トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 電動ステープラ
【発明者】 【氏名】杉原 進平

【要約】 【課題】電動ステープラのリフィル交換作業性の向上を図る。

【解決手段】電動ステープラのドライバユニット1内にL形に屈折したガイドフラップ3の角部を枢着し、ガイドフラップの前部をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させる。前部に対して屈折した後部に押さえレバー7を取付け、押さえレバーにバネ8を介装する。ドライバユニットへステープルカートリッジ11を装填する際に、ステープルカートリッジに押されてガイドフラップが回動し、ガイドフラップの押さえレバーがステープルカートリッジ内のステープルシートの上面を押さえる。ステープルカートリッジの挿入口を目視できないような機器配置であってもカートリッジの交換が簡単である。また、カートリッジ側ではなくドライバユニットに押さえレバーを配置しているので、ステープルカートリッジを小型軽量化できる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ステープルカートリッジ着脱式の電動ステープラにおいて、電動ステープラ内にガイドフラップを枢着し、前記ガイドフラップに押さえレバーを取付けてバネを介装するとともに、前記ガイドフラップの前部をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させ、電動ステープラへステープルカートリッジを装填する際に、ガイドフラップがステープルカートリッジに押されて回動し、ガイドフラップに設けた前記押さえレバーがステープルカートリッジ内のステープルシートの上面を押さえるように構成した電動ステープラ。
【請求項2】
上記ガイドフラップは側面形状がL形で、その中間角部を電動ステープラ内に枢着し、枢着支点から一方部分をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させ、他方部分に上記押さえレバーを取付けてバネを介装した請求項1記載の電動ステープラ。
【請求項3】
上記ステープルカートリッジは、ステープルシートを収容したリフィルコンテナを着脱できるコンテナ交換式カートリッジである請求項1記載の電動ステープラ。
【請求項4】
上記ステープルカートリッジは、ステープルシートを収容したリフィルコンテナが装着されるベースフレームと、ベースフレームの後端から直立するハンドル部とからなるコンテナ交換式カートリッジである請求項1記載の電動ステープラ。
【請求項5】
上記ステープルカートリッジのハンドル部は、前後へ貫通する穴が形成されており、上記ガイドフラップの押さえレバーが上記ハンドル部の穴を通じてステープルシートの上面を押さえるように構成した請求項4記載の電動ステープラ。

