トップ :: B 処理操作 運輸 :: B29 プラスチツクの加工;可塑状態の物質の加工一般

【発明の名称】 断熱ダクトホースの製造方法
【発明者】 【氏名】稲掛 哲哉

【氏名】小玉 仁也

【氏名】吉富 義樹

【要約】 【課題】ホース内部に空間部(空気層)を形成しこれを断熱層として利用するダクトホースにおいて、硬質樹脂製のスペーサを用いて空間部を形成する場合に、スペーサの形状を安定させて螺旋状に捲回することができる断熱ダクトホースの製造方法を提供する。

【構成】内壁の外側にスペーサとして、内部に中空部を有する硬質樹脂製の帯状体を螺旋状に捲回し、内壁とスペーサとの間に空気層を形成する工程において、押出機から押し出される帯状体を予め螺旋巻きして中空螺旋部材を形成し、この中空螺旋部材を管成形軸上に乗り移らせるようにする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
管成形軸に軟質性テープを螺旋状に捲回しその側縁同士を連結するとともに、螺旋補強体で保形するようにして内壁を形成する工程、
前記内壁の外側にスペーサとして、内部に中空部を有する硬質樹脂製の帯状体を螺旋状に捲回し、内壁とスペーサとの間に空気層を形成する工程、
前記スペーサの外側に軟質性テープを螺旋状に捲回しその側縁同士を連結することにより外壁を形成する工程を備え、
前記スペーサの螺旋捲回工程において、押出機から押し出される帯状体を予め螺旋巻きして中空螺旋部材を形成し、この中空螺旋部材を管成形軸上に乗り移らせるようにしたことを特徴とする断熱ダクトホースの製造方法。
【請求項2】
スペーサが軸方向に沿って少なくとも1つの谷部を有する断面波形形状であり、外壁形成工程において、外壁とスペーサの谷部との間に空気層が形成されるようにした請求項1に記載の断熱ダクトホースの製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、断熱性を有するフレキシブルダクトホースの製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
フレキシブルダクトホースは、例えば住宅の天井裏などに配管され、送風機により給入した外部空気を室内に給気するために使用されているが、ダクトホースの内外で著しい温度差が生じることに起因してダクト表面に結露するのを防止するため断熱性を付与することが要請されている。
【0003】
断熱性を付与する方法としては、ダクトホースに独立気泡の発泡樹脂層を設けるのが一般的であるが、よりコストを低減するため、ホース内部に空間部(空気層)を形成しこれを断熱層として利用することが提案されている(特許文献1参照)。
【特許文献1】特開平11−51261号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記特許文献1では、空間部形成のため螺旋状のスペーサを用いるが、このスペーサは内部に中空部を有する硬質ポリエチレン等の硬質樹脂製の押出成形品である帯状体を螺旋状に捲回して構成するものであり、硬質でかつ比較的幅広の帯状体を押出機から直線的に押し出されたままの状態で管成形軸上に巻き付けると、スペーサの形状が崩れ易く、所定の空間部の形状を安定的に保持することが困難であるという問題が判明した。
そこで、本発明は、スペーサを用いて空間部を形成する場合に、その形状を安定させて螺旋状に捲回することができる断熱ダクトホースの製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、上記課題を解決するため、次の構成を手段とするものである。
すなわち、請求項1の発明は、管成形軸に軟質性テープを螺旋状に捲回しその側縁同士を連結するとともに、螺旋補強体で保形するようにして内壁を形成する工程、前記内壁の外側にスペーサとして、内部に中空部を有する硬質樹脂製の帯状体を螺旋状に捲回し、内壁とスペーサとの間に空気層を形成する工程、前記スペーサの外側に軟質性テープを螺旋状に捲回しその側縁同士を連結することにより外壁を形成する工程を備え、前記スペーサの螺旋捲回工程において、押出機から押し出される帯状体を予め螺旋巻きして中空螺旋部材を形成し、この中空螺旋部材を管成形軸上に乗り移らせるようにしたことを特徴とする断熱ダクトホースの製造方法である。
【0006】
また、請求項2の発明は、請求項1に記載の断熱ダクトホースの製造方法において、スペーサが軸方向に沿って少なくとも1つの谷部を有する断面波形形状であり、外壁形成工程において、外壁とスペーサの谷部との間に空気層が形成されるようにしたものである。
【発明の効果】
【0007】
請求項1の発明は、スペーサである硬質樹脂製の帯状体を管成形軸上ではじめて螺旋巻きするのでなく、押出後に一旦所定の径のコイル状になるよう螺旋巻きして整形された中空螺旋部材を、既に内層が成形されつつある管成形軸上に乗り移らせるものであるから、スペーサを所定の形状に成形し易く、内層との間に形成される空気層が安定して形成することができる。
また、請求項2の発明は、上記に加えて、スペーサの内外に複数の空気層を設けることができ断熱性の向上を期待できるほか、スペーサが波付き形状なのでホースの柔軟性を確保して可撓性を良好にすることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、添付図面に基づき、本発明の実施形態を説明する。
