トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 難燃性構造材
【発明者】 【氏名】佐藤 一憲

【要約】 【課題】不燃木材の利用方法として、実用的且つ経済的な構造材を提供する。

【解決手段】基材としてハニカム構造材を用い、この基材に不燃木材板を積層して一体とすることによって耐火性に優れ、軽量で強度があり、しかも木材としての美観を持つ建築用、建具用の構造材である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
基材としてアルミ製又は合成樹脂製のハニカム構造材を設け、このハニカム面を表面とし、この上面に不燃木材による板状体を積層して一体としたことを特徴とした難燃性構造材。
【請求項2】
請求項1の難燃性構造材において、基材として設けたハニカム構造材の裏面に、更に不燃木材による板状体を積層して三層構造とした難燃性構造材。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、表面が木材感覚で軽量で強度を有する難燃性の構造材に関する。
【背景技術】
【0002】
近年木材に難燃性薬剤を含浸させた不燃性木材が開発され、都市計画の一部として各方面に利用されている傾向がある。
【特許文献1】 特開2006−231652号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、この開発されている不燃性木材は、含浸する薬剤が無機性剤のため、シックハウスの原因はなく、各種の建築材に使用される利点を有しているが、例えば床材や壁材、あるいは家具としてのテーブルの天板等厚さによる強度を必要とした場合に原木材の入手困難、あるいは薬剤の含浸が困難であるために価格的に難点があった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
発明者はこの点に鑑み鋭意研究を続けた結果本発明に到達したものであって、本発明は基材として軽量のアルミ又は合成樹脂のハニカム構造材を用いること。このハニカム構造材のハニカム構造面に不燃木材の板体を一体に積層することによって所望の強度を得た難燃構造材を得ることに成功した。
【発明の効果】
【0005】
上述のように本発明の難燃性構造材は、不燃木材の板体とハニカム構造材の複合板のため軽量でありながら強度があり、このため建築用材として、又建具用の素材として利用可能で、しかも表面が木材面のため外観が美しく肌触りも良い。このため本発明の使用上の効果はきわめて顕著である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
添付図面により本発明を実施するための最良の形態を説明すると、図1は請求項2に記載の三層構成の難燃性構造材の実施例図であり、本発明の構成を理解し易く分解断面図として示している。
【0007】
図中の(1)は基材となるアルミ又は合成樹脂製のハニカム構造体であって、図中ではこの表面は作図上薄黒面で示している。(2)および(3)は、ハニカム構造体(1)の表裏両面に設けた不燃木材の板体を示していて、図1全体では三層の板状の構造材である。
【実施例】
【0008】
図において(1)はアルミ製又は合成樹脂製のハニカム構造体であって基体を形成している。(2)および(3)は、不燃性薬剤を含浸させた難燃性木材の板状体であって、図にあっては基材のハニカム構造体(1)の表裏両面に積層された請求項2の実施例図を示しているが、場合によっては請求項1の記載に示しているように基材(1)に対して表面にのみ積層して全体として二層にすることも可能である。
【0009】
本発明に使用する不燃性木材板(2),(3)は桐材、杉材のように比較的組織の荒い材質が、不燃難燃性の薬剤を含浸させる点で有利であり、このため本発明においてもこのような桐材や杉材の不燃材を主として使用しているが、この点については特に限定はしていない。
【0010】
また図示している三層の難燃性構成材は、全体の厚さが60mmで、上下の不燃性木材板(2),(3)の板厚はそれぞれ13mmであり、従ってハニカム構造体(1)の厚さは34mmである。耐火度は1200℃の炎を表面に当て不燃度を測定したが、十分な不燃性が示され、建築用材・建具用材として、間仕切りや床、あるいは扉等の不燃用材として有利に利用できる。
【産業上の利用可能性】
【0011】
本発明の難燃性構造材は、難燃性で強度があり、しかも軽量であって木材の美観を持っているため、防火耐火性が求められる最近の都市計画の建築用材として適しているため今後利用される期待は大きい。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】 本発明の実施例図
【符号の説明】
【0013】
(1)…ハニカム構造材
(2)…不燃木材板
(3)…不燃木材板
【出願人】 【識別番号】506369025
【氏名又は名称】出羽商事株式会社
【出願日】 平成18年10月3日(2006.10.3)
【代理人】 【識別番号】100078433
【弁理士】
【氏名又は名称】中村 幹男


【公開番号】 特開2008−87451(P2008−87451A)
【公開日】 平成20年4月17日(2008.4.17)
【出願番号】 特願2006−299605(P2006−299605)