トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 移動式簡易製材機
【発明者】 【氏名】和才 清隆

【氏名】平田 健二郎

【氏名】野本 健二

【氏名】加藤 宣利

【氏名】小松原 恵子

【要約】 【課題】チエンソーの組付け場所と刃の姿勢が悪いと製材時に切断面の肌があれる。スライド板上のチエンソーはガイドレールと同等長の原木が製材出来ない。ガイドレールの直進度が悪いと軸受とがせり、スライド板が動かない。製材時、刃か原木かの移動位置決装置とその操作が必要である。全体を車内に搭載出来ず、分解しても再組が容易でない。

【構成】駆動部を避けて組付け、刃の姿勢を微調する。スライド板がガイドレールより少量はみ出す位置に軸受けを設け、チエンソーも左右に組替える。軸受けの旋回用穴と旋回移動用長穴が可動しガイドレールとせらず移動する。スライド板とL形材の間と、支持梁とテーブルの間に1段ごとに外せる個別の固定金具でつながれた数段の上枕木と、下枕木を設ける。全体を低床形とし、上から順にチエンソー付きのL形材、スライド板とテーブル、上下の各枕木、横梁と支持梁に分割し、下から順の組立で再組を容易にした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
L形材、I形材、等を設け、L形材、又はI形材、等の側面の前後2箇所には各々に1つの引きボルトとその上下に押しボルトを設け、又、L形材、I形材、等の側面の最後部の上下2箇所に押しボルト設け、チエンソーの搭載後にチエンソーの駆動部が接触しないようにチエンソーの握りの一部か補助機器収納部、等を組付け、製材の途中でも刃面の姿勢の微調修正が出来る事を特徴とした移動式簡易製材機。
【請求項2】
テーブルとガイドレールとスライド板を設け、スライド板の下面にはスライド板の移動時に左右の端がガイドレールの左右の端よりスライド板、等が少量オーバーハング出来る位置に軸受けを設け、さらにスライド板の上面にはL形材、等を左右の位置に組替えられる取付け穴を設けた事で、製材途中にチエンソーの刃の位置をずらして、ガイドレールと同等長の原木を板材に製材出来る事を特徴とした移動式簡易製材機。
【請求項3】
テーブル上に2本のパイプ等を、テーブル上の両端間の墨入れ、または罫書線上の張り糸の直進精度に倣い凹形材やM形材、ブロック材、等を介して組付けた事でガイドレールとする。又、スライド板の下面の1列目に設けた2個の軸受けに軸と旋回用穴、2列目に設けた2個の軸受けに軸と旋回移動用長穴を設けた事で、自然そり等が若干残った2本のガイドレールとスライド板の軸受けが可動し追従してせる事無く手動で容易に左右に移動出来る事を特徴とした移動式簡易製材機。
【請求項4】
スライド板とL形材の間に、上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた数段の上枕木を設け1から2本が一組で1段ずつ重ねる。又、原木とテーブルを下から支える支持梁を設け、支持梁とテーブルの間に、上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた左右用下枕木と前後用下枕木を設け各1から2本が一組で1段ずつ交互に重ねる。製材時には原木の直径相応に重ねた上枕木か下枕木を1段ごとの個別のボルト等の固定金具や掛け金具を外す事で簡単に取外す事で、スライド板の上に組付けたチエンソーの刃が製材位置にピッチ移動し、原木から容易に定厚の板材が製材出来る事を特徴とした移動式簡易製材機。
【請求項5】
