トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 替刃式カッタ
【発明者】 【氏名】萬谷 哲朗

【氏名】田中 成人

【氏名】綱島 輝俊

【氏名】榊田 晃己

【要約】 【課題】裏座が帯状部を介してカッタ本体に対して切り離し不能に一体に形成され、帯状部が折れた場合に裏座がカッタ本体から飛び出さない替刃式カッタを提供する。

【解決手段】カッタ本体2と、カッタ本体2の外周に形成された外周開口部2aに挿入される替刃4と、替刃4をカッタ本体2に固定する裏座3を有する替刃式カッタ1であって、裏座3は、外周開口部2a内において、カッタ本体2から延出する帯状部5を介してカッタ本体2と切り離し不能一体に形成されている。替刃4は、外周開口部2aの回転後方壁と裏座3との間に挿入され、外周開口部2aの回転前方壁を貫通する雌ねじ部2bに螺合された雄ねじ6によって裏座3を押すことによりカッタ本体2に着脱可能に固定される。裏座3と外周開口部2aの間には、帯状部5が折れた場合に裏座3が外周開口部2aから径方向外方に飛び出すことを防止する飛び出し防止構造が形成されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
円盤状のカッタ本体と、そのカッタ本体の外周に形成された複数の外周開口部に挿入される替刃と、その替刃を前記カッタ本体に固定する裏座を有する替刃式カッタであって、
前記裏座は、前記外周開口部内において、前記カッタ本体から延出する帯状部を介して前記カッタ本体と切り離し不能に一体に形成されており、
前記替刃は、前記外周開口部の回転後方壁と前記裏座との間に挿入され、前記外周開口部の回転前方壁を貫通する雌ねじ部に螺合された雄ねじによって前記裏座を押すことにより前記カッタ本体に着脱可能に固定され、
前記裏座と前記外周開口部の間には、前記帯状部が折れた場合に前記裏座が前記外周開口部から径方向外方に飛び出すことを防止する飛び出し防止構造が形成されていることを特徴とする替刃式カッタ。
【請求項2】
請求項1に記載の替刃式カッタであって、
飛び出し防止構造は、外周開口部をカッタ本体の外周に向けてつぼまる略台形状に形成し、裏座をカッタ本体の軸中心に向けて拡がる略台形状に形成し、替刃に係合する係合部を前記裏座に形成し、係合した前記裏座と前記替刃の周方向の最大幅を前記外周開口部の開口端近傍の周方向最小幅よりも大きくした構成になっていることを特徴とする替刃式カッタ。
【請求項3】
請求項1または2に記載の替刃式カッタであって、
帯状部は、カッタ本体から湾曲して延出していることを特徴とする替刃式カッタ。
【請求項4】
請求項3に記載の替刃式カッタであって、
帯状部は、カッタ本体の一部からカッタ本体の軸中心に向けて延出する中心延出部と、その中心延出部から連続して径方向外方に延出する外方延出部とを有していることを特徴とする替刃式カッタ。


