トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 化粧板の製造方法
【発明者】 【氏名】筧 正行

【要約】 【課題】建築物の特に床用化粧板として用いるに好適な面取り加工された化粧板の製造方法で、立体感に富み且つ装飾性の良い化粧板を得ることができる。

【解決手段】木質基板1の表面に、接着剤2を介して厚さ0.3mm〜0.6mmのクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙3を載置し、その上に接着剤4を介して、上記合成樹脂含浸着色紙3の色調と同一乃至は類似する色調の0.2mm以上の木質化粧単板5を載置して積層体となし、この積層体を加熱加圧して接着一体化した後、所定の製品形状にカットし、次いでその側縁部を、深さが0.5mm以上で且つ木質基板1の内部まで到達しない深さとなるように面取り加工を行い、次いでこの面取り面を含む表面全面に透明性塗料による塗装を行うもの。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
大版の木質基板の表面に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙を載置し、該載置した合成樹脂含浸着色紙上に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さ0.2mm以上の木質化粧単板を載置して積層体となし、該積層体を加熱加圧して合成樹脂含浸着色紙中の合成樹脂を硬化させるとともに接着一体化して積層板に形成し、次いで該積層板を所定の製品形状にカットし、次いで該カットした積層板の側縁部を深さ0.5mm以上で且つ木質基板に達しない深さに面取り加工し、次いで該面取り面を含む表面全面に透明性塗料を塗布して透明性塗膜層を形成することを特徴とする化粧板の製造方法。
【請求項2】
大版の木質基板の表面に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙を載置した後加熱加圧して合成樹脂含浸着色紙中の合成樹脂を硬化させるとともに木質基板と合成樹脂含浸着色紙とを接着一体化し、次いで該接着一体化した合成樹脂含浸着色紙の上に接着剤を塗布し、更に該接着剤塗布面上に厚さ0.2mm以上の木質化粧単板を載置して積層体となし、該積層体を加熱加圧し接着一体化して積層板に形成し、次いで該積層板を所定の製品形状にカットし、次いで該カットした積層板の側縁部を深さ0.5mm以上で且つ木質基板に達しない深さに面取り加工し、次いで該面取り面を含む表面全面に透明性塗料を塗布して透明性塗膜層を形成することを特徴とする化粧板の製造方法。
【請求項3】
合成樹脂含浸着色紙が、木質化粧単板の色調と類似する色調に着色されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の化粧板の製造方法。
【請求項4】
大版の木質基板が、気乾比重0.4以下の植林木単板を積層接着して形成した合板、LVL等の単板積層板で形成されていることを特徴とする請求項1乃至3に記載の化粧板の製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、建築物の特に床用化粧板として用いるに好適な面取り加工された化粧板の製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、例えば特許文献1に示すような、住宅の壁面や床面等に用いられる溝加工化粧板はよく知られている。この種溝加工化粧板は、合板等の基板にポリオレフィン系樹脂化粧シートや樹脂含浸紙等の薄い化粧層を積層一体化し、この表面に化粧溝や面取り加工を行なって形成されている。
【0003】
具体的には、例えば特許文献1の段落番号0021に記載のあるように、薄い合成樹脂含浸化粧シートを接着した化粧板の表面に、意匠性の高い深さ600μmの合板基板に達する化粧溝を切削加工し、露出した合板基板の溝部分を化粧シートと同色の着色塗料で塗装し、化粧シートと密着が悪い溝着色塗料を拭き取り、乾燥して、溝の色調が基板色と化粧シート色とで異色のムラにならないような意匠性の高い溝加工化粧板に形成することが知られている。
【0004】