2本の支持梁間をつなぐ2本の横梁とレベラーを設ける事で、略整地した地上での支持梁の水平度を維持し組立て時や製材時での転倒防止を図る。又、[請求項4]の上枕木と下枕木とを全てはずした支持梁上のテーブルからチエンソーの刃までの高さと同等となる原木用枕木を左右の支持梁上に設けて原木を支える。原木用枕木の高さを不必要に高くする事なく、さらに楔で位置決めをして犬釘などで原木を定位置に固定する事で、原木用枕木上に一度セットした重たく不安定な原木を製材中に移動する必要が無く、製材時に繰り返し位置出し調整やその確認をせずとも製材作業が出来る事を特徴とした移動式簡易製材機。
【請求項6】
構成上、支柱や上下斜めを結ぶ斜材を持たない構造で、全体を小型で低床形にした事で、全体組立ての状態でも人手で普通バンタイプ車、等の車内に搭載可能とし、更に荷軽にする為、上から順にチエンソー付きのL形材、スライド板とテーブル、上下の各枕木、レベラー付の横梁と支持梁、等の主要構成品別に分割し、下から順に重ねての組立で再組を容易にした事で、山道でも人手で山林の伐採現場に持ち込める事を特徴とした移動式簡易製材機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
本発明は山林の伐採現場で原木の製材を図れる移動式簡易製材機に関する。
【背景技術】
従来、原木を板材や角材に製材する丸鋸式や帯鋸式の製材機がある。又、山林の立木の伐採や小枝を払い原木を作るのに電動式やエンジン駆動式のチエンソーが市販されている。さらにチエンソーを使い原木を板材や角材に製材する製材機も市販されている。
一般に原木を板材や角材に製材する前の準備作業として、所要のスパンで配置した枕木や台の上に水平にのせて元口と末口の外形を測り軸心と所要の板材が何枚取れるかを算出して楔等で位置と姿勢を微調し犬釘等で固定する。その後、刃か原木のどちらかを移動して刃と原木の切り口を合わせてだらびき、等をして製材をしている。
チエンソーを使った製材機の公知例を次にしめす。
【特許文献1】特許公開2003−71801、名称:小型自動製材機での図4にて提示。
【非特許文献1】永田製作所、名称:スチール・ロゴソール移動式製材機のカタログ。
尚、山林の伐採現場に静置式か移動式かの小型製材機を持ち込み、現地で原木を所要の板材や角材に製材する事で資源の有効活用、生産効率、流通効率、山林の環境保全、などが向上すると言う事も知られている。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
市販のチエンソーを活用して移動式製材機化を図ろうとすると、チエンソーは手作業用に作られ、他の機器への組付け部が無い。安易な場所を選択し組付けた場所が悪いと、さらに組付け後に原木の製材方向に対して刃面の姿勢が狂っていると手押しによる製材時の負荷が増大し、チエンソー組付け部で異常振動が発生し、ガイドレール上のスライド板の動きがスムーズでなくなり、製材の途中でも刃の姿勢の修正が出来ないと製材している板材の切断面の肌があれる。その結果、出来た板材の表面仕上げに手間取り、期待の板厚が得られず、材料のロスも多くなる。
山林の伐採現場に軽量、小型化した移動式製材機を持ち込むと、ガイドレールと同等長の原木は製材が出来ず、機材もスペースも限られ足場も悪い伐採現場で、わずかな寸法差のために、製材前に重たく危険な原木を丸太切りをしたり、製材途中でセットした原木の未製材部分の位置をずらして再セットする等の煩雑な作業が伴う。
テーブル上に並べたガイドレール上のスライド板下面の4個の軸受が滑りチエンソーが原木を製材する。しかし製材時に基準となる2本のガイドレールの直進度や平行度が使用の途中で狂うと4個の軸受が2本のガイドレールと競り合い、場所によってスライド板の動きが悪くなる。そのため、一般にはテーブルとガイドレールとが一体になった既製の長尺品を購入するか、テーブル上に直進用の案内溝や微調機構を設けたり、精密な組付け冶具を用いてガイドレールを組付けている。しかし既製品の購入は他の関連装置の構造に制限が伴い、長尺のテーブル上を高精度に直線溝加工したり、調整機構品の組付けや精密組付け冶具での長尺のガイドレールの組立ては、簡単にしかも格安には出来無い。
