トップ :: B 処理操作 運輸 :: B29 プラスチツクの加工;可塑状態の物質の加工一般

【発明の名称】 帯状スポンジ材の貼付け方法、及びその貼付け装置
【発明者】 【氏名】北本 裕規

【要約】 【課題】トレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材を効率良く、高精度で均一に貼り付ける。又貼り付け不良における張り替え修正作業を可能とする。

【構成】タイヤ保持回転具2によりタイヤTを起立状態で回転可能に保持する。スポンジ保持枠20に収納した渦巻き状の定寸帯状スポンジ材5を、タイヤの回転に伴って巻き戻し、案内ローラ22を有する案内貼付手段23によりトレッド内面Tsに案内して貼り付ける。タイヤがバフ仕上のタイヤのときには、案内ローラによる貼り付け完了後に、貼付けの検査工程を行い、合格タイヤに対してのみ、押付けローラ24による圧接工程を行う。タイヤが非バフ仕上のタイヤのときには、案内ローラによる貼り付け完了に引き続いて、前記圧接工程を連続して行い、しかる後検査工程を行う。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
タイヤのトレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に貼り付ける帯状スポンジ材の貼付け方法であって、
タイヤが、トレッド内面に前記帯状スポンジ材を周方向に貼り付ける範囲をバフ仕上げ領域としたバフ仕上のタイヤか、バフ仕上げ領域のない非バフ仕上のタイヤかをタイヤ識別手段により識別し、
かつ識別したタイヤを、タイヤ保持回転具により起立状態で回転可能に保持するとともに、
前記帯状スポンジ材は、貼り付け長さで切断された定寸帯状スポンジ材からなり、渦巻状に巻回して巻回体を形成し、かつこの巻回体を収納したスポンジ保持枠をタイヤ内腔に配し、
かつ前記タイヤ保持回転具によるタイヤの回転に伴い、定寸帯状スポンジ材を前記スポンジ保持枠から取り出し案内ローラを有する案内貼付手段によりトレッド内面に案内して貼り付けるとともに、
前記タイヤがバフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付けを完了させた後、トレッド内面での前記定寸帯状スポンジ材の両端の間隔、両端のタイヤ軸方向ずれを含む貼付け条件を充足することを確認する検査工程を行い、その後貼付け完了した定寸帯状スポンジ材を押付けローラによりタイヤ回転とともにトレッド内面に押し付けて圧接する圧接工程を行い、
又前記タイヤが非バフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付け完了に引き続いて前記圧接工程を連続して行い、しかる後前記検査工程を行うことを特徴とする帯状スポンジ材の貼付け方法。
【請求項2】
前記検査工程において、前記貼り付け条件を充足しないとき、前記定寸帯状スポンジ材を張り替える修正工程を行うことを特徴とする請求項1記載の帯状スポンジ材の貼付け方法。
【請求項3】
前記定寸帯状スポンジ材は、一面を接着面としかつ該接着面に剥離紙が配され、しかもこの剥離紙を半径方向外方に向けて渦巻状に巻回されることにより前記巻回体が形成されるとともに、
前記スポンジ保持枠により巻き戻し可能に保持された該巻回体からのタイヤの回転にともなう前記帯状スポンジ材の巻き戻しに同調させて、前記剥離紙を巻回体から剥離して取り出すことを特徴とする請求項1又は2記載の帯状スポンジ材の貼付け方法。
【請求項4】
タイヤのトレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に貼り付ける帯状スポンジ材の貼付け装置であって、
タイヤが、トレッド内面に前記帯状スポンジ材を周方向に貼り付ける範囲をバフ仕上げ領域としたバフ仕上のタイヤか、バフ仕上げ領域のない非バフ仕上のタイヤかを識別するタイヤ識別手段、
識別したタイヤを起立状態で回転可能に保持するタイヤ保持回転具、
前記タイヤ保持回転具により保持されかつ回転するタイヤのトレッド内面に、帯状スポンジ材を貼り付ける貼付け具、
及び前記貼付け具を制御する動作制御手段を含み、
しかも前記貼付け具は、前記帯状スポンジ材が貼り付け長さで切断された定寸帯状スポンジ材を渦巻状に巻回した巻回体を収納しかつタイヤ内腔内に出入りしうるスポンジ保持枠と、前記スポンジ保持枠からの定寸帯状スポンジ材をトレッド内面に案内して貼り付ける案内ローラを有する案内貼付手段と、貼付けられる定寸帯状スポンジ材をトレッド内面に押し付けて圧接させうる押付けローラを有する圧接手段とを具えるとともに、
