トップ :: B 処理操作 運輸 :: B26 切断手工具;切断;切断機

【発明の名称】 カートリッジ式カッターナイフ
【発明者】 【氏名】高村 俊孝

【氏名】隈田 知宏

【要約】 【課題】使用中に刃体が抜け落ちることのない安全性の高いカッターナイフを提案する。

【構成】カッターナイフの外殻を形成するグリップ1と、このグリップ1の内側に固定保持されるホルダー2と、複数枚の刃体を積層して弾性保持しこのホルダー2内に着脱自在に装着されるカートリッジ3と、このカートリッジ3内の刃体Sのうち最外面に位置する刃体Sに連係してその刃体Sをカートリッジ3の長手方向に沿って移動させることによってホルダー2の先端開口より出し入れするスライダー4とを備えたカッターナイフにおいて、前記ホルダー2の先端部に、刃体Sを通過させる隙間tを形成するスペーサー5を配置し、このスペーサー5に、刃体Sの側面に当接して該刃体の撓みを防止する少なくとも1つの凸部5aと、スライダー4の移動に伴う乗り上げにより該刃体Sとの連係を解除してその引き抜きを可能とする傾斜壁5aを設ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
カッターナイフの外殻を形成するグリップと、このグリップの内側に固定保持されるホルダーと、複数枚の刃体を積層して弾性保持しこのホルダー内に着脱自在に装着されるカートリッジと、このカートリッジ内の刃体のうち最外面に位置する刃体に連係してその刃体をカートリッジの長手方向に沿って移動させることによってホルダーの先端開口より出し入れするスライダーとを備えたカッターナイフであって、
前記ホルダーの先端部に、刃体を通過させる隙間を形成するスペーサーを配置し、このスペーサーに、刃体の側面に当接して該刃体の撓みを防止する少なくとも1つの凸部と、スライダーの移動に伴う乗り上げにより該刃体との連係を解除してその引き抜きを可能とする傾斜壁を設けたことを特徴とするカートリッジ式カッターナイフ。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、カートリッジ式カッターナイフに関するもので、該カッターナイフの使用中に発生することが懸念される刃体の撓みに起因した引き抜けを確実に回避しようとするものである。
【背景技術】
【0002】
カートリッジ式のカッターナイフは、刃体と連係するスライダーをホルダーの先端部に移動させてその部位でスライダーと刃体との連係を解除して使用済み刃体を引き抜く一方、次に控えるカートリッジ内の刃体をスライダーに連係させることで直ちに新しい刃体に取り替えることが可能としたものであり、これにより安全でしかも迅速に刃体を取り替えることができるようになっている(例えば特許文献1参照)。
【特許文献1】実公昭54-120800号公報
【0003】
ところで、この種のカッターナイフは、刃体とスライダーとは刃体に形成された開孔にスライダーに設けられた凸部を適合させることにより連係させていることから、刃体を作業面に強く押し付けてこじる等の使用形態によっては、刃体自体がホルダー内で撓んでしまい、これによりスライダーとの連係状態が解除されて刃体がホルダーから抜けてしまうことがあった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の課題は、上述したような使用時(作業中)における刃体の引き抜けを確実に防止できる安全性の高いカートリッジ式カッターナイフを提案するところにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、カッターナイフの外殻を形成するグリップと、このグリップの内側に固定保持されるホルダーと、複数枚の刃体を積層して弾性保持しこのホルダー内に着脱自在に装着されるカートリッジと、このカートリッジ内の刃体のうち最外面に位置する刃体に連係してその刃体をカートリッジの長手方向に沿って移動させることによってホルダーの先端開口より出し入れするスライダーとを備えたカッターナイフであって、
前記ホルダーの先端部に、刃体を通過させる隙間を形成するスペーサーを配置し、このスペーサーに、刃体の側面に当接して該刃体の撓みを防止する少なくとも1つの凸部と、スライダーの移動に伴う乗り上げにより該刃体との連係を解除してその引き抜きを可能とする傾斜壁を設けたことを特徴とするカートリッジ式カッターナイフである。
【発明の効果】
【0006】