移動式製材機で原木を製材する場合、スライド板の上に組付けたチエンソーの刃を製材位置にかなりの精度でピッチ移動出来て、製材負荷にも耐える位置決装置を設けるか、荷台上で水平に固定している原木の全体を相対的に製材位置に、原木の重みに耐えてかなりの精度でピッチ移動させる移動位置決装置が必要である。いずれの機構も軽量で単純で安価に出来るものでは無い。
山林のスペースも限られ足場も悪い伐採現場で製材中に運転者が繰り返しチエンソーの刃か原木で製材位置の割り出しと位置決めをすると共に、その都度、製材機の転倒や原木の荷崩に注意するなどの気配りが必要である。
構成上、支柱や斜材を組み付けて全体を組立てた状態では普通バンタイプ車、等の車内に搭載出来ず、更に分解して運搬しても、山道を人手で山林の伐採現場への持ち込みと、製材が出来るまでの再組が容易ではない。
本発明は、従来有していた問題を解決し製材機の構成を工夫して山林の伐採現場、等での作業性の向上を実現する事を目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
本発明の移動式簡易製材機にはL形材、I形材、等を設け、チエンソーの駆動部が接触しないようにL形材、I形材、等の側面の前後2箇所には各々に1つの引きボルトとその上下に押しボルトを設けでチエンソーの握りの一部か補助機器収納部、等を組付けて、製材の途中でも製材方向に対して刃が傾かない様に引きボルトと押しボルトで刃の姿勢の微調修正をする。さらにL形材、I形材、等の側面の最後部には上下2箇所に押しボルト、等を設け補助機器収納部の最後部を上下に微調して刃を真水平にする。
テーブルとガイドレールとスライド板を設け、スライド板の下面にはスライド板の移動時に左右の端がガイドレールの左右の端より少量オーバーハング出来る位置に軸受けを設け、さらにスライド板の上面にはL形材、等を左右の位置に組替えられる取付穴を設け、製材途中にチエンソーの刃の位置をずらす。
テーブル上に2本のパイプ、等をテーブル上の両端間の墨入れ、または罫書上の張り糸の直進精度に倣い凹形材やM形材、ブロック材、等を介して組付けてガイドレールとした事と、スライド下面の1列目の2個の軸受けに軸と旋回用穴、2列目の2個の軸受けに軸と旋回移動用長穴を設ける。
スライド板とL形材の間に、上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた数段の上枕木を設け1から2本が一組で1段ずつ重ねる。又、原木とテーブルを下から支える支持梁を設け、支持梁とテーブルの間に、上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた左右用下枕木と前後用下枕木を設け各1から2本が一組で1段ずつ交互に重ねる。
左右2本の支持梁の両端間をつなぐ両端の下にレベラーを組付けた2本の横梁を設ける。又、上枕木と下枕木との全てを外した支持梁上のテーブルからチエンソーの刃までの高さと同等となる原木用枕木を左右2本の支持梁上に設ける。さらに楔で位置決めをして犬釘などで原木を定位置に固定する。
構成上、支柱や上下斜めを結ぶ斜材を持たない構造で、全体を組立てた状態でも小型で低床形とし、更に荷軽にする為、上から順にチエンソー付きのL形材、スライド板とテーブル、上下の各枕木、レベラー付の横梁と支持梁、等の主要構成品別に分割軽量化し、下から順に重ねての組立で再組を容易にする。
【発明の効果】
