トップ :: B 処理操作 運輸 :: B26 切断手工具;切断;切断機

【発明の名称】 インパクトドライバで使用可能な穴あけポンチおよびそれを用いた穴あけ方法
【発明者】 【氏名】伊藤 忠彦

【氏名】木村 義雄

【要約】 【課題】穴あけポンチで弾性材料からなるシート状被加工体に穴あけ加工する場合に、短時間で効率的に穴あけを行うことのできる穴あけポンチおよびそれを用いた穴あけ方法を提供する。

【構成】先端にリング状刃2を有する穴あけポンチ1本体の頭部に、インパクトドライバ用ソケット5を装着可能な六角柱部3を形成した穴あけポンチを用い、穴あけポンチ1頭部の六角柱部3にインパクトドライバ用ソケット5を装着し、ソケット5とインパクトドライバ10の先端部とを結合し、インパクトドライバ10により穴あけポンチ1に打撃力と回転力を与えながら、穴あけポンチ1のリング状刃2によりシート状被加工体に穴をあける。リング状刃2が打撃を与えられながら回転するので、シート状被加工体がゴム板のように弾力性があるものであっても、リング状刃2がシート状被加工体の生地に食い込みながら切断していくため、短時間で穴をあけることができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
先端にリング状刃を有する穴あけポンチ本体の頭部に、インパクトドライバ用ソケットを装着可能な角柱部を形成したことを特徴とするインパクトドライバで使用可能な穴あけポンチ。
【請求項2】
請求項1記載の穴あけポンチを用いた穴あけ方法であって、
前記穴あけポンチ頭部の角柱部にインパクトドライバ用ソケットを装着し、前記ソケットとインパクトドライバの先端部とを結合し、前記インパクトドライバにより前記穴あけポンチに打撃力と回転力を与えながら、前記穴あけポンチのリング状刃によりシート状被加工体に穴をあけることを特徴とする穴あけ方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、インパクトドライバで使用可能な穴あけポンチおよびそれを用いた穴あけ方法に関する。
【背景技術】
【0002】
板状の被加工体に穴をあける工具として、穴あけポンチがある。この穴あけポンチは、先端にリング状刃が形成されており、頭部は棒状である。
【0003】
その使用方法は、リング状刃を、穴をあけたい紙や金属板に押し当て、頭部をハンマーで叩くことにより、剪断力で紙や金属板に穴をあける。あるいは、穴あけポンチをレバー式のハンドプレスに取り付けて手で押し付けることにより穴をあけることもある。
【0004】
しかしながら、穴をあけたい被加工体が、厚手のプラスチックやゴム板等の弾性材料である場合、穴あけポンチを押し当てて頭部をハンマーで叩いたり、レバーで押し付けたりしても、打撃力が弾性材料によって緩衝され、穴あけポンチが反発力を受けて穴をあけることが困難である。
【0005】
穴あけポンチを押圧機構により押圧するとともに、回転機構により回転させることにより、穴を開けるポンチ装置が特許文献1に記載されている。
【0006】
【特許文献1】特開2003−291094号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
前掲の特許文献1に記載されたポンチ装置は、穴あけポンチを回転させることにより穴をあけるものであるが、単に押しながら回転させても、ゴム板などの弾性材料では、なかなか穴をあけることができないし、時間も掛かる。特に、穴を連続的にあける加工を行う場合、1個の穴の加工時間が長いと、累計時間も相当長くなり、非能率的である。
【0008】
そこで本発明は、穴あけポンチで弾性材料からなるシート状被加工体に穴あけ加工する場合に、短時間で効率的に穴あけを行うことのできる穴あけポンチおよびそれを用いた穴あけ方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記課題を解決するため、本発明の穴あけポンチは、先端にリング状刃を有する穴あけポンチ本体の頭部に、インパクトドライバ用ソケットを装着可能な角柱部を形成したことを特徴とする。
また、本発明の穴あけ方法は、前記穴あけポンチ頭部の角柱部にインパクトドライバ用ソケットを装着し、前記ソケットとインパクトドライバの先端部とを結合し、前記インパクトドライバにより前記穴あけポンチに打撃力と回転力を与えながら、前記穴あけポンチのリング状刃によりシート状被加工体に穴をあけることを特徴とする。
【0010】
本発明においては、穴あけポンチの頭部を角柱部とし、この角柱部にインパクトドライバ用ソケットを装着してインパクトドライバに結合する。穴あけポンチの先端のリング状刃を、シート状被加工体の穴をあける箇所に押し当て、インパクトドライバを起動すると、穴あけポンチ先端のリング状刃に打撃力と回転力が与えられる。この打撃力と回転力により、シート状被加工体には短時間で穴があけられる。
【0011】
