トップ :: B 処理操作 運輸 :: B29 プラスチツクの加工;可塑状態の物質の加工一般

【発明の名称】 プレキュアトレッドの接合方法およびプレキュアトレッド
【発明者】 【氏名】倉石 剛

【要約】 【課題】プレキュアトレッドをクッションゴムを介して台タイヤに貼り付けるに際し、ステープラーによる処理なしで、より簡易に両端接合部の剥がれを防止することができるプレキュアトレッドの接合方法およびプレキュアトレッドを提供する。

【構成】プレキュアトレッド1aを、未加硫クッションゴムを介して台タイヤ10のクラウン部に貼着するに際し、プレキュアトレッド1aの両端部を、ステープラー処理なしで接合するプレキュアトレッドの接合方法である。プレキュアトレッド1aの両端部は、好適には、両端部同士の物理的嵌合により接合することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
プレキュアトレッドを、未加硫クッションゴムを介して台タイヤのクラウン部に貼着するに際し、該プレキュアトレッドの両端部を、ステープラー処理なしで接合することを特徴とするプレキュアトレッドの接合方法。
【請求項2】
前記プレキュアトレッドの両端部を、該両端部同士の物理的嵌合により接合する請求項1記載のプレキュアトレッドの接合方法。
【請求項3】
前記プレキュアトレッドの両端部を、トレッド面内で互いに引っ掛かりを持って嵌合可能な凹凸部を有する形状とする請求項2記載のプレキュアトレッドの接合方法。
【請求項4】
前記凹凸部を、前記プレキュアトレッド表面に形成されたトレッドパターンの溝部に沿って形成する請求項3記載のプレキュアトレッドの接合方法。
【請求項5】
前記プレキュアトレッドを、周方向にテンションをかけた状態で前記台タイヤに巻付ける請求項1〜4のうちいずれか一項記載のプレキュアトレッドの接合方法。
【請求項6】
請求項1〜5のうちいずれか一項記載のプレキュアトレッドの接合方法に用いられることを特徴とするプレキュアトレッド。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明はプレキュアトレッドの接合方法(以下、単に「接合方法」とも称する)およびプレキュアトレッドに関し、詳しくは、更生タイヤの製造工程において加硫済み(プレキュア)トレッドを台タイヤに貼り付ける際の、トレッドゴム端同士の接合部の改良に係るプレキュアトレッドの接合方法およびこれに用いられるプレキュアトレッドに関する。
【背景技術】
【0002】
一般に、更生タイヤは、使用済みタイヤのトレッド部を切削、バフ掛けにより除去して台タイヤとし、そのクラウン部に加硫済みまたは未加硫の押出トレッドゴムを貼り付けた後、加硫を行うことにより製造される。
【0003】
このうち加硫済み(プレキュア)トレッドを用いる場合には、一般に、シート状の未加硫クッションゴムを介して台タイヤに貼着し、その後の加熱・加圧により台タイヤに加硫接着する方法が用いられる。この場合、プレキュアトレッドの両端接合部が貼着後に台タイヤから剥がれてしまうことを防止するために、従来、ステープラーを用いて、トレッド両端部に跨ってU字状の針を打ち込むことにより、両端部の接合状態を強固にすることが行われている。
【0004】
具体的には例えば、図5(a)〜(c)に示すように、まず、端部が直線状に切断されたプレキュアトレッド11を、テンションをかけながら、またはゼロテンションで、クッションゴム12を介して台タイヤ10に巻付けて、ジョイント面にゴムシート13を貼り合わせる。後端400mm程度(タイヤサイズ11R22.5の場合)は、プレキュアトレッド11が5mmほどオーバーラップするので、ゴムシート13の内側にコンプレッションで押し入れる。その後、ジョイント両面端の剥がれを防止するために、ステープラー針14を5本程度打ち込んで両端を留めている。このステープラー針は、加硫後に外すことができる。この従来のプレキュアトレッド11の平面図、および、これを台タイヤ10に貼着した状態を示す概略斜視図を、図6(a),(b)に示す。
【0005】
トレッドゴムの接合方法に関しては、例えば、特許文献1に、ゴム状物(トレッドゴム)の両端部を接合するにあたり、接合面が傾斜面となるよう両端部を切断し、両端傾斜面を面接触させながら両端部を重ね合わせて、ゴム状物の表面に直交する複数の針を、傾斜面を含む両端部に貫通するまで突き刺す技術が開示されている。
