トップ :: B 処理操作 運輸 :: B26 切断手工具;切断;切断機

【発明の名称】 切断装置
【発明者】 【氏名】斎藤 貫一

【氏名】脇坂 将行

【要約】 【課題】可動刃が昇降するストロークを短くでき、また大掛かりなメンテナンスの回数を減らすことのできる切断装置を提供する。

【構成】切断装置1は、被切断物を通過させる開口部2の下縁に固定刃3が設けられたフレーム4と、フレーム4に昇降自在に案内されるスライダ5の下縁に設けられた山形の可動刃6と、被切断物を開口部2の付近で下方に押える押圧駆動手段7と、互いに矢印Wで指した幅方向に隔たり開口部2の両側に配置された一対の幅寄せ駆動手段8,9と、スライダ5を昇降させる切断用駆動手段10を備える。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
フィーダにて搬送される被切断物が通過する開口部の下縁に、前記開口部の幅方向に延びる固定刃が設けられたフレームと、
前記フレームに昇降自在に案内されるスライダの下縁に、前記固定刃に対向するよう設けられた可動刃と、
前記被切断物を前記開口部の付近で下方に押える押圧駆動手段と、を備える切断装置において、
前記可動刃が、互いに前記幅方向に隔たる両端を有し、前記両端から前記幅方向の内方へ向ってエッジが傾斜した山形であることを特徴とする切断装置。
【請求項2】
互いに前記幅方向に隔たり前記開口部の両側に配置され、相対向する作動部をそれぞれ進退させる一対の幅寄せ駆動手段を備え、
前記一対の幅寄せ駆動手段のうち一の幅寄せ駆動手段が、その作動部を後退位置で停止させた状態で、前記一対の幅寄せ駆動手段のうち他の幅寄せ駆動手段が、その作動部を前進させることにより、前記被切断物を、前記幅方向の一方に寄せることを特徴とする請求項1に記載の切断装置。
【請求項3】
前記スライダが下降する行程で、前記幅方向の一方に寄せられた前記被切断物が、前記前記可動刃の両端のうちの一端から前記幅方向の内方へ向って傾斜するエッジと、前記固定刃との間に挟まれ切断されることを特徴とする請求項2に記載の切断装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、廃棄物等を束ねて所望の大きさに切断できる切断装置に関する。
【背景技術】
【0002】
被切断物を通過させる開口部の下縁に固定刃が設けられたフレームと、フレームに昇降自在に案内されるスライダの下縁に設けられた可動刃と、被切断物を開口部の付近で下方に押える押圧駆動手段とを備える切断装置が、下記の特許文献に開示されている。
【特許文献1】特開平7−164377号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
図9に示すように、従来例の切断装置100に適用されている可動刃60は、幅方向の一端602から他端603まで直線状にエッジ604が傾斜した形状である。符号40
はフレームを指し、符号90は、被切断物14を可動刃60の一端602へ向けて押付ける幅寄せ手段を指している。
【0004】
図に表れていないフィダーにて紙面に直角な方向へ搬送される被切断物14が、開口部20を通過するところで、スライダ50が可動刃60と共に下降する。この行程で、可動刃60の一端602付近のエッジ604が被切断物に切れ込み、更に可動刃60の他端603付近のエッジ604が被切断物14の下方へ通り抜けるには、可動刃60が下降するストロークを少なくとも寸法線Shで表した長さに設定しなければならない。被切断物14の切断を繰り返す毎に、可動刃60を上昇させるストロークについても同様である。このため、切断装置100の全高を低くすることが妨げられる。
【0005】
また、従来例の可動刃60は、そのエッジ604の一端602から他端603までの全体と、固定刃30のエッジ301の全体との間に被切断物14を挟むことによって被切断物14を切断を行うものである。固定刃30又は可動刃60に、磨耗又は欠損する等の不具合が起こった場合、これらを交換する必要に迫られる。このため、上記の不具合が起こる度に、切断装置100を休止させることは避けられない。
【0006】
そこで、本発明の目的とするところは、可動刃が昇降するストロークを短くでき、また大掛かりなメンテナンスの回数を減らすことのできる切断装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る切断装置は、フィーダにて搬送される被切断物が通過する開口部の下縁に、前記開口部の幅方向に延びる固定刃が設けられたフレームと、前記フレームに昇降自在に案内されるスライダの下縁に、前記固定刃に対向するよう設けられた可動刃と、前記被切断物を前記開口部の付近で下方に押える押圧駆動手段と、を備える切断装置において、前記可動刃が、互いに前記幅方向に隔たる両端を有し、前記両端から前記幅方向の内方へ向ってエッジが傾斜した山形であることを特徴とする。