【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、木材等のフライス削りに使用する替刃式カッタに関する。とりわけ替刃をカッタ本体に固定する裏座が帯状部を介してカッタ本体と切り離し不能に一体に形成されている替刃式カッタに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、特許文献1に記載のフライス削りに使用する替刃式カッタが知られている。この替刃式カッタは、円盤状のカッタ本体と、カッタ本体の外周に形成された複数の外周開口部に挿入される替刃と、替刃をカッタ本体に固定する裏座を有している。裏座は、外周開口部内において、カッタ本体から延出する帯状部を介してカッタ本体と切り離し不能に一体に形成されている。外周開口部内には、裏座とは別個に、カッタ本体から延出する弾性片を介してカッタ本体と一体に形成された押体も設けられている。押体は、弾性片を弾性変形させることで径方向に移動し、裏座を替刃に向けて押し、裏座によって替刃をカッタ本体に対して固定する構成になっている。したがって特許文献1に記載の従来の替刃式カッタは、裏座の他に押体も有する複雑な構造になっており、製造コストが嵩むという問題があった。しかも弾性片が折れて押体が紛失するというおそれもあった。
【0003】
また裏座とカッタ本体を連結する帯状部は、カッタ本体から延出するためにカッタ本体と同じ材料から形成されており、一般に弾性に富むばね鋼などから成形されるものではない。しかし帯状部は、弾性変形することで裏座を周方向に移動させる構造になっている。そのため帯状部が折れて裏座がカッタ本体から飛び出してしまうというおそれがあった。
【特許文献1】特許第2742496号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
そこで本発明は、裏座が帯状部を介してカッタ本体に対して切り離し不能に一体に形成される替刃式カッタにおいて、押体を不要にして構造が簡易で、かつ帯状部が折れた場合に裏座がカッタ本体から飛び出さない替刃式カッタを提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
前記課題を解決するために本発明は、各請求項に記載の通りの構成を備える替刃式カッタであることを特徴とする。
請求項1に記載の発明によると、替刃式カッタは、カッタ本体と、カッタ本体の外周開口部に挿入される替刃と、替刃をカッタ本体に固定する裏座を有している。裏座は、外周開口部内において、カッタ本体から延出する帯状部を介してカッタ本体と切り離し不能に一体に形成されている。替刃は、外周開口部の回転後方壁と裏座との間に挿入され、外周開口部の回転前方壁を貫通する雌ねじ部に螺合された雄ねじによって裏座を押すことによりカッタ本体に着脱可能に固定される。そして裏座と外周開口部の間には、帯状部が折れた場合に裏座が外周開口部から径方向外方に飛び出すことを防止する飛び出し防止構造が形成されている。
【0006】
したがって替刃式カッタは、カッタ本体に螺合した雄ねじによって裏座を押して替刃を固定する構造であるために比較的簡易な構造になっている。カッタ本体から延出する帯状部は、カッタ本体と同じ材料から形成されており、一般に弾性に富むばね鋼などから成形されるものではない。しかし帯状部は、弾性変形することで裏座の移動を許容する構造になっている。そのため帯状部が折れやすいという心配がある。これに対して本替刃式カッタは、帯状部が折れた場合において裏座が外周開口部から飛び出すことを防止する飛び出し防止構造を有している。そのため裏座が外周開口部から飛び出すことを防止することができる。
【0007】
請求項2に記載の発明によると、飛び出し防止構造は、外周開口部をカッタ本体の外周に向けてつぼまる略台形状に形成し、裏座をカッタ本体の軸中心に向けて拡がる略台形状に形成している。そして替刃に係合する係合部を裏座に形成し、係合した裏座と替刃の周方向の最大幅を外周開口部の開口端近傍の周方向最小幅よりも大きくした構成になっている。したがって帯状部が折れた場合に裏座と替刃が一緒に径方向外方に移動して外周開口部の壁面に引っ掛かる。そのため裏座が外周開口部から飛び出すことを防止できる。
【0008】
請求項3に記載の発明によると、帯状部は、カッタ本体から湾曲して延出している。したがって真っ直ぐに延出する従来の帯状部に比べて、帯状部の長さが長くなり、弾性変形時に加わる単位体積当たりの応力が小さくなる。そのため帯状部の折れが抑制され得る。
【0009】
