トップ :: B 処理操作 運輸 :: B27 木材または類似の材料の加工または保存;釘打ち機またはステ−プル打ち機一般

【発明の名称】 丸鋸
【発明者】 【氏名】山本 剛

【要約】 【課題】チップソー等の丸鋸の切れ味を長期に渡って良好な状態に保つことができ、丸鋸の長寿命化を実現できて、交換にかかるランニングコストを低減することが可能な丸鋸を提供する。

【構成】超硬チップ5aが磨耗したり破損したりして、切れ味が悪くなってきたら、大突出部5を溝9のところで折り、超硬チップ5aと共に大突出部5の溝9より上側部分を除去する。溝9は小突出部7の高さより低い位置に形成されているので、大突出部5の溝9より上側部分を除去すると、小突出部7に設けられた超硬チップ7aの作用部7bが外周部4から最も高く突出するものとなる。大突出部5を除去する前においては超硬チップ5aだけが磨耗等して、小突出部7の超硬7aは磨耗等することはなく、新品の状態を保ったままであるので、チップソー1は新品の極めて良好な切れ味を発揮することになる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
回転軸に取り付けられる台金本体と、台金本体の外周面から突出して設けられる複数の突出部と、前記突出部にそれぞれ設けられ前記台金本体の回転中心から離間する方向へ突出する刃部とを有する丸鋸において、前記複数の刃部の切削を行う作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものが混在しており、前記複数の刃部の作用部のうち台金本体の外周面から最も高く突出するものを除去すると、前記除去した刃部の作用部の次に高く突出する刃部の作用部が最も高く突出するものとなることを特徴とする丸鋸。
【請求項2】
請求項1に記載した丸鋸において、突出部の突出する高さを変えることによって、刃部の作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものを混在させたことを特徴とする丸鋸。
【請求項3】
請求項1にした丸鋸において、刃部の突出部から突出する高さを変えることによって、刃部の作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものを混在させたことを特徴とする丸鋸。
【請求項4】
請求項1から3のいずれかに記載した丸鋸において、突出する高さの最も高い作用部をもつ刃部が設けられた突出部を前記刃部と共に除去すると、前記除去した刃部の次に高く突出する刃部が台金本体の外周面から最も高く突出するものとなることを特徴とする丸鋸。
【請求項5】
請求項1から4のいずれかに記載した丸鋸において、除去対象となる突出部には、他の部分より強度の小さい破断予定部位が設けられていることを特徴とする丸鋸。
【請求項6】
請求項1から5のいずれかに記載した丸鋸において、突出部には刃部の切れ味が悪くなった場合に、除去する刃部の順番を示す表示が設けられていることを特徴とする丸鋸。
【請求項7】
請求項1から6のいずれかに記載した丸鋸において、刃部は突出部に固定された超硬チップであることを特徴とする丸鋸。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明はチップソー等の丸鋸に係り、よい切れ味を長期に渡って保つことができる丸鋸に関するものである。
【背景技術】
【0002】
特許文献1に記載されたチップソーは円盤状の台金本体と、台金本体の径方向へ突出する複数の突出部と、この突出部に形成された凹部に嵌められてロウ付けされた超硬チップとから構成されている。突出部の数は通常30〜40であり、この突出部にそれぞれ超硬チップが設けられている。このチップソーは、その回転中心から突出部までの距離は全て等しく、従ってチップソーの回転中心から超硬チップまでの距離も全て等しく設定されている。
チップソーは例えば草刈り用の刈払い機に搭載されて使用される。そして超硬チップが摩耗したり破損したりすると切れ味が悪くなるため、チップソーを消耗品として交換している。
【0003】
【特許文献1】特開平11−146720公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、交換するチップソーのコストは決して安いものではなく、長期に渡るランニングコストとして考えると相当な負担となる。
本発明は上記従来問題点に着目して為されたものであり、チップソー等の丸鋸の切れ味を長期に渡って良好な状態に保つことができ、丸鋸の長寿命化を実現できて、ランニングコストを低減することが可能な丸鋸を提供することを、その目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、請求項1の発明は、回転軸に取り付けられる台金本体と、台金本体の外周面から突出して設けられる複数の突出部と、前記突出部にそれぞれ設けられ前記台金本体の回転中心から離間する方向へ突出する刃部とを有する丸鋸において、前記複数の刃部の切削を行う作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものが混在しており、前記複数の刃部の作用部のうち台金本体の外周面から最も高く突出するものを除去すると、前記除去した刃部の作用部の次に高く突出する刃部の作用部が最も高く突出するものとなることを特徴とする丸鋸である。