前記動作制御手段は、前記タイヤがバフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付けを完了させた後、しかもトレッド内面での前記定寸帯状スポンジ材の両端の間隔、両端のタイヤ軸方向ずれを含む貼付け条件を充足することを確認する検査を行った後に、前記貼付け完了した定寸帯状スポンジ材を押付けローラによりタイヤ回転とともにトレッド内面に押し付けて圧接させるとともに、
前記タイヤが非バフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付け完了に引き続いて前記押付けローラによる圧接を連続して行うことを特徴とする帯状スポンジ材の貼付け装置。
【請求項5】
前記定寸帯状スポンジ材は、一面を接着面としかつ該接着面に剥離紙が配され、しかもこの剥離紙を半径方向外方に向けて渦巻状に巻回されることにより前記巻回体が形成されるとともに、
前記貼付け具は、前記スポンジ保持枠により巻き戻し可能に保持された前記巻回体からのタイヤの回転にともなう前記帯状スポンジ材の巻き戻しに同調させて、前記剥離紙を巻回体から剥離させて巻き取る剥離紙巻き取りローラを具えたことを特徴とする請求項4記載の帯状スポンジ材の貼付け装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、タイヤのトレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に貼り付ける帯状スポンジ材の貼付け方法、及びその貼付け装置に関する。
【背景技術】
【0002】
タイヤ騒音の一つに、路面を走行した際に、50〜400Hzの周波数範囲で「ゴー」という音が生じるいわゆるロードノイズがあり、その主原因として、タイヤ内腔内で起こす空気の共鳴振動(空洞共鳴)が知られている。そこで近年、タイヤ内腔内に、長尺な制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に配し、タイヤ内腔内で生じた共鳴音エネルギーを緩和、吸収することにより、空洞共鳴を抑制してロードノイズを低減する技術が提案されている(例えば特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開2003−063208号公報
【0004】
この特許文献1では、走行時に、帯状スポンジ材がタイヤ内腔内で動いてタイヤ内腔面と擦れること等に起因するタイヤや帯状スポンジ材自体の損傷を防止するため、帯状スポンジ材をトレッド内面に接着によって固定することが提案されている。、
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし従来は、トレッド内面に帯状スポンジ材を貼り付ける装置は存在せず、作業者による手作業によって貼り付けせざるを得ない。そのため、作業効率の著しい低下を招くとともに、貼り付け精度を均一に保つことができず品質を損ねるという問題があった。
【0006】
そこで本出願人は、タイヤ一周長さに切断されかつ一面に接着面を形成した定寸帯状スポンジ材を使用し、この定寸帯状スポンジ材を、案内ローラによりトレッド内面に案内し、かつ押付けローラにより圧接させて強固に接着させる貼付け装置を先に出願している(特願2005−368461)。
【0007】
しかし、このような貼付け装置においても、定寸帯状スポンジ材の寸法バラツキや貼付け時の張力バラツキなどに起因して、定寸帯状スポンジ材の両端間に大きな隙間が発生したり、又両端間にタイヤ軸方向のずれが生じるなどの外観不良を招く場合がある。このような不良の場合には、定寸帯状スポンジ材を張り替える修正作業を行うことが要求される。
【0008】
他方、タイヤの加硫成型工程では、ブラダーとの剥離を良好とするためにブラダー表面にシリコンオイル等の離型剤を塗布する場合があり、このとき前記離型剤がトレッド内面に付着して接着不良を招く問題がある。従ってこのようなタイヤでは、トレッド内面をバフ仕上げして離型剤を除去しておくことが必要となる。なおブラダーには、その表面に離型性皮膜を形成することにより離型剤の使用を排除したものもあり、この場合にはトレッド内面への離型剤の付着がなくバフ仕上げは不要となる。
【0009】
しかし本発明者の研究の結果、バフ仕上げのタイヤでは表面が粗くなっているため、いったん押付けローラによって圧接してしまうと、定寸帯状スポンジ材をトレッド内面から剥がすことが困難となって修正作業が行えず、タイヤがスクラップになってしまうことが判明した。なお前記バフ仕上げのタイヤでは、押付けローラによる圧接前かつ案内ローラによる貼り付け直後であるならば、定寸帯状スポンジ材を剥がすことは可能であり、又バフ仕上げしないタイヤでは、表面が滑らかであるため、押付けローラによる圧接直後であるならば、定寸帯状スポンジ材を剥がすことができることも判明した。
