Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
圧縮木製品の製造方法 - 特開2008−55641 | j-tokkyo
トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 圧縮木製品の製造方法
【発明者】 【氏名】鈴木 達哉

【要約】 【課題】強度の向上を図ることができ、成形が容易である圧縮木製品の製造方法を提供する。

【構成】木材から皿状をなす第1のブランク材を形取り、竹材から前記竹材の外皮側表面を外側面とする第2のブランク材を形取り、この形取られた第1および第2のブランク材をそれぞれ軟化させ、この軟化した前記第1および第2のブランク材を、前記第1のブランク材がなす皿の内面と前記第2のブランク材の外側面とが対向するように重ね合わせ、大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で一括して圧縮し、前記第1のブランク材の皿の外面が突出した側面をなす形状に成形する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
圧縮成形した木材を備えた圧縮木製品を製造する圧縮木製品の製造方法であって、
木材から皿状をなす第1のブランク材を形取り、竹材から前記竹材の外皮側表面を外側面とする第2のブランク材を形取る形取工程と、
前記形取工程で形取られた第1および第2のブランク材をそれぞれ軟化させる軟化工程と、
前記軟化工程で軟化した前記第1および第2のブランク材を、前記第1のブランク材がなす皿の内面と前記第2のブランク材の外側面とが対向するように重ね合わせ、大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で一括して圧縮し、前記第1のブランク材の皿の外面が突出した側面をなす形状に成形する圧縮成形工程と、
を有することを特徴とする圧縮木製品の製造方法。
【請求項2】
前記第1のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積は、前記第2のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも小さいことを特徴とする請求項1記載の圧縮木製品の製造方法。
【請求項3】
前記圧縮成形工程の前に、前記第2のブランク材を肉厚方向に貫通する複数の孔部を形成する孔部形成工程を有することを特徴とする請求項1または2記載の圧縮木製品の製造方法。
【請求項4】
前記圧縮成形工程の前に、前記第2のブランク材をなす竹材の外皮を剥脱する外皮剥脱工程を有することを特徴とする請求項1または2記載の圧縮木製品の製造方法。
【請求項5】
前記圧縮成形工程の前に、第2のブランク材の外側面を荒らす荒らし工程を有することを特徴とする請求項1〜4のいずれか一項記載の圧縮木製品の製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、圧縮成形した木材を備えた圧縮木製品を製造する圧縮木製品の製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、自然素材である木材が注目されている。木材はさまざまな木目を有するため、原木から形取る箇所に応じて個体差が生じ、その個体差が製品ごとの個性となる。また、長期の使用によって生じる傷や色合いの変化自体も、独特の風合いとなって使用者に親しみを生じさせることがある。これらの理由により、合成樹脂や軽金属を用いた製品にはない、個性的で味わい深い製品を生み出すことのできる素材として木材が注目されており、その加工技術も飛躍的に進歩しつつある。
【0003】
従来、かかる木材の加工技術として、吸水軟化した1枚の木材を圧縮し、その木材を圧縮方向と略平行にスライスして板状の一次固定品を得た後、この一次固定品を加熱吸水させながら所定の3次元形状に成形する技術が知られている(例えば、特許文献1を参照)。また、軟化処理した状態で圧縮した1枚の木材を仮固定し、この木材を型に入れて回復させることによって型成形する技術も知られている(例えば、特許文献2を参照)。これらの技術では、木材の個体差や種類、加工後の木材の強度やその用途などを含むさまざまな点を考慮して、木材の肉厚や圧縮率が決められる。
【0004】
【特許文献1】特許第3078452号公報