請求項4に記載の発明によると、帯状部は、カッタ本体の一部からカッタ本体の軸中心に向けて延出する中心延出部と、その中心延出部から連続して径方向外方に延出する外方延出部とを有している。したがって帯状部は、中心延出部を有しているために長くなっている。しかも中心延出部によって外方延出部が長くなるために、帯状部は、外方延出部によっても長くなる。そのため帯状部は、全長が長くなることで、弾性変形時に加わる単位体積当たりの応力が小さくなり、折れ難い構成になっている。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
本発明の実施の形態に係る替刃式カッタ1を図1,2にしたがって説明する。替刃式カッタ1は、図1に示すように円盤状のカッタ本体2と、カッタ本体2の外周開口部2aに挿入される替刃4と、替刃4をカッタ本体2に固定する裏座3を有している。
【0011】
カッタ本体2は、外周部に複数(例えば6個)の外周開口部2aを有している。外周開口部2aは、図2に示すようにカッタ本体2の外周に向けてつぼまる略台形状に形成されており、カッタ本体2の外周端を開口する。外周開口部2aの回転後方壁には、図2に示すように回転後方に凹設された凹設部2cが形成されており、凹設部2cに替刃4が設置される。外周開口部2aの回転前方壁には、カッタ本体2の外周面に貫通する雌ねじ部2bが形成されている。雌ねじ部2bには、外周外方から雄ねじ6が接離可能に螺合されており、雄ねじ6によって裏座3の回転前方面を押すことができる。
【0012】
裏座3は、図2に示すように外周開口部2a内に設けられている。裏座3は、帯状部5とともにワイヤ放電加工等によってカッタ本体2から切り出されており、帯状部5を介してカッタ本体2と切り離し不能に一体に形成されている。裏座3は、外周開口部2aに対して一周り小さい構造になっており、カッタ本体2の軸中心に向けて拡がる略台形状に形成されている。裏座3の回転後方面には、替刃4に係合する係合部3aが形成されている。係合部3aは、凸条であって、替刃4に形成された溝4aに係合することで替刃4が裏座3に対して径方向外方に移動することを防止する。
【0013】
帯状部5は、図2に示すようにカッタ本体2側から順に中心延出部5aと周方向延出部5bと外方延出部5cを有している。中心延出部5aは、外周開口部2aの回転前方壁の下端部からカッタ本体2の軸中心に向けて延出している。周方向延出部5bは、中心延出部5aの先端から周方向に延出し、外方延出部5cは、周方向延出部5bの先端から径方向外方に延出している。中心延出部5aと外方延出部5cは、いずれも円弧状に形成されており、応力集中を受け難い構成になっている。
【0014】
替刃4は、図2に示すように両端部に切れ刃4bを有しており、刃裏面に溝4aを有している。溝4aは、両端部の切れ刃4bの略中間位置に刃長方向に形成されており、溝4aに裏座3の係合部3aが嵌め込まれる。したがって替刃4は、切れ刃4bの一つが摩耗した後に、他方の切れ刃4bを先端とした状態で裏座3によってカッタ本体2に固定されることで、他方の切れ刃4bも利用できる構成になっている。
【0015】
替刃4をカッタ本体2に固定する場合は、図2に示すように先ず、外周開口部2aの回転後方壁と裏座3の間に替刃4を挿入する。次に、雄ねじ6を締め付けて、雄ねじ6によって裏座3を替刃4側に押して、替刃4を裏座3によってカッタ本体2に対して着脱可能に固定する。この時、帯状部5は、弾性変形することで裏座3の周方向への移動を許容する。しかし帯状部5は、カッタ本体2と同じ材質から形成されており、ばね鋼などの弾性変形に富む材料から形成されていない。そのため帯状部5が折れて、裏座3が高速回転するカッタ本体2から飛び出す心配がある。これに対して替刃式カッタ1は、帯状部5が折れた場合でも裏座3が外周開口部2aから径方向外方に飛び出すことを防止する第一と第二の飛び出し防止構造を有している。
【0016】
第一の飛び出し防止構造は、帯状部5が折れた場合に、裏座3が替刃4と協同して外周開口部2aから径方向外方に飛び出すことを防止する構造である。第一の飛び出し防止構造は、図2に示すように外周開口部2aと裏座3の間に形成されている。すなわち外周開口部2aと裏座3が略台形状に形成されており、裏座3に替刃4と係合する係合部3aが形成されている。そして係合した裏座3と替刃4の周方向の最大幅Aが、外周開口部2aの開口端近傍における周方向の最小幅Bよりも大きく、最大幅Aの位置が最小幅Bの位置よりも径方向中心側に位置している。したがって帯状部5が折れた場合、裏座3が替刃4とともにカッタ本体2の回転の遠心力によって径方向外方に移動して外周開口部2aの壁面に引っ掛かる。そのため裏座3は、外周開口部2aから径方向外方に飛び出さない。
【0017】