【0010】
したがって、帯状スポンジ材の貼付に際しては、バフ仕上げのタイヤか非バフ仕上げのタイヤかを識別し、バフ仕上げのタイヤの場合には、押付けローラによる圧接前の段階で貼り付け検査を行うことが、定寸帯状スポンジ材の張り替え修正作業を行うために特に重要となる。
【0011】
本発明はこのような状況に鑑みなされたものであって、前記トレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材を効率良く、しかも高精度でかつ均一に貼り付けしうるとともに、定寸帯状スポンジ材の貼り付け不良が生じた場合にも張り替え修正作業を可能とする新規な帯状スポンジ材の貼付け方法、及びその貼付け装置を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0012】
前記目的を達成するために、本願請求項1の発明は、タイヤのトレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に貼り付ける帯状スポンジ材の貼付け方法であって、
タイヤが、トレッド内面に前記帯状スポンジ材を周方向に貼り付ける範囲をバフ仕上げ領域としたバフ仕上のタイヤか、バフ仕上げ領域のない非バフ仕上のタイヤかをタイヤ識別手段により識別し、
かつ識別したタイヤを、タイヤ保持回転具により起立状態で回転可能に保持するとともに、
前記帯状スポンジ材は、貼り付け長さで切断された定寸帯状スポンジ材からなり、渦巻状に巻回して巻回体を形成し、かつこの巻回体を収納したスポンジ保持枠をタイヤ内腔に配し、
かつ前記タイヤ保持回転具によるタイヤの回転に伴い、定寸帯状スポンジ材を前記スポンジ保持枠から取り出し案内ローラを有する案内貼付手段によりトレッド内面に案内して貼り付けるとともに、
前記タイヤがバフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付けを完了させた後、トレッド内面での前記定寸帯状スポンジ材の両端の間隔、両端のタイヤ軸方向ずれを含む貼付け条件を充足することを確認する検査工程を行い、その後貼付け完了した定寸帯状スポンジ材を押付けローラによりタイヤ回転とともにトレッド内面に押し付けて圧接する圧接工程を行い、
又前記タイヤが非バフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付け完了に引き続いて前記圧接工程を連続して行い、しかる後前記検査工程を行うことを特徴としている。
【0013】
又請求項4の発明は、タイヤのトレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材をタイヤ周方向に貼り付ける帯状スポンジ材の貼付け装置であって、
タイヤが、トレッド内面に前記帯状スポンジ材を周方向に貼り付ける範囲をバフ仕上げ領域としたバフ仕上のタイヤか、バフ仕上げ領域のない非バフ仕上のタイヤかを識別するタイヤ識別手段、
識別したタイヤを起立状態で回転可能に保持するタイヤ保持回転具、
前記タイヤ保持回転具により保持されかつ回転するタイヤのトレッド内面に、帯状スポンジ材を貼り付ける貼付け具、
及び前記貼付け具を制御する動作制御手段を含み、
しかも前記貼付け具は、前記帯状スポンジ材が貼り付け長さで切断された定寸帯状スポンジ材を渦巻状に巻回した巻回体を収納しかつタイヤ内腔内に出入りしうるスポンジ保持枠と、前記スポンジ保持枠からの定寸帯状スポンジ材をトレッド内面に案内して貼り付ける案内ローラを有する案内貼付手段と、貼付けられる定寸帯状スポンジ材をトレッド内面に押し付けて圧接させうる押付けローラを有する圧接手段とを具えるとともに、
前記動作制御手段は、前記タイヤがバフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付けを完了させた後、しかもトレッド内面での前記定寸帯状スポンジ材の両端の間隔、両端のタイヤ軸方向ずれを含む貼付け条件を充足することを確認する検査を行った後に、前記貼付け完了した定寸帯状スポンジ材を押付けローラによりタイヤ回転とともにトレッド内面に押し付けて圧接させるとともに、
前記タイヤが非バフ仕上のタイヤのときには、前記案内ローラによる定寸帯状スポンジ材の貼り付け完了に引き続いて前記押付けローラによる圧接を連続して行うことを特徴としている。
【発明の効果】
【0014】
