トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 木質炭化物入り木質建築板
【発明者】 【氏名】古市 直

【氏名】田中 盛雄

【要約】 【課題】建築板としての木質板に木質炭化層を設け、建築板に木質炭化物の脱臭効果、調湿による防黴、及びマイナスイオン効果を付与することを課題とする。

【解決手段】建築板としての木質板の中層あるいは下面に粉状、または粒状の木質炭化物3Aを用いて、木質板2の側端から該木質板2の対向する側端にいたる木質炭化層3を形成し、木質炭化層3の少なくとも一部を外面に露出せしめることを特徴とする建築板であり、建築板としては床材、壁材、天井材のいずれにも応用することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
木質板の一部に側端から該木質板の対向する側端に至る木質炭化層を有し、該木質炭化層の少なくとも一部を外面に露出せしめてなる木質炭化物入り木質建築板。
【請求項2】
木質炭化層が木質板の中層に位置し側端部に至ると共に、少なくとも木質板の側端部において露出している請求項1記載の木質炭化物入り木質建築板。
【請求項3】
木質炭化層が木質板の下面部に位置し、木質板を直接加熱炭化することにより形成された請求項1記載の木質炭化物入り木質建築板。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、床材等の建築板に木質炭化層を設け、木質炭化層の少なくとも一部を外面に露出することにより、木質炭化物の各種の効果を発揮させる木質炭化物入り木質建築板に関するものである。
【背景技術】
【0002】
建築板として用いられる基板は金属系板、木質系板材、窯業系板材等各種のものがある。このうち内装材として木質板が強度、外観、加工性その他の点から床材、壁面材、天井材として最も広く使用されている。
【0003】
一方木質炭化物いわゆる木炭と称されるものは内部に多数の微細な空隙を持ち粉状、粒状、あるいは棒状等各種の形状がある。その表面積は微細な空隙を多数有する為にその外形に比べかなり広いものであり、その表面積の有する吸着性を利用して、吸湿材、床下調湿材、電磁波シールド材、遠赤外線放射材、結露防止材、脱臭材、防黴材として広く使用されているが建築材と組み合わせて使用されて例は非常に少ない。
【0004】
木質炭化材はその外径が小さな粉体或いは粒体の集合体は全体としてその表面積が大となりその特性がよく発揮できるものであり、本願においては粉状、粒状のものを対象としている。しかし粉状、粒状の場合でも細かくすると連結性がなく接着剤等により板材にすると木質炭化物の表面が接着剤により被覆され微細な空隙が封鎖され、板材にするとその効果が大幅に減少することで建築材としてはほとんど利用されていない。
【0005】
そのため一般の住宅構造においては、床下の防湿、防黴、防臭の目的で床下上に砕かれた木炭チップが散布することが行われている。建築材に木質炭化物の効果を付与すると施工が容易になり、これを解決する為に粉状、粒状の木質炭化物を他材料に混入して木質炭化物の効果を持たせることが提案されている。
【特許文献1】特開2002−59409号公報 (80頁 図2)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記特許文献1に記載されているものは、粉炭、マニラ麻等の繊維材、粘着剤を混練した後に加圧成形し、その両面に通気性のある厚紙を被覆したものである。この結果、炭の効果と強度の優れたボードを提供するものである。
【0007】
しかし木質建築板と比較すると強度が不足し使用部分が制限されると共に、粉炭の表面が粘着材で被覆され微細な空隙がなくなり粉炭の効果が減少し、混練が不十分であると粉体で構成されているために撓み性がなく、且つ製造方法が粉炭生成、粘性液生成及びボード生成工程が要求され生産が複雑である。
【0008】
これに対し本願では例えば図1における実施例としての床材1におけるように木質材2と粉状あるいは粒状の木質炭化物3Aを用いた木質炭化層3を組み合わせたもので、木質材2の強度と粉体あるいは粒状の木質炭化物3Aを用いた効果を併せ持たせたものである。ここにおいて図1のような床材1における木質炭化層3の効果は脱臭効果、調湿性の改善及びマイナスイオン効果を付与することを目的とする。木質炭化層3を形成する場合、図3に示すように木質板2を形成した後に木質板2の裏面に木質炭化層3として木質板2を直接加熱炭化により形成することも可能であり製造上容易なものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するために、本発明に係る建築板の第一の特徴構成は、請求項1に記載した如く、木質板の一部に側端から対向する該木質板の側端に至る木質炭化層を有し、該木質炭化層の少なくとも一部を外面に露出せしめてなる点にある。
【0010】
同第二の特徴構成は、請求項2に記載した如く、第一の特徴構成に加えて木質炭化層が木質板の中層に位置し側端部に至ると共に、少なくとも木質板の側端部において露出している点にある。
【0011】
同第三の特徴構成は、請求項3に記載した如く、第一の特徴構成に加えて木質炭化層が木質板の下面部に位置し、木質板を直接加熱炭化することにより形成された点にある。
【発明の効果】
【0012】
請求項1に記載の木質炭化物入り建築板は前記構成であり、木質板の一部に側端から該木質板の対向する側端に至る木質炭化層を有し、該木質炭化層の少なくとも一部を外面に露出させている。そのために木質炭化層が該木質炭化層の露出面より吸湿、あるいは有害物質を吸着して木質炭化物による木質炭化層の効果を発揮する。
