トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 木材加工装置
【発明者】 【氏名】山内 芳幸

【氏名】伊藤 功

【要約】 【課題】角ノミ加工機と仕口加工機を組み合わせて構成し、作業性の良い木材加工装置を提供する。

【解決手段】加工木材2は第1の搬送装置1の回動搬送部1b、移動搬送部1d、固定搬送部1dの上を搬送され、固定ストッパ8で停止位置決めされ、移動搬送部1c及び固定搬送部1dの横クランプ3,5及び縦クランプ4,6で固定され、固定ストッパ8をシリンダ7によって下降し、第1の加工機である仕口加工機10,11で加工され、この加工が終了すると、加工木材2は移動し、走行ストッパ20の先端20aで位置決めされた位置へ移動し、第2の搬送装置9の第1の搬送部9a、第2の搬送部9b、第3の搬送部9cの横ストッパ12,14.16及び縦ストッパ13、15,17で固定して、第2の加工機である角ノミ加工機18,19で加工し、走行ストッパ20の移動により、加工木材2の所定の位置にそれぞれ加工を施すように構成されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
加工木材を投入することによって搬送される第1の搬送装置と、該第1の搬送装置の終端で前記第1の搬送装置の延長上に配置されたシリンダによって上下される第1のストッパと、該第1のストッパの近傍に装着される第1の加工装置と、前記第1の搬送装置の終端の第1のストッパの延長上に装着された第2の搬送装置と、該第2の搬送装置の適宜近傍に配置された第2の加工装置と、該第2の搬送装置の終端近傍から前記第1のストッパの近傍まで先端が順次移動して予め決められた位置で前記加工木材を位置決めする第2のストッパとからなり、第1のストッパで位置決めされた位置により第1の加工装置で加工を施し、第2のストッパの移動位置決めにより、第1の加工装置による加工を施かすとともに、第2の加工装置による加工を施すことを特徴とする木材加工装置
【請求項2】
前記加工木材を前記第2のストッパで位置決めして加工している間に、次の加工木材を前記第1のストッパで停止して、前記第1の加工装置で加工することを特注とする請求項1記載の木材加工装置。
【請求項3】
前記第1の加工装置は仕口加工機であることを特徴とする請求項1記載の木材加工装置。
【請求項4】
前記第2の加工機は角ノミであることを特徴とする請求項1記載の木材の加工装置。
【請求項5】
加工木材を投入することによって搬送される第1の搬送装置と、該第1の搬送装置の終端で前記第1の搬送装置の延長上に配置されたシリンダによって上下される第1のストッパと、該ストッパの近傍に装着される仕口加工装置と、前記第1の搬送装置の終端の前記第1のストッパの延長上装着された第2の搬送装置と、該第2の搬送装置の適宜近傍に配置された角ノミ加工装置と、該第2の搬送装置の終端近傍から前記第1のストッパの近傍まで先端が順次移動して予め決められた位置で前記加工木材を位置決めする第2のストッパとからなり、第1のストッパで位置決めされた位置により仕口加工装置で加工を施し、第2のストッパの移動位置決めにより、前記仕口加工装置により次以降の加工を施かすとともに、角ノミ加工装置によるさらに次の加工を施すことを特徴とする木材加工装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、第1のストッパで位置決めして、第1の加工装置で加工した後、台2のストッパで位置決め加工している間に、第1の次の加工木材を第1のストッパで位置決めして加工する木材加工装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、角ノミ加工機と仕口加工機はそれぞれ別の装置として使用されているために、1つの装置として使用することはなく、従って、角ノミ加工機で加工した加工木材を仕口加工機で加工するために、手作業で搬入しなければなず、作業が非常に困難であるという問題があつた。
【特許文献1】特開平9−123112号
【特許文献1】特開2005−96083
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
解決しようとする問題点は、角ノミ加工機と仕口加工機が別に構成されているため、作業性が悪いという問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明では、第1の搬送装置は投入された木材を搬送するように構成され、第1のストッパは第1の搬送装置の終端で前記第1の搬送装置の延長上に配置されたシリンダによって上下され、第1の加工装置はストッパの近傍に装着され、第2の搬送装置は第1の搬送装置の終端の第1のストッパの延長上に装着され、第2の加工装置は第2の搬送装置の適宜近傍に配置され、第2のストッパは第2の搬送装置の終端近傍から第1のストッパの近傍まで先端が順次移動して予め決められた位置で前記加工木材を位置決めしてなり、第1のストッパで位置決めされた位置により第1の加工装置で加工を施し、第2のストッパの移動による位置決めにより、第1の加工装置による加工を施こすとともに、さらに第2の加工装置による加工を施すものである。
本発明の木材加工装置は、搬送された木材を第1のストッパで位置決めして、第1の加工装置で加工するとともに、第2のストッパで位置決め加工して、加工木材が第1のストッパを通過した後、第1の搬送装置で次の加工木材を搬送して次の加工を施することにより、第1の加工装置及び第2の加工装置の休止時間を
【発明の効果】
【0005】
短くして、作業性をよくするようにしたものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