【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、電動ステープラに関するものであり、特に、ステープルカートリッジの着脱の容易化を図った電動ステープラに関するものである。
【背景技術】
【0002】
電動ステープラを内蔵した複写機や、後処理装置として複写機の用紙排出口へ連結して綴じ処理を行うように構成された据置き型電動ステープラは広く知られている。このような装置においては、筐体内の奥深くに電動ステープラが配置されることが多く、ステープルカートリッジの交換は卓上型電動ステープラほど簡単ではない。特に、用紙の左右中心線上にステープル処理を行う二つ折り製本型の後処理装置においては、用紙の表裏の関係上、ドライバユニット及びステープルカートリッジがクリンチャユニットの下側となる倒立配置の場合が多く、用紙送り経路の下側でステープルカートリッジを交換することになり、視認性が悪く交換に手間がかかるという問題がある。
【0003】
装置に内蔵された電動ステープラにおけるステープルカートリッジの交換を容易化するための提案としては、ステープルカートリッジの保持機構をラッチレバーによって構成し、ラッチレバーの摘みに対向させて指掛け片を配置し、ラッチレバーの摘みと指掛け片とを二本の指で挟むようにして、ラッチレバーの回動操作を容易にしたカートリッジの着脱機構(特許文献1)や、ステープラ本体側にステープルカートリッジの挿入ガイドを設けて、ステープラ本体が視認できないような配置であっても、手探りで容易にステープルカートリッジを着脱できるようにした提案(特許文献2)などが知られている。
【特許文献1】特開H11-99505号公報
【特許文献2】特開H11-235679号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
後処理装置として筐体内に組込まれた電動ステープラは、ステープルカートリッジの交換がしにくいという問題があり、交換の容易化を図った構造が提案されているが、さらに操作性の向上が望まれるところである。そこで、より操作性がよいカートリッジ着脱機構を提供するために解決すべき技術的課題が生じてくるのであり、本発明は上記課題を解決することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
この発明は、上記目的を達成するために提案するものであり、ステープルカートリッジ着脱式の電動ステープラにおいて、電動ステープラ内にガイドフラップを枢着し、前記ガイドフラップに押さえレバーを取付けてバネを介装するとともに、前記ガイドフラップの前部をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させ、電動ステープラへステープルカートリッジを装填する際に、ガイドフラップがステープルカートリッジに押されて回動し、ガイドフラップに設けた前記押さえレバーがステープルカートリッジ内のステープルシートの上面を押さえるように構成した電動ステープラを提供するものである。
【0006】
また、上記ガイドフラップは側面形状がL形で、その中間角部を電動ステープラ内に枢着し、枢着支点から一方部分をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させ、他方部分に上記押さえレバーを取付けてバネを介装した電動ステープラを提供するものである。
【0007】
また、上記ステープルカートリッジは、ステープルシートを収容したリフィルコンテナを着脱できるコンテナ交換式カートリッジである電動ステープラを提供するものである。
【0008】
また、上記ステープルカートリッジは、ステープルシートを収容したリフィルコンテナが装着されるベースフレームと、ベースフレームの後端から直立するハンドル部とからなるコンテナ交換式カートリッジである電動ステープラを提供するものである。
【0009】
また、上記ステープルカートリッジのハンドル部は、前後へ貫通する穴が形成されており、上記ガイドフラップの押さえレバーが上記ハンドル部の穴を通じてステープルシートの上面を押さえるように構成した電動ステープラを提供するものである。
【発明の効果】
【0010】
本発明の電動ステープラは、ステープルカートリッジの挿入口に配置したガイドフラップにステープルカートリッジを載せて挿入すると、ステープルカートリッジがカートリッジ室へ案内されるとともに、ステープルカートリッジに押されてガイドフラップが回動し、ガイドフラップに設けた押さえレバーが、ステープルカートリッジのステープルシートの上面を押さえるので、カートリッジの装填および取外しが極めて簡単であり、ステープルカートリッジの挿入口を目視できないような機器配置であってもカートリッジの交換が簡単である。また、電動ステープラ側に押さえレバーを配置しているので、ステープルカートリッジ自体を小型軽量化できるという利点もある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
この発明は、ステープルカートリッジ着脱式の電動ステープラにおいて、電動ステープラ内にガイドフラップを枢着し、前記ガイドフラップに押さえレバーを取付けてバネを介装するとともに、前記ガイドフラップの前部をステープルカートリッジ挿入経路中へ突出させ、電動ステープラへステープルカートリッジを装填する際に、ガイドフラップがステープルカートリッジに押されて回動し、ガイドフラップに設けた前記押さえレバーがステープルカートリッジ内のステープルシートの上面を押さえるように構成することにより、ガイドフラップに沿わせてステープルカートリッジを押し引きするのみでステープルカートリッジの着脱ができ、カートリッジ交換作業を可及的に容易化するという目的を達成した。