本発明は、叙上の如く構成しているため、前記トレッド内面に、制音用の帯状スポンジ材を効率良く、しかも高精度でかつ均一に貼り付けしうる。又定寸帯状スポンジ材の寸法バラツキや貼付け時の張力バラツキなどに起因して貼り付け不良が生じた場合にも、定寸帯状スポンジ材の張り替え修正作業を可能とし、タイヤのスクラップ化を防止することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下、本発明の実施の一形態を、図示例とともに説明する。図1は本発明の帯状スポンジ材の貼付け装置を略示する正面図である。
図1に示すように、帯状スポンジ材の貼付け装置1(以下貼付け装置1という)は、タイヤTがバフ仕上のタイヤT1か非バフ仕上のタイヤT2かを識別するタイヤ識別手段43(図10に示す)と、識別したタイヤTを起立状態で回転可能に保持するタイヤ保持回転具2と、保持されかつ回転するタイヤTのトレッド内面Tsに、帯状スポンジ材5を貼り付ける貼付け具4と、前記貼付け具4を制御する動作制御手段44(図4に示す)とを含んで構成される。
【0016】
なお前記帯状スポンジ材5は、図8に示すように、その防振性、吸音性によって、タイヤの内腔内で生じた共鳴音エネルギー(振動エネルギー)を吸収緩和し、空洞共鳴を抑制することでロードノイズを低減し、制音しうる。又帯状スポンジ材5は、トレッド内面Tsに貼付けて固定されるため、帯状スポンジ材5が走行中に動いて、タイヤの内腔面や帯状スポンジ材5自体が擦れて損傷するのを防止することができる。
【0017】
ここで、タイヤ加硫成型では、タイヤとブラダーとの剥離を良好とするためにブラダー表面にシリコンオイル等の離型剤を塗布する場合があり、この離型剤がトレッド内面Tsに付着して接着不良を招く傾向がある。従ってこのようなタイヤでは、トレッド内面Tsに前記帯状スポンジ材5を周方向に貼り付ける範囲をバフ仕上げし、前記離型剤を除去したバフ仕上げ領域Yを形成することが必要である。他方、ブラダーには、その表面に離型性皮膜を形成することにより離型剤の使用を排除したものも提案されている。この場合には、トレッド内面Tsへの離型剤の付着がなく、バフ仕上げ領域Yを形成する必要はなくなる。
【0018】
又帯状スポンジ材5は、図9(A)に示すように、タイヤ1本当たりの貼り付け長さで予め切断された定寸帯状スポンジ材5からなり、この定寸帯状スポンジ材5は、その一面を接着剤が配された接着面Sとし、かつ該接着面Sは、剥離紙6によって被覆されている。なお接着剤としては両面粘着テープが好適に使用しうる。又本発明では、この定寸帯状スポンジ材5は、図9(B)に示すように、前記剥離紙6を半径方向外方に向けて渦巻状に巻回した巻回体5Aの状態で使用される。
【0019】
前記定寸帯状スポンジ材5の材料としては、海綿状の多孔構造体、例えばゴムや合成樹脂を発泡させた連続気泡を有する所謂スポンジそのもの、及び動物繊維、植物繊維又は合成繊維等を絡み合わせて一体に連結したウエブ状のものを含む。また前記「多孔構造体」には、連続気泡のみならず独立気泡を有するものを含む。好ましくは、エーテル系ポリウレタンスポンジ、エステル系ポリウレタンスポンジ、ポリエチレンスポンジなどの合成樹脂スポンジ、並びにクロロプレンゴムスポンジ(CRスポンジ)、エチレンプロピレンゴムスポンジ(EDPMスポンジ)、ニトリルゴムスポンジ(NBRスポンジ)などのゴムスポンジを好適に用いることができる。
【0020】
次に、前記タイヤ識別手段43として、本例では、図10に示すように、搬入ラインから送られるタイヤT(通常ビード外側面)に予め貼着されているバーコードからなる認識票Jを読みとる所謂バーコードリーダ43Aが使用される。前記認識票Jは、タイヤTがバフ仕上げ領域Yを有するか否かの情報に加え、例えばタイヤのサイズ、種類、製造日、出荷日、タイヤ使用条件を含む種々の情報がコード化して記載されている。
【0021】
次に、前記タイヤ保持回転具2は、図1、2の如く、間隔を隔ててかつタイヤを跨らせて支持する少なくとも一対の支持ローラ7を有するタイヤ支持手段8と、保持されたタイヤTのサイドウォール部を両側から可回転に挟む一対の側面支持体9を有する軸方向センタ位置決め手段10と、保持されたタイヤTを前記支持ローラ7に上方から押し付ける押さえローラ11を有する押付け手段12とを含む。具体的には、本例では、縦枠片と横枠片とて矩形枠組みした左右の側フレーム13L,13R間を、横の継ぎ枠片で接合した骨組み状のフレーム14を具え、このフレーム14に、前記タイヤ支持手段8と、軸方向センタ位置決め手段10と、押付け手段12とを取り付けている。
【0022】