【0008】
更に、本発明に係る切断装置は、互いに前記幅方向に隔たり前記開口部の両側に配置され、相対向する作動部をそれぞれ進退させる一対の幅寄せ駆動手段を備え、前記一対の幅寄せ駆動手段のうち一の幅寄せ駆動手段が、その作動部を後退位置で停止させた状態で、前記一対の幅寄せ駆動手段のうち他の幅寄せ駆動手段が、その作動部を前進させることにより、前記被切断物を、前記幅方向の一方に寄せることを特徴とする。
【0009】
更に、本発明に係る切断装置は、前記スライダが下降する行程で、前記幅方向の一方に寄せられた前記被切断物が、前記前記可動刃の両端のうちの一端から前記幅方向の内方へ向って傾斜するエッジと、前記固定刃との間に挟まれ切断されることを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明に係る切断装置の可動刃は、その幅方向の両端から内方へ向って傾斜する山形であるため、被切断物を切断する毎に可動刃を昇降させる上下方向のストロークが比較的短く、スライダを開口部の上方へ案内する高さを抑えらる。従って、当該切断装置の全高を抑えることができる。
【0011】
しかも、本発明に係る切断装置の可動刃は、その両端のうちの一端から幅方向の内方へ向って傾斜するエッジと、可動刃の両端のうちの他端から幅方向の内方へ向って傾斜するエッジとを適宜に使い分けることができる。即ち、一の幅寄せ駆動手段がその作動部を後退位置で停止させた状態で、他の幅寄せ駆動手段がその作動部を前進させることにより、被切断物を幅方向の一方に寄せることができる。更にスライダが下降すると、この行程で、可動刃の両端のうちの一端から幅方向の内方へ向って傾斜するエッジ、と固定刃との間に、幅方向の一方に寄せられた被切断物を挟み、この被切断物を切断することができる。
【0012】
ここで、一の幅寄せ駆動手段と他の幅寄せ駆動手段とは相対的な呼称であり、一対の幅寄せ駆動手段のそれぞれの作動部を進退させる向きを逆にすれば、被切断物を幅方向の一方の反対側(以下で「幅方向の他方」と記す。)に寄せるこができる。
【0013】
以上の動作が所定の期間繰り返されると、可動刃の両端のうちの一端から幅方向の内方へ向って傾斜するエッジが徐々に磨耗し又は欠損することがある。また、固定刃についても、可動刃に対応する箇所で磨耗又は欠損が生じることがある。このような不具合が起こる時期を見計らって、被切断物を幅方向の他方に寄せると、上記のようにスライダが下降する行程で、可動刃の両端のうちの他端から幅方向の内方へ向って傾斜するエッジと、固定刃との間に、幅方向の他方に寄せられた被切断物を挟み、被切断物を切断することができる。
【0014】
従って、本発明に係る切断装置によれば、可動刃と固定刃の一部分を使用して被切断物を切断する間、可動刃と固定刃の他の部分を使用しなくて済むので、可動刃と固定刃の一部分が磨耗し又は欠損した後で、更に可動刃と固定刃とのそれぞれの他の部分を使用して、被切断物の切断を継続できる。このため、可動刃と固定刃との交換を行うために当該切断装置を休止させる頻度を減らし、その稼動し続けられる期間を延長することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下に述べる駆動手段、又は案内手段の他、周知の技術については、それぞれの一般名称を記すものとし図示又は説明は省略する。また、以下に記す駆動手段とは、ピストンロッドを進退させる油圧シリンダ、又はエアシリンダ等のアクチュエータであり、案内手段とは、レールにスライダを滑動自在に係合させて成る滑り対遇を意味する。
【実施例1】
【0016】
図1,2に示すように、切断装置1は、被切断物が通過する開口部2の下縁に固定刃3が設けられたフレーム4と、フレーム4に昇降自在に案内されるスライダ5の下縁に設けられた山形の可動刃6と、被切断物を開口部2の付近で下方に押える押圧駆動手段7と、互いに矢印Wで指した幅方向に隔たり開口部2の両側に配置された一対の幅寄せ駆動手段8,9と、後述の切断用駆動手段10とフィーダ11とを備える。
【0017】