上術のようにL形材、I形材、等にはチエンソーの駆動部を浮かして、握りの一部か補助機器収納部、等を組付ける事で、チエンソーの駆動部駆動部からスライド板やテーブルへの振動の伝達と刃面の揺れを軽減させる。又、製材の途中でも製材方向に対して刃が傾かない様に引きボルトと押しボルトで刃面の姿勢の微調修正をする。さらにL形材、I形材、等の側面の最後部に設けた上下2箇所の押しボルト、等で補助機器収納部の最後部も上下に微調して刃を真水平にする事とが相俟って、製材時にガイドレール上のスライド板の動きがスムーズになり、握りの手押しによる負荷も軽減し、製材した板材の切断面の肌荒れが軽減する。結果的に期待の板厚が得られ、材料のロスも少なくした。
スライド板の一部がガイドレールの左右の端より少量オーバーハングし、製材途中でスライド板上のL形材、等も左右に位置を替え、チエンソーの刃の位置をずらせる様にした事で、山林、等に持ち込んだ製材機のガイドレールと同等長の原木の製材が可能となり、機材もスペースも限られ足場も悪い伐採現場で、わずかの寸法差のために製材前に重たく不安定な原木を丸太切りをしたり、製材途中で原木の未製材分を再セットする等の煩雑な作業から免れる。
テーブル上に2本のパイプ等を、テーブル上の両端間の墨入れ、または罫書線上の張り糸の直進精度に倣い凹形材やM形材、ブロック材、等を介して組付ける事でガイドレールとした事と、スライド板の下面の1列目に設けた2個の軸受けに軸と旋回用穴、2列目に設けた2個の軸受けに軸と旋回移動用長穴を設ける事で、自然そり等が若干残った2本のガイドレール上のスライド板の軸受けが可動し追従してせる事無く手動で容易に左右に移動出来る。
テーブル上で上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた数段の上枕木と、同様に支持梁上で上下が1段ごとに個別のボルト等の固定金具や掛け金具でつながれた数段の下枕木との合計高さが製材する原木の最大直径と同等の高さに段積する事で、製材時には必要に応じて、上枕木か下枕木を1段ごとのボルト等の固定金具や掛け金具を外して枕木を簡単に取外して、スライド板の上に組付けたチエンソーの刃が製材位置にピッチ移動出来る。この為、製材の都度チエンソーの刃か原木かを製材位置に人手で調整位置決めする装置の必要がなく、故障や事故の心配もなく安価で容易に原木から定厚の板材を次々に製材出来る。
2本の支持梁間をつなぐ2本の横梁とレベラーを設ける事で、略整地した地上での支持梁の転倒防止と水平度を維持出来る。尚、上枕木と下枕木との全てを外した支持梁上のテーブルからチエンソーの刃までの高さと同等となる原木用枕木を左右2本の支持梁上に設けて原木を支える。さらに楔で位置決めをして犬釘などで原木を固定する事で、原木用枕木の高さを不必要に高くする事なく、原木を作業中に移動する必要も無く、製材時に繰り返し位置出し調整やその確認をせずとも作業が出来る。
構成上、支柱や上下斜めを結ぶ斜材を持たない小型で低床形とした事で、全体を組立てた状態でも運搬時に貨物車、等の調達が不要で人手で普通バンタイプ車、等の車内に搭載可能となり、容易に安全に運搬が出来る。又、上から順にチエンソー付きのL形材、スライド板とテーブル、上下の各枕木、レベラー付の横梁と支持梁、等の主要構成品別に分割軽量化する事で、山道でも人手で山林の伐採現場に持ち込め、下から順に重ねての組立で再組を容易にした。
【発明の実施するための最良の形態】
以下、本発明の実施の形態を図1〜図5に基ずいて説明する。
【実施例】
図1には本発明の移動式簡易製材機の平面図を示し、図2にはその正面図、図3にはその側図を示す。又、図4にはテーブル、ガイドレール、軸受け、スライド板の側面の拡大図を示す。
図5には軸受けの平面の拡大図をしめす。請求項ごとに構成、動作、効果の発揮内容を述べる。