前記タイヤ支持手段8は、間隔を隔てて互いに平行に配される水平な一対の支持ローラ7を有し、各支持ローラ7は、その両端が前記側フレーム13L、13Rに回転自在に枢支される。又一方の支持ローラ7の一端には、例えば側フレーム13Lに取り付くタイヤ駆動モータM1が、スプロケットや無端連紐等を用いた周知の駆動連結手段を介して連結される。従って、タイヤ支持手段8は、支持ローラ7、7間にタイヤTを跨らせて起立状態で保持でき、かつタイヤ駆動モータM1の駆動によって前記タイヤTを回転駆動しうる。なお前記支持ローラ7、7間へのタイヤTの投入取出しは、図2の如く、側フレーム13L、13R間から行いうる。
【0023】
前記軸方向センタ位置決め手段10は、前記保持されたタイヤTのサイドウォール部を両側から可回転に挟む一対の側面支持体9を具える。この側面支持体9は、本例では、矩形枠組みした周囲枠状の支持体主部15を有し、各支持体主部15は、前記左右の側フレーム13L,13R間をタイヤ軸方向にのびる上下各一対の案内ガイド16によって、タイヤ軸方向に移動可能に案内される。又前記支持体主部15、15は、左右開閉手段17を介して、タイヤ軸方向の中心位置iの両側で、各等距離をタイヤ軸方向に逆向きに移動できる。
【0024】
前記左右開閉手段17は、本例では、図3に概念的に示すように、フレーム14に、前記中心位置iで回転自在に枢着されるギヤー17Aと、タイヤ軸方向にのびかつ前記ギヤー17Aに噛合しうる一対のラック17B、17Cとからなるギヤ−・ラック機構を含み、各ラック17B、17Cの一端は、それぞれ両側の支持体主部15、15に固定される。又一方の支持体主部15には、本例では、タイヤ軸方向に伸縮自在なシリンダー17Dのロッド端が連結される。従って前記シリンダー17Dの伸張動作によって、両側の支持体主部15、15は、前記中心位置iに向かって各等距離を移動でき、その間でタイヤTのサイドウォール部を両側から狭持する。これによって、タイヤTを、そのタイヤ赤道を中心位置iに位置合わせしうる。
【0025】
又前記側面支持体9では、前記狭持したタイヤTを回転可能に保持するために、前記支持体主部15の向き合う面には、狭持したタイヤTのサイドウォール部のタイヤ最大幅位置に当接しうる複数の保持ローラ18を枢支している。この保持ローラ18は、そのローラ軸心を前記タイヤの回転軸心に向けて配している。なお、タイヤサイズに準じてタイヤの回転軸心の高さ位置が変化するため、本例では上下、左右各1本(合計4本)の保持ローラ18を用い、各ローラ18を水平に対して45°の角度θで配するとともに、上の保持ローラ18を下の保持ローラに対して、例えば60mm長く設定している。
【0026】
前記押付け手段12は、前記フレームの上端に、取付け金具を介して支持されるシリンダー12Aを有し、又その下方に向くロッド端に、ローラホルダを介して前記押さえローラ11を枢着している。従って、前記シリンダー12Aの伸張動作によって、保持されたタイヤTを前記支持ローラ7に上方から押し付けでき、タイヤTを、位置ずれや速度ムラを有することなく所定の回転速度で確実に回転させることができる。
【0027】
次に、前記貼付け具4は、図6に示すように、定寸帯状スポンジ材5の前記渦巻状の巻回体5Aを収納して保持するスポンジ保持枠20と、この保持した巻回体5Aから定寸帯状スポンジ材5の一端5eを取り出してトレッド内面Tsに案内して貼り付ける案内ローラ22を有する案内貼付手段23と、貼付けられる定寸帯状スポンジ材5をトレッド内面Tsに押し付けて圧接させうる押付けローラ24を有する圧接手段25とを具える。
【0028】
又前記貼付け具4は、本例では図4に示すように、この貼付け具4をタイヤ軸方向に移動させることにより該貼付け具4をタイヤ内腔内にそのビードシート孔Hから挿入取出しさせるトラバース手段28と、前記タイヤ内腔内に挿入された貼付け具4を、タイヤ半径方向に移動させる上下移動手段29とを少なくとも具える支持具30によって支持される。
【0029】
前記支持具30は、本例では、タイヤサイズに合わせて前記貼付け具4の高さ位置を上下に調整する高さ調整具31に支持される。
【0030】
この高さ調整具31は、前記フレーム14の台板から立ち上がる支持台33に配される上下にのびる縦の案内ガイド部34と、この縦の案内ガイド部34に案内されて上下移動しうる前記高さ調整台35と、この高さ調整台35を上下に自在に移動させる上下の直線駆動部(図示しない)とを具える。この上下の直線駆動部は、本例ではボールネジ機構を有し、前記支持台33に両端が枢支された上下方向のネジ軸と、前記高さ調整台35に取り付きかつ前記ネジ軸に螺合するナット部とを具える。又前記ネジ軸の一端には、支持台33に取付く昇降用モータ(図示しない)が連結する。従って、タイヤ保持回転具2に保持されるタイヤのサイズに応じて前記高さ調整台35を上下動し、前記貼付け具4がビードシート孔Hからタイヤ内腔内に挿入取出しうる高さ位置に調整しうる。