また、別の方法として、特許文献1の段落番号0022に記載のあるように、200μm厚さの薄い樹脂シート原紙に印刷と樹脂被覆をして化粧シートとし、この化粧シートを木質基板に接着し、その表面に木質基板に到達しない深さの、深さ180μmの浅い化粧溝を切削加工し、溝の色が均一で意匠性の高い溝加工化粧板に形成することも知られている。
【0005】
このような方法は、溝加工化粧板への適用に限るものではなく、化粧溝が無くとも化粧板の四周側縁部を面取り加工した面取り加工化粧板にも適用できるものであり、この場合は化粧板同士を接合した時に、接合部に目地溝が形成されるため、接合部の段差を目立たなくさせることができるとともに、目地溝の色を均一化させてその意匠性を高めることができるものである。
【0006】
しかしながら、上記特許文献1の段落番号0021に記載の方法では、化粧溝の深さが600μmあるので、立体感と装飾性の良い化粧溝や目地溝を形成することができるが、このような溝が合板基板の内部にまで到達してしまうので、化粧シートと合板基板との色調の違いが化粧溝や目地溝の表面に露出しないように、露出した合板基板の溝部分を化粧シートと同色の着色塗料で塗装し、化粧シートと密着が悪い溝着色塗料を拭き取り、乾燥して、溝の色調が合板基板色と化粧シート色とで異色のムラにならないようにするという多大な手間を必要とし、生産性が悪かった。
【0007】
また、上記特許文献1の段落番号0022に記載の方法では、200μm厚さの薄い樹脂シート原紙に印刷と樹脂被覆をして化粧シートとし、この化粧シートを目地溝や化粧溝の表面色調と同じ色調に統一することで、色違いの発生がなくなるという利点があるものの、溝の深さが180μm程度と浅いものしか形成できないので立体感や装飾性に乏しい外観になってしまうという欠点があった。また、このような化粧板を床板用に用いる場合には、落下物に対する凹みやキャスターの摺動による擦過傷など耐傷性に優れている必要があり、上記化粧シートのようにその厚みが薄い場合にはこのような性能が十分得られないことがあった。
【特許文献1】特開2003−286768号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
本発明は、かかる従来の問題点に鑑みなされたもので、生産性、目地溝外観に優れた化粧板、特に床材として用いるに好適な硬度や耐傷性も備えた化粧板を生産性良く製造することができる化粧板の製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記目的を達成するために、請求項1の発明に係る化粧板の製造方法は、大版の木質基板の表面に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙を載置し、該載置した合成樹脂含浸着色紙上に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さ0.2mm以上の木質化粧単板を載置して積層体となし、該積層体を加熱加圧して合成樹脂含浸着色紙中の合成樹脂を硬化させるとともに接着一体化して積層板に形成し、次いで該積層板を所定の製品形状にカットし、次いで該カットした積層板の側縁部を深さ0.5mm以上で且つ木質基板に達しない深さに面取り加工し、次いで該面取り面を含む表面全面に透明性塗料を塗布して透明性塗膜層を形成することを特徴とする。
【0010】
また、請求項2の発明に係る化粧板の製造方法は、大版の木質基板の表面に接着剤を塗布し、該接着剤塗布面上に厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙を載置した後加熱加圧して合成樹脂含浸着色紙中の合成樹脂を硬化させるとともに木質基板と合成樹脂含浸着色紙とを接着一体化し、次いで該接着一体化した合成樹脂含浸着色紙の上に接着剤を塗布し、更に該接着剤塗布面上に厚さ0.2mm以上の木質化粧単板を載置して積層体となし、該積層体を加熱加圧し接着一体化して積層板に形成し、次いで該積層板を所定の製品形状にカットし、次いで該カットした積層板の側縁部を深さ0.5mm以上で且つ木質基板に達しない深さに面取り加工し、次いで該面取り面を含む表面全面に透明性塗料を塗布して透明性塗膜層を形成することを特徴とする。
【0011】