図1、図2、図3に示した移動式簡易製材機1のL形材2、I形材、等にはチエンソー3の駆動部4が接触しないようにL形材2、I形材、等の側面5の前後2箇所に各々に1つの引きボルト6とその上下に押しボルト7を設けでチエンソー3の握り8の一部か補助機器収納部9、等を組付ける事で、チエンソー3の駆動部4からスライド板10やテーブル11への振動の伝達と刃面12の揺れを軽減させる。又、製材の途中でも製材方向に対して刃面12が傾かない様に引きボルト6と押しボルト7で刃面12の姿勢の微調修正をする。さらにL形材2、I形材、等の側面5の最後部13に設けた上下2箇所の押しボルト14、等で補助機器収納部9の最後部15も上下に微調して刃面12を真水平にする事とが相俟って、製材時のガイドレール16上のスライド板10の動きがスムーズになり、握り8、等の手押しによる負荷も軽減し、原木17を製材した板材18の切断面19の肌荒れが軽減する。効果として手動で手軽に原木17より肌荒れが軽減した期待の板材18が切れ、材料のロスも少なくなった。
図1、図2、図3に示す様にテーブル11とガイドレール16とスライド板10を設け、スライド板10の下面にはスライド板10の移動時にスライド板10の左右の端20,20’がガイドレール16の左右の端21、21’より少量オーバーハング(a>c、b>d)出来る位置に軸受け22、22’を設け、さらにスライド板10の上面にはL形材2、等を左右の位置に組替えられる取付穴23、23’、等を設け、製材途中にチエンソー3の刃24の位置をずらせる様にした事で、ガイドレール16と同等長の原木17の製材が可能となる。効果として、機材もスペースも限られ足場も悪い伐採現場で、わずかの寸法差のために製材前に重たく不安定な原木17を丸太切りをしたり、製材途中で原木17の未製材分を再セットする等の煩雑な作業から免れた。
図1、図2、図3、図4、図5に示す様にテーブル11上に2本のパイプ25等を、テーブル11上の左右の両端26、26”間の墨入れ、または罫書線上の張り糸の直進精度に倣い凹形材27やM形材、ブロック材、等を介して組付ける事でガイドレール16とした事と、スライド板10の下面の1列目に設けた2個の軸受け22の軸28と旋回用穴29、2列目に設けた2個の軸受け22’の軸28と旋回移動用長穴30を設ける事で、自然そり等が若干残った2本のガイドレール16上のスライド板10の軸受け22,22’が可動し追従してせる事無く手動で容易に左右に移動出来る。効果として、長尺のガイドレール16が旋回用穴29や旋回移動用長穴30が無くスライド板10に固着した軸受け(図示せず)とのせりを解消する為に、精密な組付け冶具を使い、テーブル11上に直進用の案内溝や微調機構(図示せず)を設けてガイドレール16の直進精度を出すと言う高度で複雑高価な技を用いなくとも実用可能なガイドとスライドを得た。尚、ガイドレール16はパイプ25に限らずL形、I形、C形、Z形、平形、等の長尺材のエッジを使い相応の軸受を使う事も有るが軸受が上述の旋回用穴29や旋回移動用長穴30でガイドの反りに可動して追従して成る事を含む。
図1、図2、図3、に示す様にスライド板10とL形材2の間に、1段ごとに個別に設けたボルト31等の固定金具や掛け金具でつながれた1から2本が一組で数段の上枕木32と、同様に上下が1段ごとに個別のボルト31等の固定金具や掛け金具でつながれた左右用下枕木34と前後用下枕木35を設け各1から2本が一組で1段ずつ交互に重ねる。段積は1段ごとに個別のボルト31等の固定金具や掛け金具でつながれたテーブル11上の数段の上枕木32と、支持梁33上の数段の下枕木34,35との合計高さが製材する原木17の最大直径と同等の高さにする。製材時には必要に応じて、上枕木32か下枕木34,35を1段ごとのボルト31等の固定金具や掛け金具を外して簡単に取外して、スライド板10の上に組付けたチエンソー3の刃24が製材位置36にピッチ移動出来る。効果として、製材の都度チエンソー3の刃24か原木17かを製材位置36に人手で調整位置決めする位置決装置の必要がなく、故障や事故の心配もなく安価で容易に原木17から定厚の板材18を連続して製材出来る。又、上枕木32と下枕木34,35の1段の高さを変えたり、1段毎に定厚のスペーサーを挟む事で板厚を変更した製材が可能である。尚、上枕木32と下枕木34,35の断面は角形だけでなくI形、C形、Z形、等の形材とその組合せでも出来る。