ホルダーの先端部に、刃体の側面に当接する少なくとも1つの凸部を設けておくことで作業時に刃体を撓ませるような力が作用しても刃体自体が変位するのが抑えられるので、刃体とスライダーの連係が解除されることがなくなる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面を用いて本発明をより具体的に説明する。
図1は本発明にしたがうカートリッジ式カッターナイフの実施の形態を示した外観斜視図であり、図2はその分解状態を示した図(グリップは図示せず)であり、図3は図1のA-A断面を示した図である。
【0008】
図における1はカッターナイフの外殻を形成するグリップ、2はグリップ1の内側に固定保持されるホルダー、3はホルダー2の内部空間にその後端部から差し込むことができるカートリッジである。
【0009】
カートリッジ3はフレーム3aと、このフレーム3a内に配置されその背面にばね材を有するプレート3bからなっており、このカートリッジ3のプレート3bには複数枚の刃体が積層配置され、該カートリッジ3をホルダー2の内部空間に差し込むことで刃体Sはプレート3bにより弾性保持された状態におかれる。
【0010】
また、4はホルダー2の縁部2a(図2参照)に係合してそれに沿い進退移動可能なスライダーである。このスライダー4の係止片4aには凸部4a′(図5、図6参照)が設けられており、該凸部4a′がカートリッジ3内の刃体Sのうち最外面に位置する刃体Sの開孔に適合、連係しており、スライダー4をカートリッジ3の長手方向に沿って移動させることによって刃体Sをホルダー2の先端開孔より出し入れすることができるようになっている。
【0011】
さらに、5はホルダー2の先端部に設けられたスペーサーである(図3参照)。このスペーサー5は刃体Sを通過させる隙間tを形成するもので、図4(a)〜(d)にその外観形状を示すように、刃体Sの側面に当接して該刃体Sの撓みを防止する凸部5aと、スライダー4の移動に伴う乗り上げにより係止片4aを変位させて刃体Sとの連係を解除してその引き抜きを可能とする傾斜壁5bが設けられている。
【0012】
従来のカートリッジ式カッターナイフは、刃体Sを作業面に対して強く押し付けてこじる等の作業を行なった場合に、その要部を拡大して図5に示すように刃体Sがホルダー2内で撓んでしまい、これによりスライダー4との連係が解除され刃体Sがホルダー2から抜けてしまうこともあったが、本発明に従うカッターナイフについては、刃体Sに対して図5に示すような力が作用しても図6に示す如くスペーサー5の突起5aにより刃体Sが支えられることになるので、ホルダー4内で刃体Sが撓むのが回避されスライダー2との連係が解除されることはない。
【0013】
スペーサー5の突起5aは、上掲図4においては傾斜壁5bを挟む両側においてそれぞれ一つ設けた場合について示したが、図7に示すようにスペーサー5の四隅に設けてもよいし、あるいは図8に示すように傾斜壁5bの両側に沿って延びる長尺の突起を設けてもよく、この点についてはとくに限定はされるものではなく種々の形状に変更し得る。
【産業上の利用可能性】
【0014】
作業中における刃体の引き抜けを確実に回避できる安全性の高いカッターナイフが提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本発明にしたがうカッターナイフの外観斜視図である。
【図2】図1のカッターナイフの分解状態を示した図である。
【図3】図1のA-A断面を示した図である。
【図4】(a)〜(d)はスペーサーの外観を示した図である。
【図5】カッターナイフの要部を拡大して示した図である。
【図6】カッターナイフの要部を拡大して示した図である。
【図7】スペーサーの他の例を示した図である。
【図8】スペーサーの他の例を示した図である。
【符号の説明】
【0016】
1 グリップ
2 ホルダー
2a 縁部
3 カートリッジ
3a フレーム
3b プレート
4 スライダー
4a 係止片
5 スペーサー
S 刃体
【出願人】 【識別番号】000156307
【氏名又は名称】株式会社TJMデザイン
【出願日】 平成18年8月18日(2006.8.18)
【代理人】 【識別番号】100072051
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 興作

【識別番号】100107227
【弁理士】
【氏名又は名称】藤谷 史朗

【識別番号】100114292
【弁理士】
【氏名又は名称】来間 清志


【公開番号】 特開2008−43599(P2008−43599A)
【公開日】 平成20年2月28日(2008.2.28)
【出願番号】 特願2006−223468(P2006−223468)