【実施例1】
【0012】
図1は複写機などの内部における電動ステープラの配置解説図であり、用紙送り経路Pはほぼ45度程度に傾斜していて、用紙送り経路Pを挟んで下側に電動ステープラのドライバユニット1、上側に電動ステープラのクリンチャユニット2が配置されている。用紙は上方からドライバユニット1とクリンチャユニット2との間に配置された用紙テーブル(図示せず)上を送られてきて、ドライバユニット1内のドライバがクリンチャユニットへ向けて駆動され、ドライバユニット1に装填されているステープルカートリッジ内のステープルを射出して用紙テーブル上の用紙が綴じられる。
【0013】
ドライバユニット1は、用紙テーブルから見て下面側(図1とは上下逆の正立姿勢とした場合は上面側)からステープルカートリッジを装填する形状となっており、下面側の内部に回動式のガイドフラップ3が設けられている。
ガイドフラップ3は、側面形状がL形のレバーであり、角部分の軸4がドライバユニット1の内側面に嵌合していて、軸4を中心に図1の角度から反時計方向へ回動することができる。
【0014】
ガイドフラップ3の軸4から先(図1において右側)の前部は、ステープルカートリッジの底面が当たるカートリッジ受け部5で、軸4から手前(図において左側)となる後部は押さえレバー支持部6であり、押さえレバー支持部6の中間部に押さえレバー7が取付けられている。押さえレバー7は圧縮コイルバネ8により押さえレバー支持部6から浮上する方向へ付勢されている。
【0015】
図2はドライバユニット1へ装填されるステープルカートリッジ11を示し、21はステープルシートSを収容したリフィルコンテナである。ステープルカートリッジ11は、リフィルコンテナ21が載置されるベースフレーム12と、ベースフレーム12の後端から上方へ立ち上がるハンドル部13とからなり、ベースフレーム12の上面に形成された凹部14にリフィルコンテナ21が嵌合している。
【0016】
ハンドル部13は周縁部以外の中央部は前後へ貫通する穴となっている枠形部材であり、図1のガイドフラップ3の押さえレバー7が、背面側(図において右側)からハンドル部13を通ってリフィルコンテナ21の上面へ弾接する。
【0017】
リフィルコンテナ21は、上面が開放された箱型容器であり、多数の平板状ステープルシートSが積層されていて、ステープルシートSの上面に押さえプレート22が載せられている。ステープルカートリッジ11に対するリフィルコンテナ21のロック機構については、樹脂部品であるリフィルコンテナの可撓性を利用した爪と凹部とによるクリックロック機構、或いは、特開2004-237446号公報記載のリフィルのように、回動式プレートの穴とカートリッジ側の爪とによるロック機構などのいずれでもよく、特に限定するものではない。
【0018】
図3は、ドライバユニット1へのステープルカートリッジ11の装填手順を示し、ハンドル部13を把持してドライバユニット1の下面側へステープルカートリッジ11を差し入れ、ハンドル部13の背面をガイドフラップ3の押さえレバー7へ載せる。
【0019】
図4は図3のA-A線断面を示し、押さえレバー7の横幅はハンドル部13の中央空間部の横幅よりも狭く、ハンドル部13の空間部内へ入り込める形状となっている。そして、ステープルカートリッジ11をドライバユニット1内へ押し込んでいくと、ステープルカートリッジ11のベースフレーム12によってガイドフラップ3のカートリッジ受け部5が押されて、ガイドフラップ3全体が反時計方向へ回動し、図5に示すように、ステープルカートリッジ11がドライバユニット1のカートリッジ室へ完全に押し込まれたときは、押さえレバー7がリフィルコンテナ21の上面の押さえプレート22へ弾接して、カートリッジの装填が完了する。リフィルコンテナ交換のためにステープルカートリッジ11を取外す際は、ハンドル部13を把持してドライバユニット1から引き抜けば、押さえレバー7がリフィルコンテナ21に押されてガイドフラップ3が時計方向へ回動し、図3の初期状態に戻る。
【0020】
尚、この発明は上記の実施形態に限定するものではなく、この発明の技術的範囲内において種々の改変が可能であり、この発明がそれらの改変されたものに及ぶことは当然である。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】電動ステープラの配置解説図。
【図2】ステープルカートリッジの側面図。
【図3】ステープルカートリッジの装填手順の解説図。
【図4】図3のA-A線矢視断面図。
【図5】ステープルカートリッジの装填完了状態の解説図。
【符号の説明】
【0022】
1 ドライバユニット
2 クリンチャユニット
3 ガイドフラップ
4 軸
5 カートリッジ受け部
6 押さえレバー支持部
7 押さえレバー
8 圧縮コイルバネ
11 ステープルカートリッジ
12 ベースフレーム
13 ハンドル部
21 リフィルコンテナ
22 押さえプレート
S ステープルシート

【出願人】 【識別番号】000006301
【氏名又は名称】マックス株式会社
【出願日】 平成19年2月22日(2007.2.22)
【代理人】 【識別番号】100060575
【弁理士】
【氏名又は名称】林 孝吉


【公開番号】 特開2008−201076(P2008−201076A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−42043(P2007−42043)