【0031】
又前記支持具30を構成する前記トラバース手段28は、前記高さ調整台35に配される横の案内ガイド部36と、この横の案内ガイド部36に案内されてタイヤ軸方向に移動しうる横移動台37と、この横移動台37を後方の待機位置Qrと前方の前進位置Qfとの2位置間で移動させる横の直線駆動部38とを具える。この横の直線駆動部38は、本例では、ロッドレスシリンダーであって、その一端/他端間を移動するピストン部が前記横移動台37にアクチェータを介して連結される。なお前記待機位置Qrでは、図5(A)に一点鎖線で示す如く、貼付け具4をタイヤ内腔の外側に待機させることができ、この待機状態において、タイヤ保持回転具2へのタイヤの投入や取出し、及び貼付け具4への帯状スポンジ材5の取り付けが行われる。又前記前進位置Qfでは、定寸帯状スポンジ材5を、その幅中心線をタイヤ赤道Cに合わせてタイヤ内腔内に挿入できる。
【0032】
又前記上下移動手段29は、前記横移動台37から立設する支持台39に配される上下にのびる縦の案内ガイド部40と、この縦の案内ガイド部40に案内されて上下移動しうる昇降体41と、この昇降体41を上下に移動させる本例ではシリンダーである上下の直線駆動部42とを具える。前記昇降体41は、タイヤ軸方向にのびるアーム状をなし、かつその前端に貼付け具4を保持している。そして、前記上下の直線駆動部42の動作によって、前端に保持した貼付け具4を、タイヤ内腔への挿入高さ位置Prと、貼り付け高さ位置Pfとの二位置の間で上下移動できる。
【0033】
又前記貼付け具4のスポンジ保持枠20は、具体的には、前記昇降体41の前端に取付板26を介して取り付けられる。このスポンジ保持枠20は、前記図6の如く、底板の周囲に、巻回体5Aの外周面を保持する環状周囲枠45を設けた容器状をなし、該環状周囲枠45には、帯状スポンジ材5の一端5eを取り出す途切れ部45Aが形成される。又この途切れ部45Aには、その一端から前記環状周囲枠45の接線方向かつ下方にのびる第1の案内片46aと、途切れ部45Aの他端から前記第1の案内片46aと平行にのびる第2の案内片46bとからなる案内部46が連設される。なお案内片46a、46b間の間隔Dは、前記定寸帯状スポンジ材5の無負荷状態における厚さtに比して0〜0.5mm大に設定されている。
【0034】
前記案内貼付手段23は、前記案内部46の下端側に配される案内ローラ22と剥離紙剥離ローラ48と剥離紙巻き取りローラ49とを少なくとも具える。前記剥離紙剥離ローラ48は、前記第1の案内片46aの側に形成され、前記案内部46の下端から取り出される定寸帯状スポンジ材5から剥離紙6を剥離する。又剥離紙巻き取りローラ49は、前記剥離紙剥離ローラ48に隣設し、剥離する剥離紙6を巻き取って回収する。なお剥離紙巻き取りローラ49には、剥離紙6が滑って巻き取り不良が生じないように、剥離紙巻き取りローラ49の外周には、剥離紙6の先端部を挟んで係止するスリット49Aを半径方向に形成している。なお剥離紙巻き取りローラ49は、剥離紙回収モータ(図示しない)によって駆動される。この剥離紙回収モータにはインダクションモータが採用され、タイヤ回転速度と同期同調させる制御を行っている。またトルクモータを採用し、剥離紙6がテンションによって破断しないように、モータの回転トルクの上限を規制してもよい。
【0035】
又前記案内ローラ22は、前記第2の案内片46aの側に配され、剥離紙6が剥離された定寸帯状スポンジ材5をその接着面Sを半径方向外側に向けて案内する。なお案内ローラ22の軸方向両端には、定寸帯状スポンジ材5の巾方向の位置ずれを防止する大径な鍔状フランジ22aを周設している。なお案内ローラ22は、図7の如く、貼り付け高さ位置Pfにおいて、巻回体5Aからの定寸帯状スポンジ材5をトレッド内面Tsに案内して貼り付ける。このとき、定寸帯状スポンジ材5が案内ローラ22によってトレッド内面Tsに押し付けられないよう、前記貼り付け高さ位置Pfにおける前記案内ローラ22とトレッド内面Tsとの間隔gを、前記定寸帯状スポンジ材5の厚さtよりも大に規制する必要がある。そのために本例では、前記フランジ22aの突出高さhを前記厚さtよりも大に設定している。なお前記案内ローラ22、剥離紙剥離ローラ48、及び剥離紙巻き取りローラ49は、前記取付板26に回転自在に支持される。
【0036】