【特許文献2】特開平11−77619号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記の如く木材を圧縮成形する場合には、木材の個体差や種類、成形後の木材の強度やその用途などを含むさまざまな点を考慮して木材の肉厚や圧縮率を決める必要がある。例えば、成形後の木材の強度を向上させるには、その木材の肉厚をある程度厚くする必要がある。しかしながら、木材の肉厚を厚くすると、圧縮による成形の困難度が増加してしまうという問題があった。
【0006】
この問題を解決して成形を容易とするには木材を薄肉化せざるを得ないが、木材を薄肉化すると強度の向上を達成することができなくなる恐れがあり、結局のところ強度の向上と成形の容易性との両方を同時に達成することは難しいと考えられていた。
【0007】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、強度の向上を図ることができ、成形が容易な圧縮木製品の製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明の一態様は、圧縮成形した木材を備えた圧縮木製品を製造する圧縮木製品の製造方法であって、木材から皿状をなす第1のブランク材を形取り、竹材から前記竹材の外皮側表面を外側面とする第2のブランク材を形取る形取工程と、前記形取工程で形取られた第1および第2のブランク材をそれぞれ軟化させる軟化工程と、前記軟化工程で軟化した前記第1および第2のブランク材を、前記第1のブランク材がなす皿の内面と前記第2のブランク材の外側面とが対向するように重ね合わせ、大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で一括して圧縮し、前記第1のブランク材の皿の外面が突出した側面をなす形状に成形する圧縮成形工程と、を有することを特徴とする。
【0009】
また、上記発明において、前記第1のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積は、前記第2のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも小さいとしてもよい。
【0010】
また、上記発明において、前記圧縮成形工程の前に、前記第2のブランク材を肉厚方向に貫通する複数の孔部を形成する孔部形成工程を有するとしてもよい。
【0011】
また、上記発明において、前記圧縮成形工程の前に、前記第2のブランク材をなす竹材の外皮を剥脱する外皮剥脱工程を有するとしてもよい。
【0012】
また、上記発明において、前記圧縮成形工程の前に、第2のブランク材の外側面を荒らす荒らし工程を有するとしてもよい。
【発明の効果】
【0013】
本発明によれば、木材から皿状をなす第1のブランク材を形取り、竹材から前記竹材の外皮側表面を外側面とする第2のブランク材を形取る形取工程と、前記形取工程で形取られた第1および第2のブランク材をそれぞれ軟化させる軟化工程と、前記軟化工程で軟化した前記第1および第2のブランク材を、前記第1のブランク材がなす皿の内面と前記第2のブランク材の外側面とが対向するように重ね合わせ、大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で一括して圧縮し、前記第1のブランク材の皿の外面が突出した側面をなす形状に成形する圧縮成形工程と、を有することにより、強度の向上を図ることができ、成形が容易な圧縮木製品の製造方法を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、添付図面を参照して本発明を実施するための最良の形態(以後、「実施の形態」と称する)を説明する。なお、以下の説明で参照する図面はあくまでも模式的なものであって、同じ物体を異なる図面で示す場合には、寸法や縮尺等が異なる場合もある。
【0015】
本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法においては、まず、所定の形状をなす2つのブランク材の形取りを切削等によって行う(形取工程)。図1および図2は、この形取工程の概要を模式的に示す図である。形取工程では、原木である無圧縮状態の無垢材10(木目10Gを有する)から木ブランク1(第1のブランク材)を形取る一方、竹材20から竹ブランク2(第2のブランク材)を形取る。木ブランク1および竹ブランク2は、後述する圧縮成形工程によって減少する分の容積を予め加えた容積をそれぞれ有している。