【0006】
請求項2の発明は、請求項1に記載した丸鋸において、突出部の突出する高さを変えることによって、刃部の作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものを混在させたことを特徴とする丸鋸である。
【0007】
請求項3の発明は、請求項1にした丸鋸において、刃部の突出部から突出する高さを変えることによって、刃部の作用部の台金本体の外周面から突出する高さの異なるものを混在させたことを特徴とする丸鋸である。
【0008】
請求項4の発明は、請求項1から3のいずれかに記載した丸鋸において、突出する高さの最も高い作用部をもつ刃部が設けられた突出部を前記刃部と共に除去すると、前記除去した刃部の次に高く突出する刃部が台金本体の外周面から最も高く突出するものとなることを特徴とする丸鋸である。
【0009】
請求項5の発明は、請求項1から4のいずれかに記載した丸鋸において、除去対象となる突出部には、他の部分より強度の小さい破断予定部位が設けられていることを特徴とする丸鋸である。
【0010】
請求項6の発明は、請求項1から5のいずれかに記載した丸鋸において、突出部には刃部の切れ味が悪くなった場合に、除去する刃部の順番を示す表示が設けられていることを特徴とする丸鋸である。
【0011】
請求項7の発明は、請求項1から6のいずれかに記載した丸鋸において、刃部は突出部に固定された超硬チップであることを特徴とする丸鋸である。
【発明の効果】
【0012】
本発明の丸鋸によれば、チップソー等の丸鋸の切れ味を長期に渡って良好な状態に保つことができ、丸鋸の長寿命化を実現できてランニングコストを低減することが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
本発明の実施の形態1に係る丸鋸としてのチップソー1を図1から図4にしたがって説明する。このチップソー1は草刈り用の刈払い機に搭載されて使用される。
符号3は円板形の台金本体を示し、この台金本体3の中心部には、台金本体3を草刈り用の刈払い機の回転軸(図示せず)に取り付けるための取付孔2が形成されている。また台金本体3には、その外周面4から突出する大突出部5と小突出部7が各々20、合計40形成されている。大突出部5と小突出部7は台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出している。大突出部5は小突出部7より高く突出しており、大突出部5と小突出部7は交互に配置されている。
【0014】
大突出部5、小突出部7には取付凹部10がそれぞれ形成され、この取付凹部10には刃部としての超硬チップ5a、7aがそれぞれ嵌められてロウ付けされている。なお、超硬チップ5a、7aは同じものである。
超硬チップ5a、7aの切削を行う作用部5b、7bは取付凹部10から突出している。この作用部5a、7aの取付凹部10からの突出寸法は大突出部5に固定された超硬チップ5aと小突出部7に固定された超硬チップ7aのいずれにおいても同じである。前記したように大突出部5と小突出部7は台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出しているので、超硬チップ5a、7aの作用部5b、7bも台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出している。
【0015】
前記したように大突出部5が小突出部7より高く突出するように、その高さを変えているので、超硬チップ5aの作用部5bは超硬チップ7aの作用部7bより台金本体3の外周面4から高く突出している。即ち、超硬チップ7aの作用部7bは超硬チップ5aの作用部5bの次に外周面4から高く突出するものとして設けられている。従って、台金本体3には、チップソー1の外周面4から突出する高さの異なる超硬チップ5aの作用部5bと超硬チップ7aの作用部7bとが混在して設けられている。
【0016】
図2、図3(A)に拡大して示すように、大突出部5の突出方向(台金本体3の径方向)のほぼ中心には破断予定部としての溝9が形成されている。大突出部5の溝9は形成された部分は他の部分より小さい強度となっている。この溝9は小突出部7の高さより低い位置(回転中心Cに近い位置)に形成されている。
【0017】
次に、このチップソー1の使用方法を説明する。
チップソー1を草刈り用の刈払い機に搭載して草刈りを行うと、チップソー1が反時計回りの方向へ回転する。前記のように超硬チップ5aの作用部5bは超硬チップ7aの作用部7bより高く突出しているので、20個の超硬チップ5aの作用部5bだけが草に接触して草を切断する。即ち、大突出部5は小突出部7よりチップソー1の外周面4からへ大きく突出しているので、チップソー1が高速で回転しても、作用部7bは草に殆ど接触することはない。従って、作用部5bだけが磨耗したり破損したりして、作用部7bは磨耗したり破損したりすることはなく、新品の状態を保つことになる。
なお、チップソー1は高速回転するので、大突出部5の20個の超硬チップ5aだけで十分な性能を発揮し、草刈り作業の能率が落ちることはない。
【0018】