フレーム4は、複数の鋼板を一体に溶接して成る門型の構造物であり、その両柱部41の間に開口部2を形成している。フレーム4の背面側にはフィーダ11が設置されている。フィーダ11は、そのフィーディングボックス12に投入された被切断物を矢印F方向へ搬送し、この被切断物を開口部2へ送り込むものであれば良い。被切断物とは、例えば解体された自動車の車体、鉄筋等の建築廃材、又はその他の産業廃棄物を集めたものである。固定刃3は、図2,3に示すように、四角形の断面を有し開口部2の幅方向に直線状に延びる長尺な鋼棒体である。この鋼棒体は1本として表しているが、固定刃3が、複数本の鋼棒体を一列に並べたものであっても良い。
【0018】
スライダ5は、その両側部を上下方向に案内する一対の案内手段51を介して、フレーム4の両柱部41に係合している。スライダ5の上端には、切断用駆動手段10のピストンロッド101が接続されており、切断用駆動手段10がピストンロッド101を上下方向に進退させると、これに従いスライダ5と共に可動刃6が昇降する。固定刃3と可動刃6とは互いに上下方向に対向するが、可動刃6は固定刃3より少し矢印F方向の前方に位置する。このため、スライダ5が下降すれば、可動刃6は、固定刃3に近接するが突き当ることはなく、固定刃3に滑り接触しながら下降する。
【0019】
可動刃6は、図4,5に示すように、四角形の断面を有する長尺な鋼棒体61を、4個山形に並べて配置し、これら4個の鋼棒体61を、スライダ5の下縁の段部にホルダ52で位置決めしボルト53で固定したものである。可動刃6の両端62,63は、互いに幅方向に隔たり、両端62,63から幅方向の内方へ向ってエッジ64,65がそれぞれ傾斜して延びているので、可動刃6を正面から見ると、一端62から幅方向の内方へ向って上昇傾斜するエッジ64と、他端63から幅方向の内方へ向って上昇傾斜するエッジ65とが成す形状が山形となる。これらのエッジ64,65を説明の便宜により、それぞれ右エッジ64、及び左エッジ65と称して以下で区別する。
【0020】
また、鋼棒体61は、その表裏に同形状の座刳りがそれぞれ形成されているので、図示の鋼棒体61をその表裏を反転させた姿勢、又は上下を反転させた姿勢にしても、スライダ5に取付けることができる。これは、鋼棒体61の四隅が総てエッジ64,65と成り得るので、四隅の何れかに磨耗、又は欠損が生じた場合に、その他の隅部を図5に矢印Eで指した箇所に位置させるためである。
【0021】
図3に示すように、押圧駆動手段7は、そのピストンロッド71を上下方向に進退させることができ、ピストンロッド71の下端に、押圧部材72が水平姿勢で接合されている。一対の幅寄せ駆動手段8,9は、相対向する方向にそれぞれのピストンロッド81,91を進退できる。ピストンロッド81,91のそれぞれの先端には作動部13が接続されている。作動部13は、その先端付近を図3で板として表しているが、実際には図6(a)に示すような幅方向に厚みを有する箱体である。一対の幅寄せ駆動手段8,9がピストンロッド81,91を進退させると、これに従い作動部13が幅方向に進退する。
【0022】
以上に述べた切断装置1によれば、図6(a)に示すように、一の幅寄せ駆動手段8がその作動部13を後退位置で停止させた状態で、他の幅寄せ駆動手段9がその作動部13を前進させることにより、被切断物14を幅方向の一方に寄せることができる。更に、スライダ5が下降する行程で、可動刃6の右エッジ64と固定刃3との間に、幅方向の一方に寄せられた被切断物14を挟み、この被切断物14を切断することができる。
【0023】
例えば、被切断物14を切断する上記の動作が所定の期間繰り返されると、可動刃6の右エッジ64が徐々に磨耗し又は欠損することがある。また、固定刃3についても、可動刃6に対応する箇所で磨耗又は欠損が生じることがある。このような不具合が起こりそうな時期を見計らって、図6(b)に示すように、他の幅寄せ駆動手段9がその作動部13を後退位置で停止させた状態で、一の幅寄せ駆動手段8がその作動部13を前進させることにより、被切断物14を幅方向の他方に寄せることができる。更に、スライダ5が下降する行程で、可動刃6の左エッジ65と固定刃3との間に、幅方向の他方に寄せられた被切断物14を挟み、この被切断物14を切断することができる。
【0024】
このように、右エッジ64と左エッジ65とを適宜に使い分けられるので、可動刃6と固定刃3の一部分を使用して被切断物14を切断する間、可動刃6と固定刃3の他の部分を使用しなくて済むので、可動刃6と固定刃3の一部分が磨耗し又は欠損した後で、更に可動刃6と固定刃3の他の部分を使用して、被切断物14の切断を継続できる。従って、可動刃6と固定刃3との交換を行うために切断装置1を休止させる頻度を減らし、その稼動し続けられる期間を延長することができる。