打撃力を発生しない通常の電動工具を用いて穴あけポンチを回転させながらリング状刃をシート状被加工体に押し当てた場合、シート状被加工体が厚手のゴム板等の弾性材料では、電動工具のトルクが不足して、回転が止まるおそれがある。これに対し、本発明ではインパクトドライバを用いて、間欠的に打撃力を与えながら回転させるので、静圧を付加する場合と違って、インパクトドライバの回転が止まることはない。これにより、厚手のゴム板等の弾性材料であっても、着実に円形の切り込みが深くなり、ついには穴があけられる。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、先端にリング状刃を有する穴あけポンチ本体の頭部に、インパクトドライバ用ソケットを装着可能な角柱部を形成した穴あけポンチを使用し、インパクトドライバを用いて穴あけポンチに打撃力を与えながら回転させることにより、穴あけポンチ先端のリング状刃で弾性材料からなるシート状被加工体に、短時間で効率的に穴あけを行うことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、本発明の実施の形態を、図1〜図3を用いて説明する。
図1は本発明の実施の形態に係る穴あけポンチとインパクトドライバ用ソケットとインパクトドライバを示す斜視図、図2は本実施の形態の穴あけポンチの一部切欠側面図、図3は穴あけ状態を示す説明図である。
【0014】
これらの図において、1は穴あけポンチであり、先端にはリング状刃2を有し、頭部には六角柱部3が形成されている。また穴あけポンチ1本体の内部は空洞になっており、リング状刃2による穴あけ後の切りくずを排出する開口部4が設けられている。
穴あけポンチ1は、リング状刃2の径の異なるものをいくつか用意しておく。
【0015】
インパクトドライバ用ソケット5には、六角穴6と六角軸7が設けられている。穴あけポンチ1の頭部の六角柱部3は、ソケット5の六角穴6に嵌合するようになっており、またソケット5の先端の六角軸7は、インパクトドライバ10の六角穴11に装着するようになっている。
【0016】
インパクトドライバ10は、六角穴11と、六角穴11に工具を装着する際に前方に引くガイドスリーブ12と、スイッチ引き金13と、回転方向切替用プッシュボタン14と、手でつかむハンドル15と、蓄電池16を備えている一般的な構成のものである。蓄電池式ではなく、商用電源から電力をとるタイプのものもある。
【0017】
以上の構成の穴あけポンチ1を用いてシート状被加工体8、例えば厚手のゴム板に穴をあける方法について説明する。
【0018】
まず、インパクトドライバ10の六角穴11にソケット5の六角軸7を装着し、ソケット5の六角穴6に穴あけポンチ1の六角柱部3を装着する。その状態で、穴あけポンチ1先端のリング状刃2をシート状被加工体8の所定の位置に押し当て、インパクトドライバ10のスイッチ引き金13を押し込むと、図3に示すように、インパクトドライバ10の六角穴11が軸周り方向aに回転すると共に、軸方向bに打撃力が加えられる。
【0019】
このように、リング状刃2が打撃を与えられながら回転するので、シート状被加工体8がゴム板のように弾力性があるものであっても、リング状刃2がシート状被加工体8の生地に食い込みながら切断していくため、短時間で穴をあけることができる。
【0020】
なお、リング状刃2の刃面に凹凸を形成したりして、回転による切れ味を向上させることもできる。
【0021】
この穴あけポンチ1は、紙や薄板などへの穴あけ加工時には、通常のようにハンマーで頭部を打撃して使用することもできる。
【産業上の利用可能性】
【0022】
本発明は、ゴム板やプラスチック板の穴あけを短時間で効率的に行える器具及び方法として、好適に利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本発明の実施の形態に係る穴あけポンチとインパクトドライバ用ソケットとインパクトドライバを示す斜視図である。
【図2】本発明の実施の形態の穴あけポンチの一部切欠側面図である。
【図3】本発明の実施の形態による穴あけ状態を示す説明図である。
【符号の説明】
【0024】
1 穴あけポンチ
2 リング状刃
3 六角柱部
4 開口部
5 ソケット
6 六角穴
7 六角軸
8 シート状被加工体
10 インパクトドライバ
11 六角穴
12 ガイドスリーブ
13 スイッチ引き金
14 回転方向切替用プッシュボタン
15 ハンドル
16 蓄電池
【出願人】 【識別番号】506293214
【氏名又は名称】伊藤 忠彦
【出願日】 平成18年8月29日(2006.8.29)
【代理人】 【識別番号】100099508
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 久

【識別番号】100116296
【弁理士】
【氏名又は名称】堀田 幹生


【公開番号】 特開2008−55524(P2008−55524A)
【公開日】 平成20年3月13日(2008.3.13)
【出願番号】 特願2006−232633(P2006−232633)