また、請求項3の発明に係る化粧板の製造方法は、請求項1又は2の発明の化粧板の製造方法において、合成樹脂含浸着色紙が、木質化粧単板の色調と類似する色調に着色されていることを特徴とする。
【0012】
更に、請求項4の発明に係る化粧板の製造方法は、請求項1乃至3の発明の化粧板の製造方法において、大版の木質基板が、比重0.4以下の植林木単板を積層接着して形成した合板、LVL等の単板積層板で形成されていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0013】
請求項1又は請求項2の発明に係る化粧板の製造方法によると、化粧層を、厚さ0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙を用いた厚い合成樹脂含浸着色紙と厚さ0.2mm以上の木質化粧単板と透明性塗膜層とで形成し、その側縁部を深さ0.5mm以上で且つ木質基板に達しない深さに面取り切削しているので、このような化粧板を複数枚接合施工して床面等施工面を形成した時に、目地溝の深さが0.5mm以上と立体感に富み、且つ、その内面が均一な色調の装飾性に優れた化粧板を形成することができる。
【0014】
また、大版の木質基板の表面に合成樹脂含浸着色紙と木質化粧単板とからなる化粧層を形成したのち、製品形状である複数の所定の矩形形状にカットし、次いで面取り切削した後、該面取り面を含む表面全面に透明性塗膜層を形成するようにしているので、通常の製品サイズにカットされた木質基板の表面毎に化粧層を設ける場合に較べて、生産効率良く化粧板を製造することができる。
【0015】
更にまた、合成樹脂含浸着色紙に厚みがあるので、深さ0.5mm以上で木質基板に達しない深さの面取り加工を行なう場合に、化粧板同士の接合部に形成される目地溝の底部を合成樹脂含浸着色紙内に形成することが可能となり、立体感と装飾性に優れ、目地溝内面に色むらの発生のない化粧板に形成することができる。
【0016】
また、請求項1の発明の化粧板の製造方法によると、木質基板の表面に接着剤を介して合成樹脂含浸着色紙と木質化粧単板を順次積層して積層体とし、この積層体を一度の加熱加圧により、接着一体化して積層板に形成することができるので生産効率良く化粧板を製造することができる。
【0017】
また、請求項2の発明の化粧板の製造方法によると、木質基板の表面に接着剤を介して合成樹脂含浸着色紙を載置し、一旦これを加熱加圧して合成樹脂含浸着色紙中の合成樹脂を硬化させるとともに木質基板と合成樹脂含浸着色紙とを接着一体化させておくことができるので、その後の工程で、この木質基板と接着一体化させた合成樹脂含浸着色紙の表面に接着剤を塗布し、種々の樹種や厚みの木質化粧単板であっても加熱加圧により確実に接着することができるという利点がある。
【0018】
請求項3の発明に係る化粧板の製造方法によると、請求項1又は2の発明の化粧板の製造方法において、合成樹脂含浸着色紙が、木質化粧単板の色調と類似する色調に着色されているので、化粧板同士を接合した時に形成される目地溝の内面の色調が更に統一された装飾性の良い化粧板に形成することができる。
【0019】
更にまた、請求項4の発明に係る化粧板の製造方法によると、合成樹脂含浸着色紙を厚くて強靭なものに形成できるので、木質基板として比重が0.4以下と軽質で、硬度や耐傷性の低い植林木合板や植林木LVLのような植林木単板からなる単板積層板を用いても、床板として用いる十分な耐傷性を有する化粧板に形成することができ、このような資源再生可能な植林木が使用できることによって、地球環境の保全にも寄与することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
以下、本発明の化粧板の製造方法を、実施例である床板用化粧板Aの製造方法を示す図面に基づき説明する。尚、本発明は本実施例の記載内容に限られるものではない。
【0021】