【0016】
木ブランク1は皿状をなし、略長方形状の表面をなしわずかに湾曲した主板部1aと、主板部1a表面の長手方向に略平行な2辺の各々から主板部1aに対して立ち上がるように延出する二つの側板部1bと、主板部1a表面の短手方向に略平行な2辺の各々から主板部1aに対して立ち上がるように延出する二つの側板部1cとを備える。側板部1bおよび1cの各端面は互いに連なっており、これらの端面が全体として周回して閉じた形状をなしている。なお、ここでいう「皿状」とは、椀状、シェル状、箱状、船形状等の曲面を含む3次元的な形状一般を意味するものであり、図1に示すのはあくまでも一例に過ぎない。
【0017】
原木である無垢材10は、ヒノキ、ヒバ、桐、杉、松、桜、欅、黒檀、紫檀、チーク、マホガニー、ローズウッドなどの中から、成形後の木材の用途等に応じて最適なものを選択すればよい。
【0018】
ところで、図1では、無垢材10から形取る木ブランク1の長手方向とその木ブランク1の繊維方向L1とが略平行であって主板部1aの表面が柾目面をなすように形取りを行った場合を示しているが、木ブランク1の長手方向がその木ブランク1の繊維方向L1と略平行であって主板部1aの表面が板目面または追柾面をなすように形取ることもできる。また、木ブランク1の長手方向がその木ブランク1の繊維方向L1と略直交し、主板部1aの表面が木口面をなすように形取ることもできる。このように、形取工程において木ブランク1を原木からどのように形取るかは、成形後に要求する強度や美観等の条件に応じて定められる。そこで、以後の説明で参照する図面においては、木目10Gを省略して記載する。
【0019】
竹ブランク2は、竹材20の外皮表面からなる外側面2aと、この外側面2aに略平行に湾曲する内側面2bとを備え、略均一な肉厚を有する。竹ブランク2の繊維方向L2は、竹ブランク2の長手方向に平行である。竹ブランク2の繊維成分は、木ブランク1の繊維成分よりも密度が大きい。また、竹ブランク2の繊維成分は、繊維をなす導管が略均一な方向に延伸しており、その長さも一様であり、繊維をなす導管の延伸方向やその長さのばらつきが大きい木ブランク1と大きく異なっている。これらの点に鑑み、本実施の形態では、竹ブランク2を木ブランク1に対して重ね合わせることにより、竹ブランク2を木ブランク1の補強材として機能させる。なお、竹ブランク2は、外縁によって形成される閉じた平面の面積が、木ブランク1の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも大きくなるように形取るものとする。
【0020】
次に、木ブランク1および竹ブランク2を大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で所定時間放置し、水分を過剰に吸収させることによって十分に軟化させる(軟化工程)。ここでいう高温高圧とは、温度が100〜230℃、より好ましくは180〜230℃、さらに好ましくは180〜200℃程度であり、圧力が0.1〜3.0MPa(メガパスカル)、より好ましくは0.45〜2.5MPa、さらに好ましくは1.0〜1.6MPa程度の状態を指す。なお、上述した水蒸気雰囲気中で木ブランク1および竹ブランク2を放置して軟化させる代わりに、例えばマイクロウェーブの如き高周波の電磁波によって木ブランク1および竹ブランク2を加熱して軟化させてもよい。
【0021】
続いて、軟化工程によって十分に軟化した木ブランク1および竹ブランク2を圧縮成形する(圧縮成形工程)。図3は、圧縮成形工程の概要およびこの圧縮成形工程で使用する成形用金型の構成を示す図である。また、図4は図3のA−A線断面図であり、図5は図3のB−B線断面図である。
【0022】
まず、成形用金型の構成を説明する。図3等で竹ブランク2の上方から圧縮力を加える金型71は、竹ブランク2の内側面2bに当接する凸部72を備えたコア金型である。これに対し、図3等で木ブランク1の下方から圧縮力を加える金型81は、木ブランク1の皿の外面を嵌入する凹部82を備えたキャビティ金型である。
【0023】
以上の構成を有する金型71および81を用いて木ブランク1および竹ブランク2を圧縮する際には、軟化工程と同じ水蒸気雰囲気中で、竹ブランク2の外側面2aを木ブランク1の皿の内面(窪んだ面)と対向するように重ね合わせ、金型71および81によって一括して挟持し、所定の圧縮力を加える。具体的には、金型71および81の少なくとも一方を他方に対して移動することによって木ブランク1および竹ブランク2を挟持し、木ブランク1および竹ブランク2を徐々に所定の3次元形状へ変形させる。以下では、説明の便宜上、金型71を下降させて金型81へ近づけていく場合を説明する。