【0013】
木質炭化層は木質材を好ましくは800℃以上の焼成温度で炭化し粉状あるいは粒状にして供給される。焼成温度が800℃以上であると木質炭化物のPHが9以上となり黴の繁殖PH8〜2より高いものが得られ防黴効果が向上する。
【0014】
請求項2に記載されるものは木質炭化層が木質板の中層に位置し少なくとも木質板の側端部において露出している。請求項3は木質炭化層が木質板の下面部に位置し、木質板を直接加熱炭化することによって木質板の下面全面に形成されている。請求項2、3のいずれにおいても、木質炭化層は得られる木質板の表面に露出しないので外観を損なうことはない。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下、本発明の実施形態について本実施例の一つである床材1についての図面を参照して、詳細に説明する。図1は本発明の一実施例を示す木質炭化物3A入り建築板の断面図である。1は床材を示し、2は床材1としての木質炭化物3A入り建築板を構成する木質板であり、合板、PB、OBS、MDF等からなっている。
【0016】
3は木質炭化層であり粉状あるいは粒状の木質炭化物3Aを木質板2に塗布された接着剤4上に均一に散布し形成される木質炭化層である。さらに木質炭化層3には下面に接着剤4が塗布された木質板2が載置され圧締して一体化される。木質炭化層3の上部に位置する木質板2と木質炭化層3の下部に位置する木質板2とは木質炭化層3によって結合されている。
【0017】
木質炭化層3を厚くしたり木質炭化層3内の空気の流通をよくするためには木質炭化物3Aを粉状体に代えて粒状体を選択するのが好ましい。粒状体としては直径2〜3mmのものが、接着剤4によって粒状体全体が接着剤4によって被覆されることがなく、且つ、粒状体同志を密着さすことができるが、直径は5mm程度くらいの大きさのものまでが使用される。粒状体の直径が大き過ぎると粒状体と粒状体が接着されてなく粒状体間に余分な空間が生じ強度が低下する。木質炭化物3Aとしては硬質の木質炭化物が適している。
【0018】
木質炭化層3と木質板2とが一体化された後、側端に接合部5、5が形成され床材1となる。図1では接合部5、5の断面中央に木質炭化層3が露出している。
【0019】
図2は床材1、1を接合した状態を示したものであり、床材1、1を接合する場合に隣接する床材1、1間に空気の流通可能な空間部6を形成するように接合される。木質炭化層3は前述したように粉状の木質炭化物3Aと接着剤4を混練して形成されたものより、粒状物を用いた方が木質炭化物3A間の空気の流通を得ることができる。そのため木質炭化物3Aの有する微細な空隙は接着剤4で塞がれることなく木質炭化物3Aの効果が保持される。木質炭化層3を形成する木質炭化物3A間には空間が生じており、その結果床材1内部の端面より離れた木質炭化物3Aも有効に作用する。
【0020】
接合部5は、実施例のように木質炭化層3の上下に木質板2が存在する結果充分な接合強度が得られる。
【0021】
図3に示すものは床材1を形成した後に、木質板2の下面に木質炭化層3を設けたものである。この場合床材1の下面に接着剤4を介して粉体または粒状の木質炭化材3Aを付着させて木質炭化層3を形成してもよいが、木質板2を形成した後に床材1の下面をバーナー等で直接加熱炭化して形成することが可能である。このようにすることで床材1の裏面全面に木質炭化層3が形成され木質炭化物3Aからなる広い表面積を得ることができる。このとき得られる木質炭化層3は粉体で構成され擦れたりすることにより木質炭化層3が脱落する恐れがある。これを防ぐ為に裏面に空気の流通が容易な寒冷紗等を貼り木質炭化層3の脱落を防止することが好ましい。
【0022】
以上実施例として床材1について記述したが、壁材、天井材といった内装材に応用してもよい。
【0023】
木質炭化物3Aの効果としては脱臭効果、防黴効果の他に遠赤外線放射効果、結露防止効果、脱湿保温効果、電磁波シールド効果等があり、建築板の用途に応じて、木質炭化層3の厚みを決定し、木質炭化物を粉体或いは粒状体で形成するか、又、木質炭化物を木質板の表面を加熱炭化させて形成するかを選択する。
【0024】
以上に説明したように本発明では木質板2の一部に側端から該木質板2の対向する側端に至る木質炭化層3を有し木質炭化層3の少なくとも一部を外面に露出させてなる木質炭化物3A入り木質建築板であり、床材1以外でも壁材、天井材等の使用場所や用途あるいは得られる効果に応じて木質炭化物3Aの形状さらには木質炭化層3の厚み、構成および位置を選択すればよい。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】本発明に係る建築板の一実施例である床材を示す断面模式図である。
【図2】図1にかかる床材の接続状態を示す断面模式図である。
【図3】床材の下面に木質炭化層を設けた一例を示す断面模式図である。
【符号の説明】
【0026】
1 床材
2 木質板
3 木質炭化層
3A 木質炭化物
4 接着剤
5 床材に設けた接合部
6 床材を接合した場合に形成される空間部
【出願人】 【識別番号】000005832
【氏名又は名称】松下電工株式会社
【出願日】 平成19年3月23日(2007.3.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−230155(P2008−230155A)
【公開日】 平成20年10月2日(2008.10.2)
【出願番号】 特願2007−76020(P2007−76020)