本発明では、固定した第1のストッパを第1の搬送装置と第2の搬送装置の間にシリンダで上下するように設置し、第2の搬送装置の上部を移動して位置決めする第2のストッパを設けることにより、第1のストッパで位置決めして、第1の加工装置で加工した加工木材を、第1のストッパを外して、第2のストッパで位置決め移動することにより、第2の加工装置で加工し、加工木材が第1のストッパを通過した後、次の木材を第2のストッパで位置決めして、第1の
加工装置で加工することを順次繰り返すもので、非常に作業性がよいという利点がある。
【0007】
図1は本発明の木材の加工装置の側面図、図2は図1の木材の加工装置の平面図、図3は図1の木材の加工装置の走行ストッパの移動位置を変更した平面図、図4は走行ストッパの側面図で、第1の搬送装置1は木材投入部1a、回動搬送部1b、移動搬送部1c、固定搬送部1dから構成され、移動搬送部1cは加工木材2が短い場合に、図1に示すように、移動搬送部1cを固定搬送部1d側に移動して、回動搬送部1bを木材投入部1aと同じ高さに設置し、加工木材2が長い場合は、回動搬送部1bを下方に下げて、移動搬送部1cを木材投入部1a側に移動し、又、移動搬送部1cの上部に横クランプ3及び縦クランプ4が装着され、固定搬送部1dに上部に横クランプ5及び縦クランプ6が装着され、さらに、固定搬送部1dの延長部にシリンダ7によって上下に移動する固定ストッパ8が第2の搬送装置9の第1搬送部9aに装着され、第1の搬送装置1と第2の搬送装置9の間の側部に第1の加工機である仕口加工機10,11が装着され、第2の搬送装置9は第1の搬送部9a、第2搬送部9b、第3搬送部9cから構成され、第2の搬送装置9の第1搬送部9aの上部に横クランプ12及び縦クランプ13が装着され、第2搬送部9bの上部に横クランプ14及び縦クランプ15が装着され、第3搬送部9cの上部に横クランプ16及び縦クランプ17が装着され、第2搬送部9bと第3搬送部9cの間に角ノミ加工機18,19が上下に配置されており、又、走行ストッパ20が走行する走行レール21の端部21aは第2の搬送装置9の第1搬送部9aと第2搬送部9bの間に設けられ、走行レール21はその端部21aから第2の搬送装置9より先まで延びており、さらに、走行ストッパ20の先端20aは固定ストッパ8の近傍近くまで走行され、さらに、走行ストッパ20の先端20aはシリンダ22によって回動され、サーボモータ23の駆動によって位置決めが終了した後に、シリンダ22にょって走行ストッパ20の先端20aを回動して、第2の搬送部9上から退去し、加工木材2を第2の搬送装置9上を走行できるように構成する。
【0008】
このように構成された本実施例の木材加工装置の動作を説明すると、加工木材2が木材投入部2に載せられると、加工木材2は第1の搬送装置1の回動搬送部1b、移動搬送部1d、固定搬送部1dの上を搬送され、固定ストッパ8で停止位置決めされ、移動搬送部1c及び固定搬送部1dの横クランプ3,5及び縦クランプ4,6で固定され、固定ストッパ8をシリンダ7によって下降し、第1の加工機である仕口加工機10,11で加工され、この加工が終了すると、加工木材2は移動し、走行ストッパ20の先端20aで位置決めされた位置へ移動し、第2の搬送装置9の第1の搬送部9a、第2の搬送部9b、第3の搬送部9cの横ストッパ12,14.16及び縦ストッパ13、15,17で固定して、第2の加工機である角ノミ加工機18,19で加工し、走行ストッパ20の移動により、加工木材2の所定の位置にそれぞれ加工を施すように構成されている。
【0009】
本発明は、このように構成することにより、加工木材が第1の搬送装置1の木材投入部1aに投入されて固定ストッパ8で位置決めされると、第1の加工機である仕口加工機10,11で加工し、加工が終了すると、搬送される加工木材2は走行ストッパ20で位置きめされ、加工木材2が固定ストッパ8を通過すると、次の加工木材が投入されて固定ストッパ8で位置決めされ、前の加工木材が2が加工されている間に、次の加工木材を加工することができ、作業時間が短縮され、作業性が非常に向上されるという利点がある。
【産業上の利用可能性】
【0010】
なお、上記実施例では、第1の加工装置として、仕口加工機を使用仕、第2の加工機として、角ノミ加工機を使用した例を示したが、第1、第2の加工装置はこれにかぎるものではなく、他の加工装置を使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】図1は本発明の実施例の木材の加工装置の側面図である。
【図2】図2は図1の木材の加工装置の平面図である。
【図3】図3は図1の木材の加工装置の走行ストッパの移動位置を変更した平面図である。
【図4】図4は走行ストッパの側面図である。
【符号の説明】
【0012】
1 第1の搬送装置
2 加工木材
3、5 横ストッパ
4、6 縦ストッパ
7 シリンダ
8 固定ストッパ
9 第2の搬送装置
10、11 仕口加工機
12、14、16 横クランプ
13、15、17 縦クランプ
18、19 角ノミ加工機
20 走行ストッパ
21 走行レール
【出願人】 【識別番号】000154624
【氏名又は名称】株式会社平安コーポレーション
【出願日】 平成18年11月7日(2006.11.7)
【代理人】 【識別番号】100077045
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴木 和夫


【公開番号】 特開2008−114528(P2008−114528A)
【公開日】 平成20年5月22日(2008.5.22)
【出願番号】 特願2006−301348(P2006−301348)