【0025】
更に、可動刃6は山形であるため、被切断物14を切断する毎に可動刃6を昇降させる上下方向のストロークSを比較的短くすることができる。これは、可動刃6の右エッジ64又は左エッジ65が、被切断物14を上下方向に横切るために必要なストロークは、従来例のように幅方向の一端から他端まで直線状にエッジが傾斜した可動刃が、被切断物14を上下方向に横切る場合よりも短くて済むからである。従って、スライダ5を開口部2の上方へ案内する高さを抑えらるので、切断装置1の全高を抑えることができる。
【実施例2】
【0026】
図7(a)に示すように、可動刃6の右エッジ64よりも左エッジ65の幅方向の寸法を長くすることにより、右エッジ64と左エッジ65とが非対称な山形を成すようにしても良い。この場合、他の幅寄せ駆動手段9がその作動部13を後退位置で停止させた状態で、一の幅寄せ駆動手段8がその作動部13を左エッジ65の下方に達するまで前進させる。これにより、被切断物14が左エッジ65の下方に位置決めされる。更に、スライダ5が下降する行程で、可動刃6の左エッジ65と固定刃3との間で被切断物14を切断することができる。
【0027】
或いは、図7(b)に示すように、一の幅寄せ駆動手段8がその作動部13を後退位置で停止させた状態で、他の幅寄せ駆動手段9がその作動部13を右エッジ64の下方に達するまで前進させる。これにより、被切断物14が右エッジ64の下方に位置決めされる。更に、スライダ5が下降する行程で、可動刃6の右エッジ64と固定刃3との間で被切断物14を切断することができる。
【0028】
このように、幅方向の寸法が異なる右エッジ64と左エッジ65とを適宜に使い分けられるので、被切断物14の量が比較的多いときには、これを可動刃6の左エッジ65と固定刃3との間で切断し、被切断物14の量が比較的少ないときには、これを可動刃6の右エッジ64と固定刃3との間で切断できる。
【0029】
尚、本発明は、その趣旨を逸脱しない範囲で当業者の知識に基づき種々なる改良、修正、又は変形を加えた態様で実施できる。例えば、図8に示すように、可動刃6が、一端62から幅方向の内方へ向って下降傾斜するエッジ66と、他端63から幅方向の内方へ向って下降傾斜するエッジ67とを有すものであっても良い。この場合も本発明の効果を達成することができる。
【産業上の利用可能性】
【0030】
本発明に係る切断装置を用いて切断される被切断物は、鋼材、樹脂、木材、又は紙等、その材質や形態については、何ら限定されるものではない。また、当該切断装置の用途は、廃材等の処理工程に限られることはなく、何かの製造、又はリサイクルの工程で、当該切断装置を使用しても良い。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明の実施例1に係る切断装置の側面図。
【図2】本発明の実施例1に係る切断装置の正面図。
【図3】本発明の実施例1に係る切断装置の要部の分解斜視図。
【図4】本発明の実施例1に係る切断装置に適用した可動刃の斜視図。
【図5】本発明の実施例1に係る切断装置に適用した可動刃の取付構造を示すスライダの下端の断面図。
【図6】(a)は本発明の実施例1に係る切断装置の動作の一例を示す概略図、(b)はその動作の他例を示す概略図。
【図7】(a)は本発明の実施例2に係る切断装置の動作の一例を示す概略図、(b)はその動作の他例を示す概略図。
【図8】本発明に係る切断装置の他の実施形態を示す正面図。
【図9】従来例の切断装置の要部を示す概略図。
【符号の説明】
【0032】
1:切断装置
2:開口部
3:固定刃
4:フレーム
5:スライダ
6:可動刃
7:押圧駆動手段
8,9:幅寄せ駆動手段
10:切断用駆動手段
13:作動部
14:被切断物
64,65,66,67:エッジ
【出願人】 【識別番号】000237466
【氏名又は名称】富士車輌株式会社
【出願日】 平成18年7月19日(2006.7.19)
【代理人】 【識別番号】100094248
【弁理士】
【氏名又は名称】楠本 高義

【識別番号】100124718
【弁理士】
【氏名又は名称】増田 建

【識別番号】100129207
【弁理士】
【氏名又は名称】中越 貴宣


【公開番号】 特開2008−23621(P2008−23621A)
【公開日】 平成20年2月7日(2008.2.7)
【出願番号】 特願2006−196433(P2006−196433)