ある程度の期間使用して、超硬チップ5aが磨耗したり破損したりして、切れ味が悪くなってきたら、ペンチ等の工具を用いて、図3(B)に示すように大突出部5を溝9のところで折り、超硬チップ5aと共に大突出部5の溝9より上側部分を除去して、チップソー1を図4に示す状態とする。溝9は小突出部7の高さより低い位置に形成されているので、大突出部5の溝9より上側部分を除去すると、小突出部7に設けられた超硬チップ7aの作用部7bが外周部4から最も高く突出するものとなる。この状態でチップソー1を刈払い機に搭載して使用する。
【0019】
前述のように、大突出部5を除去する前においては超硬チップ5aだけが磨耗等して、超硬チップ7aは磨耗等することはなく、新品の状態を保ったままであるので、チップソー1は新品の極めて良好な切れ味を発揮することになる。
上記のように実施の形態1のチップソー1は、超硬チップ5a、7aを言わば二段階に分けて使用することができるので、その切れ味を長期に渡って良好な状態に保つことが可能である。その結果として丸鋸の長寿命化を実現できて、交換にかかるランニングコストを低減することが可能となる。
【0020】
本発明の実施の形態2に係る丸鋸としてのチップソー21を図5から図7にしたがって説明する。このチップソー21は実施の形態1のチップソー1と同様の構成部分を有するので、同様の構成部分については実施の形態2の説明において、実施の形態1で用いた符号と同じ符号を付し、その説明を省略する。このことは実施の形態3についても適用する。
【0021】
チップソー21の台金本体3の外周部4には大突出部23、中突出部25及び小突出部27が各々10、合計30形成されている。大突出部23、中突出部25及び小突出部27は台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出している。
大突出部23は中突出部25よりも高く突出しており、中突出部25は小突出部27よりも高く突出している。大突出部23、中突出部25及び小突出部27は順番に配置されている。即ち、小突出部27は中突出部25の次に高く突出するものとして、また中突出部25は大突出部23の次に高く突出するものとして設けられている。
【0022】
大突出部23、中突出部25及び小突出部27の取付凹部10には、超チップ23a、25a、27aがそれぞれ嵌められてロウ付けされている。なお、超硬チップ23a、25a、27aは同じものである。
超硬チップ23a、25a、27aの切削を行う作用部23b、25b、27bは取付凹部10から突出している。これら作用部23b、25b、27bの取付凹部10からの突出寸法はいずれにおいても同じである。前記したように大突出部23、中突出部25及び小突出部27は台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出しているので、超硬チップ23a、25a、27aの作用部23b、25b、27bも台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ突出している。
従って、台金本体3には、チップソー21の外周面4から突出する高さの異なる超硬チップ23a、25a、27aの作用部23b、25b、27bが混在して設けられている。
【0023】
大突出部23と中突出部25とに溝9が形成され、小突出部27には溝9は形成されていない。大突出部23の溝9は中突出部25の突出方向(台金本体3の径方向)の寸法より低い位置(回転中心Cに近い位置)に形成され、また中突出部25の溝9は小突出部27の突出方向(台金本体3の径方向)の寸法より低い位置(回転中心Cに近い位置)に形成されている。
大突出部23の溝9には赤色のペイントが施され、また中突出部25の溝9には青色のペイントが施されている。そして、このチップソー21に添付される説明書には、最初に使用して切れ味が悪くなったとき(大突出部23の超硬チップ23aが磨耗等した場合)には赤色ペイントが施された溝9の部分を折る旨、次に切れ味が悪くなったとき(中突出部25の超硬チップ25aが磨耗等した場合)には青色ペイントが施された溝9の部分を折る旨を記載しておく。このようにすれば、大突出部23と中突出部25を折り、除去する順番を間違えるのを防止することができる。
これら溝9に施された青色及び赤色のペイントによって除去する刃部の順番を示す表示が構成されている。
【0024】
このチップソー21は、まず図5に示すように大突出部23、中突出部25及び小突出部27のいずれもが存在する状態でチップソー21を使用する。この状態では、大突出部23の超硬チップ23aの刃部23bだけが草に接触して草を切断する。
【0025】
大突出部23の超硬チップ23aの作用部23bが磨耗等した場合には、図6に示すように大突出部23を超硬チップ23aと共に除去して使用する。このようにすれば、除去した超硬チップ23aの作用部23b次に径方向へ大きく突出する中突出部25に設けられた超硬チップ25aの作用部25bが径方向へ最も大きく突出することになる。よって磨耗等していない新品の超硬チップ25の作用部25bだけが草に接触して草を切断するので、切れ味が良好な状態となる。
【0026】
中突出部25超硬25aが磨耗等した場合には、図7に示すように中突出部25を超硬チップ25aと共に除去して使用する。このようにすれば、除去した中突出部25の次に高く突出する小突出部27に設けられた超硬チップ27aが最も高く突出することになる。よって磨耗等していない新品の超硬チップ27aの作用部27bだけが草に接触して草を切断するので、切れ味が良好な状態となる。
