トップ :: B 処理操作 運輸 :: B28 セメント,粘土,または石材の加工

【発明の名称】 レディーミクストコンクリートの積込み用調整シュート
【発明者】 【氏名】橋本 真幸

【要約】 【課題】本発明は、レディーミクストコンクリートの製造プラント側の排出ゲートからアジテータ車の積込み口にレディーミクストコンクリートを投入した場合に、アジテータ車の積込み口にコンクリートが付着することを防止するためのレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートを提供する。

【解決手段】本発明は、アジテータ車のコンクリート積み込み口と、レディーミクストコンクリートの製造プラントの排出ゲートとの間を移動するレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートであって、当該調整シュートは器部と注入部からなり、当該器部はアジテータ車の積込み口と相似の形状であって当該積込み口より小さく、当該注入部はフレキシブルホースであって積込み口から屈曲してアジテータ車のドラム内部に挿入することができるレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートである。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
レディーミクストコンクリートのアジテータ車のコンクリート積み込み口と、レディーミクストコンクリートの製造プラントの排出ゲートとの間を移動するレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートであって、
当該調整シュートは器部と注入部からなり、
当該器部はアジテータ車の積込み口と相似の形状を有し、かつ当該積込み口より小さく、
当該注入部はフレキシブルホースであって積込み口から屈曲してアジテータ車のドラム内部に挿入する、
ことを特徴とするレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュート。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、アジテータ車におけるレディーミクストコンクリートの積込み口をレディーミクストコンクリートによって汚すことなく、レディーミクストコンクリートをアジテータ車のドラム内に積込むための調整シュートに関する。
【背景技術】
【0002】
従来のレディーミクストコンクリートのアジテータ車への積込方法としては、レディーミクストコンクリートの製造プラント側の排出ゲートからアジテータ車側の積込み口にレディーミクストコンクリートを、直接、落下して積込みしていた。
しかし、製造プラント側の排出ゲートとアジテータ車の積込み口との間の距離が長いため、積込み時にレディーミクストコンクリートが周辺に飛散するとともに、アジテータ車の積込み口にはレディーミクストコンクリートが付着した。
【0003】
積込み口に付着したコンクリートは、セメントと水の接触により水酸化カルシウムを生成し、経時的に成長した結晶が複雑に絡み合い、水分の蒸発と相まって硬化する。そして、コンクリートは、時間の経過により硬化が進み除去が困難になるため、アジテータ車の積込み口やドラム内に付着したレディーミクストコンクリートやその硬化物は、極力早期に除去しなければならず、掃除が手間であった。
【0004】
コンクリートの洗浄システムとして、ドラム内付着生コンの除去をアジテータ車の運転中に効率的に行うための自動洗浄システムが提案されている(特許文献1)。しかし、当該システムは、ドラム内面を洗浄するシステムであって、アジテータ車の積込み口のコンクリート付着防止に有効とはいえない。
そこで、アジテータ車の積込み口周辺が汚れず、積込み口を洗浄する手間が省ける技術が求められていた。
【特許文献1】実用新案登録第3092991号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、本発明は、レディーミクストコンクリートの製造プラント側の排出ゲートからアジテータ車の積込み口に、レディーミクストコンクリートが落下して投入された場合に、コンクリートが周辺に飛散することを防止するとともに、アジテータ車の積込み口にコンクリートが付着することを防止するためのレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明者は、上記課題を解決すべく鋭意研究を重ねた結果、製造プラントの排出ゲートとアジテータ車の積込み口とホッパの間を移動する、特定の形状を有する積込み用調整シュートを用いれば、上記課題を解決できることを見出し本発明を完成するに至った。
【0007】
すなわち、本発明は、レディーミクストコンクリートのアジテータ車のコンクリート積み込み口と、レディーミクストコンクリートの製造プラントの排出ゲートとの間を移動するレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートであって、当該調整シュートは器部と注入部からなり、当該器部はアジテータ車の積込み口と相似の形状であって当該積込み口より小さく、当該注入部はフレキシブルホースであって積込み口から屈曲してアジテータ車のドラム内部に挿入することができるレディーミクストコンクリートの積込み用調整シュートである。
【発明の効果】
【0008】
本発明に係る積込み用調整シュートによれば、レディーミクストコンクリートが落下および投入される際にコンクリートが周辺に飛散せず、アジテータ車の積込み口を汚さない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
以下に、本発明の実施態様の一例を図を用いて説明する。
まず、図1は本発明に係る積込み用調整シュートの側面図である。積込み用調整シュートは器部2と注入部3と開閉蓋4と開閉ワイヤー5からなる。図2は本発明に係る積込み用調整シュートの平面図である。図3は本発明に係る積込み用調整シュートをアジテータ車の積込み口6へ挿入する直前の状態を示した図である。図4は伸縮ポール8が伸びて本発明に係る積込み用調整シュートをアジテータ車の積込み口6へ挿入した後の状態を示した図である。当該挿入した後に開閉ワイヤ5を弛緩させて開閉蓋4を開ける。
【0010】
次に、図4を用いて、レディーミクストコンクリートがアジテータ車のドラム7内に積込まれるまでの移動の概略を説明する。レディーミクストコンクリートは、製造プラントの排出ゲート1が開口して積込み用調整シュートの器部2に落下した後、積込み用調整シュートの注入部3を通りアジテータ車のドラム7の内部に投入される。このように、レディーミクストコンクリートが積込み用調整シュートを通り直接アジテータ車のドラム7内に投入されるため、アジテータ車の積込み口6がコンクリートで汚れることはない。
【0011】
更に、レディーミクストコンクリートがアジテータ車のドラム7内に積込まれた後の概略を説明する。レディーミクストコンクリートがアジテータ車のドラム7内に積込まれた後、開閉蓋4が開閉ワイヤー5の調整によって閉じる。調整シュートは、上下伸縮用ポール8が縮むことによってアジテータ車積込み口6の上部に移動する。調整シュートの注入部3の先は、プラントのラバー式ゲート1側に移動した後も開閉蓋4で覆われているため、周辺がコンクリートで汚れることはない。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】調整シュート側面図である。
【図2】調整シュート平面図である。
【図3】本発明の調整シュートをアジテータ車へ挿入する前の説明図である。
【図4】本発明の調整シュートをアジテータ車へ挿入した状態の説明図である。
【符号の説明】
【0013】
1 プラントのラバー式ゲート
2 調整シュートの器部
3 調整シュートの注入部
4 調整シュートの開閉蓋
5 開閉ワイヤー
6 アジテータ車積込み口
7 アジテータドラム
8 上下収縮ポール
【出願人】 【識別番号】000000240
【氏名又は名称】太平洋セメント株式会社
【出願日】 平成19年1月30日(2007.1.30)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−183831(P2008−183831A)
【公開日】 平成20年8月14日(2008.8.14)
【出願番号】 特願2007−20006(P2007−20006)