【特許文献1】特開平7−52251号公報(特許請求の範囲等)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、従来のように、ステープラー針を用いてプレキュアトレッド端部の剥がれ防止を図る手段では、ステープラー針の打ち込みおよび取り外しの工数が余計にかかることになり、更生タイヤの生産性を低下させる原因となっていた。したがって、プレキュアトレッドの剥がれ防止を、より簡易な手段で図ることができる技術の確立が望まれていた。
【0007】
そこで本発明の目的は、更生タイヤの製造工程において、プレキュアトレッドを台タイヤに貼り付ける際の工数を低減することにより、従来に比し更生タイヤの生産性を向上することができるプレキュアトレッドの接合方法およびプレキュアトレッドを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明者は鋭意検討した結果、下記構成とすることにより上記問題を解消できることを見出して、本発明を完成するに至った。
【0009】
即ち、本発明のプレキュアトレッドの接合方法は、プレキュアトレッドを、未加硫クッションゴムを介して台タイヤのクラウン部に貼着するに際し、該プレキュアトレッドの両端部を、ステープラー処理なしで接合することを特徴とするものである。
【0010】
本発明においては、前記プレキュアトレッドの両端部を、該両端部同士の物理的嵌合により接合する方法を好適に用いることができ、特には、トレッド面内で互いに引っ掛かりを持って嵌合可能な凹凸部を有する形状とすることが好ましい。また、前記凹凸部は、前記プレキュアトレッド表面に形成されたトレッドパターンの溝部に沿って形成することもできる。さらに、前記プレキュアトレッドは、周方向にテンションをかけた状態で前記台タイヤに巻付けることが好ましい。
【0011】
また、本発明のプレキュアトレッドは、上記本発明のプレキュアトレッドの接合方法に用いられることを特徴とするものである。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、上記構成としたことにより、更生タイヤの製造工程における、プレキュアトレッドを台タイヤに貼り付ける際の工数を低減することができ、従来に比し更生タイヤの生産性を向上することが可能となった。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、本発明の好適な実施の形態について、図面を参照しつつ詳細に説明する。
本発明のプレキュアトレッドの接合方法は、更生タイヤの製造工程において、プレキュアトレッドを未加硫クッションゴムを介して台タイヤのクラウン部に貼着する際に適用されるものであり、プレキュアトレッドの両端部を、ステープラー処理なしで接合する点に特徴を有する。
【0014】
かかる構成としたことで、従来のプレキュアトレッド成型工程でのステープラー留めおよび加硫後のステープラー針外しの工程を省略することができるため、結果として更生タイヤの生産性を向上することができる。実際の製造工程を考えると、例えば、80本生産/日の工場の場合、タイヤ1本あたりステープラー留め作業およびステープラー針外し作業の双方に、合計で50DM(decimal minutes,100DM=1分)かかるため、この工数を削減することで、一日あたり4000DMの削減となる。
【0015】
プレキュアトレッドの両端部は、具体的には、端部同士の物理的(機械的)嵌合により接合することができ、この物理的嵌合により、ステープラー処理なしでも、プレキュアトレッド端部の剥がれを簡易かつ効果的に防止することができる。かかる両端部同士を物理的に嵌合させるための手段としては、具体的には例えば、プレキュアトレッドの両端部を、トレッド面内で互いに引っ掛かりを持って嵌合可能な凹凸部を有する形状とすることが挙げられる。すなわち、プレキュアトレッド両端を、接合部において互いに引っ掛かりを持って係止し合う嵌合形状に形成して、巻付け後に、ゴムシートを介して両端部を嵌着することで、ステープラー留めなしでも、プレキュアトレッド両端部の接合状態を確実に保持して、剥離を防止することが可能となる。
【0016】