図1は、ファルカタ、ラジアータパイン等の気乾比重0.4未満の軽質な植林木合板からなる大版の木質基板1の表面に接着剤2を塗布し、その上に厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙に合成樹脂を含浸した合成樹脂含浸着色紙3を載置する工程を説明する部分断面図を示す。尚、ここにおいて、大版の木質基板1としては、この他に、アカシアマンギューム等の気乾比重が0.4を超える再生可能の植林木や通常の針葉樹、広葉樹を用いた合板、LVL、MDF、パーティクルボード、集成材、木材単板等の木質材、或いはこれらの木質材を2種以上を複合して形成した複合木質材を用いることもできる。また、接着剤2としては、特に限定されるものではないが、例えばメラミン樹脂接着剤、尿素樹脂接着剤、尿素メラミン樹脂接着剤、フェノール樹脂接着剤などの熱硬化性樹脂接着剤を用いることができる。
【0022】
合成樹脂含浸着色紙3としては、厚さが0.3mm〜0.6mmの厚手のクラフト紙にメラミン樹脂、フェノール樹脂、DAP樹脂、イソシアネート等の含浸用樹脂液を含浸させたもの、或いはそれを半硬化状態に乾燥させたもの等を用いることができる。特にメラミン樹脂やDAP樹脂等を上記クラフト紙に含浸し、含浸した上記合成樹脂が半硬化状態になるように乾燥させたものは、適度な強度と安定性を備えているので生産工程で取り扱い易く好ましいものである。また、本実施例では、この合成樹脂含浸着色紙3の色調は、後述する木質化粧単板5の色調と類似する色調になるように着色されているものを示す。このような合成樹脂含浸着色紙3の着色は、クラフト紙を着色することによって行なってもよく、又は含浸する合成樹脂を着色することによって行なってよく、或いは両方を着色することによって行なってもよい。
【0023】
ここにおいて、前記合成樹脂含浸着色紙3に用いるクラフト紙の厚さが0.3mm未満となると、0.5mm以上の深さのある立体感の良い通常の目地溝を形成する面取り加工を行なおうとした場合、その面取りの底部が木質基板1の内部に到達し、バラツキのある木質基板1の内部の色調が合成樹脂含浸着色紙3の色調と異なった色調となって目地溝内面に色ムラとなって現出するので、化粧板の装飾性を損なうことになり好ましくない。またこの場合、合成樹脂含浸着色紙3の厚さも薄く強度も低くなるので、本実施例のような軽質な植林木合板を木質基板1として用いて床用化粧板を製造する場合には、特に落下物の衝突やキャスターの摺動等によって床用化粧板の表面に傷が付き易くなるので好ましくない。一方、前記クラフト紙の厚さが、0.6mmを超える厚さになっても、含浸する合成樹脂の量が多くなって不経済となり好ましくない。
【0024】
図2は、前記大版の木質基板1の表面に接着剤2を介して載置した合成樹脂含浸着色紙3の上に接着剤4を塗布し、さらにその接着剤4の上に厚さが0.2mm以上の木質化粧単板5を載置する工程を説明する部分断面図を示す。ここにおいて、木質化粧単板5は、その厚さが0.2mm未満となると、破損し易い上に、合成樹脂含浸着色紙3との合計厚みが0.5mm未満となる場合があるので、このような場合には、立体感のある0.5mm以上の深さの面取り加工を行なうと面取り8の底部が木質基板1の内部に到達し、面取り8面に木質基板1の内部の色調に起因する色むらが発生するので好ましくない。また、木質化粧単板5は、その厚さが0.6mm以上となっても高価になるので、実用上その厚みは0.2mm〜0.6mmの範囲にあることが好ましい。また、接着剤4は、特に限定されるものではなく、前記接着剤2と同じものを用いることができる。また、合成樹脂含浸着色紙3として半硬化状態に乾燥したものを用いた場合には、その表面に接着剤4を塗布する前に木質基板1をサンディングにより平滑にしておくこともできる。
【0025】
次に、このようにして下から順に、大版の木質基板1、接着剤2、合成樹脂含浸着色紙3、接着剤4、木質化粧単板5の順に積層した積層体を、図3の加熱加圧工程を説明する部分断面図に示すように加熱加圧手段6により加熱加圧して、接着剤2と4、及び合成樹脂含浸着色紙3に含浸された合成樹脂を夫々硬化させ、それらを一体化させて大判の積層板7に形成する。
【0026】
次に、この大版の積層板7を、実際の製品サイズに鋸等により切断する。例えば、積層板7が幅略900mm、長さ略1800mmのサイズであれば、幅略300mm、長さ略1800mmの製品サイズの床板用積層板7’を一挙に3枚得ることができるので生産効率が非常に良い。図4はこの切断工程によって得られた矩形状の床板用積層体7’の断面図を示す。
【0027】
