トップ :: B 処理操作 運輸 :: B28 セメント,粘土,または石材の加工

【発明の名称】 ガラスタイルの切断方法
【発明者】 【氏名】南谷 英彰

【要約】 【課題】ガラスタイルを効率よく切断することができるガラスタイルの切断方法を提供する。

【構成】ガラスタイル1は、板状のタイル素地部2と、該タイル素地部2の表面に融着した板ガラス状のガラス部3とを有する。このガラスタイル1は、タイル素地部2を上向きとし、その上に板ガラスを重ね、この板ガラスの軟化温度よりも高く融点よりも低い温度で焼成し、ガラス部3をタイル2に融着させたものである。ガラスタイル1のガラス部2の表面に、切断予定部に沿ってキズ4を付ける。ディスクサンダー7を用いてタイル素地部2の裏面に、切断予定部に沿って溝6を設ける。この溝6は、ガラス部3には達しないようにタイル素地部2の厚み方向の途中までの深さとする。このようにキズ4及び溝6を付けたガラスタイル1を、タイルの押し割りに用いられている押し切り10にセットし、切断予定部によってガラスタイル1を押し割る。ディスクサンダー7を用いて割断面を研磨仕上げする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
板状のタイル素地部と、該タイル素地部の表面に融着したガラス部とを有するガラスタイルを切断する方法であって、
該ガラス部の表面に切断予定部に沿ってキズを付けると共に、前記タイル素地部の裏面に該切断予定部に沿って溝を設け、
次いで切断予定部に沿ってガラスタイルを押し割ることを特徴とするガラスタイルの切断方法。
【請求項2】
請求項1において、その後、割断面を研磨することを特徴とするガラスタイルの切断方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、ガラスタイルの切断方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
タイル素地の表面(前面)に厚いガラス層が設けられたガラスタイルは、独得の深みを有した意匠性に富むものである。
【0003】
厚いガラス層を有したガラスタイルを製造する方法の一つとして、タイルの表面に板ガラスを載せて焼成し、板ガラスを表面に融着させる方法がある(特開昭60−203440号)。
【0004】
特開平7−32334号には、成形型内にまず透明釉薬粉粒体と着色粉粒体との混合物を充填し、予備的にプレス成形した後、その上にタイル素地成形用の粉粒体を充填し、プレス成形し、乾粉成形体を得、しかる後それを1250℃で3時間焼成することにより、厚さ1.1mmの釉薬層を有したタイルを製造することが記載されている。
【0005】
タイルを切断する従属技術としては、釉薬層を砥粒の小さなディスクで切断し、素地層を砥粒の大きなディスクで切断する方法(特開平6−23739号)や、ダイヤモンドカッターで溝状切れ目を削成し、次いで押し割る方法(実開平5−63810号)がある。
【特許文献1】特開昭60−203440号
【特許文献2】特開平7−32334号
【特許文献3】特開平6−23739号
【特許文献4】実開平5−63810号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ガラスタイルのようにガラス部の厚みが大きい場合、上記実開平5−63810号のようにタイル素地部に溝状切れ目を削成しても、ガラス部を綺麗に押し割ることはできない。
【0007】
また、砥粒の小さいダイヤモンドカッターでガラス部を切断するには相当に長い時間がかかり、コスト高となる。
【0008】
本発明は、このような従来技術の問題点を解消し、ガラスタイルを効率よく切断することができるガラスタイルの切断方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明のガラスタイルの切断方法は、板状のタイル素地部と、該タイル素地部の表面に融着したガラス部とを有するガラスタイルを切断する方法であって、該ガラス部の表面に切断予定部に沿ってキズを付けると共に、前記タイル素地部の裏面に該切断予定部に沿って溝を設け、次いで切断予定部に沿ってガラスタイルを押し割ることを特徴とするものである。
【0010】
本発明では、この切断後、割断面を研磨することが好ましい。
【発明の効果】
【0011】
本発明では、切断予定部に沿ってガラス部にキズを付けると共にタイル素地部の裏面に溝を設けた後、押し割るので、ガラスタイル全体をダイヤモンドカッターで切断する場合に比べて切断作業時間が著しく短い。また、ガラス部はキズに沿って綺麗に割れる。
【0012】
なお、割断面を研磨することにより、タイル素地部の溝削成面と割断面との外観上の異和感が解消される。また、この研磨作業に合わせてガラス部の角を丸めることもできる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、図面を参照して実施の形態について説明する。第1図〜第4図は本発明の実施の形態に係るガラスタイルの切断方法を説明する斜視図である。
【0014】
図1の通り、このガラスタイル1は、板状のタイル素地部2と、該タイル素地部2の表面(前面)に融着した板ガラス状のガラス部3とを有する。このガラスタイル1は、タイル素地部2を上向きとし、その上に板ガラスを重ね、この板ガラスの軟化温度よりも高く融点よりも低い温度で焼成し、ガラス部3をタイル素地部2に融着させたものである。
【0015】
タイル素地部2は方形であり、その表面は波板状にうねっている。即ち、タイル素地部の表面には、一辺から対向する他辺にまで延在する凸条と凹条とが交互に平行に設けられている。
【0016】