又前記圧接手段25は、前記案内ローラ22により貼付けられる定寸帯状スポンジ材5をトレッド内面Tsに押し付けて圧接させる押付けローラ24を有し、これによってトレッド内面Tsへの接着強度を確保する。この押付けローラ24は、前記取付板26に固定のシリンダー50のロッド下端に、ローラホルダを介して回転自在に枢支される。又押付けローラ24は、少なくとも外周面が弾性変形容易なスポンジ材から形成される。これにより押付けローラ24は、定寸帯状スポンジ材5をトレッド内面Tsに広い面積で均一に押圧でき、剛体のローラに比して接着け状態を安定化させることができる。
【0037】
次に、前記動作制御手段44は、前記貼付け具4の動作を制御するコンピュータ等の制御装置であって、前記タイヤTがバフ仕上のタイヤT1のときには、前記図7の如く、前記押付けローラ24の後退状態で、案内ローラ22による貼り付けを行う。この貼付けでは、定寸帯状スポンジ材5がトレッド内面Tsにまだ圧接されていないため、接着が不充分であり、バフ仕上のタイヤT1の場合にも、定寸帯状スポンジ材5の張り替えが可能である。従って、この非圧接での貼付けが完了した時点で、図11(A)、(B)に示すように、定寸帯状スポンジ材5の両端間の間隔d1、及び両端間のタイヤ軸方向のずれd2を含む貼付け条件が、基準値を充足するかどうかを確認する検査工程を行う。そして合格タイヤの場合には、検査後、前記押付けローラ24を前進させた状態でタイヤを回転させる。これにより、定寸帯状スポンジ材5をトレッド内面Tsに押し付けて圧接し、接着を確実なものとする。又前記貼付け条件が基準値を充足しない不合格タイヤは、本例では、押付けローラ24による圧接を行うことなく貼付け装置1から取り外し、次のタイヤと交換する。なお不合格タイヤは、オフラインにて定寸帯状スポンジ材5を剥がして除去し、しかる後、搬入ラインに再投入される。
【0038】
又動作制御手段44は、前記タイヤTが非バフ仕上のタイヤT2の場合には、案内ローラ22による前記非圧接の貼り付け完了に引き続いて、前記押付けローラ24による圧接を連続して行わせる。これは、貼り付けと圧接とを連続して行うことが、工程時間や作業効率の観点から有利であり、しかも非バフ仕上のタイヤT2場合、トレッド内面Tsが滑らかであるため、圧接直後であるならば、定寸帯状スポンジ材5を剥がすことが可能であるからである。従ってこの圧接後に、前記検査工程を実施する。
【0039】
次に、本実施形態の貼付け装置1を用いた帯状スポンジ材の貼付け方法を説明する。なお図12は、前記貼付け方法のフローチャートである。
【0040】
まず、搬入されるタイヤTの認識票Jを、例えばバーコードリーダ43Aであるタイヤ識別手段43を用いて読み取り、バフ仕上げのタイヤT1か非バフ仕上げのタイヤT2かを識別する。
【0041】
そして、貼付け具4がタイヤ軸方向後方側の待機位置Qrで待機する状態において、前記識別したタイヤTを、タイヤ保持回転具2にセットする。具体的には、前記支持ローラ7、7間にタイヤTを跨らして載置させた後、前記軸方向センタ位置決め手段10を作動し、載置されたタイヤTのサイドウォール部を、両側の側面支持体9、9間で挟むことにより、タイヤTをそのタイヤ赤道Cを前記中心位置iに位置合わせする。この位置合わせは、タイヤを回転させながら行うのが好ましい。又タイヤの停止後、押付け手段12を作動し、載置されかつ位置合わせされたタイヤTを支持ローラ7に上方から押し付けて、起立状態で回転可能に保持する。
【0042】
又前記貼付け具4では、前記定寸帯状スポンジ材5が装着される。このとき本例では、前記タイヤ識別手段43によってタイヤサイズも識別され、このタイヤサイズにあった、巾、長さの定寸帯状スポンジ材5が選択される。又前記案内貼付手段23における案内ローラ22および剥離紙巻き取りローラ49も、前記定寸帯状スポンジ材5の巾に適したものに交換される。そして、前記選択された定寸帯状スポンジ材5は、巻回体5Aの状態で、図6に示すように、スポンジ保持枠20内に収納される。このとき、定寸帯状スポンジ材5を自動貼付けするために、その一端5eが前記案内ローラ22のフランジ22a下端を下方に超える状態となるまで、定寸帯状スポンジ材5はスポンジ保持枠20から巻き戻される。又前記一端5eからは、剥離紙6が予め剥離され、その先端部は、剥離紙剥離ローラ48をへて剥離紙巻き取りローラ49の前記スリット49Aに係止される。
【0043】
又前記支持具30では、予め、図5(A)に示す如く、前記高さ調整具31の作動により、ビードシート孔Hからタイヤ内腔内に挿入しうる高さ位置となるように、前記貼付け具4の高さ合わせが行われる。本例では、前記動作制御手段44は、タイヤTのサイズデータを記憶する記憶部を具え、前記タイヤ識別手段43により読み取った前記認識票Jの情報に基づき、前記記憶部に記憶したサイズデータから、前記高さ調整台35の上下移動を制御している。