【0024】
上述したように、木ブランク1の外縁によって形成される閉じた平面の面積は、竹ブランク2の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも小さい。このため、竹ブランク2の図4の断面における幅(=図4で外側面2aがなす円弧の弦の長さ)R21は、同じ断面における木ブランク1の幅R11よりも大きい(R21>R11)。同様に、竹ブランク2の図5の断面における幅R22は、同じ断面における木ブランク1の幅R12よりも大きい(R22>R12)。この関係は図4に示す断面および図5に示す断面にそれぞれ平行な全ての断面で成立している。
【0025】
図6は、図3〜図5に示す状態から金型71を金型81に対してさらに下降させた状態を示す図であり、図4と同じ断面で見た図である。図4に示す状態から図6に示す状態へ遷移する過程で、竹ブランク2は、その内側面2bが徐々に金型71の凸部72の形状に倣うように変形していく。これに対して、木ブランク1は、金型81の凹部82に嵌入されるようにして徐々に変形していく。
【0026】
木ブランク1は、その外縁によって形成される閉じた平面の面積が、竹ブランク2の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも小さくなるように形取られている。このため、木ブランク1の端面1tは、圧縮成形工程の間、竹ブランク2の下面によって摺擦されながら竹ブランク2からの圧縮力を受け続けることとなり、木ブランク1の肉厚方向と直交する方向への伸張が抑制される。したがって、たとえ木ブランク1の圧縮前後の形状変化が大きい場合であっても、圧縮時に木ブランク1に過度の引張力が作用することがなくなり、圧縮によって木ブランク1に割れ等が生じるのを防止することが可能となる。その結果、圧縮木製品を製造する際の歩留まりを向上させることも可能となる。
【0027】
なお、木ブランク1および竹ブランク2の種類によっては、両ブランク間の摺動抵抗が許容範囲を超えて大きくなってしまう恐れもある。このような場合には、木ブランク1の端面1tおよび/または竹ブランク2の下面にロウなどの潤滑剤を塗布し、摺動抵抗を小さくするようにしてもよい。
【0028】
引き続き圧縮成形工程について説明する。図6に示す状態から金型71を金型81へさらに下降させていくと、竹ブランク2の内側面2bが金型71の凸部72の表面と密着する一方、竹ブランク2の外側面2aが木ブランク1の皿の内面(図6における上面)と密着した状態となる。
【0029】
図7は、この密着した状態を示す図であって、圧縮による木ブランク1および竹ブランク2の変形がほぼ完了した状態を示す図である。図7に示すように、木ブランク1および竹ブランク2は、金型71および81から圧縮力を受け、金型71と金型81との隙間に相当する3次元形状に変形する。なお、図7と同じ状態を図3のB−B線断面で見たときの図は、寸法や若干の形状の違いなどを除いて図7と同様である。
【0030】
上述した変形の結果、木ブランク1および竹ブランク2は、互いの表面がミクロなレベルで複雑に接触しあうとともに、互いの樹脂成分が接着剤の機能を果たすことによって一体化する。なお、木ブランク1および竹ブランク2の種類や形状によっては、圧縮成形工程を行う前に、木ブランク1と竹ブランク2との間に適当な接着剤を塗布しておいてもよい。
【0031】
図7に示す状態で木ブランク1および竹ブランク2に対して所定時間(1〜数十分、より好ましくは5〜10分程度)圧縮力を加えた後、上記水蒸気雰囲気を解いて木ブランク1および竹ブランク2を乾燥させ、金型71と金型81を離間させて圧縮を解除する。これにより、木ブランク1と竹ブランク2とが一体化され、その形状が固定される。
【0032】
圧縮後の木ブランク1および竹ブランク2の各肉厚は、圧縮前の肉厚の30〜50%程度となる。換言すると、この圧縮成形工程における木ブランク1および竹ブランク2の圧縮率(圧縮による木材の肉厚の減少分ΔRとその木材の圧縮前の肉厚Rの比の値ΔR/R)は、0.50〜0.70程度である。なお、木ブランク1の圧縮率と竹ブランク2の圧縮率とは等しくなくてもよい。
【0033】
