トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 木口材及び木質基材加工品
【発明者】 【氏名】井上 敬章

【氏名】真野 隆之

【要約】 【課題】台所、洗面所などの水廻りに使用でき、木口面が起伏に富み、高級感が溢れる木質基材加工品を得る。

【解決手段】木材の導管部が転写された面を有する型材にて注型されてなる木口材を用い、木質基材の表面には化粧材を、木口面にはこの木口材を接着加工し、該木口材の表面に塗装を施す。木口材は、マスター材料として木材を用いシリコンで型取りし、ウレタン樹脂を注入し、発泡させる。木質基材としては、合板、パ−ティクルボ−ド、MDF(中密度繊維板)、集成材、LVL(単板積層材)を用いる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
木材の導管部が転写された面を有する型材にて注型されてなる木口材。
【請求項2】
木質基材の表面には化粧材が、木口面には請求項1記載の木口材が接着され、該木口材の表面が塗装されてなることを特徴とする木質基材加工品。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は木口材及びこの木口材を用いたカウンター、扉などの木質基材加工品に関する。
【背景技術】
【0002】
木質基材からなるカウンター、扉などの木口面には意匠性を付与する目的で木口材が接着されている。木口材としては、a)基材自体に木材を用い、木口面を切り出したもの、b)フィルム、熱硬化性樹脂シートなどのプラスチック製品を用いたもの、c)木縁、突板を用いたもの、d)押し出し成形品、金物を用いたもの、e)MDF等の木質基材に直接塗装を施したものなどがある。
【特許文献1】特開平10−72980
【特許文献2】特開2002−371756
【特許文献3】特開2003−19704
【特許文献4】実開平1−127735
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、それぞれ長所、短所がありいくつもの長所を兼ね備えるものではなかった。例えば、a)については、木質感があるものの、台所、洗面所などの水廻り用途には不向きである、b)については、水廻り用途に使用できるものの、熱硬化シートでは木口材の形状がフラットで起伏を設けることができず、フィルムでは木口に形状を用いることができるものの意匠感に劣る、c)については多少起伏のある形状が可能であるが、水廻り用途には不向きである、d)については起伏のある形状が可能であるが、デザインがシンプルであり意匠感に劣る、e)については、自由な形状で高級感があるが木質感が出せない、といった問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
すなわち、請求項1記載の発明は、木材の導管部が転写された面を有する型材にて注型されてなる木口材、請求項2記載の発明は、木質基材の表面には化粧材が、木口面には請求項1記載の木口材が接着され、該木口材の表面が塗装されてなることを特徴とする木質基材加工品である。
【発明の効果】
【0005】
本発明によれば以下の効果を有する。
(1)木材の導管部が転写された面を有する型から注型され表面には塗装が施されるためリアルな木質感が表現され高級感がある。
(2)型材の形状を適宜変更することにより木口材の断面形状を変えることができ起伏のある木口材となる。
(3)合成樹脂の発泡倍率や木口材の厚みを調整することにより平面以外の曲面部にも対応できる。
(4)木口材を貼り合せた後、表裏面の化粧材の色、柄と調和するように着色塗装ができる。
(5)木口材を先に貼り合わせ、後から化粧材を貼り合わせて塗装を施すことにより台所、洗面などの水廻りにも対応可能である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
実施例1
以下、本発明を図面に基づいて詳細に説明する。図1は本発明の木口材1aの斜視図、図2はこの木口材を用いたカウンター用の天板6の斜視図、図3は図2中のAA´−BB´に沿う構成断面図である。
【0007】
木口材1aは木材の導管部が転写された型材にて注型することにより得られる。木口材1aを構成する合成樹脂として、ポリエチレン樹脂、ポリプロピレン樹脂、ウレタン樹脂、ポリアセタール樹脂、ポリエーテルケトン樹脂、ポリエチレンテレフタレート樹脂、ポリブチレンテレフタレート樹脂、ポリメタクリレート樹脂等、適宜所望の形状に注形可能な可撓性のある樹脂が挙げられ、発泡させても無発泡でもよい。本発明では軽量化を図る目的で発泡ポリウレタン樹脂が用いられている。
【0008】
木口材の製造方法について詳しく述べると、マスター材料として、例えば、木材、レザーを用いてシリコンにて意匠を型取りし、型取りしたシリコン型に樹脂、例えばウレタン樹脂を注入する。次いで、注入した樹脂を発泡させる。無発泡でもよい。次にシリコン型から離型させると本発明の木口材が得られる。
【0009】
木口材の物性はJIS K 5600−5−4(1999年版)による鉛筆硬度(750g荷重)でH〜4H、落球試験(28g鋼球)で300mm以上であることが耐久性の面から好ましい。尚、落球試験は鋼球を木口材にクラックが入るまで高さを変えて落球試験を行いその高さを測定した。実際測定した所、発泡ポリウレタン樹脂では300mmで良好であった。
【0010】
本発明で使用する木質基材3としては、合板、パ−ティクルボ−ド、MDF(中密度繊維板)、集成材、LVL(単板積層材)、あるいはこれらを複合した複合化木材などが適用でき、特に制約はない。本発明では耐水MDFを用いている。
【0011】
表面には化粧材2として、耐熱性、耐摩耗性などの諸物性に優れるメラミン樹脂化粧板や、ジアリルフタレート樹脂化粧板、ポリエステル合板、突板化粧板、押し出し成型、注型等により得られる合成樹脂板も使用することができる。本発明では木質意匠の枚葉性の高さ、表面物性の良さからメラミン化粧板を用いている。
【0012】
木質基材3の木口に木口材1aを接着する場合は、木質基材3の木口面に吸収されすぎないような接着剤であれば特に限定されず、例えば、エポキシ系の接着剤、ゴム系の接着剤、ウレタン系の接着剤、アクリル系の接着剤、メラミン系の接着剤、フェノ−ル系の接着剤、ポリエステル系の接着剤、EVA系の接着剤などを用いることができ、可撓性を上げるために木口材を加熱しながら接着してもよい。本発明では、ゴム系の接着剤を用いている。尚、木質基材3の表面に化粧材2を接着する際にもこれら接着剤の中から適宜選択すればよい。本発明ではゴム系の接着剤が用いられている。
【0013】
木口材1aの表面は化粧材との意匠上の調和を考慮してリアル感を表現するため塗装が施される。塗膜5を形成する樹脂としては、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂、アルキッド樹脂、フッ素系樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエーテル樹脂等が挙げられ、これらは、単独または2種以上を組み合わせて使用することができる。本発明ではアクリルウレタン樹脂系の塗料を用いている。
実施例2
図示しないが、実施例1において、発泡ポリウレタン樹脂に代えてポリウレタン樹脂を用いた以外は同様に実施した。この無発泡品の場合、落球試験で800mm良好であった。
実施例3
実施例1と同様に木口材1bを製造し、図4,5に示すカウンター7を得た。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】木口材1aの斜視図。
【図2】カウンター6の斜視図。
【図3】図2中のAA´−BB´に沿う構成断面図。
【図4】他のカウンター7の斜視図。
【図5】図4中のCC´−DD´に沿う構成断面図。
【符号の説明】
【0015】
1a 木口材
1b 木口材
2 化粧材
3 木質基材
5 塗膜
6 カウンター用の天板
7 カウンター用の天板
【出願人】 【識別番号】000100698
【氏名又は名称】アイカ工業株式会社
【出願日】 平成18年11月16日(2006.11.16)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−120052(P2008−120052A)
【公開日】 平成20年5月29日(2008.5.29)
【出願番号】 特願2006−309748(P2006−309748)