【0044】
その後、前記トラバース手段28を作動し、図5(A)に一点鎖線で示す如く、貼付け具4を、前記待機位置Qrから前進位置Qfまで移動させる。これにより、定寸帯状スポンジ材5の巻回体5Aを、その幅中心線をタイヤ赤道Cに合わせてタイヤ内腔内に挿入させる。
【0045】
その後、図5(B)に示す如く、前記上下移動手段29を作動し、前記貼付け具4を貼り付け高さ位置Pfまで下降させる。この貼り付け高さ位置Pfでは、定寸帯状スポンジ材5の一端5eが、トレッド内面Tsと当接できその接着面Sをトレッド内面Tsに付着させうる。
【0046】
ここで、タイヤTの回転前に、前記定寸帯状スポンジ材5の一端5eが、トレッド内面Tsに当接した場合には、当接時、定寸帯状スポンジ材5が折れ曲がって接着面S同士が接着したり、一端5eが変形して潰れる等の問題が生じる。従って、前記動作制御手段44によるタイヤ駆動モータM1への制御により、前記一端5eがトレッド内面Tsに接触する瞬間にタイヤTを回転させている。なお前記制御として、本例では、前記挿入高さ位置Prからの貼付け具4の下降開始時を基準とした、前記タイヤ駆動モータM1へのタイマ制御を採用している。
【0047】
又定寸帯状スポンジ材5の貼付け開始前に、剥離紙巻き取りローラ49による剥離紙6の巻き取りを開始した場合には、剥離紙6に伴って定寸帯状スポンジ材5が巻回体5Aから引き出されるため、定寸帯状スポンジ材5が折れ曲がって接着面S同士が接着する等の変形を招く。従って、前記動作制御手段44により前記剥離紙回収モータを例えばタイマ制御し、タイヤの回転開始に同調させて(本例ではタイヤの回転開始にやや遅れて)剥離紙巻き取りローラ49の回転を開始している。
【0048】
又タイヤ回転に伴って巻回体5Aから巻き戻される定寸帯状スポンジ材5は、案内ローラ22により非圧接にてトレッド内面Tsに貼り付けされる。
【0049】
そして貼付け具4は、動作制御手段44による制御により、タイヤTが非バフ仕上のタイヤT2の場合には、前記非圧接での貼り付けに引き続いて、押付けローラ24による圧接工程を連続して行う。又タイヤTがバフ仕上のタイヤT1の場合には、前記非圧接での貼り付けが完了した時点で停止し、検査工程が行われる。そして合格タイヤに対してのみ、押付けローラ24による圧接工程を行う。
【0050】
以上、本発明の特に好ましい実施形態について詳述したが、本発明は図示の実施形態に限定されることなく、種々の態様に変形して実施しうる。
【図面の簡単な説明】
【0051】
【図1】本発明のトレッド内面への帯状スポンジ材の貼付け装置の一実施例を示す正面図である。
【図2】タイヤ保持回転具を示す側面図である。
【図3】左右開閉手段を概念的に示す平面図である。
【図4】貼付け具を支持具とともに示す正面図である。
【図5】(A)、(B)は、貼付け具の動作を説明する断面図である。
【図6】貼付け具を示す側面図である。
【図7】貼付け具による、帯状スポンジ材の貼付け状態を説明する側面図である。
【図8】帯状スポンジ材を貼り付けたタイヤの一例を示す断面図である。
【図9】(A)は、貼付け前の帯状スポンジ材の一例を示す断面図、(B)はその渦巻き状の巻回体を示す断面図である。
【図10】タイヤ識別手段を説明する斜視図である。
【図11】(A)、(B)は検査工程における貼付け条件を説明する平面図である。
【図12】貼付け方法を説明するフローチャートである。
【符号の説明】
【0052】
1 帯状スポンジ材の貼付け装置
2 タイヤ保持回転具
4 貼付け具
5 帯状スポンジ材
5A 巻回体
6 剥離紙
7 支持ローラ
8 タイヤ支持手段
9 側面支持体
10 軸方向センタ位置決め手段
11 押さえローラ
12 押付け手段
20 スポンジ保持枠
22 案内ローラ
23 案内貼付手段
24 押付けローラ
25 圧接手段
43 タイヤ識別手段
44 動作制御手段を含
S 接着面
T タイヤ
Ts トレッド内面
【出願人】 【識別番号】000183233
【氏名又は名称】住友ゴム工業株式会社
【出願日】 平成18年6月30日(2006.6.30)
【代理人】 【識別番号】100082968
【弁理士】
【氏名又は名称】苗村 正

【識別番号】100104134
【弁理士】
【氏名又は名称】住友 慎太郎


【公開番号】 特開2008−6783(P2008−6783A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−182179(P2006−182179)