ところで、金型71および81の少なくとも一方を他方に対して移動する際には、適当な駆動手段を用いて金型71および/または81を電気的に移動させることにより、木ブランク1および竹ブランク2に加わる圧縮力を調整するようにすればよい。また、金型71と金型81とをねじで連結し、このねじを手動または自動で締めることによって金型71を金型81に対して上下動させるようにしてもよい。
【0034】
以上説明した圧縮成形工程の後、一体化した木ブランク1および竹ブランク2を所定の3次元形状に整形する(整形工程)。圧縮成形工程が終了した時点では、竹ブランク2の端部が木ブランク1の端面1tを覆うだけでなく、木ブランク1の外縁よりも外周方向へはみ出している(図7を参照)。このため、整形工程では、そのはみ出した部分を切削等によって削除したりすることによって木ブランク1および竹ブランク2の整形を行う。以下では、整形後の木ブランク1を「外部材」、竹ブランク2を「内部材」とそれぞれ称する。
【0035】
図8は、整形工程後に得られる圧縮木製品の構成を模式的に示す斜視図である。また、図9は図8のC−C線断面図である。これらの図に示す圧縮木製品3は、肉厚がほぼ均一であって底面が平らな皿状をなしており、その底面として略長方形状の表面をなす主板部3aと、主板部3a表面の長手方向に略平行な2辺の各々からその主板部3aに対して所定の角度をなして延出する二つの側板部3bと、主板部3a表面の短手方向に略平行な2辺の各々からその主板部3aに対して所定の角度をなして延出する二つの側板部3cとを備える。圧縮木製品3は、木材から成る外部材31と、この外部材31と略等しい肉厚を有し、竹材から成る内部材32とが積層されて一体化した構造を有している。なお、図8のD−D線断面図は、寸法や若干の形状の違いなどを除いて図9(図8のC−C線断面図)と同様である。
【0036】
本実施の形態では、外部材31の肉厚と内部材32の肉厚とが等しい場合を図示しているが、両部材の肉厚の関係はこれに限定されるわけではなく、外部材31および内部材32の材質や必要な強度などに応じて適宜定めればよい。また、本実施の形態では、外部材31の繊維方向L1と内部材32の繊維方向L2とが略平行である場合を図示しているが、この繊維方向同士が平行でなくてもよく、交差していてもよい。
【0037】
図10は、圧縮木製品3の一適用例を示す図であり、具体的には、圧縮木製品3から形成されるカバー部材によって外装されたデジタルカメラの外観構成を示す斜視図である。同図に示すデジタルカメラ100は、撮像レンズを含む撮像部101と、フラッシュ102と、シャッターボタン103とを備え、2つのカバー部材4および5によって外装されて成る。デジタルカメラ100の内部には、撮像処理等に関する駆動制御を行う制御回路、CCDやCMOS等の固体撮像素子、音声の入出力を行うマイクロフォンやスピーカ、および制御回路の制御のもと各機能部材を駆動する駆動回路を含み、デジタルカメラ100の機能を実現する各種電子的部材および光学的部材が収納されている(図示せず)。
【0038】
図11は、デジタルカメラ100の外装体をなすカバー部材4および5の概略構成を示す斜視図である。このうち、デジタルカメラ100の背面側を外装するカバー部材4は、圧縮木製品3の主板部3a、ならびに側板部3bおよび3cにそれぞれ対応する主板部4a、ならびに側板部4bおよび4cを備える。主板部4aには、画像情報や文字情報を表示するために液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ、または有機ELディスプレイ等を用いて実現される表示部(図示せず)を表出する直方体形状の開口部401が形成されている。また、カバー部材4の側板部4bには、半円筒形状をなす切り欠き402が形成されている。
【0039】
他方、デジタルカメラ100の前面側を外装するカバー部材5は、圧縮木製品3の主板部3a、ならびに側板部3bおよび3cにそれぞれ対応する主板部5a、ならびに側板部5bおよび5cを備える。主板部5aには、撮像部101を表出する円筒形状の開口部501およびフラッシュ102を表出する直方体形状の開口部502が形成されている。また、このカバー部材5の側板部5bには、カバー部材4の切り欠き402と組み合わさってシャッターボタン103を表出する開口部451をなす半円筒形状の切り欠き503が形成されている。
【0040】