図1(a),(b)に、本発明の一例のプレキュアトレッド1aの平面図、および、これを台タイヤ10に貼着した状態を示す概略斜視図を示す。図示する例は、ジグソーパズルの嵌合部形状のように、プレキュアトレッド1aの一方の端部に径方向に突出部を有する外形円弧状の凸状部を形成するとともに、他方の端部にこれと嵌合する凹状部を形成したものであり、この場合、両端部の嵌着時には、凸状部における径方向の突出部が引っ掛かりとなって、接合状態を保持することができる。
【0017】
また、図2(a),(b)に、本発明の他の例のプレキュアトレッド1bの平面図、および、これを台タイヤ10に貼着した状態を示す概略斜視図を示す。図示する例は、ファスナーの嵌合部形状のように、プレキュアトレッド1bの一方の端部に径方向に突出部を有する複数の凹凸部を形成するとともに、他方の端部にもこれと嵌合する同様の複数の凹凸部を形成したものであり(同図(c)の拡大図参照)、この場合も、両端部の嵌着時には、凹凸部における径方向の突出部が互いに引っ掛かりとなって、接合状態を保持することができる。
【0018】
さらに、本発明においては、図3に示すように、上記凹凸部を、プレキュアトレッド1cの表面に形成されたトレッドパターンの溝部に沿って形成することもできる(図中の符号A)。但し、あまり複雑なパターンであると、プレキュアトレッドのカットに時間が掛かり、貼り合わせが困難となるなどの問題が生ずるため、簡易なパターンにおいて有効な方法である。
【0019】
本発明におけるプレキュアトレッドの両端部形状は、互いに物理的に嵌合し合うことで接合し得るものであれば、図1〜3に示す例には限定されず、例えば、図4(a),(b)に示すような形状なども適用可能である。
【0020】
また、本発明において、プレキュアトレッドの台タイヤに対する巻付けは、周方向にテンションをかけた状態で行うことが好ましく、これにより、巻付け後にプレキュアトレッドには、両端が互いに引っ張り合う方向に収縮力が作用するため、プレキュアトレッドの両端を互いに引っ掛かるようにカットすることで、接合部において周方向に摩擦が生じ、プレキュアトレッドがより剥がれにくくなる効果が得られる。さらに、直線的にカットするよりもプレキュアトレッド接合部の接触面積を多く取ることができるため、断面方向の摩擦も多くなり、プレキュアトレッドをより剥がれにくくすることができる。したがって、プレキュアトレッド両端の嵌合部形状は、接触面積が大きくなるように、また、引っ掛かりが多く取れるように、形成することが好ましい。
【0021】
本発明の接合方法に用いられるプレキュアトレッドは、常法に従いプレキュアトレッドを成形・加硫した後、その両端部を、従来のように直線状に切断するのではなく、上述したような両端部同士の物理的嵌合により接合し得る形状に切断することで、容易に作製することができる。この両端部の切断は、例えば、超音波カッター等により行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】(a),(b)は、本発明の一例のプレキュアトレッドを示す平面図、および、これを台タイヤに貼着した状態を示す概略斜視図である。
【図2】(a)〜(c)は、本発明の他の例のプレキュアトレッドを示す平面図、これを台タイヤに貼着した状態を示す概略斜視図、および、嵌合部を示す拡大断面図である。
【図3】(a),(b)は、本発明のさらに他の例のプレキュアトレッドにおける接合部形状を示す斜視図である。
【図4】(a),(b)は、本発明のさらに他の例のプレキュアトレッドの両端部形状を示す概略断面図である。
【図5】(a)〜(c)は、従来のステープラーを用いたプレキュアトレッドの接合方法を示す概略断面図である。
【図6】(a),(b)は、従来のプレキュアトレッドの平面図、および、これを台タイヤに貼着した状態を示す概略斜視図である。
【符号の説明】
【0023】
10 台タイヤ
1a,1b,1c,11 プレキュアトレッド
12 クッションゴム
13 ゴムシート
14 ステープラー針
【出願人】 【識別番号】000005278
【氏名又は名称】株式会社ブリヂストン
【出願日】 平成18年6月26日(2006.6.26)
【代理人】 【識別番号】100096714
【弁理士】
【氏名又は名称】本多 一郎

【識別番号】100124121
【弁理士】
【氏名又は名称】杉本 由美子


【公開番号】 特開2008−1067(P2008−1067A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−175401(P2006−175401)