トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 建築用合わせ板
【発明者】 【氏名】豊田 皓平

【要約】 【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
板目取りした二枚の板材を貼り合わせた建築用合わせ板において、前記板材の巾方向の両端に突き抜けておらず、かつ巾方向に伸びる複数の溝を形成していることを特徴とする建築用合わせ板。
【請求項2】
二枚の板材の溝同士は貼り合わされた状態で一致するように形成していることを特徴とする請求項1記載の建築用合わせ板。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
ドアなどの建具の框等に使用される建築用合わせ板に関する。
【背景技術】
【0002】
丸太より板目取りした長尺の板材は乾燥すると反りが生じ易い。
【0003】
そのため従来の建築用合わせ板として二枚の板材を張り合わせて互いに接着させている。その一方の板材には巾方向に突き抜けた多数の溝を形成し木材の繊維を切断して反り、ねじれを防止している(例えば特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2000−135705
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の建築用合わせ板の多数の溝は巾方向に突き抜けているため曲げに対して強度が弱く、かつ横から溝が見えて見栄えが良くない。本発明は反り、ねじれが生ぜず、かつ曲げに対して強度が強くて見栄えの良い建築用合わせ板を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の目的を達成するために請求項1記載の発明は、板目取りした二枚の板材を貼り合わせた建築用合わせ板において、前記板材の巾方向の両端に突き抜けておらず、かつ巾方向に伸びる複数の溝を形成していることを特徴とする。請求項2記載の発明は、二枚の板材の溝同士は貼り合わされた状態で一致するように形成していることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
請求項1記載の発明においては、溝は板材の巾方向の両端に突き抜けていないので見栄えが良く、曲げに対して強度が大であり、かつ溝が木材の繊維を切断しているため反り、ねじれが防止できる。また請求項2記載の発明においては、長尺の板材同士を長手方向と巾方向容易に、かつ正確に接着できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
図1は丸太を板目取りした長尺の板材1を示す。その板材1の巾方向の両端に突き抜けておらず、かつ巾方向に伸びる複数の溝2を図2、図3に示すように形成する。溝2の深さは、板厚の70から80%が好ましい。二枚の板材1は、溝同士が向かい合うように接着されて建築用合わせ板が出来る。
【0008】
なお二枚の板材の溝同士は、図4に示すごとく一致するように形成されていることがより好ましい。一方の板材のいずれか一箇所の溝2内に溝巾と溝長さと略等しく、かつ溝深さより大きな位置決め板3を置き、その後他方の板材の対応する溝2位置決め板3を嵌めて板材同士を図5に示すごとく接着する。このようにすることによって長尺の板材同士を長手方向と巾方向容易に、かつ正確に接着できる。
【0009】
図6は、合わせ板の第二の実施例を示し、溝4をジグザグ状に形成したものである。
【0010】
図7は、合わせ板の第三の実施例を示し、この二つのジグザグ状の溝5を組み合わせたものである。
【0011】
図8は、合わせ板の第四の実施例を示し、溝6を斜めに形成したものである。
【0012】
図9は、合わせ板の第五の実施例を示し、溝7Aと溝7BをU溝7Cで接続したものである。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】丸太を板目取りした長尺の板材を示す。
【図2】多数の溝を形成した板材の平面図を示す。
【図3】図2の中央断面図を示す。
【図4】二枚の板材を貼り合わせた合わせ板の側面図を示す。
【図5】溝の一箇所に位置決め板を置いた一部断面図を示す。
【図6】第二の実施例の合わせ板を示す。
【図7】第三の実施例の合わせ板を示す。
【図8】第四の実施例の合わせ板を示す。
【図9】第五の実施例の合わせ板を示す。
【符号の説明】
【0014】

1 丸太を板目取りした長尺の合わせ板
2 溝
3 位置決め板

【出願人】 【識別番号】307016065
【氏名又は名称】有限会社豊田木工所
【出願日】 平成19年4月12日(2007.4.12)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−260204(P2008−260204A)
【公開日】 平成20年10月30日(2008.10.30)
【出願番号】 特願2007−104471(P2007−104471)