図1、図2、図3、に示す様に2本の支持梁33間をつなぐ2本の横梁37とレベラー38を設ける。又、上枕木32と下枕木34,35との全てを外した支持梁33上のテーブル11からチエンソー3の刃24までの高さと同等となる原木用枕木40を左右2本の支持梁33上に設ける事で原木17を支える。さらに楔41で位置決めをして犬釘42などで原木17を定位置に固定出来る。効果として、略整地した地上での支持梁30の転倒防止と水平度を維持出来、原木用枕木40の高さを不必要に高くする事なく、原木用枕木40上に一度セットした重たく不安定な原木17を製材中に移動する必要も無く、製材時に人手で繰り返し位置出し調整やその確認をせずとも作業が出来る。
図1、図2、図3、に示す様に全体を構成上、支柱や上下斜めを結ぶ斜材を持たない小型で低床形とする事で、又、荷軽にする為、上から順にチエンソー3付きのL形材2、スライド板10とテーブル11、上下の各枕木32、34、35、レベラー38付の横梁37と支持梁33、等の主要構成品別に分割する。効果として全体を組立てた状態でも運搬時に貨物車、等の調達が不要で人手で普通バン型車、等の車内に搭載可能で、容易に安全に運搬が出来る。又、主要構成品別に分割軽量化した事で、山道でも人手で山林の伐採現場に持ち込め、下から順に重ねての組立で再組を容易にした。
最後に運転者の製材作業時のチエンソーへの関りを説明する。運転者は原木の固定や切り口位置の決定などの準備が終ると、図1に示した移動式簡易製材機の平面図の手前に位置して、人力でL形材、I形材、等上に組付けたチエンソーのエンジンを始動して加速し刃のスピードを調節する。そして原木の右端から左の方向にチエンソーの握り、等を手で直接押して切れ味や負荷の手応えを確めながら製材して行く。
尚、チエンソーはL形材、I形材、等に組付けた状態でも、給油が可能で、全体組立後で製材作業の前後や途中でも人手で始動、加速、停止の操作と刃面の姿勢の微調修正、等が無理なく確実に出来る状態に組まれている事は当然である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の実施形態を示す移動式簡易製材機を示した平面図
【図2】 移動式簡易製材機を示した正面図
【図3】 移動式簡易製材機を示した側面図
【図4】 移動式簡易製材機の図2におけるA−A線断面図
【図5】 移動式簡易製材機の図2におけるB−B線断面図
【符号の説明】
1 移動式簡易製材機
2 L型材
3 チエンソー
4 駆動部
6 引きボルト
7 押しボルト
8 握り
9 補助機器収納部
10 スライド板
11 テーブル
12 刃面
16 ガイドレール
17 原木
18 板材
22 軸受け
22’軸受け
23 取付け穴
23’取付け穴
25 パイプ
27 凹形材
28 軸
29 旋回用穴
30 旋回移動用長穴
31 ボルト
32 上枕木
33 支持梁
34 左右用下枕木
35 前後用下枕木
36 製材位置
37 横梁
38 レベラー
40 原木用枕木
【出願人】 【識別番号】506338940
【氏名又は名称】和才 清隆
【出願日】 平成18年9月11日(2006.9.11)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−68607(P2008−68607A)
【公開日】 平成20年3月27日(2008.3.27)
【出願番号】 特願2006−275765(P2006−275765)