このようにチップソー21では超硬チップ23a、25a、27aを言わば三段階に分けて使用するので、その切れ味を長期に渡って良好な状態に保つことが可能である。その結果として丸鋸の長寿命化を実現できて、交換にかかるランニングコストを低減することが可能となる。
【0027】
本発明の実施の形態3に係る丸鋸としてのチップソー31を図8から図10にしたがって説明する。
台金本体3には、その外周面4から突出する突出部33と突出部35が各々20、合計40形成されている。突出部33と突出部35は台金本体3の回転中心Cから離間する方向へ同じ高さに突出している。突出部33と突出部35は交互に配置されており、突出部33にのみ溝9が形成されている。
突出部33の取付凹部10には超硬チップ33aがロウ付けされており、突出部35の取付凹部10には超硬チップ35aがロウ付けされている。
【0028】
超硬チップ33aは超硬チップ35aより取付凹部10から大きく突出しており、よって超硬チップ33aの作用部33bは超硬チップ35aの作用部35bより台金本体3の外周面4から高く突出している。即ち、作用部35bは作用部33bの次に外周面4から高く突出するものとして設けられている。従って、台金本体3には、チップソー1の外周面4から突出する高さの異なる超硬チップ33aの作用部33bと超硬チップ35aの作用部35bとが混在して設けられている。
【0029】
なお、超硬チップ33aと超硬チップ35aはロウ付けする段階では同じ寸法のものであるが、ロウ付け後に超硬チップ33aと超硬チップ35aを研磨する工程において、作用部33bと作用部35b研磨の程度を変えることによって、作用部33bが作用部35bより台金本体3の外周面4から高く突出するように加工している。即ち、超硬チップ33a、35aの突出部33、35から突出する高さを変えて、作用部33b、35bの台金本体3の外周面4から突出する高さの異なるものを混在させている。
チップソー31の使用方法は、実施の形態1のチップソー1と同様である。
【0030】
以上、本発明の実施の形態について詳述してきたが、具体的構成は、この実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における設計の変更などがあっても本発明に含まれる。
例えば、上記実施の形態ではチップソーを示したが、本発明はチップソーに限らず、突出部に刃部が直に形成される丸鋸にも適用できる。また、本発明は刈払い機用の丸鋸に限定されず、木材や鉄鋼等の金属製の部材を切断するチップソー等の丸鋸にも適用できる。
【0031】
また、刃部(超硬チップ)の数は上記したものに限定されず、刃部が複数であればよい。また、突出高さの異なる刃部の作用部は同数ずつ設ける必要なく、突出高さの異なる刃部の作用部が異なる数、設けられていてもよい。
破断予定部は上記した溝以外でも他の部分より強度を小さくできればよく、突出部の組織を一部変質させて強度を小さくしたものであってよい。
また、除去する刃部の順番を示す表示は溝9に施された青色及び赤色のペイントに限定されず、例えば、突出部に記載した数字等によって構成してもよい。
なお、上記実施の形態では、溝9を突出部の片面にのみ形成しているが、両面に溝9を形成してもよいのは勿論である。
また、超硬チップの他、サーメットチップ、ダイヤモンドチップを使用してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0032】
本発明はチップソー等の丸鋸に利用でき、この丸鋸は上記した刈払い機のほか、木工材料、金属材料の切断装置に搭載して利用することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】本発明の実施の形態1に係るチップソーの正面図である。
【図2】図1のチップソーの突出部の一部拡大図である。
【図3】図1のチップソーの大突出部の側面図である。
【図4】図1のチップソーの大突出部を除去した状態の正面図である。
【図5】本発明の実施の形態2に係るチップソーの正面図である。
【図6】図5のチップソーの大突出部を除去した状態の正面図である。
【図7】図5のチップソーの大突出部と中突出部を除去した状態の正面図である。
【図8】本発明の実施の形態3に係るチップソーの正面図である。
【図9】図8のチップソーの突出部の一部拡大図である。
【図10】図8のチップソーの突出部を除去した状態の正面図である。
【符号の説明】
【0034】
1、21、31 チップソー 2 取付孔 3 台金本体
5、23 大突出部 25 中突出部 7、27 小突出部
33、35 突出部
9 溝 10 取付凹部
5a、7a、23a、25a、27a、33a、35a 超硬チップ
5b、7b、23b、25b、27b、33b、35b 作用部
C チップソーの回転中心
【出願人】 【識別番号】593161375
【氏名又は名称】山真製鋸株式会社
【出願日】 平成18年7月11日(2006.7.11)
【代理人】 【識別番号】100098936
【弁理士】
【氏名又は名称】吉川 晃司

【識別番号】100098888
【弁理士】
【氏名又は名称】吉川 明子


【公開番号】 特開2008−18550(P2008−18550A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−190105(P2006−190105)