カバー部材4および5がそれぞれ有する開口部や切り欠きは、上述した整形工程の一環として切削または穿孔等によって形成すればよい。なお、ファインダを取り付けたり、操作指示入力ボタンを表出したりするための開口部や切り欠きをさらに設けてもよい。また、外部機器との接続用インタフェース(DC入力端子やUSB接続端子等を含む)を表出する開口部をさらに設けてもよい。加えて、デジタルカメラ100の内部に設けられるスピーカが発生する音声を外部に出力するために複数の小さい孔部から成る音声出力用孔部をさらに設けてもよい。
【0041】
なお、圧縮木製品3を外装体として適用可能な電子機器としては、デジタルカメラ100の他にも、携帯電話、PHSまたはPDA等の携帯型通信端末、携帯型オーディオ装置、ICレコーダ、携帯型テレビ、携帯型ラジオ、各種家電製品のリモコン、デジタルビデオなどがある。これらの携帯用小型電子機器に適用する場合の圧縮木製品3の肉厚としては、1.6〜2.0mm程度が好適である。
【0042】
以上説明した本発明の一実施の形態によれば、木材から皿状をなす第1のブランク材(木ブランク)を形取り、竹材から前記竹材の外皮側表面を外側面とする第2のブランク材(竹ブランク)を形取る形取工程と、前記形取工程で形取られた第1および第2のブランク材をそれぞれ軟化させる軟化工程と、前記軟化工程で軟化した前記第1および第2のブランク材を、前記第1のブランク材がなす皿の内面と前記第2のブランク材の外側面とが対向するように重ね合わせ、大気よりも高温高圧の水蒸気雰囲気中で一括して圧縮し、前記第1のブランク材の皿の外面が突出した側面をなす形状に成形する圧縮成形工程と、有することにより、強度の向上を図ることができ、成形が容易な圧縮木製品の製造方法を提供することができる。
【0043】
また、本実施の形態によれば、前記第1のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積は、前記第2のブランク材の外縁によって形成される閉じた平面の面積よりも小さい。したがって、第2のブランク材の外側面が、第1のブランク材の端面と当接した状態を保持しつつ圧縮することが可能となり、木材の割れ等を防止することができる。この結果、成形を容易にすることに加えて、歩留まりを向上させることもできる。
【0044】
さらに、本実施の形態によれば、製造後の圧縮木製品においては、内部材である第2のブランク材が、密度が高くかつ指向する方向が一様な繊維成分を有する竹材からなるため、木材からなる外部材(第1のブランク材)を裏打ちすることによって外部材の強度不足を適確に補うことが可能となる。
【0045】
ところで、使用する竹材の種類によっては、その外皮が軟化工程でも十分に軟化しなかったり、外皮の存在によって木材との接着効果が十分でなかったりする場合がある。図12は、そのような場合の対処法の一例を示す図である。同図に示す竹ブランク2−2は、竹ブランク2の外側面2aから肉厚方向に貫通する複数の孔部21を形成したものである。このように複数の孔部21を形成した竹ブランク2−2を木ブランク1と重ね合わせて圧縮することにより、木ブランク1の一部が孔部21に充填される。
【0046】
図13は、木ブランク1と竹ブランク2−2とを圧縮成形することによって形成された圧縮木製品の構成を示す断面図である。同図に示す圧縮木製品6は、圧縮木製品3と同様、肉厚がほぼ均一であって底面が平らな皿状をなしており、主板部6a、側板部6bおよび6cとを備える(側板部6cは図示せず)。竹ブランク2−2を圧縮成形することによって得られる内部材62の孔部21には、木ブランク1を圧縮成形することによって得られる外部材61の一部が圧縮によって入り込んでいる。この孔部21の側面は、竹ブランク2−2の多数の導管が露出した状態であるため、樹脂成分が十分にしみ出すことにより、竹ブランク2−2の外皮を残しつつも木ブランク1との間で十分な接着効果を得ることができる。なお、孔部21の形状は、略円形に限られるものではなく、例えば多角形をなしていてもよい。
【0047】
ところで、圧縮成形工程を行う前に、竹ブランク2または2−2の外側面2aをサンドペーパやサンドブラスト等の手段によって荒らしてもよい。このような荒らし工程を圧縮成形工程よりも前に行っておくことにより、その外側面2aが外皮であるか否かに関わらず、木ブランク1とのより高い接着効果を得ることができる。この意味では、木ブランク1の内側面側の表面も荒らしておけば、一段と確実な接着効果を得ることができる。なお、荒らし工程は、竹ブランク2または2−2を形取る前の竹材20に対して行ってもよい。