次に、このようにして得られた床板用積層体7’の四周側縁部を面取り加工機を用いて面取り8の加工をする。図5は、この面取り8の加工工程によって得られた床板用中間化粧板9の断面図を示す。ここにおいて、上記面取り8の深さhは0.5mm以上に形成されており、且つその最深部は木質基板1の内部に到達せず、合成樹脂含浸着色紙3の内部に到達する深さとなるよう形成されている。
【0028】
またここにおいて、図5に示すように、床板用中間化粧板9の四周側端面には、雌雄の本実加工が施されて雄実部10と雌実部11が形成されていることが望ましく、床板同士を強固に接合することができる。また、図5に示すように、床板用中間化粧板9の表面には、縦または縦横方向に面取り8の深さと同じ深さの化粧溝12を形成しておくこともでき、これによって施工した時の床板同士の接合部は一層目立たなくなり、その施工面の装飾性を向上させることができる。このような雌雄の本実加工10、11や化粧溝12の加工は、上記面取り加工と同時に行なっても良く、またその前の工程として、或いは後の工程として行なうこともできる。
【0029】
次に、このようにして得られた床板用中間化粧板9の、面取り8面や化粧溝11内面を含む表面全面に透明性塗料を塗布して透明性塗膜層13を形成することにより図6にその断面図を示すような床板用化粧板Aを製造する。ここにおいて使用する塗料は特に限定されるものではないが、VOCの問題がなく、また床用として耐傷性、耐磨耗性が良い塗料として、ウレタンアクリレート、エポキシアクリレート、ポリエステルアクリレートなどの無溶剤紫外線硬化型塗料を用いるのが好適であり、このような塗料を用いることによって、硬化後の塗膜層13の鉛筆硬度がB以上で且つその塗膜層13の厚さが40μm以上となるような塗膜層13を形成するのが好ましい。
【0030】
このようにして形成された床板用化粧板Aは、図7に示すようにその側端面同士を接合施工した時に、その接合部に生じる目地溝15の内面には、透明性塗膜層13を介して木質化粧単板5とそれと類似する色調に着色された着色樹脂含浸シート3の端部が現出するので、色ムラや色違いを感じることはなく、また、その深さが0.5mm以上あるので、接合部に多少の段差があっても目立つことはなく且つ、装飾性と立体感の良い目地溝外観を現出させることができる。
【0031】
尚、上記本実施例の床板用化粧板Aの製造方法では、下から順に、大版の木質基板1、接着剤2、合成樹脂含浸着色紙3、接着剤4、木質化粧単板5の順に積層した積層体を、加熱加圧手段6により加熱加圧して積層板7を製造する例を示したが、これに限らず、例えば、大版の木質基板1の表面に接着剤2を塗布し、この接着剤塗布面に合成樹脂含浸着色紙3を載置した後、これを一旦加熱加圧して、合成樹脂含浸着色紙3の中の合成樹脂を硬化させるとともに、合成樹脂含浸着色紙3を木質基板1に一体に接着し、続いてこの硬化させた合成樹脂含浸着色紙3の上に接着剤4を塗布し、その接着剤4の上に木質化粧単板5を載置した後、この積層体を加熱加圧して積層板7を製造するようにすることもできる。
【図面の簡単な説明】
【0032】
【図1】木質基板1の表面に着色樹脂含浸シート3を載置する工程を説明する部分断面図。
【図2】着色樹脂含浸シート3の表面に木質化粧単板5を載置する工程を説明する部分断面図。
【図3】積層体を加熱加圧する工程を説明する部分断面図。
【図4】切断工程によって得られた床板用積層体7’を示す断面図。
【図5】面取り加工工程によって得られた床板用中間化粧板9を示す断面図。
【図6】化粧板A全体を示す断面図。
【図7】化粧板A同士の接合状態を示す部分断面図。
【符号の説明】
【0033】
A 化粧板
1 木質基板
2 接着剤
3 合成樹脂含浸着色紙
4 接着剤
5 木質化粧単板
6 加熱加圧手段
7 積層板
7’ 床板用積層板
8 面取り
9 床板用中間化粧板
10 雄実部
11 雌実部
12 化粧溝
13 透明性塗膜層
14 加熱加圧装置
15 目地溝
【出願人】 【識別番号】000204985
【氏名又は名称】大建工業株式会社
【出願日】 平成18年11月15日(2006.11.15)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−120024(P2008−120024A)
【公開日】 平成20年5月29日(2008.5.29)
【出願番号】 特願2006−308615(P2006−308615)