第二の飛び出し防止構造は、帯状部5が折れた場合に、裏座3が替刃4と協同することなく、裏座3が外周開口部2aから径方向外方に飛び出すことを防止する構造である。第二の飛び出し防止構造は、図2に示すように外周開口部2aと裏座3の間に形成されている。すなわち外周開口部2aと裏座3が略台形状に形成されており、裏座3の基端部の周方向最大幅Cが、外周開口部2aの開口近傍の周方向最小幅Bあるいは凹設部2c基端部近傍の周方向最小幅Dよりも大きい。そして最大幅Cの位置が最小幅B,Dの位置よりも径方向中心側に位置している。したがって帯状部5が折れた場合、裏座3が外周開口部2aの壁面に引っ掛かって外周開口部2aから径方向外方に飛び出さない。
【0018】
以上のようにして替刃式カッタ1が形成されている。すなわち裏座3は、図2に示すように外周開口部2a内において、カッタ本体2から延出する帯状部5を介してカッタ本体2と切り離し不能に一体に形成されている。替刃4は、外周開口部2aの回転後方壁と裏座3との間に挿入され、外周開口部2aの回転前方壁を貫通した雌ねじ部2bに螺合された雄ねじ6によって裏座3を押すことによりカッタ本体2に着脱可能に固定される。そして裏座3と外周開口部2aの間には、帯状部が折れた場合に裏座3が外周開口部2aから径方向外方に飛び出すことを防止する飛び出し防止構造が形成されている。
【0019】
したがって替刃式カッタ1は、カッタ本体2に螺合した雄ねじ6によって裏座3を押して替刃4を固定する構造であるために比較的簡易な構造になっている。カッタ本体2から延出する帯状部5は、カッタ本体2と同じ材料から形成されており、一般に弾性に富むばね鋼などから成形されるものではない。しかし帯状部5は、弾性変形することで裏座3の移動を許容する構造になっている。そのため帯状部5が折れやすいという心配がある。これに対して替刃式カッタ1は、帯状部5が折れた場合において裏座3が外周開口部2aから飛び出すことを防止する飛び出し防止構造を有している。そのため裏座3が外周開口部2aから飛び出すことを防止することができる。
【0020】
また飛び出し防止構造(第一の飛び出し防止構造)は、図2に示すように外周開口部2aをカッタ本体2の外周に向けてつぼまる略台形状に形成し、裏座3をカッタ本体2の軸中心に向けて拡がる略台形状に形成している。そして替刃4に係合する係合部3aを裏座3に形成し、係合した裏座3と替刃4の周方向の最大幅Aを外周開口部2aの開口端近傍の周方向最小幅Bよりも大きくした構成になっている。したがって帯状部5が折れた場合に裏座3と替刃4が一緒に径方向外方に移動して外周開口部2aの壁面に引っ掛かる。そのため裏座3が外周開口部2aから飛び出すことを防止できる。
【0021】
また帯状部5は、図2に示すようにカッタ本体2から湾曲して延出している。したがって真っ直ぐに延出する従来の帯状部に比べて、帯状部5の長さが長くなり、弾性変形時に加わる単位体積当たりの応力が小さくなる。そのため帯状部5の折れが抑制され得る。
【0022】
また帯状部5は、図2に示すようにカッタ本体2の一部からカッタ本体2の軸中心に向けて延出する中心延出部5aと、中心延出部5aから連続して径方向外方に延出する外方延出部5cとを有している。したがって帯状部5は、中心延出部5aを有しているために長くなっている。しかも中心延出部5aによって外方延出部5cが長くなるために、帯状部5は、外方延出部5cによっても長くなる。そのため帯状部5は、全長が長くなることで弾性変形時に加わる単位体積当たりの応力が小さくなり、折れ難い構成になっている。
【0023】
(他の実施の形態)
本発明は、上記実施の形態に限定されず、以下の形態等であっても良い。
(1)すなわち裏座3は、図2に示すように凸状の係合部3aを有していた。しかし係合部3aに代えて凹状の係合部を有し、その係合部が替刃に形成された凸部と係合して替刃が裏座に対して径方向に移動することを防止する構成になっていても良い。
(2)上記実施の形態は、帯状部5が折れた場合に裏座3が外周開口部2aから飛び出すことを防止する第一と第二の飛び出し防止構造を有していた。しかし第一もしくは第二の飛び出し防止構造のみを有する形態であっても良い。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】替刃式カッタの側面図である。
【図2】図1の一部拡大図である。
【符号の説明】
【0025】
1・・・替刃式カッタ
2・・・カッタ本体
2a・・・外周開口部
2b・・・雌ねじ部
3・・・裏座
3a・・・係合部
4・・・替刃
4a・・・溝
5・・・帯状部
5a・・・中心延出部
5b・・・周方向延出部
5c・・・外方延出部

【出願人】 【識別番号】000165398
【氏名又は名称】兼房株式会社
【出願日】 平成18年9月28日(2006.9.28)
【代理人】 【識別番号】110000394
【氏名又は名称】特許業務法人岡田国際特許事務所


【公開番号】 特開2008−80693(P2008−80693A)
【公開日】 平成20年4月10日(2008.4.10)
【出願番号】 特願2006−264398(P2006−264398)