ただし、ガラスタイルはこれに限定されるものではなく、タイル素地部2の上にガラス粉を堆積させて焼成したガラスタイルであってもよく、釉薬のスラリーを複数回該タイル素地に掛けた後、焼成し、厚さの大きい透明釉薬層よりなるガラス部を形成したガラスタイルであってもよい。また、タイル素地部2の表面は平坦であってもよい。
【0017】
なお、ガラス部3の厚さは1〜10mm特に2〜7mm程度が好適である。タイル素地部2の厚さは特に限定はされないが、通常は5〜10mm程度であることが好ましい。
【0018】
本実施の形態では、このガラスタイル1のガラス部2の表面に、切断予定部に沿ってキズ4を付ける。キズ4を付けるにはケガキペン5を用いればよいが、特に「オイルカッター」なる商品名で市販されているケガキペンを用いるのが好ましい。このオイルカッターは、最先端がダイヤモンド粒子よりなり、その近傍にオイル(潤滑油)の滲み出し孔を有し、ペンのグリップ部分に、該孔に連通したオイルタンクを有したものである。また、このダイヤモンド粒子はスプリングによって支持されている。そのため、ガラス部3の表面に沿って滑らかに移動させることができ、またガラス部3の表面にうねりがあってもこれに楽に追従させてケガキを行うことができる。なお、ケガキを行うには定規などを用い、キズ4を一直線状に付ける。
【0019】
このキズ4を付けた後、第2図の通り、ディスクサンダー7を用いてタイル素地部2の裏面に、切断予定部に沿って溝6を設ける。この溝6は、ガラス部3には達しないようにタイル素地部2の厚み方向の途中までの深さとする。タイル素地部2の厚さを100%とした場合、溝6の深さは20〜80%特に40〜60%程度が好適である。溝6の幅は4mm以下、特に2mm以下程度が好ましい。キズ4と溝6は、ガラスタイル1の表裏で同一位置に設けられる。
【0020】
なお、この実施の形態ではガラス部3に先にキズ4を付けているが、溝6を先に削成してもよい。
【0021】
この実施の形態ではディスクサンダーを用いているので、施工現場でタイル切断作業を行うことができるが、回転ディスクを有したダイヤモンドカッター装置があればそれを用いてもよい。
【0022】
次に、第3図のように、このようにキズ4及び溝6を付けたガラスタイル1を、タイルの押し割りに用いられている押し切り10にセットし、切断予定部に沿ってガラスタイル1を押し割る。この押し切り10にあっては、ベース板11の上面にゴム板12が配置され、このゴム板12を跨いでバー13が配置されている。バー13の両端は取付部14を介してベース板12の両端に取り付けられている。バー13の下端とゴム板12との間の間隙にガラスタイル1が差し込まれる。バー13にはレバーアーム15が支軸16によって回動可能に取り付けられており、このレバーアーム15の長手方向の途中に押しブロック17が取り付けられている。この押しブロック17はバー13の下側に配置されており、レバーアーム15を押し下げると押しブロック17も下降するようになっている。
【0023】
図示はしないが、上記バー13の下方のベース板11上には、細幅の金属などの剛性条体が設けられており、この剛性条体の両側に前記ゴム板12が配置されている。剛性条体の上面とゴム板12の上面とは面一となっている。そのため、ガラス部3が上面となるようにしてガラスタイル1の切断予定部を該剛性条体に合わせてガラスタイル1をベース板11上に配置した後、レバーアーム15を押し下げて押しブロック17でガラスタイル1を叩くように複数回当てると、ガラスタイル1にキズ4を押し広げると共に溝6の幅を狭くする方向の応力が生じ、ガラスタイル1がキズ4及び溝6に沿って割断される。ガラスタイル1は、ガラス部3にキズ4が設けられ、タイル素地部2には溝6が設けられているので、キズ4及び溝6に沿って綺麗に割れる。
【0024】
その後、第4図の通り、ディスクサンダー7を用いて割断面を研磨仕上げする。これにより、溝6の削成面と割断面とを同一外観となるように仕上げると共に、ガラス部3の割断面も研磨し、さらにガラス部3の角縁を丸める。この研磨の際のディスクサンダー7のディスクとしては、番手が120以上の細かいもの特にガラス研磨用であることが好ましい。一般に、ガラスタイル1のガラス部3の小口面は擦りガラス調であるのに対し、上記のように押し割ったガラス部3の割り面は透明ガラス調である。特にガラス層の厚いタイルの場合には、擦りガラス調と透明ガラス調とで反射具合の違いが目立ちやすく、タイル素地に凹凸がある場合には凸部の影の違いにより、タイルを施工した際に美観が劣るものとなってしまう。そこで、ガラス部3の割断面の全体が擦りガラス調となるように研磨を行うのが好ましい。これにより、切断面と、切断していない小口面とで光の反射具合が揃い、切断された小ガラスタイルの外観上の異和感が解消される。
【0025】
上記実施の形態は本発明の一例であり、本発明は図示の形態に限定されない。例えば、上記のようにしてガラスタイル1を割断した後、割断したガラスタイルの小片をさらに割断して、より小さいガラスタイル片としてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】実施の形態を説明する斜視図である。
【図2】実施の形態を説明する斜視図である。
【図3】実施の形態を説明する斜視図である。
【図4】実施の形態を説明する斜視図である。
【符号の説明】
【0027】
1 ガラスタイル
2 タイル素地部
3 ガラス部
4 キズ
6 溝
10 押し切り
【出願人】 【識別番号】000000479
【氏名又は名称】株式会社INAX
【出願日】 平成18年9月8日(2006.9.8)
【代理人】 【識別番号】100086911
【弁理士】
【氏名又は名称】重野 剛


【公開番号】 特開2008−62560(P2008−62560A)
【公開日】 平成20年3月21日(2008.3.21)
【出願番号】 特願2006−244359(P2006−244359)