行うことが可能となる。このように真偽判別を行う際、本形態の偽造防止シート101においては、偽造防止シート101に対する観察方向をシート基材102の平面部103の法線方向からどの方向に変化させていった場合であっても、内マーク113による潜像が浮かび上がって見えるため、観察方向に制限されることなく潜像による真偽判別を容易に行うことができる。
【0059】
なお、上述した2つの実施の形態における凹部11,111の平面部3,103からの深さや平面部3,103との境界部分の寸法については、上述したものに限らず、適宜設定が可能である。
【0060】
また、上述した2つの実施の形態においては、偽造防止媒体として、紙からなるシート基材2,102に偽造防止構造10,110が設けられた偽造防止シート1,101を例に挙げて説明したが、本発明はこのような偽造防止シート1,101に限らず、フィルムからなるシート基材や複数の樹脂層が積層されてなるカード基材に上述したような偽造防止構造10,110を設けたものにも適用することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0061】
【図1】本発明の偽造防止媒体の第1の実施の形態となる偽造防止シートを示す図であり、(a)は全体の構成を示す図、(b)は(a)に示した偽造防止構造の詳細な構成を示す図、(c)は(b)に示したA−A’断面図、(d)は内マークが設けられた凹部の構成を示す図、(e)は内マークが設けられていない凹部の構成を示す図である。
【図2】図1に示した偽造防止シートの製造方法を説明するための図である。
【図3】図1に示した偽造防止シートを正面から観察した場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク及び内マークの見え方を示す図、(c)は偽造防止構造における外周マーク及び内マークの見え方を示す図である。
【図4】図1に示した偽造防止シートに対する観察方向を正面から変化させていった場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク及び内マークの見え方を示す図、(c)〜(f)は偽造防止構造における外周マーク及び内マークの見え方を示す図である。
【図5】本発明の偽造防止媒体の第2の実施の形態となる偽造防止シートを示す図であり、(a)は全体の構成を示す図、(b)は(a)に示した偽造防止構造の詳細な構成を示す図、(c)は(b)に示したA−A’断面図、(d)は内マークが設けられた凹部の構成を示す図、(e)は内マークが設けられていない凹部の構成を示す図である。
【図6】図5に示した偽造防止シートの製造方法を説明するための図である。
【図7】図5に示した偽造防止シートを正面から観察した場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク及び内マークの見え方を示す図、(c)は偽造防止構造における外周マーク及び内マークの見え方を示す図である。
【図8】図5に示した偽造防止シートに対する観察方向を正面から変化させていった場合の作用を説明するための図であり、(a)は偽造防止構造における光の反射を示す図、(b)は(a)に示した光の反射による外周マーク及び内マークの見え方を示す図、(c)〜(f)は偽造防止構造における外周マーク及び内マークの見え方を示す図である。
【符号の説明】
【0062】
1,101 偽造防止シート
2,102 シート基材
3,103 平面部
4,104 情報印刷領域
10,110 偽造防止構造
11,111 凹部
11a,111a 内側面
11b,111b 底部
12,112 外周マーク
13,113 内マーク
114 透明樹脂
121 押圧部材
122 支持台
【出願人】 【識別番号】000110217
【氏名又は名称】トッパン・フォームズ株式会社
【出願日】 平成18年7月4日(2006.7.4)
【代理人】 【識別番号】100123788
【弁理士】
【氏名又は名称】宮崎 昭夫

【識別番号】100106138
【弁理士】
【氏名又は名称】石橋 政幸

【識別番号】100127454
【弁理士】
【氏名又は名称】緒方 雅昭


【公開番号】 特開2008−12722(P2008−12722A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−184346(P2006−184346)