【0048】
また、木ブランク1と竹ブランク2とを圧縮成形する前に、竹ブランク2の外皮を剥脱して外側面2aとしてもよい。これにより、竹ブランク2の外側面に内皮の繊維が露出することになるので、木ブランク1との確実な接着を実現することができる。この外皮剥脱工程は、上述した荒らし工程と同様に、竹ブランク2を形取る前の竹材20に対して行ってもよい。なお、外皮剥脱工程と荒らし工程をともに行う場合は、荒らし工程を外皮剥脱工程の後に行う方がより効率的である。
【0049】
以上説明したように、少なくとも竹ブランク2の外側面2aに対しては、圧縮成形工程の前工程としてさまざまな工程を施しておくことが可能である。いかなる前工程を行うかは、無垢材10や竹材20の種類、形状、強度等の条件に応じて適宜定めればよい。
【0050】
ここまで、本発明を実施するための最良の形態を説明してきたが、本発明は、上述した一実施の形態によってのみ限定されるべきものではない。例えば、本発明では、第1のブランク材(木ブランク)および第2のブランク材(竹ブランク)のうち、少なくともいずれか一方の表面であって他方のブランク材と対向する表面を炭化してもよい。これにより、圧縮木製品に導電層を形成することができるため、電子機器の外装体として適用する場合には、その外装体に、外観に全く影響を与えることなく電磁波防止機能を具備させることができるのでより好ましい。
【0051】
このように、本発明は、ここでは記載していないさまざまな実施の形態等を含みうるものであり、特許請求の範囲により特定される技術的思想を逸脱しない範囲内において種々の設計変更等を施すことが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0052】
【図1】本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法の木ブランクの形取工程の概要を示す図である。
【図2】本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法の竹ブランクの形取工程の概要を示す図である。
【図3】本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法の圧縮成形工程の概要および圧縮成形工程で使用する成形用金型の構成を示す図である。
【図4】図3のA−A線断面図である。
【図5】図3のB−B線断面図である。
【図6】図4に示す状態から金型同士をさらに近づけた状態を示す図である。
【図7】本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法の圧縮成形工程で木材の変形がほぼ完了した状態を示す図である。
【図8】本発明の一実施の形態に係る圧縮木製品の製造方法によって形成された圧縮木製品の構成を示す斜視図である。
【図9】図8のC−C線断面図である。
【図10】図8の圧縮木製品によって外装されたデジタルカメラの外観構成を示す斜視図である。
【図11】図10に示すデジタルカメラの外装体の構成を示す斜視図である。
【図12】第2のブランク材の別な構成を示す斜視図である。
【図13】図12に示す第2のブランク材を用いて形成された圧縮木製品の構成を示す断面図である。
【符号の説明】
【0053】
1 木ブランク(第1のブランク材)
1a、3a、4a、5a、6a 主板部
1t 端面
1b、1c、3b、3c、4b、4c、5b、5c、6b 側板部
2、2−2 竹ブランク(第2のブランク材)
2a 外側面
2b 内側面
3、6 圧縮木製品
4,5 カバー部材
10 無垢材
10G 木目
20 竹材
21 孔部
31、61 外部材
32、62 内部材
71、81 金型
72 凸部
82 凹部
100 デジタルカメラ
101 撮像部
102 フラッシュ
103 シャッターボタン
401、451、501、502 開口部
402、503 切り欠き
1、L2 繊維方向


【出願人】 【識別番号】000000376
【氏名又は名称】オリンパス株式会社
【出願日】 平成18年8月29日(2006.8.29)
【代理人】 【識別番号】100089118
【弁理士】
【氏名又は名称】酒井 宏明


【公開番号】 特開2008−55641(P2008−55641A)
【公開日】 平成20年3月13日(2008.3.13)
【出願番号】 特願2006−232465(P2006−232465)