図1は、本発明により成形されるダクトホースの一部縦断側面図で、ダクトホース1は、内壁2,空気層4,スペーサ5および外壁6で構成されている。
【0009】
内壁2は、螺旋状に捲回した軟質性テープ、例えば軟質樹脂、樹脂フィルム、不織布やこれらを複合したテープにより形成され、軟質性テープの隣接する側縁同士がその外周面に螺旋状に捲回されたポリプロピレン等の硬質樹脂製の螺旋補強体3により接着一体化され、その保形と補強が図られている。
【0010】
スペーサ5は、頂面5aと内向き直立状両側縁5b,5bとからなり、内部に中空部を有する硬質ポリエチレン等の硬質樹脂製の押出成形品である帯状体を内壁2の外側に螺旋状に捲回した中空螺旋部材により形成されており、スペーサ5の中空部が内壁2との間で空気層4となり断熱性を付与している。なお、スペーサ5の隣接する側縁同士は若干間隔をあけて捲回しているが、側縁同士は当接させて捲回してもよい。
【0011】
外壁6は、軟質性テープ、例えば軟質樹脂、樹脂フィルム、不織布やこれらを複合したテープがスペーサ5の外側に螺旋状に捲回されて形成されており、隣接するスペーサ5同士間の隙間7をも被覆し、この隙間7での結露を防止し、この隙間7を空洞に形成している。
【0012】
次に、本発明の断熱ダクトホースの製造方法の一例について説明する。
【0013】
図2は、ホースの製造方法を説明する概略図で、製造されるホースの製造螺進方向下手側に向かって片持状態に支持された公知の管成形軸Aに、まず、内壁形成用テープ11が連続的に供給されて螺旋状に捲回されるとともに、押出機Bから押し出された硬質樹脂製の線状体12がテープ11の隣接する側縁同士間に跨って螺旋状に捲回されることにより、螺旋補強体3が接着一体化した内壁2が形成される。なお、内壁2の螺進過程において、冷却水で内壁を冷却する冷却装置Cを適宜設けてもよい。
【0014】
次に、押出機Dから押し出された硬質樹脂製の帯状体13が、押出直後に所定の直径を備える軸芯Eの外周に螺旋状に捲回されて一旦所定断面形状のコイル状に成形された中空螺旋部材14に形成される。このとき、適宜前記冷却装置Cと同様の冷却装置Fにより冷却してもよい。その後、軸芯Eの先端から離れた中空螺旋部材14は螺進しながら管成形軸A上に接近し、管成形軸A上を回転前進する内壁2の外側に乗り移らせることによりスペーサ5として形成される。このスペーサ5と内壁2との間の中空部は断熱用の空気層4として形成される。
【0015】
最後に、押出機Gから押し出された外壁形成用テープ15をスペーサ5の外側に螺旋状に捲回し、その側縁同士を接合することにより外壁6を形成し、ダクトホース1の成形を完了する。なお、外壁6の形成には、押出成形される樹脂テープに限らず、前述した軟質性テープであればすべて用いることができ、また、これらのテープはスペーサ5の頂面5aに接着させてもよいし、接着させなくともよい。
【0016】
図3は、本発明により成形される他のダクトホースの一部拡大断面図で、ダクトホース21は、内壁22,螺旋補強体23、第1空気層24,スペーサ25,第2空気層26および外壁27で構成されている。このダクトホース21は、図1のダクトホース1とはスペーサの形状のみ相違し、他の部分の構成は同等なのでその説明を省略する。
すなわち、スペーサ25はホース軸方向に沿って断面を波形形状に形成されており、2つの山部25a,25aとその中間の谷部25bと両端の内向き直立状両側縁25c,25cとからなり、スペーサ25全体と内壁22間に形成される第1空気層24のほかに、谷部25cと外壁27との間に第2空気層26が形成される。
【0017】
なお、本発明は、前記実施態様に限定されるものでなく、その要旨の範囲内で種々に変更することができる。例えば、スペーサの断面形状は予めコイル状に成形可能であればよく、種々の形状のものを任意に選択できるほか、内壁を構成するテープの材料としては、空気を外気と遮断できるすべての可撓性材料を使用することができ、螺旋補強体としては内壁を保形補強できるものであればよく、硬質合成樹脂芯のほか、硬鋼線等の金属線も使用できる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本発明により成形されるダクトホースの一部縦断側面図。
【図2】本発明の製造方法を説明する概略側面図。
【図3】本発明により成形される他のダクトホースの一部拡大断面図。
【符号の説明】
【0019】
1 ダクトホース
2 内壁
3 螺旋補強体
4 空気層
5 スペーサ
6 外壁
11 内壁形成用テープ
12 線状体
13 帯状体
14 中空螺旋部材
15 外壁形成用テープ
21 ダクトホース
22 内壁
23 螺旋補強体
24 第1空気層
25 スペーサ
25a,25a 山部
25b 谷部
26 第2空気層
27 外壁
【出願人】 【識別番号】000108498
【氏名又は名称】タイガースポリマー株式会社
【出願日】 平成18年9月8日(2006.9.8)
【代理人】 【識別番号】100090480
【弁理士】
【氏名又は名称】山田 晃


【公開番号】 特開2008−62533(P2008−62533A)
【公開日】 平成20年3月21日(2008.3.21)
【出願番号】 特願2006−243633(P2006−243633)